忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日も日中色々うろうろしておりました。

 で,その中で午前中裁判所(東京地裁)に行ったのですが,凄い人~,傍聴を希望する多くの人の列と,表にも裏にも横にも多くの報道陣~いやあ何だ何だこの事件は・・・快楽猟奇殺人事件の公判でもやるのかいな~と思ったら,まあ報道とおりの事件ですね。正直,何~だ~つまんないの~って感じです。
 ほんで,その事件の中身はノーコメントということで。

 他方,小4の男の子が殺害された事件,家族構成を報道された時点で誰しもこう思ったのではないでしょうかね。ああ犯人はこいつだ!って。いつものパターンですね。

2 何と言いましょうかね。ちょいに,経済学を思いっきしdisりました。
 じゃあ法律の世界はってことですが,まあ五十歩百歩ですね。

 関弁連の変な新聞みたいなやつか,それとも「偽善と欺罔」かだったか忘れましたが,とある記事で,インタビューされた人からインタビューアの弁護士に困った質問がされてました。
 「今,冤罪率ってどんなもんですか?」
 こんなの分かりますか?神でもない人(ヒト)にそんなの分かるわけねえーじゃんって所です。

 いやいやいや,再審での無罪だとかそういうので統計を取ればって思うかもしれませんね。
 でも,そもそも再審の無罪だからって,それって本当に冤罪なんすかね?

 さらに続けますよ。
 刑弁命の弁護士やそうでなくても普通の弁護士って無罪を取ったことって結構自慢しますよね。

 だけど,私には全くピンと来ないですね。
 まあ,スニーキーな私なので,周りの多くの人に合わせて,おお!凄いっすねえ!とか何とか言いますけど,本心じゃ,はあ詐欺師の片棒ですか~ご苦労なこってすな~って思ってしまいます。

 まあこの辺,弁護士倫理でも扱うきつい部分で,依頼者(被疑者とか被告人)の利益を優先するか,それとも真実公平を優先するか,みたいな話につながってくる所でもあります(センセ,あの件本当は俺がやったんすよ~センセのテクニックでうまくラメっといて,シクヨロ~♪)。

 なので,やっぱり言います。無罪だからって,それって本当にやってないってことなんすかね?

3 経済学のウィークポイントは,何が間違いか決められないってことでした。
 法律系ではその部分について裁判所(まあ究極的には最高裁)という基準があるので,少しはマシだ~みたいな話だとは思います。
 だけど,裁判所が正しい,最高裁が正しいって,誰が決められるのでしょうかね。

 再審で冤罪?一回誤審をした裁判所が二回目誤審しないとでも?

 ま結局経済学と同じなわけです。

 こういう話をクリアにするには,車の自動運転の話と同じだと思いますね。人が車を運転する以上はミスして事故を起こすわけです。それを回避するには,人が運転しないこと・・・つまり機械に任せることが必要ですね。
 なので,裁判も捜査も全部機械に任せることが重要ですね。

4 さて,上記のとおり,裁判までdisったこの私。今日はその裁判所の地下でこんな本をゲットしました。
 
 言うなれば,柳の下に3匹目のドジョウはいるのか,ってことでしょうかね。

 ほんで,例のツイッターの件については,相変わらずノーコメントで行きたいと思います。
 でもだからと言って,隣接業界に居る幼なじみ(あ,同業者ではありませんので,念の為)の本が出たのですから,何かの形で助けにでもなれば~って所です。
PR
1797  1796  1795  1794  1793  1792  1791  1790  1789  1788  1787 
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 12
13 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]