忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 二日連続して商標の話です。ま,ちょうどいいタイミングの話でもありますね。

 東京に2020年の五輪が来ることになり,本当嬉しい限りです。何度も言いますが,本当良かったと思います。

 私は,こういう時にちょっと斜に構えてみました~,おめでたの中にも警句を発します~的な,人と違うちょっと格好いいオレみたいなものが大嫌いなので,そんなこと全くするつもりはありません。
 そんなのは,滾ってねえし,チンポの皮がズル剥けじゃねえんだよ~♫

 ただ,最近,上記の報道等で,マジか,そこまでか,調子こき過ぎかと思いました。だって,おめでとう東京もだめ,あと,tokyo2020もダメらしいなんて言い出してますからね。

 色んな報道を見ると,JOCからお叱りだの,JOCから禁じられているだの,罰金がどうのこうのだの,えーいつからJOCは特高警察みたいになったんだ,コラ,どういう法的根拠でこんなことを言えるのかさっぱりわからん~つうことで,ちょっと調べてみました。

2 まずは,公益財団法人日本オリンピック委員会,つまりはJOCです。特許電子図書館で,JOCが商標権者である登録商標を見ると,おっと62件もあるなあ。
 
 中でも,すごいのが,これ,【登録番号】第265220号 【登録日】    昭和10年(1935)5月16日 の縦書カタカナの「オリンピツク」です。ただ,これ指定商品が,9類の「防じんマスク,防毒マスク,溶接マスク」 っちゅうのは,何じゃ??
 あと,太陽の中にJAPANと書かれ,その下に五輪のマークのある,JOCが一番よく使っていると思われる商標はほぼ全類とってますね。

 次に,本家,IOCです。日本語では, 「コミテアンテルナショナルオリンピック」 となります。日本国内では,13件の登録商標があるようです。
 やはり,【登録番号】   第286186号【登録日】    昭和12年(1937)1月29日という古い登録があり,これは,五輪のマークの下に,オリンピツクとカタカナであるものです。ただ,これも指定商品はそんなに広くありません。
 これ以外のもので,JOCと同様,類をまんべんなく取っているようですね。

 最後に招致委員会です。正式名称は,特定非営利活動法人東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会です。3件の登録商標と1件出願中のものがあるようです。
 商標は,何と,ポスター等でよく見る花の図柄の下に,TOKYO●2020とあるものです。なるほど,これがあるから,tokyo2020もダメだというわけなのですね。これも全類取ってきているようです。

3 うーん,結構見くびってなめてましたね。きちんと商標権を取っているわけです。
 勿論,五輪くらい有名なものだと,不正競争防止法の2条1項2号の著名な商品等表示に関する不正競争行為でも捕捉できるでしょうから,念には念を入れて・・ということなのでしょうね。

 ま,とすると,報道は舌足らず過ぎますね。私のような専門家からすると,何もないのに,道義的な責任だけか~,又は,スポンサー企業との契約に縛られるのはJOC等だけで第三者を縛れるわけねえじゃんと思っていたのですが,きちんと法的な権利等があったわけです。当たり前ですけどね。

 でも,登録商標でないと思われるもの,おめでとう東京とかについては,果たして,不競法上の追及ができるかという問題はあると思います。

 ですので,何事も温すぎる私からすると,あまり,キチキチ言うのは下らねえので,そんなのはやめてもらいたい所です。

 ただ,繰り返しますが,中心的なもの(「五輪」,「オリンピツク」,マークその他)については,確かに業としての使用(ダブリ)はまずいでしょう。

 で,最後にJOCのHPを見てみましたが,あ,こっちはきちんと書いていますね。下手な報道を見るより,よっぽどこっちを見たほうがいいでしょう。
PR
729  728  727  726  725  724  723  722  721  720  719 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8 9 11 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]