忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,本日の日経の法務面の特集の記事です。
 内容は,先般の「法曹養成制度検討会議」について,中間提言が出たので,その話についてです。ま,年3000人目標の撤廃が大きいのかもしれませんね。

 で,私のような現役の法曹のブログでは,よく法曹人口だとか,法曹養成はどうあるべきとか書かれていることと思います。
 でも,私のブログでは,あまり書きませんよね。何でもかんでもイッチョカミ,そして,disるというのが特徴のこのブログで,ある意味不思議なことかもしれませんね。

 でも,理由というか,強いてあげればこんなところというところはあります。

2 一番の理由は,あんまり興味がないという所に尽きると思います。
 え,興味がないってどういうこと?と思うかもしれませんね。でも,実際そうなんです。

 まず,法曹人口ですが,今後増えることはあっても減ることはないでしょう。年3000人が年2000人になっても,ま,焼け石に水とはこのことで,法曹特に弁護士を取り囲む環境は変わらないと思います。
 そりゃ,私は金権弁護士故,自分に仕事の依頼が多く来るために,法曹人口は少なくなって欲しいと切に願いますが,実際もう減りませんもん。

 それに,私の59期のときの合格者は1500人だったのですからね(勿論,1500番ギリギリ受かったわけでもなく,受験者は5万人だったのですが,自分のときは多い方がいいと思ってたのに,今更少ない方がいいというのも,どうかな~というわけです。)。
 ですので,営業面からすると,悪くなることはあっても良くはならないんだから,そんな他人を当てにすることよりも,自分の営業面とかそういうのを考えた方がまし,ってわけです。

 つぎに,もう法曹になった私には,関係ない過去の話という感じです。現役の法曹にとっては,皆そうなのでしょうが,やはり,これは私が理系その他だからだと思います。

 だって,私の出身大学には,法学部なんてものはありません。勿論法科大学院もありません。当たり前ですね。
 そんなしょうもないもの作ってどうしようって所です。とすると,自分の後輩や知り合い等に,法曹志望者などは基本いないのです。
 ものづくり日本とか,新卒の採用とか,そういう話題だと,東工大は最近どうなんだろうとか思いますが,**大学の法学部や**法科大学院がどうのこうのとか言う話をされても,あんま興味がねえよ,ってなりますわな。
 しかも,まだ旧司法試験が続いてりゃあ,自分のときはああだったこうだったとか思いを馳せることもありますが(そう,10年前の今くらいは丁度各予備校の択一模試の真っ只中でした。),今は試験制度も変わりましたので,自分のことのように考えたり,思ったりなんてできないのですね。

 というようなことですので,法曹養成がどうなろうが,わしの知ったこっちゃないっていうのが本音です。

3 ただ,そうは言うものの,興味が無いなりの法曹養成制度はこうすればいいというのも,ありますので,イッチョカミついでに書いておきます。

 まずは,ベストです。それは法科大学院を全廃して,昔の制度に戻すことです。あ,法科大学院は廃止する必要はないですね。受験資格から除けばよいだけですので。
 その上で,択一→論文→口述という試験制度にして,修習期間も1年半以上にして給費制に戻す,ことです。

 やっぱこれがベストだと思います。でも不可能でしょうね。法科大学院への補助金を全廃して修習に回せばいいだけなのですが,既得権益者が許すわけがありません!

 ですので,次の案に行きましょう。
 それは,司法修習の廃止です。法科大学院の廃止は無理でしょう。他方,法科大学院では素晴らしい教育(ソクラテスメソッド,点から線の教育,プロセス重視,多様な人材の確保などなど)が受けられるそうなので,もはや司法修習は要らないと思います。現実の修習生にも,貸与制ということで,極めて評判が悪いわけですので,もう廃止しちゃえばいいのです。

 さらに,新司法試験の廃止です。上記のとおり,法科大学院では素晴らしい教育がなされているわけです。他方,そのような優れた教育を施された有為な人材が新司法試験などという下らない試験で落とされるのは,まさに悲劇です。
 そもそも法科大学院さえ入れば,そのまま法曹になれるとの謳い文句だったのですし,漢字で名前さえ書ければ受かるはずの新司法試験で合格率が2~3割というのは,試験の方がオカシイのですね。ですので,新司法試験を廃止して,法科大学院を卒業した人全員に法曹資格をもれなくプレゼントでよろしいのではないかと思います。

 司法修習と新司法試験の廃止によって,法曹養成制度は,完全に別次元のものになること疑いなしです。これによってどんな社会がやって来るかは,例によって私には知ったこっちゃないのですが,国民の皆様が望んだことであれば,そうなるより仕方のないことだと思いますよ,ムフフフ。

4 追伸
 ところで,本日あまり見ないIPから,非常に多くのアクセスがありました。で,アクセス解析の機能で解析した所,一番下のような結果ですね。
 
 MOJ,つまりは法務省です。しかし,法務省って,通信回線は,NTT系じゃなくてソフトバンク使っているのねん。

 ま,先週末,民法の中間試案に意見を出したので,それで,この辺をウロウロしているんでしょう。ただ,昼休みも過ぎた勤務時間中なんじゃないかと思うんですけど~。高い給料もらっているんだから,ちゃんと仕事しないと~。

 お,何,下々の低俗弁護士ごときが,まさか高級官僚に歯向かってないか,中共のように,調査中?そりゃ失礼しました。お仕事ご苦労さまです~♪

 私?私はいいのです。民間の零細自営業者に過ぎませんのでね。ムフフフ。

[Querying whois.arin.net]
[Redirected to whois.apnic.net]
[Querying whois.apnic.net]
[whois.apnic.net]
% [whois.apnic.net node-5]
% Whois data copyright terms    http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html

inetnum:        101.110.0.0 - 101.110.63.255
netname:        IPR
descr:          SoftBank Telecom Corp.
descr:          Tokyo Shiodome Building., 1-9-1, Higashi-shinbashi, Minato-ku, Tokyo, 105-7304, Japan
country:        JP
admin-c:        JNIC1-AP
tech-c:         JNIC1-AP
status:         ALLOCATED PORTABLE
remarks:        Email address for spam or abuse complaints : abuse@ultina.softbanktelecom.co.jp
mnt-irt:        IRT-JPNIC-JP
mnt-by:         MAINT-JPNIC
mnt-lower:      MAINT-JPNIC
changed:        hm-changed@apnic.net 20110301
changed:        ip-apnic@nic.ad.jp 20130222
source:         APNIC

role:           Japan Network Information Center
address:        Urbannet-Kanda Bldg 4F
address:        3-6-2 Uchi-Kanda
address:        Chiyoda-ku, Tokyo 101-0047,Japan
country:        JP
phone:          +81-3-5297-2311
fax-no:         +81-3-5297-2312
e-mail:         hostmaster@nic.ad.jp
admin-c:        JI13-AP
tech-c:         JE53-AP
nic-hdl:        JNIC1-AP
mnt-by:         MAINT-JPNIC
changed:        hm-changed@apnic.net 20041222
changed:        hm-changed@apnic.net 20050324
changed:        ip-apnic@nic.ad.jp 20051027
changed:        ip-apnic@nic.ad.jp 20120828
source:         APNIC

inetnum:        101.110.15.0 - 101.110.15.255
netname:        MOJ
descr:          Ministry of Justice
country:        JP
admin-c:        JP00062765
tech-c:         JP00062765
remarks:        This information has been partially mirrored by APNIC from
remarks:        JPNIC. To obtain more specific information, please use the
remarks:        JPNIC WHOIS Gateway at
remarks:        http://www.nic.ad.jp/en/db/whois/en-gateway.html or
remarks:        whois.nic.ad.jp for WHOIS client. (The WHOIS client
remarks:        defaults to Japanese output, use the /e switch for English
remarks:        output)
changed:        apnic-ftp@nic.ad.jp 20120511
changed:        apnic-ftp@nic.ad.jp 20120628
source:         JPNIC

PR
644  643  642  641  640  639  638  637  636  635  634 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
11
13 15 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]