忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 Samurai Mastersというのは,昨今特許業界でちょっとだけ話題のAI Samuraiの会社がやるニュービジネスのようです。
 そもそもの情報源は,このですね。なので,どういう話かは,この飛んだところのURLで見てください。

 で,私,元々,AI Samuraiの技術に興味があったのと,このニュービジネスも面白そうだということで,昨日東京駅の近くであったSamurai Mastersの入会説明会に参加してみることにしたのです。

 ですので,目的は,①Samurai Mastersってどんなの?,②AI Samuraiの技術は使えるの?っていうこの2つですね。

2 まずは,①の方からです。
 結論からいうと,これはダメですね。特に私は弁護士でもあるので,全くダメです。
 何がダメかというと,このSamurai Mastersに入るのに,金が要るのです。入会費78万円,月会費6.5万円です。結構な額です。

 このビジネスモデルは,AI Samuraiで手の届かない部分を弁理士に任せ,そこで企業側から弁理士側に金が行くようにしているわけです。まあ,弁護士の業界でいう弁護士ドットコムのビジネスモデルと良く似ています。

 だけど,これ,弁護士法72条の「周旋」に当たる可能性が大です。
 実は,私,さっきの紹介文で読んだとおり,「評価委員」という触れ込みだし,弁護士法の「業とする」という文言への抵触を避けるため,当然費用0円だと思ってました。
 ところが,何とお金をとる!というのです。いやあこれはびっくりでした。

 説明会でCEOの人は,弁護士法違反を避けるため,弁理士としてand出願に限り,ということを規約で強調したので,問題ない,普通の弁理士の人は,特許技術者という昔からの慣例があるので,無資格者からの仕事のあっせんも大丈夫だろう,ただし,弁護士・弁理士の先生はたしかにマズい部分もある,だけど外部の弁護士3人に意見書を依頼し,OKだという見解をもらった,なので大丈夫だと言ってました。

 でもねえ,弁護士ドットコムって無償だったのに,大阪弁護士会から,弁護士法違反じゃないかという文句があって,それなりの対処をしたのですよ,黎明期に。もう覚えている弁護士も少ないとは思いますが。

 にもかかわらず,上記のとおりのお金をとるビジネスモデルが「周旋」に当たらない,という発想そのものが,少なくとも私には理解不能です。

 あと,出願に限り,だから大丈夫という発想も??です。
 例えばお客さんから,出願だからということで相談に乗ったところ,実はよくよく話を聞いたら,ライバル企業から侵害の警告状が届き,その対抗のためこちらも出願するのだ!なんてあり得る話です。でも,これって「事件性」そのものですよね。

 弁理士の人は何か勘違いしている人もいますけど,侵害の警告状の内容証明郵便,あれ,弁理士名義で出したり,弁理士名義で応答したりって,弁護士法違反の可能性,ありますからね。
 ちなみに,弁護士法違反の刑事罰は,「二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金」となっております(弁護士法77条3号)。

 話はずれましたが,そういうことで,このビジネスモデルは資格者の方からお金をとる時点でちょっとダメ~ですね。全く乗れないことが分かりました。

3 つぎに,②AI Samuraiの技術の方です。
 これは1時間使えるアカウントでそこそこ試しました。

 感想としては悪くはない~って所だと思います。

 UIはこなれて使いやすい感じです(クラウドでブラウザ上操作する,所謂Saasです。)。入力も直感的に入力できるようになっています。少なくとも面倒くさい,論理式を使わないと検索できないってことはありません。

 でもまあ,肝腎の検索精度が1時間じゃ分からないのですよね,やっぱり。
 解説によると,グラフ理論により自然言語での類似性から類似特許を探すようなアルゴリズムになっているそうです(特許番号のみの場合は,請求項1を元ネタとして,類似特許を探すみたいですね。)。

 でもまあ人海戦術でやろうが,AIでやろうが,結果が全て(勿論,費用が少ないならベスト)。となると,ある程度きちんとした対照群との対照実験でもやらないとAI Samuraiの技術がお金を出して導入する価値があるものか,ということが全く分からないわけです。

 とは言え,そこら辺は目をつぶって使いやすいUIなので,選ぶということもアリだとは思います。
 でもまたしかしなのですが,このAI Samurai,最終的に,該当特許が出た場合,どこを参照するかというと,グーグルパテントなのですよ!(商用ライセンスを取得しているとのことでした。)。

 これもまたうーんと思った所です。だって,グーグルパテントも,小難しい論理式を立てないで特許の検索ができるということがメリットです。にもかかわらず,これじゃあ他人の褌で相撲を取っているだけじゃねえかなあという感じを拭いきれません(勿論,グーグルのAIを使っていないとしても。)。
 要するに,だったらグーグルパテントでいいんじゃないの~お金も取らないし,ってことですね。

4 ということで,説明会に行ってよくわかりましたね。
 ①Samurai Mastersのビジネスモデルは,明白に✕。
 ②AI Samuraiの技術は,△。

 まあでも,興味を持っているということは,応援したいということでもあります。
 ベンチャー,スタートアップは試行錯誤の連続ですから,今回はNGでもまた良いアイデアで先に進めばいいと思うのですね。
 特に私が本当に期待しているのは,明細書の自動作成機能です。これが使えるようになれば,特許業界における,マネーフォワードやフリーのような大化けもアリだと思います。
 がんばってね~♪

5 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩中のコーナーでございます。
 本日はセミ特集!まさにいれぐいです。
 
 
 まずは,ミンミンゼミです。多分メスかなあ。
 
 
 続いて,アブラゼミ,これはオスだったような・・・。

 
 ほんでとぼけた感じのアブラゼミです。大崎ブライトタワーの裏あたりです。

 
 ほんでミンミンゼミです。楽勝ですね。

 
 さらにミンミンゼミです。これはオスだったような。生きが良かったです。

 
 これもミンミンゼミですね。ボサッとしていると人に捕まるわけです。

 
 最後はアブラゼミでした。

 ほんで,今日はその後,京浜運河の方まで散歩しました。
 
  今日の朝方はすごい日差しだったのですが,日中は曇りで,しかも風があったので,そう暑くは無かったと思います。
 もう秋の気配がしますねえ。

 ところで,甲子園ももう決勝を残すのみになりました。星稜VS履正社という,横綱対決と言ってよい所でしょう。
 で,私の予想は,やはり星稜!という所じゃないでしょうか。
 だって,今年は準決勝と決勝の間にも休みが1日加わり,奥川投手にはよいコンディションですからね。優勝候補筆頭がそのとおりに勝つ,たまにはこういうのでもいいのではないかと思うわけです。
PR
1777  1776  1775  1774  1773  1772  1771  1770  1769  1768  1767 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]