忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 先日、押上の近くまで行き、東京スカイツリーを見てきました。
NEC_0286.JPG
 実は、完成してからでもいいじゃん、遠くからだったらもう見ているし、と思っていたのです。
 ところが、先般の弁理士会研修の後の飲み会で、いろんな方から、完成した物はいつでも同じで見ることができるけど、完成前の物は今しか見ることができない!と言われたのです。

 私は、結構というかかなりの石頭のコンコンチキなのですが、今回は何故か、確かにそのとおりだなあと思い、早速行ってみることにしたのです。

2 押上に着くと、あれだ!とすぐわかるかと思いきや、近くで結構高いビルが建設中で、ちょうどその陰になる方向にありました。
 私もそうですが、皆さん、あれ、ここからだと結構近いはずなのに、おかしいなあという感じでキョロキョロしております。駅から若干離れると死角の範囲を越えるので、漸く見えることになります。

 そして、駅のそばの川のところまで来ると、完璧によく見えるようになります。その川沿いに歩ける道があるのですが、ほぼ麓(この表現がぴったり)のところまで歩いていけます。上の写真はその位置から撮ったものです。もうひっくり返りそうでしたね。
 高いというより、でかい!という感じです。施工は大林組のようですが、すごい技術だと思います。
 皆さん、勘違いされているようですが、科学はたかが19世紀に生まれたものであるのに対し、技術は人類とともにあるものです。現実に見るとそのすごさにびっくりです。

3 確かに一見の価値があります。しかも建設中のものは今だけしか見ることができませんので、東京に住んでいる人もそうでない人も、しゃあしいがらんで見に来ちょった方がいいごったっで。
PR
144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]