忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日も朝から雨ザーザーの東京ですが,昨日の夜も雨ザーザーの中,首記の研修に行ってきました。

 天気が天気だったので,この手の研修にしては結構空いていたのですが,なかなか良い研修でしたよ。

 あ,一応言い訳がましく言っておきますが,私は現実主義者であって,現実にお客さんの代理人もやっていますので,大嫌いな米国と言えどもその法制度とかの勉強は忌避することはありません。
 何と言っても,日本の裁判官も米国の状況っつうのを結構検討してたりしていますので,訴訟における作戦参謀とも言える弁護士が,何も知らねーじゃ済まされませんからね。それに特許の勉強は何でも楽しいさ~♡

2 さて,内容に入りますが,アメリカの特許の状況がアンチパテントに向かっているのではないかというのは,日経紙すら指摘している話で,これもホットイシューの一つでしょう。

 このことをこのブログでも取り上げたのですが,そこに書いてあった「異議申立て」の訳が悪く,何のことやら,さっぱりわかりませんでした。アメリカでは日本語使わないので,「異議申立て」なんちゅう制度はありませんのでね。

 で,昨日の研修からすると,これは当事者系レビュー(inter partes review:IPR)のことを指していたのだということがわかりました。今年だけで既に1800件もの申立てらしいです。凄い数です。
 つまり変な特許で権利行使してこようものなら,すぐさま,このIPRで迎撃されるわけです。講師の方(USのパテントアトーニ―)は,これを攻撃に晒される米国特許と言ってましたね。

 とは言え,このアンチパテントの雰囲気というのも一枚岩ではないらしいです。

 米国が何故アンチパテントに向かっているかというと,これはパテントトロール(最近じゃNPEと多少上品に言うらしいですが。)対策なわけです。で,パテントトロールが標的とするのは,IT系,いわゆる電気通信業界です。

 じゃあ何故パテントトロールが,電気通信業界をターゲットにするかというと,特許の構造に由来します。
 
 皆さんが今この記事を見ているパソコンでもスマホでもいいのですが,どのくらいの特許が使われていると思いますか?もう数千,数万じゃ効かないでしょうね。つまり1つの製品に膨大な特許が使われているわけです。そうすると,その膨大な特許の全部が全部,完全に管理できないですわな。
 そうすると,事業売却,倒産,リストラ,・・・何かある度に特許が少しずつ動いていき,その動いた特許を得たパテントトロール(自分では事業をしていないからカウンターの攻撃を受けないってことがポイント。)が事業会社を攻撃して金をせしめるというのは,極めて経済合理性に合致した話です。

 だから,1つの製品に膨大な特許が必要でない業界はこれと全く逆のことが起こります。それが製薬業界です。
 製薬業界での製品(つまり薬)は,通常,1つの製品でたった1つの特許しかありません。
 そうすると,そんな虎の子の特許が第三者に流出するなんてあり得ません。仮に手に入れようとしても,それこそ日本円で兆の単位の値付けになるでしょうから,仕入れ値が電気通信業界に比べ高すぎて割にあいません。

 それ故,昨日の講師の話だと,この特質から,逆パテントトロールというのが勃興しているとのことでした。何かというと,安く仕入れた複数の特許で権利行使をするのではなく,高い唯一の特許をIPRで攻撃するという新業態です。
 講師の話だと,IPRでの全部無効・一部無効の割合は,85%くらいの高率らしいので,これ以上アンチパテントなんていう状態になったら,製薬業界としてはもうやっていけない~わけです。

 このように電気通信業界と製薬業界では全く逆です。議会でもそのせめぎ合いがあるため,注視して欲しいということでした。

3 今回,研修の講師は上記のとおりの米国のパテントアトーニ―で,英語です。同時通訳だったのですが,そもそも英語の苦手な私がこのパターンの研修にでると,ああよく寝たなあ~♫あれ何してたんだっけ~ズルー(ヨダレをすする音)♡ということになるのですが,昨日はそんなことがありませんでした。

 いや,英語だけとはいえ,講師が日頃から日本のクライアントと頻繁に仕事をしているのでしょうね,極めて分かりやすい英語で,馴染みのない用語も使っておらず,分かりやすかったですよ。まあ,どこの事務所の弁護士かは,そこの宣伝になるので,言いませんけどね,ウヒヒヒ。

 ま,大雨の中行った甲斐が実にあったという,そんな珍しく誉めるだけの回でした。

 あ,そうそう気になったことがありました。講師は白人中年男性の弁護士だったので,そのスタイルにちょっと注目しておったのです。スーツで登壇したのですが,持っていたカバンは,リュックサックでしたね。

 日本にも支店のあるデカいローファームのパートナーだから,どんなカバンを使っているかちょっと気になったわけです(いい感じでゲスでしょ。)。日本の弁護士だと,TUMIか皮のダレスが多いのですね~。ところが,ようわからんアウトドアブランドのリュックサックでしたからね。ちなみに,講師は二人いたのですが,二人ともリュックサックでした~。
 格好よりも使いやすいのが一番でしょうかね。弁護士の荷物は書類で重いので,手提げよりもリュックサックの方が使いやすいわけで,合理的な判断ということでしょう。

4 追伸
 台風18号と秋雨前線の影響で,本日の東京は凄い雨です。五反田のある品川区には避難勧告が出ました。
 記憶のあるかぎり,一番大降りのような気がします。私の方は,本日は珍しく裁判所と弁理士会のはしごで,タクシーなんか使ってしまいました。

 いつも暇で事務所に大体居るのに,こういうときに限って長い時間の外出なんですよね。大きな被害がないことを祈ってますわ。
PR
1194  1193  1192  1191  1190  1189  1188  1187  1186  1185  1184 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]