忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 知財の判決はちょびっとの更新があったのですが(それを見てて今回の件に気付きました。),まあここで書くほどのことはありませんし,その他面白い知財の話もありませんので,人事の件で行きましょう。

 ちょい前,知財高裁の判事から高部さんが異動されたということを書きましたが,もっと大きな異動があったことに漸く気付きました~。スキャンダルなどが大好きな私にしては,ちょっと出遅れましたわ。

 何かというと,知財高裁3部の部長の交替です。従前の部長だった,芝田さんが定年退官されたようなのですね。
 で,後釜は,誰かというと,設樂さんです。従前設樂さんは,東京高裁の一般部の部長だったと思いますが,しばらくぶりに知財の業界に復帰というわけです。

 ここで,少し書きましたが,東京地裁の民事46部の前の部長が大鷹さんで,その前が設樂さんでした。大鷹さんは,今知財高裁の4部の陪席ですけどね。

 いやあ,知財高裁も1部は飯村さん,3部が設樂さんと,知財プロパーと言ってよい裁判官が部長クラスを占めるようになりました。あとは,事件だけっすね。

2 で,辞められた芝田さんですが,弁護士の登録はされていないようです。これは中野所長と同じパターンですね。

 私は,そういう風にあって欲しいなあと思います。

 誰とは言いませんが,知財高裁の部長クラスで,退官して大手の事務所に入ることがあります。まあ,人間,金がないと食っていけないし,金があったとしても困るわけはないとはいえ,これ,問題じゃないですかね。

 いや,知財に限らず,商事関係で,大手の都銀や商社の関わる訴訟の担当となった後,その都銀や商社などの監査役になるとか,そこを顧問にしている大手法律事務所に入るパターンもありますが,李下に冠を正さずという諺を知らないのですかね。

 私のような卑しい人間はそういうのを聞くとどう思うかというと,将来の就職先に対して,手心を加えてるんじゃねえの~,ニギニギしてんじゃねーのって思いますなあ,実に。

 裁判官OBがたくさんいる事務所に,現役の裁判官が気を使って手心を加えるということはないと思います。自分にメリットがありませんからね。でも,逆に,自分にメリットのある場合は?絶対ないなんて誰も言えないんじゃないですかね。

 そう,だから,中野さんのように,芝田さんのように,大きな裁判所の部長クラスにまでなられた方は,退官後,どうぞ,学者その他で身を立てて頂きたいと思いますね,本当大きなお世話ですが。

3 追伸
 今日のサッカー,イタリア戦惜しかったですね。
 朝飯の合間に見ていたら,2-0で勝ってましたから,びっくり。その後,事務所に出る前に,2-1とされたくらいで,ハーフタイム。それから,事務所に着いて続きを見ようとしたら,いつの間にか逆転されており,しばらくして同点となったものの,結局3-4で負けてしまいましたね。

 ま,イタリアもカテナチオと呼ばれていたはずなのに,高山VSドン・フライ並のわけのわからない一戦でしたなあ。

 ただ,本当勝てた試合でした。こういうところが老舗と新興の差ですかね。次回のメキシコ戦は更に期待できるかもしれません。

PR
675  674  673  672  671  670  669  668  667  666  665 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
11
13 15 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]