忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 これは,昨日,赤坂インターシティコンファレンス the AIR で行われた改正民法のセミナーです。

 民法の債権法の改正はここでもちょっと昔,散々取り上げました。だけれども,最初の売国的立法構想が頓挫し,まあ大丈夫そうだなあということもあり,興味はガクンとダウン~これも前に書いたとおりです。

 ですが,実際に改正され,多少の変更はありますので,そりゃ知らないといかんだろうということで,表記のセミナーに行ってきたわけです。

2 講師は,裁判官でありながら,今は法務省の参事官をやっているという,つまり裁判をしないエリート裁判官の村松秀樹さんですね(51期らしいです。)。

 こういうときに出る人ってやはり鍛えられていますねえ。非常に分かりやすいし,正確だし,エリート裁判官っていうことがよくわかります。
 まあしかし,この人に限らず,大手の法律事務所からも官庁に出向している人もそうですが,みんな同じタイプですねえ。そういうステレオタイプじゃないと,法曹業界の大きな組織では出世できないでしょうなあ~。ムフフフ。

 多少当てこすった所で中身に行きますか。

 同じ講師による夏の商事法務主催のセミナーでは,新旧対照条文が配られたらしいですが,今回の新日本法規のセミナーでは,レジメだけです。しかし,私は,自腹で新旧対照条文は買っておりましたので,まあそれはイイかなあという所です。
 
 それよりも例のレジメを配られたのが良かったです。
 その例のレジメは,ここにあります。行政庁ってこういうサービスって本当素晴らしいですよね。そう言えば,村松さんも,要望があれば,各種団体で講演しますので・・・と言ってましたし。
 
 あ,中身の話でしたね。その例のレジメを見ながら,読んでもらえるとよいと思います。

 このうち,
消滅時効に関する見直し
法定利率に関する見直し
保証に関する見直し
債権譲渡に関する見直し
約款(定型約款)に関する規定の新設

 の5つの改正点が特に重要ということで,3時間の講演の前半がこの5つでした。

 消滅時効については,前の記事で大まかなことは説明したので,良いと思います。
 で,私がああそうなんだ~と思ったのは,そこじゃなく,時効の中断・停止を整理したという論点です。

 例えば,債務者の承認で時効は中断します。
 どういうことかというと,例えば,お金を借りて10年近く経ったけど,全然催促してこない,そんな折,町をぶらついていたら債権者にばったり会い,気まずくなって,思わず,あれは絶対返す,もう少し待ってくれ~と言ってしまった,これが承認ですね。

 この場合,時効はどうなるかというと,こんな感じです。
 9年11月→0年0月
 また10年待たないと時効で消滅しません。つまり,リセットされるわけです。

 他に,訴え提起,つまり裁判上の請求があります。
 こうすると,時効は中断しますが,加えて,裁判が確定するまで,リセット後のスタートもしません(かなり強い効力ですね。)
 9年11月→裁判の間は10年にならない→裁判確定で0年0月

 つまり消滅時効には2つの効果があるということですね。
 で,今回の改正では,この2つの効果をちゃんと分けたということになります。

 リセットの方を更新,10年にならない方を完成猶予,と分析的に分けたということです。

 勘違いしてほしくないのは,これって,分析的に分けてはいますが,現行法と実質的に違うものではありません。現行法でもそうなっているけど,分析的に分けた,というだけです。

 私は理系なので,こういう話が面白いなあと思って取り上げました。

 それ以外の所は,まあ聞いてりゃ分かる話です。

3 後半は,雑魚の改正点の説明でした。例のレジメの6〜22の部分ですね。まあこれも読めばわかります。

 ほんで私が注目したのは,他の人と違う点でしょうね。
 それは隔地者間での契約の成立時期の見直しの論点です。

 まあ司法試験を受けた人には,何度苦しめられたことか~と思う人が多いと思う,例の到達主義の例外のやつです。
 今般,その到達主義の例外が無くなります~ああ,あの短答のクソ面倒くさい問題,実に分かりにくい,あの問題ともおさらば~♫です(今はあの手の面倒くさいやつは出ないのかな??)。

 3時間の説明時間はあっという間でした。
 出席者も多かったですね。特許庁というかアメリカ大使館の近くのキレイで大きな会場でびっちりでした~何人くらい来ていたのでしょうか。1000人近く来ていたかもしれませんね。

 ですが,出席者は,おじさんばかりでした。
 完全オッサンの私が若い方(私の両隣の方は,明らかに私よりも年長でした。)で,本当,女性も若い人もたまにしか見かけず,どうなってんだこれ?ってもんです。

 いやあ,この国,本当マズイんじゃねえの~ちゅうことを如実に感じましたねえ。
 基本,任意規定の債権法改正なんて本当どうでもいいことですから,他にもっと注力すべきことがあるんじゃね,と思いましたね(恐らく主催者の新日本法規はもっと切実でしょう。レクシスネクシスみたいに海外展開,そして他国の法律業界で同じようなことをしないといけないなあって思ってるのではないでしょうか。そうじゃないなら抜作ですね。)。

4 追伸
 ヤフーのトップニュースでも出ていましたが,故郷大分が大きな話題です。
 まあ何と村八分ということで,あんまり良い話じゃねえなあって感じです。しかも県北部ってことで,困りますね。

 だって,大分県の北部って,豊後高田,宇佐,中津くらいしかありませんもん。まあ,マスコミによると私の地元ではないようですが,いやはやという感じです。

 だけども,変わり者の私,多分一般の人と違うことを思っていたりします。それは,2点あります。

 まずは,一点目,今回の話では何だか弁護士会が正義の味方みたいな感じになってますが,そうか~?って所です。

 例えば,今は東京で弁護士をしている私,Uターンで高田で弁護士をすることになったと仮定しましょう。まさにあり得ない話じゃありません。

 そうすると今回の正義の味方役の大分県弁護士会へ登録換えということになります。

 ほんで,そこでも今と同様に,国選弁護なんてこんな小学生のお年玉レベルの弁護士報酬でやるわけねえだろ,法テラス~ディスカウントするのが人助けなんて思ってる所とはやる気しねえな~なんて,やって,他方,破産管財人~喜んで~♫後見人~どうぞ,どうぞ~みたいな感じでやっていたら,どうなりますかね?

 何かわかりませんが,そのうち破産管財人のお呼びだとか,後見人のお呼びもかからなくなりそう~そんな気がしませんかね。


 他方,この前,JIPACの調停人研修に行ってきました。私も調停人候補者だからです。しかし,これは弁理士としての地位に基づくもので,弁護士の地位に基づくものではありません。

 ここでも書いたとおり,弁護士会の場合,どうやって選ばれるかわかりません。はっきり言いましょう,完全な八百長です。

 ま,これが典型例ですが,弁護士会関係のやつってそんなの多くないですか?

 いつの間にかお声の掛からなくなる管財人,待てど暮らせど任命されない後見人と同様,そんなこんなって変だなあ,こう思うのは私だけじゃないのでは・・・?
 で,これって大分の村八分と何か違いがあるのですかね?

 さらに言いましょう。この前,大々的に業務停止をくらったあそこの事務所のなんて,まさにこれと同じじゃないですか?

 結局,集落の和を乱したってことで不利益なことを味わうことになるのですね。

 今回のUターンの人も,自分が営農していたのにもかかわらず,そこから抜けた人に変わらず補助金が出ていたのがおかしい!と声を上げたのが,仲間外れの端緒だったようです。

  ということなら,破産ムラの村長を通さず,直接裁判所の破産部に,なんで管財人の仕事が回って来ないのでしょうか?とか,家事系の派閥を通さず,家裁に直接なんで後見人の仕事が回ってこないのでしょうか?とすると・・・ハハハ,こりゃ本当,仲間外れにされそうですね。

 要らんことすんな,俺の所を通せってね,言われそうです。
 でも,おめえが何にもしねえから,こうなるんだろうってなことには当然耳を貸してもらえません。
 何せ「ムラ」!ですから~残念~弁護士会も限界集落並~斬り~♪ちょっと古かったかな。

 つぎに2点目,でも弁護士会がそうだとすると,これって日本全国どこでも,というかどんな組織でも起こりうるというか起こっている話ですよね。
 大分はまだマシ~だって白日の下に明らかになったわけですから。

 上記のとおり,弁護士会の会員である弁護士が,弁護士会へ,弁護士会から仕事を回してもらえないなどの嫌がらせを受けています!と訴え出ても取り合ってくれる筈がありません。
 
 中学校くらいでのいじめも,大きくなってからのブラック企業も,もしかしてだけど~もしかしてだけど~♪全部同じことなのかもしれません。

 大分の中山間地域で起こったことは,この日本の縮図のようなものであって,顕になっていないだけで,どこでもいつでも起こっている,そしてこれからも起こり続ける,そんな感じが致します。

 うちの会社には個性的なやつが欲しいなとガイダンスで言って,本当に個性的なやつが応募してくると,君はうちの社風には合わないんじゃないかなあと面接で言われる~就活あるあるネタですね。

 最近の私の流行り~日本はもう駄目かもしれませんなあ~に繋がる話でしたね。

 私は保守だと思っていますので,多様性の行き過ぎには注意,と思っております。でも,それにしても,こんなに看板に偽りあり,そしてダブルスタンダードってのは行き過ぎで,本当に酷いんじゃないのかなあと思う次第です。
PR
1468  1467  1466  1465  1464  1463  1462  1461  1460  1459  1458 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]