忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 概要
 本件は, 下記商標第1474596号の商標権者である原告が,被告(株式会社モンシュシュ)に対し,本件商標権に基づき,被告各標章の使用禁止,被告各標章の抹消ないし被告各標章を付した物の廃棄を求めると共に,不法行為(本件商標権侵害)に基づき,2億4380万9000円の損害賠償及び遅延損害金の支払を求めている商標権侵害訴訟の事案です。

 これに対し,大阪地裁26部(山田陽三さんの合議体です。)は,ほぼ原告の請求を認めました。

 結構話題になっていますね。そりゃそうですね。だって,有名なロールケーキのお店が商号商標(いわゆるハウスマークです。)の差止を求められ,それが認容されたというのですから。
JPT_355050853-00010101-30.jpg











2 問題点
 上記のとおり,ハウスマークの差止の認容なんて,滅多にお目にかかりません。そりゃ明らかにタダ乗りパターンもありますよ。昔私がいた会社も小規模店舗に対してよく権利行使などをしていたわけです。
 しかし,今回は,被告が結構有名なロールケーキのお店で,私ですら知っております(ちなみに,食べたこともあります。)。
 ですので,どけなっちょんかえ!ちゃんと反論したんかえ?と気になったのです(いや,もちろん,調査せんかったん?ということはあるのですが。)。

 まあ下手な考え休みに似たり,ということで,私のグダグダした話よりも判旨に行きましょう。

3 判旨
「 争点4(被告標章2ないし4は,被告の著名な略称を普通に用いられる方法で表示したものか)について
(1)  著名性について
  被告標章2ないし4が被告の略称であることは,原告もこれを争うものではないところ,被告は,この略称が著名であるとして,商標法26条1項1号に基づく抗弁を主張する。
  しかしながら,本件訴訟提起を報じた平成22年1月21日付け新聞記事の見出しのうち被告に関する記載は,読売新聞が「堂島ロール製造  モンシュシュを提訴」(乙207の1),産経新聞が「堂島ロール販売元を損賠提訴」(乙207の2),毎日新聞が「堂島ロールのモンシュシュを訴え」(乙207の4),日刊スポーツ新聞が「『堂島ロール』の会社を提訴」(乙207の5),神戸新聞が「『堂島ロール』社を提訴」(乙207の6),日本経済新聞が「『堂島ロール』の会社を提訴」(乙207の7)というものである。このように,全国紙を含む各紙が,見出しにおいて,被告を「堂島ロールの会社」あるいは「堂島ロールを製造販売しているモンシュシュ」として扱っていることからは,この時点で,「モンシュシュ」が,被告を指す名称として一般には認知されていなかったことが窺われる。日本経済新聞の記事には,堂島ロールとの関連づけを行うことなく「モンシュシュ」の名称が見出しに出ているものも存在するが(乙72,170),これらは経済界向けの記事であり,需要者である一般消費者向けの記事ではない。
  また,前記1(3)イで述べたとおり,平成22年9月段階で行われた,週に1回以上スイーツ(洋菓子)を食べる(購入する)20代から50代の女性を対象とするアンケートの結果(乙206)によれば,「堂島ロール」を知っている人の中でも,「モンシュシュ」という名前を知らない人は,京浜地区で42.6%存在し,大阪・京都・兵庫(神戸市除く)においてすら31.9%存在する。また,同年10月段階で行われた同様のアンケートの結果(乙211においても,洋菓子の営業標章としての「モンシュシュ」の認知度は,札幌市(被告の店舗が存在する。)23.7%,仙台市(被告の店舗が存在しない。)で21.0%,名古屋市(被告の店舗が存在する。)で57.0%,広島市(被告の店舗が存在する。)で31.0%,福岡市(被告の店舗が存在しない。)で17.3%である。この数字は,同じアンケート結果において,これら全市で,モロゾフが95%前後,ゴディバが90%前後,ユーハイムが85%前後の認知度であるのに比べて,かなり低いといえる。
  これらのことからすれば,「モンシュシュ」が,被告の略称として著名であるとは認められない。
(2)  結論
以上のとおりであるから,被告標章2ないし4が「普通に用いられる方法で表示する商標」に該当するかについて判断するまでもなく,商標法26条1項1号に基づく被告の抗弁には理由がない。 」

4 検討
 類否判断のところは苦しいと思いますので,抗弁の商標法26条1項1号のところを取り上げました。

 しかし,被告としたら,ガーン!です。偏屈なおっさん,かつ超適当チンピラ弁護士である私でも知っているのに,著名じゃない!と認定されたわけですからね~。
 そりゃ「堂島ロール」の方が有名なのかもしれません。ただ,上に書いたように,食べたこともあります(ラゾーナ川崎店です。)。店構えとか印象的で,モンシュシュのロゴ(アルファベットの大文字Mが印象的なものですね。)も目に残る感じもありました。ですので,何かしっくりこない感がありますね。まあ,実力も実績もない私故,ボケた感想しか出てこないだけなのかもしれませんが。

 なお,本日,控訴したという報道もありました。そりゃそうです。ハウスマークをつぶされちゃあ商売あがったりですからね。

 ところで,この控訴は大阪高裁になるのです。知財高裁ではありません。
 知財の管轄っておかしいですよね。特許の一審の管轄は,東京と大阪だけで,商標や意匠の高裁の管轄は知財高裁の専属じゃないんですよ。
 アメリカのCAFCの猿真似ならとことん猿真似して欲しいですね。特許も,一審は全国どこでもOKにして,他方控訴審は商標でも知財高裁の専属にしてもらわないと。今の管轄は中途半端で仕方ないです。

5 追伸(2013.3.26)
 近時,控訴審の判決が出ましたので,追記します。
 結論は,一審が3,560万円の賠償が,5,140万円に増額されたことと,社名を変更したとして差止は認めなかったことです。ですが,社名変更ですよ~,しかも5,140万円の賠償~。TMIなんちゅうデカイ事務所に頼んでもダメなときはダメ!なわけですね。

 今回の事件のポイントは1つですね。堂島ロールは有名だったが,モンシュシュは有名じゃなかった,ということに尽きると思います。旧社名のモンシュシュが有名だったなら,裁判所お得意の屁理屈抗弁の何かが認められたのではないかと思います。しかし,そうすると,ブランド戦略のミスですよね。先登録の登録商標があるのもミスっていたわけですし・・。

 さらに,審決取消訴訟でも敗訴しております。
 これは仕方ないかなあ,そもそもハウスマーク選択の時点がダメ!だったわけですから。
PR
302  301  300  299  298  297  296  295  294  293  292 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]