忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 この見出しは,本日の日経紙の2つ目の社説です。
  日経紙は,基本的に,クソサヨクかつ市場原理主義の新聞ですので,金が儲かりゃそれでいいんかえと突っ込みたくなる記事が満載なのですが,この記事に関してはそのとおりだと思います。

2 私の記憶が確かなら,日経紙の報道以上に,当時,民主党が貸与制へ肩入れしていたため(要は,事業仕分けと同じ発想),貸与制が決まったのではないかと思います。

 そのころの私は,司法浪人,つまりは今後修習生となる身でしたから,報道を注視しておりました。結局,貸与制になることは決まったわけですが,問題は時期でした。噂は色々ありました。中でも信憑性が高かったのは,58期までは給費制で,59期からは貸与制になるというものでした。
 ですので,2003年に論文試験に落ちたのがわかったときのショックは大きかったですね(意外とすぐに立ち直りましたが。)。しかし,そんな先のことよりも,目先の試験に受かる方が一大事でしたので,受験勉強中は,あんまり気にしておりませんでした。

 そして,2004年に司法試験に受かり,59期の修習生となるのですが,受かってからか,受かる前か,その記憶はありませんが,ともかくしばらく給費制が続くということを知り,ほっと胸をなでおろしたのでした。

3 私のような社会人経験者の受験生の一番不利な点って何だと思いますか?
 歳,まあ確かに。でも違いますね。金です。要は,もう親に金を出してもらえないのです。

  ですので,司法浪人していたころ,知り合ったいい歳の人に聞くことは,「生活費どうしてんの?」でした。
  驚いたのは,その多くの人が,結構30近く,いやそれを遙かに過ぎる歳になっても親から生活費をもらっているということでした。それより若い人達は言わずもがなですね。まあ大学生のころから受験し続けていると,お互いに切り出すタイミングを失うのか,それとも長期投資の一環なのか,よくわかりませんが,羨ましい限りでした。

  難しいと言っても司法試験は,単なる試験に変わりありませんので,いつかは受かるとは思っていました。でもそれまでお金が持つかなあ,私の心配はいつもそれでした。ときどき,会社に勤めながら受験する人がいたりするのも,結局は,お金の問題ではないかと思います。
 だって,潤沢な資金があれば,会社辞めて短期に受かった方が効率はいいですからね。私が会社辞めたのは,単に怠惰なだけですので,勘違いなきよう。

4 ところで,この日経紙の記事は,日弁連等の圧力を受けて,与党民主党が貸与制切り替えの見直しを決定したということに対するものです。

  日弁連は,新会長の下,とにかく今年は給費制確保みたいな感じで色々なことをやっております。新会長は,私と地元が一緒ですので,菅総理と同様,応援しなけりゃ,義理が廃ります。
 ですので,応援しているのですが,1点気にくわないことがあります。それは,日弁連HP「今週の会長」のコーナーです。

  いやコーナー自体は,いいのですが,8月の15日から21日が空白です。これがいかんのです!

  私が帰省する前に,新会長も地元入りしたことは書きました。そして,新会長は,地元の県弁護士会会長と給費制デモの打ち合わせかなあと思いきや,県弁護士会会長は,新会長の後ろ盾なく,寂しく府内城の周りをグルグルしていたのでした(お付きの人は何人もいましたが。)。
  要は,夏休みの帰省だったのです。もちろん,それに併せて,色々な行事にも参加するのかもしれません。
 しかし,基本的に夏休みなので,ということであれば,そう正直に書けばいいじゃないですか。杵築の実家で屁をこいて寝てました~,でもいいじゃないですか。取調べの可視化よりも簡単にできるくせにやらないとは,結局,捜査機関と同じ穴の狢だということですな。

  文句ついでに言えば,日弁連の会誌は,基本的にクソサヨクかつ人権原理主義ですので,人権が保護できりゃそれでいいんかえと突っ込みたくなる記事が満載なのは,うっとうしい限りです。ちなみに,私から言わせれば,金儲けも人権も,まあ同程度のレベルの話ですので。

5 おっと若干話がずれてきてしまいました。そのように,受験時代お金で苦労したくせに,何故,今回の日経の肩を持つ?と思うかもしれません。それに対しては,ここが本丸ではないからだ,と答えておきましょう。

 さらに,新会長の気に入らないところは,この本丸に対してあまり攻撃するつもりはないようなところですね(日弁連新聞 2010年9月号,会長インタビュー参照。)。


PR
121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 7 8 11
12 13 14 15 16 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]