忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本件は,ごく最近流れてきたニュースです。英語に堪能な方は,こちらから書類を見た方が早いと思います。

 ま,概要は,ニュースで書いてあるとおりで,種苗業者の販売した特許製品たる種は,農家に販売しても消尽しないということです。具体的には,種が成長して,作物になり,再度種がとれたとしても,それを次の作付けに使うことができず,わざわざまた種を買わないといけない!ということです。

 すげえ内容~。

2 上記に消尽という用語が出ましたが,これがポイントです。

 例えば,使っていた本を売るときに,いちいち著作権者の許可をとり,売ってもいいですか~なんて聞きませんよね。また,使っていた車を売るときに,いちいち特許権者の許可をとり,売ってもいいですか~なんて聞きませんよね(本と違って,権利者数が莫大過ぎて,実質的には無理ですが。)。

 こういう場合に著作権や特許権は,用い尽くされて消費した,として,権利行使できないとされているのですね。実質的には,ロイヤリティの二重取りを防ぐということなるかなあと思います。
 ま,そうじゃないと流通を妨げることこの上なしですから。あ,自分のものだからどうしようが勝手~という理屈ではありませんので,要注意です。形式的には自分のものでも,著作権や特許権が及ぶようになってますので。

 で,著作権法には,この消尽が明文であります。26条の2第2項です。特許法は明文規定がありませんが,国際消尽については,BBS事件があり,国内消尽についてはインクタンク事件があります。

3 さて,種ということになると,日本では種苗法もあります。
 そして,種苗法の21条には2項があります。

 「農業を営む者で政令で定めるものが、最初に育成者権者、専用利用権者又は通常利用権者により譲渡された登録品種、登録品種と特性により明確に区別されない品種及び登録品種に係る前条第二項各号に掲げる品種(以下「登録品種等」と総称する。)の種苗を用いて収穫物を得、その収穫物を自己の農業経営において更に種苗として用いる場合には、育成者権の効力は、その更に用いた種苗、これを用いて得た収穫物及びその収穫物に係る加工品には及ばない。ただし、契約で別段の定めをした場合は、この限りでない。

 つまり,日本の種苗法上,原則として,業者から買った種が成長して,作物になり,再度種がとれた場合,それを次の作付けに使ってもよいのです。他方,例外は,業者との契約でこれを禁止した場合ですね。売り手市場の種苗の場合,この契約により,こういう自家採種と自家増殖を禁止している場合が多いと聞きます。

 では,日本の特許法上はどうなるのでしょうか?
 上記のインクタンク事件は,こう言ってます。

 「しかしながら,特許権の消尽により特許権の行使が制限される対象となるのは,飽くまで特許権者等が我が国において譲渡した特許製品そのものに限られるものであるから,特許権者等が我が国において譲渡した特許製品につき加工や部材の交換がされ,それにより当該特許製品と同一性を欠く特許製品が新たに製造されたものと認められるときは,特許権者は,その特許製品について,特許権を行使することが許されるというべきである。そして,上記にいう特許製品の新たな製造に当たるかどうかについては,当該特許製品の属性,特許発明の内容,加工及び部材の交換の態様のほか,取引の実情等も総合考慮して判断するのが相当であり,当該特許製品の属性としては,製品の機能,構造及び材質,用途,耐用期間,使用態様が,加工及び部材の交換の態様としては,加工等がされた際の当該特許製品の状態,加工の内容及び程度,交換された部材の耐用期間,当該部材の特許製品中における技術的機能及び経済的価値が考慮の対象となるというべきである。」

 ま,ですので,端的に言えば,種を植えて,また種をとることが,特許製品の「新たな製造」に当たるかどうか,ということです。

 物理的に考えれば,前の種とそれから作物として成長し,採れた種が同一なわけありませんわな。親と子の関係ですから。しかし,そうすると,消尽しなくなり,種苗法で許されることが特許法(法上明文はないけれど。)では許されないってことになってしまいます~♪→これが今回のアメリカの最高裁の判決です。

 ですので,仮にアメリカの事例と同様のものが日本の最高裁に上がったら,例の「総合考慮」の中で,同一性あり,とされる可能性はありますね。例えば,買ったのとほぼ同じ数の種のみ,自家増殖に使っているような場合です。

 いやあしかし,事例としては実に面白いと思います。弁理士試験や司法試験の知財法など,特に論文試験で頭を使わせるには実によい事例と思いますね。

 個人的には,種苗法と平仄を合わせた結果で良いと思いますけどね。
PR
653  652  651  650  649  647  646  645  644  643  642 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 5 6 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]