忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 こういう話題ですので,相応しい知財の判決はないってことですな。ただ,相応しいのがあったとしても,今日の話題はこれだったかもしれません。

 私もそうですが,家に帰ってまでも弁護士のドラマなんて見たくもねえやっていう弁護士が大半だと思います。
 それにそんなの見ても,不良や変わり者を気取ったものの,結局はハートフルだったり人間臭かったりという底浅~♫みたいなものばっかで,時間の無駄なのですよね。

 そこ行くと,このリーガルハイの古美門研介先生は違いますよね。
 黛先生が法テラスに行くって言ったら,そんなドサ回りみたいなことやめろ!って言うし,民事も刑事もバカ高い着手金をふっかけるし,そして,最後まで変わらぬ芸風~今まで弁護士ドラマが陥りがちだった,偽善や茶番で鼻白む感じが一切ありません。素晴らしいですね。

 弁護士の界隈でも私を初めとして見ている人は多いと思いますよ。それは,エキセントリックな描かれ方をしていても,本質を突いていたからでしょうね。

 そういう所は,第一期の絆の回と同様,やはり第二期でも,第9回(前回)に如実に現れていたと思います。

 そんな一週間に一度のお楽しみだったリーガルハイも今日が最終回です。ついに本性を現したゆとり王子改め暗黒王子との戦いの巻ですね。

 どうなるか,本当に楽しみです。

2 ところで,古美門研介先生,描かれ方は新しいのですが,実は非常にクラシックというかコンベンショナルな弁護士スタイルです。

 ボス弁の古美門先生に,イソ弁は一人(黛先生),基本事務員も一人(服部さん)で,よくあるタイプの事務所のスタイルです。しかも事件は,民事も刑事もやりますが,訴訟代理人としての仕事が主です。
 M&Aでデューデリジェンスをやったりしないし,模擬株主総会も開かないし,インハウスでも当然ありません。

 ま,そう考えると,やはり弁護士っていうのは訴訟代理人だとつくづく思うのですね。弁護士会を初めとして,弁護士の業域拡大として,インハウスや行政機関での採用拡大を図っているようですが,そんなのは誤魔化しなんでしょうね。

 いやだってインハウスなんか所詮弁護士資格をもったサラリーマンですし,公務員も弁護士資格を持った木端役人になるだけです。
 弁護士資格を持った兼業農家,弁護士資格を持ったタクシー運転手が増えるのと本質は変わらないのです。

 こんなこと書くと,サラリーマンや木端役人から,法務的な仕事をしている俺らと農家や運転手と一緒にすんなとブーブー言われそうですが,本当ですかね。

 実際調べると,インハウスで弁護士資格を持っていても,実は法務的な仕事(知財部も含めて)をしていない割合って結構多いんじゃないですかね。
 役所でも実はそうじゃないですか。採用されてすぐにゆるキャラのお供をさせられたなんて頻発しているのとちゃいますか~。資格なくてもできるじゃん~♫ムフフフ。

 普通の業界の感覚から言うと,サラリーマンや役人が増えても,その業界が盛り上がっていることにはならないと思いますけどね~。

 ただ,これは仕方がないとは思います。貧乏人のルサンチマンがキリスト教,ひいてはデモクラシーの元だったように,訴訟代理人となれなきゃ,うまい言い訳を作って違う所へ押しやるしかありませんもんね。

 ま,しかし,そんな誤魔化しで若い人をけむにまくのもいつまで通じるかわかりませんねえ。皆さん,そんなバカばっかじゃありませんからね。若手の反乱は,新疆ウイグルと同様すぐそこまで来ているのかもしれませんよ。

3 おっと古美門研介先生の話からエラい所まで来てしまいましたが,マジになるのはらしくねーですな。

 私はよく,岩永先生の話はわかりやくて本当共感する所も多いんだけど,如何せん下品で,それだけは何とかしてくれとよく言われるのですが,古美門研介先生のようにはなかなかなれませんねえ。ウフフフ。
PR
795  794  793  792  791  790  789  788  787  786  785 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 7 8 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]