忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 結構長く続けていた弁理士会の研修所の運営委員ですが,この度訳あって終了することにしました。

 独立した直後に参加させて頂いたものですので,色んなことがありました。ですので,ちょっぴり寂しいのですが,まあ良い潮時でしょう。

2 突然のお別れの発端は,その運営委員での議事中,私の提案した議題が否決されたことに発します。

 とは言え,松岡洋右,敢然と国際連盟を後にする~っちゅうのではなく,それはそれで別に良い話です。何つっても,無鉄砲にも任官に応募して瞬殺されるというくらいですから,基本チャレンジャーなわけです,年甲斐もなく。失敗なんてできるうちが華ですよ。

 ですが,問題は,その議事後の或る関西の弁理士からのメールです。
 どういう話かというと,いやあそんな深謀遠慮もなく提案したら否決されるに決まってまっせ~えらいご苦労さんなことで~そんなこともわからんと,あんさん随分アホンダラのようですな~わてが色んなことを教えてあげまっさかい,わてに聞きにおくれやしてごめんやっしゃでおくれやっしゃ~とこんな感じでした(意訳)。
 ま,要するに,目立ちたがりの役立たずは俺の爪の垢でも煎じて飲むといいさ,こんな趣旨なわけです。

 ところがこの或る弁理士,運営委員になったのもごく最近で,弁理士の登録年も私より随分若いのです。
 ですので,はあ~?何おまえ,偉そうな上から目線,何様のつもりじゃ,クソボケと,久々頭に来たわけでした。いやあ怒髪天を衝く感じなのはずいぶんぶりですよ。

 なので,こんなやつにアホンダラ扱いされるとは・・・焼きが回ったもんじゃのうと,速攻,担当部の部長宛,この辺でお暇させて頂く旨を出した次第です。

3 弁護士もそうでしょうが,弁理士の会務活動も基本は派閥の持ち回りです。
 君は今回研修所の運営委員をやってくれ,君は***委員,あなたは***委員,みたいな感じで会務の委員が埋まっていくわけです。もちろん,所属する事務所のお偉いさんが会務活動に熱心なためイヤイヤやっている弁理士も多いとは思いますよ。

 ですが,私の場合,皆さんご存知のとおり,何の派閥にも属しておりません。ですので,義理立てする派閥やそれに類するものなんてないのです。

 じゃあ営業活動の一環みたいな感じ~?ですけど,否定はしませんが,運営委員を10年近くやっててそこから仕事につながったことはたったの1件しかありません。ほんのそれだけです。ですので,これも理由になりません。

 そもそも弁理士会の研修所の運営委員をやっているのは,独立直後の2009年から2010年のころに話が遡ります。
 イソ弁時代からお世話になっている弁理士のW先生,この先生から誘われたのがきっかけです。
 前の事務所から追い出されるようにして独立した私を見て不憫に思ったのでしょう。きっと客も居なくて往生している筈だ,知財の弁護士は弁理士経由の仕事も多いだろうから顔つなぎ的に入ってみるといいだろう,そんな感じだったと思います。

 ですが,そのW先生も,もう5年くらい前に研修所を辞めています。すでに義理立てする必要はないのです。

 じゃあ結局,それなのにいまだに研修所の運営委員を続けていたのって,何故?という話になろうと思います。
 弁理士の人なら知ってのとおり,6/8ルールというのがありまして,ほぼすべての委員会は連続6年か8年で再任されないというルールがあるのです。研修所の運営委員は,8年の方ですが,私は当然その8年を経過しています。
 しかしながら,ここでも書きましたが,昨年の任期満了の直前,上記の担当部の部長から,もう暫く居てもらえないだろうか,上に例外を認めてもらうようにするから・・・ということで,例外的に所属していたわけです。

 ま,つまり,ここが重要ですが,請われて,委員をやっていたということです。あくまで,請われて,です。ここは重要ですからね。

 それに,私も来年で弁理士試験を受かって丸20年,この資格あっての今があるということは身に染みて分かっているつもりですから,多少でも役に立つなら,と思った所もあります。情け,って所でしょうかね。

 ですが,まあ上記のようにアホンダラ扱いされるとは・・・。きっとその或る弁理士からすると,何か目立ちたがりで実に役立たずのオッサンに見えたのでしょうね~♡(悪かったね,役立たずで。)。

 ですが,請われてやっているだけなのに,そんな失礼千万な仕打ちを何でされないといけないの~,こう思うのもまた当然の話です(hostile environment そういう感じです。)。

4 ということで,この一件で,かなり大きな音とともに,情けの糸がブッツと切れてしまった,こんな次第です。

 まあ,でもよく考えると,ちょっと延長戦というか,長すぎた~感はありますね。私自身も,W先生が辞めて以来,辞め時を逸して今に至る~って所がありますので,ちょうどいい潮時,まさにそんな感じです。
 
 個人的にかなり親しい先生も居て,これでお別れというのも多少は寂しいのですけど致し方なし,またどこかで会えるでしょう。

 ところで,熱心にやったプロボノ活動って,この犯罪被害者支援の関係もそうですが,どうも石もて追われるようにして終わることが多いです。士業って恩を仇で返されることが多い職種だと思いますので,この辺は織り込み済みって所でしょうかね~フー。

 まあしかし,大して偉くもないくせに,偉そうにする奴はどこにでも居るんだなあって所です。え?あんたほどじゃない,こりゃまた失礼致しました~!
PR
1632  1631  1630  1629  1628  1627  1626  1625  1624  1623  1622 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 8
9 12 13
16 19 22
23 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]