忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 ということで,またまたセミナーをやることになりました。

 「<エンジニアと知財担当者のための>  特許出願・特許明細書作成の実務ノウハウ」

 日時:2018年3月23日(金) 12:30-16:30
 場所:[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)1階B会議室
 主催:㈱情報機構

 おっと今回はもうビジネスモデルの話じゃありません。主催者側はあの話にまだまだ興味が有るようでしたけど,これもその同じ主催者からの提案です。

 要するに,これは,タイトルのとおり,去年出版したの解説!です。

 あの本は,本当分かりやすいと多くの人から言って頂き(勿論,仕事で特許なんかとは縁もゆかりもない方々です。),非常に良かったと思っております。 
 まあそんな分かりやすい本をこれ以上どう分かりやすくするのか?という根本的な問題はあろうと思いますが,まあやってしまいます。

 なので,去年出した本に興味があろう人や,その他の理由で聞きたいという人には良いかなと思います。

 なお,出版社側には仁義を切っておりますので,そこは問題ありません。販促に繋がるということで,大歓迎ってことでした。

2 ただ,この本を読めば分かりますが,かなりの初心者向けです。そりゃそうです。特許なんかとは縁もゆかりもない人に向けた本ですからね。

 ですが,こういうセミナーをやると,絶対知財部の人や弁理士の人が来ちゃうのですね~。ほんで内容が簡単過ぎだとか程度が低いだとか文句を言って帰る~♫こんなパターンです。

 でもね~,セミナーの申し込みサイトにも書いています!「入門者向け!」です。しかし,何か知らんけど,来ちゃうのですねえ。ある意味不思議~♡

 なので,一応経験者に向けた話も多少やろうと思っております。
 今回,後半に進歩性をぶっこんでおります。そこでは,このブログでは暫くやっていない,でも後継ブログではときどきやっている進歩性のディープな話を裁判例を交えて色々話そうかなあと思っております。

 ま,本当マニア向けというかマニア対策ですね。ですので,私の話を聞きたいけど,あの本の話だけじゃなあ~って人には朗報かもしれません。

 あと,情報機構のこの手のセミナーは少人数形式ですので,申し込むなら早めが良いかもしれませんね。上のPioの会議室はいつもに増して狭い所のようですし。
PR
1496  1495  1494  1493  1492  1491  1490  1489  1488  1487  1486 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 7 8 9
11 12 13 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]