忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日は,10/1です。半期も終わり,また今年も残3ヶ月というところです。
 そして,2006.10.1に弁護士の登録をしてから,本日でちょうど丸5年を経過したということになります。
 ですので,弁護士六年生ってことですね。

2 5年というと,結構な経歴です。弁護士の世界でも5年目までは,若手ということで,会費をはじめとして様々な優遇措置があるのですが,6年目からは原則そのようなものはなく,中堅というところになるのでしょうね。
 まあ,私の場合,歳は老弁と言ってもよいものですから,若手と呼ばれるとかなり抵抗があったのは事実でした。これで,ちょっとは実年齢と経験の齟齬がなくなってきたかなあと思います。

 ですので,若い頃に司法試験に受かり,そのまま弁護士になったような同い年くらいの弁護士の方(40期台の半ばがボリュームゾーンでしょうね。)が羨ましいことは羨ましいところはあります。
 ただ,仮に私が同様な状況で司法試験を受けたとしても,結局合格しなかったでしょうし,それで合格していたとしても,今の歳にはもう飽きて他の仕事をしていただろうと思います。

 ということなので,紆余曲折して今の状況で今の仕事をしているというのもそんなに悪いことではないと思っております。

 誰かが書いていたような気がしますが,なりたい仕事にそのまま就くより,ちょっと違う仕事をした方が,仕事の質が高いというようなことがあると思います。梶原一騎などはその典型だと思いますね。

 ですので,今後もこの仕事を続けたいとは思います。ただ,今までの仕事もそんなにすごくイヤで転職したわけじゃないのが玉にキズなんですよね~。典型的な器用貧乏なもので。。。
 にもかかわらず,なぜ転職するハメになったか,つまりそういうことは私の決めることではない,ということです。
PR
350  349  348  347  346  345  344  343  342  341  340 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 7 8 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]