忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,本日の日経の法務面の特集です。
 まあ,勘違いしそうな内容はいつものことですが,本当,だからどうした?というような内容です。

 前提として,これはグローバル市場での知財戦略の話であることに注意です。ですので,大企業でもグローバル市場とはあまり関係ない所,また,中小企業にとってはほぼ関係ない話と言ってよいでしょう。

 次に注意すべき点です。左に表があり,その対比は,知財と標準化という対比ですが,表題は,標準化と独占の対比だったわけです。知財として出願するか,ノウハウとして秘匿するかの話と混同しているような内容(表がね。)になってます。つまり,今回の話は,そもそも特許として,出願して,権利化後,どうするかという話なわけです。あくまで独占して,真似する他社を追い払うか,それとも標準化して,積極的に使ってもらうかという観点です。

 この観点(この論点)と似ているけど,違う論点の話が入り,全体として非常にわかりにくくなっております(弁理士の私の同期の先生がコメントしていたのはご愛嬌でしたが。)。

 ですので,あくまで,この論点に絞ると,メルクマールはただひとつです。
 自社の特許だけ(正確に言えば,多少の他社の特許のライセンスこみ)で,その市場を席捲,またはコントロールできるのならば,独占あるのみです。そうでない場合に別の戦略を立てる必要がある,というだけです。そして,その別の戦略の1つの考え方として,標準化の試みがあるというわけですね。つまり,対立軸は,独占VS標準化ではなく,独占VSその他(標準化は,ワンオプゼムです。)というわけですね。

2 ま,ということですので,市場をコントロールできない場合が殆どでしょうから,その場合にどうするか,そして,その答えがこうすればいいなんて,単純なものでないことは明白です。
 だって,そんなのがわかるようなら,皆ビジネスで成功しているでしょうからね。
 ビジネスの成功って,別に知財がどうのこうので決するなんてほぼ無いと思いますよ。

 特に中小企業の場合,大企業と違って,知財の費用を工面できない場合が殆どですので,大企業と同様の特許戦略なんて普通は取れません。コアの部分だけ特許出願して,あとは本当に要検討ですね。

 で,そんなことよりも,私が中小企業の経営にとって重要だと思っていることがあります。そう,知財なんかどうでもいいのです。MOTなんて,食いはぐれた,弁護士や弁理士や,学生の集まらない大学が,広告代理店に乗せられた,ある意味可哀想なものです。
 そんなことより,簿記をやった方がいいです。

 私は,弁護士なので,知財だけでなく,倒産関係もやりますが,傾いた企業のトップの共通点は,どこも同じですね~,本当。皆,帳簿が読めないのです。ですので,経営者なのに,俺は帳簿関係を顧みることなく,突っ走っております~ワイルドだろ~というのは,無能の言い訳としては三流ですね。

 そりゃ細かい所は,税理士や会計士に任せてもいいけど,どれだけの売上で,どのくらいの経費で,粗利の額がどれくらいだとか,また借金の方も,どれくらいの残があり,どこに抵当をつけられ,主債務者は,会社なのか代表者なのか,それくらいは把握しておかないと。
 ね,こんな基本のことすら答えられない経営者はたくさん居ます。それで,MOTだなんて,笑いますね~。お布施するのは結構ですが,相手を間違えないようにしないとね,オホホホ。

3 ところで,サッカーのコンフェデレーションズカップは,日本は3戦全敗で終わりましたね。何か,選手交代をした直後,点を取られているような気がしますが,気のせいですかね。

 誰かが言ってましたが,監督を代えた方がいいと思いますね~。弁護士でもそうですが,昔の名前で,過去の遺産で食っていくだけの方は早々に退場してもらわないといけません。本当。
PR
677  676  675  674  673  672  671  670  669  668  667 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]