忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日の日経朝刊に特許権侵害訴訟,しかも提起の話ではなく,その結果の話が2件も載っておりました。実に,珍しいのではないでしょうか。

 まずは,1つ。
 昨日気の早いIT業界系のニュースサイトでは紹介されておりました。 
 例のフリーVSマネーフォワードの訴訟の結果です。

 「沖中康人裁判長はマネーフォワードの特許侵害を認めず、同社の会計ソフトの提供・販売差し止めを求めるフリーの請求を棄却した。

 ということらしいです。

 まあこんなの判決見ないと何とも言えないわけですが,本日現在裁判所のサイトにはアップされておりません。
 ところが,某IT業界系のサイトでは,勝訴した側から手に入れたとして既に全文の掲載がされております~ある意味凄えや。

 私もそれを見たので,詳しいコメントが出来ることは出来るのですが・・・,ちょっとやめておきますわ。色々ありますので。
 後継ブログでは紹介しようかなあって所です。

 あと,この事件では上記の某IT系サイトを初めとして,様々なコメントが既にありますが,皆さん,「仕訳」っちゅうのが分かっていないようですね(これについてはあんまり事件と関係ないのでコメント出来るわけです。)。

 仕訳は複式簿記の基本中の基本で,まずはその仕組が分かっていないとダメです。 
 そして,それが簿記の入り口に当たるのですが,実際クソ面倒だということも分かっていないとダメです。

 会社で経理担当している人はよく分かると思うのですが,技術だとか特許だとかだけだとその辺の塩梅が分からないと思いますね。

 私は自慢じゃないですが,日商簿記2級なので,よーく分かるわけです。
 とは言え,コメントはこの程度で。

2 つぎはもう一つ。

 「中外製薬が自社の軟こうの製法特許を侵害されたとして、後発医薬品メーカー3社に約13億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(沖中康人裁判長)は27日、3社に計約10億円の支払いを命じた。

 中外製薬で軟膏の特許ですから,もうお分かりですね。例の,マキサカルシトールの特許の件です。

 第一次訴訟は最高裁まで行き,原告勝訴で終わりました。

 で,これに余勢を駆った原告が,他の後発医薬品メーカーを訴えたというものですわ。ということで,当然侵害が認められたということです。

 こちらもまだ裁判所のサイトに判決のアップはありません。

3 あ,でも奇しくも,両方とも,沖中部長の47部ですね。ちょっと前は話題の事件は29部の嶋末部長の所が多かったような気がするのですが,まあ偶然でしょう。

 ま,しかし,栄枯盛衰と言いますか,IT業界と薬業界で正反対の結論です。
 この2つの業界は特許関係もアグレッシブな業界で,マスコミの話題に上ることも多いと思います。
 それ故,何かの暗示のような気がするのは私だけでしょうか。
PR
1407  1406  1405  1404  1403  1402  1401  1400  1399  1398  1397 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 6 8
10 11 14 15 16
18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]