忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 誰かが言ってましたね。「スーパーフライ」と聞いて何を連想するかって。
 すごい声量の女性ボーカルのバンドを連想する人と,虎パンでマッチョのプロレスラーと分かれるそうですね~。

 で,私のような昭和のプロレスファンは,当然後者のジミー・スヌーカです。

 まあ月曜の朝というのは訃報に触れる機会が多いです。私の場合,結構な昔からそうでした。

2 私の場合,ジミー・スヌーカというのは,ブロディの永遠の相棒って所ですね。

 ブロディは,私にとってベストガイジンレスラーなのですが,そのブロディのタッグパートナーとして長く務めていたのがジミー・スヌーカなのですね。
 いやあ,でもブロディが死んでからももう30年近く経つのか~,平成ももうすぐ終わるという話になっていますので(来年一杯の模様),昭和も遠くなりましたね。

 まあブロディのパートナーというと,不沈艦スタン・ハンセンが有名でしょうが(私も大好きです。),日本でのパートナーというと,このジミー・スヌーカが欠かせませんね。

 当時新日に居たハンセンが,全日の最強タッグの最終戦(81)に乱入し,場外でテリー・ファンクにウエスタン・ラリアットをかましたとき,ブロディのパートナーはジミー・スヌーカでした。

 その後,ブロディがジミー・スヌーカと別れてハンセンと組むというときのアングルはちょっと物悲しいものがありましたが,ブロディが新日に移籍して,ほんで揉めてまた全日に戻ったときのパートナーは,ハンセンではなく,ジミー・スヌーカでした。

 そのころ思ったのは義理堅いやっちゃなあって所でした。

 今や最先端のジュニア(飯伏とかBUSHIとかね)に比べると,スーパーフライって言っても単なるフライングボディアタックで,ヘビー級の棚橋(ハイフライフロー)すらも更に見栄え良く出来ているわけですから,何だかなあって所も正直あります(当時も)。

 まあでも筋骨たくましく,ショートタイツでしたから,それなりの需要はあったのではないかと思います。まさに名脇役って言えますね。

 そうしみじみ思うのは,あの頃のプロレスって良いコンテンツだと思うのですね,今でも。まあ衛星だとファイティングTVサムライがありますが(昔は私も契約しておりました。),地上波とかでも考えられないかなあと思いますね。

PR
1319  1318  1317  1316  1315  1314  1313  1312  1311  1310  1309 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]