忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 東京は寒い日が続いてます(今日は暖かくなるようですが。)。

 で,送別会のシーズンというわけではありませんが,昨日はまたまたはるばる本厚木まで送別会に行ってきました。

 で,本厚木の送別会と言えば,エンジニア時代にお世話になった方のもの,というわけです。

 今回は,急遽集まれる人だけ,みたいな感じだったのですが,ということは逆に濃いメンバーが集合ということで,非常に楽しい会でした。
 ま,プライベートの仕事抜きで遊ぶのも,このソニーのエンジニアの人たちだけという有り様ですので,なんつーか気心の知れたっていう表現が当てはまるのですね。

2 さて,今回の主役のKKさんは,定年退職されるそうです。つまりもう60歳ということです。ま,私がアラフィフオヤジなので,その頃の上司クラスはもうそういう歳なわけですね~♫

 で,Kさんと私の関係は,ここで,歪みシリコンに関して話したソニー長崎のころに遡ります。
 そこでも書いたのですが,プラズマCVDが悪さをしているようだったのですが,そのときのCVD担当のプロセスエンジニアがKさんだったわけです。当時の装置は,Novellus Systems社のconcept oneだったと思います。東京エレクトロンが商社だったかなあって感じです。

 そのとき,ソニー長崎でやってた石英上に半導体を形成するというのは,先行者としてエプソンがいたのですが,通常の半導体製造装置を用い,ウェーハ形状のもので量産するというのは,当時の我々のグループが世界初だったと思います。

 ちょい前にサムソンの話をしましたが,当時(1991年)の日本企業というのは,本当にありとあらゆる分野で世界の最先端ということが多く,今のサムソンよりもずっと凄かったのではないかと思います。私のような,特段優秀でもないエンジニアでも,そういう所に居られたのですから,今思い起こすとめぐり合わせが良かったのかなあと思います。

 私は完全にバブル世代なのですが,このバブル世代は根拠無き自信を持っているとよく言われているようです。勿論,時代背景が空前の好景気だったということも大きいでしょうが,それ以上に,今じゃ考えられない,つまりは,一握りの勝ち組エリートだけできるような仕事を,人不足というせいもあり,私を初めとするよくわかっていないポワーンとした若いやつにやらせていたということも大きいと思います。

 だって,今の若い人は,まあSEの人は現場といえば現場だと思いますが,基本,外国のfabに指示を出したり,そこから入ってきた物を評価したりで,なかなかでかい現場というのを経験できないのではないかと思います。
 この辺は,地道にやるしかないとは思うのですが,アベノミクスの第三の矢の根幹に関わることなので,本当,色んな方策を立てる必要があると思いますね。

 ま,いつものように話が外れておりますが,そういう中で,Kさんと協力しながら,歩留まりを改善し,その後,厚木に戻ってからは,新規のデバイスを開発していたわけです。

 で,その新規のデバイスの1つをサムソンのリアプロテレビ用として作っていたころがあります。
 Kさんはそのころサムソンの人から,「ソニーもKさんくらいの時代まで」と言われた,という話をしてくれました。そして,Why?と聞けば良かったなあ,今思うと,とも話してくれました。
 まさに,ソニーもKさんの時代までは良かったんじゃないでしょうかね。だって,私くらいの時代(今)は,本当,散々たるものですもん。

 と古き良き時代の話を散々皆とした後,当然都内に戻ったのですが,確か11時前に電車に乗ったのにも関わらず,家に着いたのは,1時でした。いやあ本当厚木は遠いや。

 兎も角も,Kさん長らくお疲れ様でした。
PR
774  773  772  771  770  769  768  767  766  765  764 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 8
9 12 13
16 19 22
23 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]