忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1  だそうです。
 OBとしては、よくがんばりました、という感想です。

2  ただ、このニュースをテレビで見ていたとき、気になったコメントがありました。
 それは、「ソニーはダウンロード関連で出遅れていましたからね。」というものです。こういうのが典型的な後知恵です。ipodがwalkmanを駆逐した最も大きな理由は、そうではないのです。

3  ipodが出始めのころ、walkmanは、MD walkmanでした。そのMD walkmanですが、CD1枚を記録するのにMDが1枚必要でした。
 ところが、ipodは、数十枚のCDが1つのデバイスに収まるもので、とてもびっくりしました。つまり、ipodがMD walkmanを駆逐したのは、その容量であり、ダウンロードサービスがどうのこうのではなく、純粋にモノの問題だったのです。

 さて、その容量ですが、聞けば、HDDを使っているということで、2度びっくりでした。
 今でもHDDほどデリケートなデバイスはあまりありません。動作の最中、少しでも衝撃を与えようものなら、とたんにあの世行きです。
 それを持ち運ぶことが前提の携帯音楽プレーヤーに導入するなんて、そのころの技術常識からでは全く発想出来ません。まさに阻害事由あり!だったのです。

 特にソニーでこの発想は不可能だったでしょうね。というのは、ソニーにとって、HDDは鬼門中の鬼門だからです。まあこれ以上詳細なことは、メカトロ屋さんか私のようなソニーOBに根掘り葉掘り聞いてください。
 ですので、そのようなHDDを携帯音楽プレーヤーに導入できた技術はとても凄かったのですよ。これが、ipodがMD walkmanを駆逐した本当の理由だと思います。

3 そこからのアップルは凄い勢いで、今の地位まで来たと思いますが、ipodの成功までは、アップルは何かオタク向けの半端な高級PCメーカー に過ぎませんでした。
 ユーザーが多いのは、金持ちでオタクの多い医者の業界と、金持ちでなくても会社の金が使えるエンジニアの業界くらいなもので、 MACって使いやすいんだけどなあ・・・、てなものでした。会社も傾きかけ、windowsで日の出の勢いのマイクロソフトにも助けられたりもしていまし た。

 
それが今のように、時価総額でマイクロソフトを抜くまでになるわけですから、持てはやすのも分からないではないですが、私はアップルの栄枯盛衰を見るにつけ、結局、単に運が良かっただけじゃないの、という気が強くします。

 
おそらく、10年後、アップルもソニーも今の状態ではいられないでしょうね。良い方向に行くか悪い方向にいくかはわかりませんが、極端な状態にあると思います。

4 なお、ipadについて、どうしてああいうのが日本のメーカーから出ないのだ!という論もよく聞きますが、そういう人は、「エアボード」というのを検索してみるとおもしろい結果が得られると思います。
 これこそまさに早すぎたipad。しかし、何事もちょっとでも調べてから言うべきですね。頭が悪いか使っていないかどちらかだということはよくわかりましたので。

 



 
PR
111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]