忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 記載要件について,フォーマルな話とインフォーマルな話が何故か揃いましたので,これについて行ってみましょう。

 ちなみに,記載要件というのは,特許法36条関係のもので,その中心にあるのは,36条4項1号の実施可能要件と,36条6項1号のサポート要件と,36条6項2号の明確性要件です。

 条文は,それぞれ,
4項「前項第3号の発明の詳細な説明の記載は、次の各号に適合するものでなければならない。
1 経済産業省令で定めるところにより、その発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者がその実施をすることができる程度に明確かつ十分に記載したものであること。
6項「第2項の特許請求の範囲の記載は、次の各号に適合するものでなければならない。
1 特許を受けようとする発明が発明の詳細な説明に記載したものであること。
2 特許を受けようとする発明が明確であること。

です。

2 まず,フォーマルな話です。
 特許庁から,「「明細書及び特許請求の範囲の記載要件」の審査基準改訂案に対する意見募集」が出されております。いわゆるパブコメの募集です。
 その骨子は,以下のとおりです。

○第36条第6項第1号
第36条第6項第1号の判断手法は現状どおりとし、以下の観点で、審査基準の記載を補足、明確化する。
・判断手法に関する記載
・審査官が拒絶理由通知に記載すべき内容
・拒絶理由通知に対する出願人の対応(実験成績証明書の参酌等)に関する記載

○第36条第6項第2号
基本的な考え方は現状どおりとし、その考え方を明確化するとともに、以下の場合について、第36条第6項第1号の要件等の他の要件との整合性を考慮しつつ、基本的な考え方に沿った説明となるように整理する。
・発明を特定するための事項の技術的意味が理解できない場合
・請求項が機能・特性等による表現を含む場合
・請求項が製造方法によって生産物を特定しようとする表現を含む場合

○第36条第4項第1号
拒絶理由通知に対する出願人の対応(実験成績証明書の参酌等)に関する記載を補足、明確化する。

○事例集
事例を整理すると共に、事例の内容を充実させる。

 記載要件は,無効事由ともなっているものもありますから,弁護士的にも重要です。ただ,やはり,その重大性は弁理士の方が大きいと思いますから(日々の仕事と直結),注目しておく必要があるでしょう。審査基準は法規範ではない,とはいうものの,有権解釈よろしく事実上の拘束力があるのは確かですからね。

 なお,パブコメの募集は,7/21までです。

3 次は,インフォーマルな話です。

 特許がとれた球体循環装置がちょっと話題になっていますね。昨日の産経ニュースです。
 ちなみに特許は,
(11)【特許番号】特許第4608598号(P4608598)
(24)【登録日】平成22年10月15日(2010.10.15)
(45)【発行日】平成23年1月12日(2011.1.12)
(21)【出願番号】特願2010-94653(P2010-94653)
(22)【出願日】平成22年4月16日(2010.4.16)
【早期審査対象出願】
のようです。

クレームは,
【請求項1】
上端部に密閉栓と下端部に下端開口とを有し、内部に水を少なくとも所定高さまで満たす蓄水室と、
前記所定高さの上端部の上端開口まで水を保持して第1の水面を形成し、下端部の下端開口から供給される複数の所定重さの球体を、該球体の浮力により、間隔を置いて配置された少なくとも2以上の上方向開閉弁の各々を順次通過させて前記上端開口まで上昇させる上昇室と、
上端部の上端開口が前記上昇室の前記上端開口と第1連通室を介して連結され、順次に前記上昇室の前記上端開口から供給される前記球体を下端部の下端開口まで自然落下させる落下室と、
前記蓄水室、前記上昇室及び前記落下室の前記下端開口の各々を連通させ、該落下室の該下端開口において前記落下室内を落下した前記球体が突入する第2の水面を形成する第2連通室と、突入した前記球体を前記上昇室の前記下端開口に順次誘導する誘導手段と、側壁において前記第2の水面の位置に合わせた排水開口とを有する蓄水箱体と、
前記上昇室の前記上端部に接続され、前記第1の水面の水位が低下したとき、該上端部に給水装置から水を自動的に供給する供給管と、を備え、
前記複数の球体の各々は、前記上昇室内を浮力で上昇し、上昇した当該球体は、他の球体の浮力により前記上昇室の前記上端開口を越えて押し上げられて、前記 落下室の前記上端開口に供給され、該供給された当該球体は、前記落下室内を自然落下して前記第2の水面下に進入した後に前記誘導手段により前記上昇室の前記下端開口に供給されて、前記複数の球体の各々が、前記上昇室と前記落下室とを順次循環することを特徴とした球体循環装置。

 クレーム上は永久機関性の明示はありませんが,発明の詳細な説明に,「この発電例によれば、特別に外部からエネルギーを供給することなく、水の補給が続く限り、装置内で複数の球体を循環させることができるという利点を活かして、球体の自然落下による運動エネルギーを電力として取り出せるので、」とあります。

 私は,文系の仕事をしているいわば素人であり,詳細なことはわかりません。しかも,科学的命題というのは,そもそも白黒はっきりつけるのが意外と難しいのです。

 ですので,私もこの発明について,断定的コメントを示すことなどはできません。ただ,上記クレームの傍線部について,浮力のある球体を水面下(水中)に進入(突入)させるためには,それ自体でかなりのエネルギーが必要な気がしますが・・・。ということくらいのコメントにしておきましょう。
 そうすると,首記のタイトルとの関連性もお分かりになるのでは,と思います。
 ただ,この発明が私の推測とおりとすると,誰も真似なんかできないことになりますので,特許があっても誰も困りません(侵害しきらんちゃ!)。ですので,まあほっといてもいいのでしょうね。
 

PR
299  298  297  296  295  294  293  292  291  290  289 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]