忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 11/25の金曜にやるセミナーまでちょうどあと一ヶ月となりました。詳しくは,こちらをご覧ください。

 そして,主催者の情報機構の方から,既に申込者は最小定員確保できたため,開催は正式に決定したとの連絡が入りました。いやあ良かった良かった。今年はやったことが無駄になることが多いですからねえ~♬

 で,内容ですが,レジメも大体作成できました。細部の詰めは残っておりますが,当日話すことは決まったかなって感じです。

2 で,今回,フィンテック関係のことを多目に話そうかなあと思っています。

 弁護士の業界でも今フィンテックはホットイッシューの一つですが,それは,既存の業法に関連して,ここまではOKだとかこれはやっちゃいかんとか,そりゃ弁護士に聞かないとね~みたいな話になっているからです。

 なので,こりゃ良い金づるじゃあということで,大手の法律事務所とかも本を出したりセミナーやったりと,前のめりでやっているわけですね。

 で,今回私がセミナーで話すことは当然こういう話ではありません。そんな同じことをやってもしょうがありませんし,それにお題は,知財・特許ですしね。

 どういうことかというと,折角の知財・特許なんですよね。知財・特許には業法ほどの縛りはないのです。まだわかりませんかね。

 例えば,画期的なビジネスモデル(フィンテック分野でも何でもいいのですが。)を考えたベンチャーがいるとします。勿論,特許出願もできそうな感じです。
 ところが,その画期的なビジネスモデルは,日本では業法の規制があって,しかもそれが10年単位で規制緩和できそうにもない!って場合です。よくあるパターンじゃないでしょうか。

 さあどうしますか?これは日本ではしばらく無理そうだねえ。じゃあそういう意見書を書いてもらって終わりにしますか~。

 それじゃあ弁護士の発想ですね。
 業法があるのは日本ですよ。ですので,そんな業法のない外国を調べて,そういう所でやればいいのです。

 で,ここからが重要ですが,そのときに,特許出願をやるのです。しかも日本で。

 いやいやいやいや,外国でそのビジネスモデルやるんでしょ。その外国で特許出願すりゃあいいんじゃないの?って思うでしょうね。
 確かにそれはそうなのです。でもねえ。仮にその外国がアメリカで,アメリカでの特許出願するとして,すぐにできますか?

 今すぐ,日本に特許出願できるからってアメリカへの出願は結構準備がかかります。一番大変なのは,翻訳です。
 でも日本に出願すれば,優先日を確保できます。これが重要です。

 世の中,今年の4/1から施行された改正特許法の目玉が職務発明の改正だけだと思っていませんかね。ノンノンノン~。
 実は,特許法38条の2以降に,出願手続に関し,一定程度の緩和を規定した条文ができたのです。ですので,日本に関しては別に特許取れなくてもいいや~兎に角出願日確保!という目的にも結構叶うようになっているのですね。

 そういう細かいことまで知っているわけですよ。弁護士の資格だけで弁理士にも登録したとか,特許出願のことしかわかりませんっていう弁理士とは,レーベ~ルが違うんだよ~(外道&オカダ風)。あ,こんな余計なことを言わなきゃもっと客も来るって?そりゃごもっとも。

 ま,兎も角も,ご興味のある方はよろしくお願いします。講師割引もありますのでね。

3 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日はここ目黒川にかかる田道橋に来ております。
 
 昨日につづいて,コイキングの登場です。水辺だとよく現れます。

 さて,昨日はまだましだったのですが,今日は寒いですね~。上着があっても結構寒いです。風もそうですが,全体的に気温が下がっているという感じがします。

 まあカレンダーをよく見ると,10月も実質最終週。となるとあと2ヶ月で今年も終わりってわけですよ。そりゃ寒くなりますなあ。

 去年の冬は暖冬というか雪が全く降らずにスノーボードの予定が非常に難しかったですが,今シーズンはどうなんでしょ。
PR
1286  1285  1284  1283  1282  1281  1280  1279  1278  1277  1276 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]