忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。

1 最高裁のHPを見ると,裁判所の夏休みも徐々に終わってきたのか(やつら20日も休みますからねえ。いい身分です。),判決のアップも結構あります。

 なかでも,墓石の意匠権の侵害訴訟がなかなか面白いなあと思ったのですが,面白いのは事案だけで,中身は大した事が無かったのでやめました。

 代わりに,昨日の夜半に飛び込んできたニュースを冒頭に,あとは小ネタで行きたいと思います。
 今日の日経の一面は,この記事かなあと思ったら違いましたね。このYOMIURI ONLINEだけのようです。ポイントは,改正法案の提出時期が今秋の臨時国会という,このスケジュールですね。

 前回も書いたように,世の中の99%はプロレスであり,この商標法の法改正も,もはや台本策定済み,あとは実際にやるだけ,という段階だと思います。
 でも,私はこの改正には大反対,実務ひいては取引界に混乱を来たすだけです。ま,こういうのって,賛成している方(アメリカ人のbig cockが忘れられない企業の方々,新規出願でうっしっしの弁理士の方々)の声は大きくなりがちで,いや別に要らないんだけどなあと思っている方の声はかき消されがちです。

 でも,新しい制度を導入するときは,本当じっくり考えた方がいいですよ。本当に必要なら,TPPに関わりなく導入すべきでしょうが,じゃあ今まで何故,視覚依存つまりは静的な商標登録のみ認め,それ以外の動的(音も静止音が原理的にあり得ない以上,動的て言ってよいでしょう。)なものを認めていなかったのか,よく考えた方がいいですよ。
 焦るマスカキザルは,民法のウッチーとツツイーのみで十分ですから。

2 続いて,パテントの8月号です。
 しばらく机の上にほっておいたのですが,9月になり,あ早く読まねえと9月号が来ちまうわ,と思い,読んだのですが,結構関心を惹く記事がありました。

 まあ,特集は,渉外事件をやるほどの高級弁護士じゃない私には,猫に小判なのですが,「弁理士のタイプに応じた義務研修講座推薦に関する検討」記事に興味を惹かれました。

 こういう記事って,いつもは,弁理士会はこういうやつが好きなんだよなあ,何でもかんでも外部に委託して分析すりゃあいいってもんじゃないのに,誰の金だと思ってんだ,という感想なのですが,今回はちょっと違いました。

 というのは,弁理士会の提供しているe-ラーニングの人気講座から,講座推薦を導くという方法なのですが,その人気講座に,私が昔講師をした「近時の数値限定発明の判例分析」というのが複数回載っていたからです。

 あれは,もう3年も前になるんですね~。東京では,新霞ヶ関ビルの灘尾ホールで,あとは大阪と名古屋でも講師をやって,e-ラーニングは東京会場のやつを録画したと思うのですが。

 勿論,私だけでなく,相棒として,弁理士の方が前半,私が後半ということで,私の寄与度ではなく,その弁理士の先生の寄与なのかもしれませんが,それにしてもと思います。

 講師をやった当時は少しは反響があるかと思いきや(特に仕事の依頼の),全く無かったので,結構落ち込んで,もう講師なんかやるもんじゃないと思っていたのですが,何~だ,ムッツリスケベが多いのだなあって感じです。

 
 e-ラーニングは何年か毎に内容を刷新するので,私の講師の姿を見たければ,早いうちに,上記のe-ラーニングを見ておくとよいと思いますよ。次回の講師はきっと私ではないでしょうから。

 それ以外でも,塩月部長の講演の模様など,今回のパテントは面白かったです。毎号,このくらい読ませるネタがあるといいんですけどね。

3 更に小ネタということで,ジュリストの9月号行きましょう。

 昔は,自由と正義系の,若干偽善色が強かったのですが,2012年から,何故か企業法務系の雑誌になり,今に至ります。
 ま,迷走すると,休刊に至ると思うのですが,売れているんですかねえ。

 さて,今号の特集は,「標準必須特許の権利行使をめぐる動き」ということで,例のアップルVSサムソンのFRAND特許判決を嚆矢として,様々な論客が,色々言っているという感じのものです。
 ただ,前回の特集でも書いたのですが,どれもこれも中途半端っていう気がします。
 要するに,あんまり実務で役に立たねえな,という感じしかしないのです。不思議ですよね~。おおと思う特集なのですが,まあそりゃそうだろうな,そうならそうだろうな,うん,それはそうそうという感想は出ますが,これをどう実務に活かす?という視点はありませんねえ。

 恐らく,これはジュリストの客層なのでしょうね。ジュリストのHPを見ると,「月1回刊行の「ジュリスト」は,商社・銀行をはじめとするビジネスマンを主な読者層に想定し,忙しい人でも,すきま時間を使って読むことのできるよう一つ ひとつの記事を短く,読みやすく工夫することによって,理論的水準は保ちつつ,実用性を重視した雑誌へとシフトいたします。」とあります。さもありなんですわ。

 法務部でも知財部でもなく,当然弁護士も読者層じゃありません。結構,日経紙の読者層とダブっているような感すらあります。そうすると,基本雑学,そして何かのときだけ,そういえば,あの号のジュリストにそんな話が載っていたから・・・という形で役に立つこともある,くらいに考えてた方が良さそうですね。

 ちゅうことで,食い足りないのは当然,これはジュリストを責めても仕方がないなあという所です。

4 東京は,先週の金曜くらいから暑いまんまです。9月に入っても暑いと調子が狂いますね。ま,彼岸くらいまでは,覚悟しておかないといけませんね。

 
 で,先ほど,日課となった散歩に出かけたのですが,やはり,相当に暑かったです。散歩ももう少し涼しくなってからにしないと,死にそうですね。
 写真は,目黒川沿いを溯上したので,目黒の雅叙園付近です。左手に見えるお城のような建物がかの有名な目黒エンペラーです。いやあはじめて見たぜ~♫
 
 

PR
723  722  721  720  719  718  717  716  715  714  713 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]