忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,本日の日経の朝刊の記事です。一面ではないのですが,結構重い記事です。

 中でも一番びっくりしたのは,去年2013年の中国での出願数ですね。82万件で,日本の2.5倍だそうです。
 日本が世界一を長らく続けていたときは,40万件程度でしたから,そのときに比べても2倍以上です。
 ま,一党独裁体制の国で,様々な裏事情があるとはいえ,何もなきゃ裏事情も使えませんから,単純にすごいと思いますよ。

 ということで,去年下げ止まったかに見えた日本の出願数ですが,またちょっと下がったらしいです。32万件とのことです。これはもうすぐ正式な発表があると思いますので,それを見ればはっきりすると思います。

2 うーん,やはり,そもそもの特許出願がないと特許訴訟もないから,私のような弁護士は昼行灯に拍車がかかるばかりです。中国での訴訟の数は約8千件と,日本の33倍らしいですからね。そりゃ,出願が多くなれば,訴訟も多いさ~ね。

 一番のネックはやはり費用でしょう。この日経の記事は審査の期間を短くして数を伸ばそうとする特許庁の方針を書いておりました。でも,使う方からすると,一番のネックは費用ですよね。

 ただ,この問題は悩ましいですね。相手方からぶんどれるのが前提の訴訟と異なり,特許出願の間は,コストだけですからね。それで,費用を少なくすると弁理士のおまんまの食い上げになってしまいます。

 今後はパナソニック方式がデフォーになるのかなあ。

 なーんか特許実務家には先行き暗いなあっていう記事でしたね。
PR
882  881  880  879  878  877  876  875  874  873  872 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]