忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,昨日弁理士会の研修所主催で行われた研修です。

 その名のとおり,今度の4/1から復活する異議申立に関する研修です。で,虎ノ門のニッショーホールが会場だったのですが,凄い人でした(勿論弁理士だけで。)。

 私は,絶賛高血圧ボーイですので,新橋から歩いて行ったため,開始の5分前くらいという,いつもより若干遅い入り時間でした。そうすると,もう本当立錐の余地もない~いつもは空いている最前列の席も埋まっておりました。
 仕方がないので,ホールの後ろの方へ登っていくと,旧知の弁理士の先生が居たので,その横に座らせてもらいました~♪しかし,もうちょっと遅いと本当に階段に座ることになっていたと思います。

 これね,講師の特許庁審判部審判課審判企画室課長補佐の星野昌幸さんも言ってましたが,特許庁の準備不足ですよ,完全に。

 特許庁からすると,4/1以降に発行された特許掲載公報が対象なので,まあ,どんなに早くても特許庁に来るのは,8月以降だなあって思ってたらしいのですね。だから,施行の1ヶ月前のこの時期が漸く最初の説明会~ですよ。いや,勿論,昔の制度なので,昔やってた人もいるし~で高を括ってたのでしょうね。
 でも,11年前に無くなってから,弁理士の数は倍増しました。異議申立なんて全く知らない~っていう弁理士も多いと思うのですね。しかも,今回,昔とは違う制度もあります。例えば,異議申立人の意見書とかね。

 にも関わらずのんびり構えていたもんだから,焦った弁理士が押しかけたってわけです。

2 さて,ちょっとは内容にも入りましょう。でも,上記のおかげで,暑いのと,人が多くて酸欠かで,もう講義中,全く考えられない感じになってしまいました。久々,右の耳から入って左の耳から抜けて行きましたね~。ま,あんな環境じゃ考えられない!っちゅうに。

 例えば,一群の請求項(特許法120条の5第4項)という,変な概念について,説明を受けたのですが,変だなあという意識しか残っておらず,中身は何でしょう?って感じです。

 ともあれ,星野さんが言っていた重要な事項のみ,箇条書きしておきましょう。

 ・対象は,H27.4.1以降に登録公報の発行のされたもの,基準は登録でも,特許料納付でもないってことです。
 ・紙でやりとりする手続きです。オンラインは不可。料金の納付方法に注意って所です。
 ・公報発行の日から6月の経過以降は,申立書の補正に制限がかかるので,注意(115条2項但し書き)。
 ・特許権者と特許庁で行う手続き。訴訟の被告は常に特許庁長官。異議申立人が訴訟に引っぱり出されることはない。

 こんな所ですかね。
 まああと,旧知の弁理士にこの異議申立の裏話を聞いたのですが,それは面白かったですね。要するに,審判官のワークの確保,です。無効審判の数が高止まりだと,処理するのが大変~,じゃあ一部を異議申立へ向けようってわけです。まあ実際そんなものかもしれません。

 ここで何度も何度も書いていますが,日本の法制度って国民のためにあるものではありません。特に,箱物はそうです~♪。
 例えばロースクール,例えば法テラス,前者は文科省の役人のために,後者は法務省の役人のために存在するものです。法曹希望者のためや,弱者の法アクセスを良くするため,ではありません。
 
 本来,そんなもん国民のためにちっとも役に立たないとか何とかで,関係する民業である弁護士(ないし弁護士会)が反対すべきなのですが,公務員連中は,法制度を作るときにちゃんとそこら辺考えているのです。要するに,反対すべき民業の一部の者を制度に突っ込んでおく~これが良い方法なのです。

 例えば,ロースクールなら実務家教員として弁護士を,また法テラスなら理事として弁護士を入れておくのです。勿論,幹部のベテランをね。そうすると,弁護士会としては,おおっぴらに反対できなくなるということになります。

 いや,この方法,別に法曹の分野に限りません。日本のありとあらゆる法制度,特に箱物関係には,本来反対すべき団体の構成員を含めるようにして共犯構造をとるようにしているのですね。一緒に甘い汁を吸おうね~,うんわかったよ~っちゅうことです。
 国民の利益は勿論後回し,究極的に向かうのは,公務員及び退職した公務員の利益だけ,なのですね。

 まあ世の中の99%はプロレスだと豪語したのはこの私ですが,別にいいちゃいいのですよ。ただ,世の中右肩上がりのときにはそれでも上手く行ったのでしょうが,こう色んな競争の激しい時代でそんなフェイクマッチをやられた日にゃあ,吸える程の甘い汁なんてすぐに無くなってしまいます。ほんで,ギリシャのように全員ドボン~♡ってわけですわ。

 ま,議題からまたまた逸れてしまいましたが,ちーとは色々考えんといかんのじゃないのかなあって所ですね。

3 追伸
 本日も,冷え込みが少く,散歩日和の東京です。月曜以降,本当春っぽい日が続いていていい感じです。
 ほんで,散歩で本日は,品川シーズンテラスの方まで行ってきました。
 
 この品川シーズンテラスは,東京でもワンフロアの面積が最大級のオフィスビルとして,結構不動産業界とか,移転を考えているような企業で,噂の物件です。
 オープン自体はまだなのですが,ほぼ完成しているという話なので,散歩がてら行ってみたというところです。
 
 場所は,品川駅の海側です。ソニーの新本社の隣ですね。

 いやあ,ソニーのビルもそうですが,本当きれいな建物ですね。ま,色々言うとあれになりますが,品川駅の港南口(海側)って,昔は本当に何も無かったですね。
 しかも港南口に行くまでって,塹壕みたいな狭くて頭がつっかえそうな小道の通路で行くしかなく,一体ここはどこじゃ?って感じでした。
 
 ま,その頃からソニーはあり(芝浦テック),AV関係の拠点がここでしたね。まあでも,それ以外にコクヨやNTT関係のビルがあったとはいえ,すぐ近くに屠殺場もある所ですので(今もちゃんとあります。),本来ここは・・・ていう場所です。

 それがこの品川シーズンテラスを見ると・・・,いやあ隔世の感がありますね。東京っていう所は,人も多いし,平野の面積も広いし,奥の深い所です。
PR
1078  1077  1076  1075  1074  1073  1072  1071  1070  1069  1068 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]