忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 今日の一面は一般紙もこれでした。

 だろうな,やっぱりそうだろうな,というのが最初の感想でした。私のこの感想と同じ人は多いのではないかと思います。そして,元エンジニアの弁護士としては,やはり以下の2つのことを書かねばならないでしょう。

2 技術の面
 覚えている人は結構いると思います。約20年前NHKで放送された「電子立国日本の自叙伝」。この放送時には,私は既に,ソニーでエンジニアをしておりましたので,これを見てこの業界に入ったわけではありませんが,後輩で,この放送に影響されたという人は確実にいました(ソニーはバイポーラの所ではよく出ていましたが,MOSに変わった段階であまり出なくなりましたね。)。

 確か,掛け合いの漫才のようなやり取りをしながら,半導体産業の黎明期から現在(当時)までを振り返るというような内容で,本でしか名前を聞いたことがない業界の先人達も数多く登場し,非常に面白かった記憶があります。ただ,その放送当時,既に斜陽の兆しは出ていたと思います。

 何が悪かったのかはよくわかりません。上記のテレビ放送を見て半導体の業界に入った人は多いと思いますので,人材にも事欠かなかった筈です。
 その後のリストラ等で,韓国台湾等の企業に行かざるを得なかった人も多いと思います。そして,その人達から技術が流出したということも全く無かったとは思いません。しかし,日本が斜陽で,少なくとも韓国がのし上がってきてからもう随分経ちます。流出した情報を元に真似しただけではもはや無理の段階です。

 とすると,やはり別な要因などがあるのでしょうね。私は,装置産業側にかなり問題があったのではないかと見てますけどね。まあそれはよいでしょう,韓国台湾の装置産業も相当進歩していますので,いずれ,自分たちが使い捨てにされる番になるだけだと思いますので。

 さて,問題のエルピーダですが,法的措置に入ったからスポンサーが付きやすいわけではないのは当然です。とすると,日本のメーカーである程度の規模で,最新技術も牽引し,いわばきちんとやっている大手の半導体メーカーって東芝だけですかね。ルネサスはありますが,あれは基本合弁ですからね。

 さてさて,このような会社に勤めていたプロセス・デバイスエンジニアは多くいると思います。そして,彼らは設計部隊と異なり,つぶしが効かないのです(私もそうでした。)。今後どうするのでしょうかね?

3 法的スキームの面
 またDIP型だ~。更生法の原則は非DIP型ですから,いい加減にして欲しいですよね。以前このことを書きましたが,本当に不透明過ぎます。東京地裁の8部の裁判官は,何しているんですかね~。はーあ。

 既に,エルピーダにはかなりの額の公的資金が投入されております。一体誰の金だと思っているんですかな。裁判官もエルピーダも公的資金を無駄食いするだけなら,色んな市場から退場してもらった方がよろしいでしょうね。

 さてさて,ジャパンディスプレイもこの二の舞を踏まなきゃいいがなあ。
PR
416  415  414  413  412  411  410  409  408  407  406 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]