忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 新しい適当な判決も,その他の話題もありませんので,どうでもよい系の話でお茶を濁します。

 2年毎に改選の行われる日本弁理士会の会長の選挙が近づいてきました。日弁連の会長選挙だと,結構一般的な話題にも上るのです(特に今年の年初に行われた選挙は,2回も投票があったりして,盛り上がりましたね。)。
 しかし,弁理士会の会長選挙だと全く一般的には話題にはなりません。
 コップの中の嵐に過ぎないのですが(今の日本はこんなのばかりですね。),関係者は必死です。私も弁理士のはしくれ,会費を払っておりますので,会費分くらいは楽しませてもらおうと思います。

2 さて,今回の立候補者は4人いるようです。まあどういう人が立候補しているかは,相応のHPに載っていますから,検索してもらうとして,今回特筆すべきは,結構な盛り上がりということです。

 といっても,再登録してからまだ3回目の選挙に過ぎませんので,比較対象が少ないのですが。

 今回は,ダイレクトメール,分厚いプロフィールカタログ,著作,電話攻勢,FAX攻勢,まあいろいろ来ます。前回はデキレースだったのか,こんなに多量だった記憶はありません。
 弁理士会は,弁護士会以上に,派閥化が進んでおりますので,通常は,主流派からの立候補で,すんなり行くようです。たまに,副会長あたりにイレギュラーが起きるようですけどね。ところが,今回は,本命ドンズバというのがないのでしょう。ですので,どこの陣営も必死というわけです。

3 ちなみに私は,弁護士の資格がありますので,どこの陣営が勝とうが,弁理士会がどうなろうが,「法的」には全く影響なしです。
 というのは,「法的」に弁理士にしかできず,弁護士ではできないものなどないからです。そのため,いざとなったら,弁理士の登録を抹消すれば,よいだけです。
 ただ,私は出自が弁理士ですし,友人・知り合いに多くの弁理士の方がいます。ですので,弁理士会は,まさに故郷のようなものです。

 その故郷が荒れると悲しいなあというところですね。

4 荒れた理由は色々あります。まあいつかまとめて書きたいと思いますので,そのさわりだけ。

 私が弁理士試験に合格した1999年は合格者が初めて200人を越えました。そのときはバブル合格だ,なんて言われていたようですが,それから10年経った2009年の合格者は800人を越えております。10年前の4倍ですよ!
 昨今,給費制だなんだかんだで喧しい弁護士業界も,弁護士の増加が問題となっておりますが,弁理士の業界はそれ以上の,異常な膨張ぶりです。

 これはもちろん,一連の規制緩和-司法制度改革の一環ではあるのですが,だからと言って具体的に何かなければ(例えば,ロースクール制度や,新司法試験の導入に相当するもの),こうは増えませんよね。
 それが,2001年からの試験改革です。従前たった4%の合格率だったのを,増大させるため,択一の合格点数の引き下げ,3科目あった論文選択科目の原則廃止(理系でデフォーの修士の資格があれば,1科目だけの選択科目は免除),論文必須科目数の削減,などを行い,簡単な試験としました。

 その代わり,増えた弁理士の仕事の需要を賄うべく,付記弁理士制度というものを導入したのです(これまた馬鹿げた制度です。)。
 一定の研修などに加えて,試験に合格すると,侵害訴訟の訴訟代理人になれるという制度です。ただし,弁護士と共同代理人でないといけないのですけどね。ただ,仕事が広がったことは広がったわけです。

 その付記弁理士の制度が導入されたころは,大人気でした(私も若干迷ったりしたのですが,自分で司法試験通った方が早いや,ということで,今のコースとなったわけです。)。
 その他,訴訟関係は弁理士にとって,プロミストランド,エルドラド,天竺・・・のように見えていたことでしょう。時は,小泉政権で知財立国が声高に叫ばれていたころですからね。

 しかし,今や,私のような知財専門の弁護士であっても侵害訴訟は数少ないものとなってしまいました。これも色々理由はあるでしょうが,現実は厳しいものです。そうすると,折角手に入れた付記弁理士って??てな話になりますね。

 結局,そのころの弁理士会の幹部連中には,見る目がなかったのですね。私以上に。
 つまり,弁理士を増やしたい特許庁等の政府サイドからのバーター取引である付記弁理士の制度の値打ちを見誤ったのです。

 そのバーター取引での引き替えとなった弁理士数の増大は,出願数も減少に転じた以上,もはやのっぴきならない状態です。さらには,知財立国盛んだったころ,多量の出願数に対応すべく,期限付公務員としてこれまた多量に採用した審査官の連中の期限が切れ,弁理士として天下ってきます。聞くも哀れ,見るも無惨とは,このことですね。

 ああ,あのとき,だまされずに,又は徹底的に反対し,弁理士の数を増やさないようにしておけば・・・と考えても遅いのです。しかし,このように考えているのは,私だけでなく,今回の会長選の立候補者の全ての方が,この問題を大きく取り上げております。

 弁理士は今後生き残れるのか,弁護士の数年先の未来がわかりますので,注目していたいと思います。
PR
145  144  143  142  141  140  139  138  137  136  135 
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
3 4 6
8 9 11 13
14 18
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]