忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 まずは死刑の話から。
  
 数にいろんな意味を見出すというのは古くからの人間のなせる業です。中でも私は12という数が好きですね。
 12ヶ月で1年ですし,時計も12時まで。6は完全数と言われていますが,その2倍は12です。奇数の3で割り切れるというのもいいですよね。

 で,そんな12みたいな刑罰が私は死刑だと思っております。ま,文系の,法学部出身の人からすると,何のことやらさっぱりわからんという所じゃないでしょうか。でも,いいのです。このブログを見ている人は結構理系の人が多いようですので。
 死刑ほど美しく,華麗で完全な刑罰はありません。

 なので,当然私は死刑推進派です。
 今日も無期懲役なんていう中途半端な罰を出すヘタレな事件がありましたが,何故あれを死刑にせんのだ!と実に思います。

 死刑反対派の人からすると,冤罪だったらどうすんだ!?という話なのかもしれませんが,いやいやいや無期懲役でも冤罪だったら大変なことです。つまり,要するに誤判の虞で死刑を回避するのは理由にならないってことですね。
 誤判の虞をなくすのは簡単です。もう刑罰を課するのはやめるってことです。でも,これは今どき交通事故の被害をなくすため車を廃止ってするのと同じ程度の暴論ですわな。ま,車廃止できるんなら死刑も廃止したっていいと思いますけどね。

 あと,人権派,とくにヨーロッパ系の人たちからはよく非難されます。ま,今どき死刑なんて課するのは野蛮な土人だ!と,例によって白人のracistからレッテル貼りされているわけです。
 でも,その死刑を廃止したとか言って鬼の首でも取ったかのような白人の野蛮人の方々は,裁判もせずによく被疑者を殺しております。

 まずは,フランス。おフランスに行くざまーす,ではないですが,かなり犯罪者には厳しいです。こちらは,昨年の凱旋門付近でのテロの被疑者を,その後射殺したという報道です。

 つぎに,racistと言えば忘れてはいけません,ドイツです。ドイツの場合,メルケル首相の方針もあって,難民の入国のハードルはさほど高くないようですが,警察の射殺のハードルもさほど高くないようです。こちらは,立てこもり事件の犯人を射殺したとの報道です。

 最後は,大英帝国です。イギリスは島国ですので,フランスやドイツほどテロの心配はないと思います。ですが,記憶されてる人もいると思うのですが,昨年ロンドンでテロ事件があり,犯人は当然射殺されております。

 ま,現状何がベストなのかちゅうのはよくわからない所があります。だって,それぞれの事情がありますし,所変われば品変わるっても言いますからね。なので,軽々に100%優れたシステムはこれだ!なんて本来言えないわけですよ。
 だから自由主義的民主主義ってものも,諸手を挙げていつでもこれが絶対だってわけじゃないわけです。だとしたら,それよりも更に下位概念的な死刑か射殺かって問題もどっちがいいかなんて決められるわけはないのです。

 だけど,個人的には,まだ裁判をやってから殺す方が裁判をやらずに殺すよりもまだマシって気がしますけどね~。ま,ヨーロッパの人権好きはこんなこと論点にも載せませんけど。

2 ま,ここまでは長い前置きでした。いつものとおりです。
 今日は日経でも速報が流れたように,麻原彰晃以下の幹部が死刑になったのですね。良かったと思います。

 で,個人的に思うのは,私が何故オウム真理教に入らなかったのだろうかということです。
 ご存知のとおり,オウム真理教には,かなりの高学歴,しかも理系の人が沢山いたのですね。東工大出身の人も居ます。

 当時,80年代後半,バブルの頃でしたが,大学生の間でやばい宗教と言われていたものが別にあったと思います。それは原理研ですね。なので,このオウム真理教はそれほど恐れられていなかったと思いますよ。

 私も,当時の記憶を辿ると,親しみやすい,なんかユーモアのある感じ(例えば,ショーコーショーコー,ショコショコ♪の歌とか,選挙に出て数百票とか数十票しか取れなかったりだとか)で,それほど怖いというイメージは無かったのですね。

 秋葉原でのマーハーポージャPCの販売や,アニメ&おたく文化の取り入れ(修行場の空気清浄機にコスモクリーナーと名付けるセンスとかね。)だとか,私のようなエキセントリックな理系な人を吸い寄せる要素は沢山あったのですね。

 なので,彼と我の違いは何だったのだろうか,非常に思います。
 ですが,よくよく考えてみると,実は簡単なことだったのかもしれません。
 昨日も書きましたが,私は人間嫌いです。勿論,だったらサリンでその大嫌いな人間を根こそぎ排除~って方向に余計向かいそうですが,まあその前提(つまり色んな人と協力しないとサリンは精製できない)すら耐えられないほどの人間嫌いだったってだけだと思います。

 要するに,オウム真理教にすら門前払いを食らいそう,私はそんな感じだったということですね。まあ良かったのか悪かったのかようわかりませんけど。

3 さらに,この話だとやはり坂本弁護士の事件も避けて通れません。私は横浜修習でしたから。

 ま,知っている人は知っていると思いますが,東京の近辺のいわゆるベッドタウンの地域って,結構サヨク弁護士が強いです。例えば,ミランダの会と聞くと,ああ埼玉~という風に連想ゲームが出来ます。それは横浜も変わりません。

 ですので,私が修習していたころの横浜も,サヨク弁護士の勢力が強く,他方,企業法務とかやっている右の弁護士とは非常に仲が悪いことで有名でした。
 
 私が修習中にお世話になった先生も,横浜合同から独立した先生で,赤旗と朝日新聞を事務所でとっていたってそんな先生でした。で,サヨクのでかい事務所って,横浜だと横浜合同ともうひとつあります。それが坂本弁護士の居た横浜法律事務所です。

 ですが,この坂本弁護士の件に関しては,サヨクだけではなく,右の弁護士も一致団結しておりました。仲の悪い両陣営が唯一力を合わせて何とかしようとする問題,それが坂本弁護士の問題だったのですね。

 私が修習中の2005年は,坂本弁護士の事件が発覚してからちょうど10年で横浜弁護士会(当時)も記念イベントをやっていたころですから,右も左もみんなまだカッカしていたと思いますね。
 ま,ここでも前に書いたと思いますが,オウム真理教だけではなく,結局坂本弁護士を売ったTBS,ここに対する怒りは大変なものでした。

 なので,今日の死刑執行の話を聞くと,当時の横弁を思い出すし,ああやっと死刑になったかとも思いますね。

 つーことで,私としては,死刑を廃止するのではなく,死刑になるような犯罪が発生しなくなる,そして死刑も必要なくなる,こんな感じの方が大事だと思いますよ。

 ま,兎も角も本日の死刑執行は実に良かったと思います。上川法相グッドジョブ!でした。

4 で,現在,九州北部で猛烈な雨が降っております。さすがに心配になって,先程,実家に連絡したところ,滝のような雨が降っているということでした。

 高田のほぼ全域に避難勧告が出されたということです。ま,うちの実家は避難場所である高中の隣なので,避難する必要はないとは思いますけどね。

 ま,おおごとですわ。東京も結構な雨が断続的に降ってましたが,そりゃ西の方とは比べ物になりません
 大騒ぎすっほど大したことねかったで,となることを祈るのみです。
PR
1587  1586  1585  1584  1583  1582  1581  1580  1579  1578  1577 
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
7
8 10 12 14
17 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]