忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 お待たせしました。下世話なもの好きのゲスな皆さん,今年も選挙の季節がやってきました。

 世間ではちっとも話題にはなりませんが,我が日本弁理士会の会長選挙の季節です。とは言え,実は,副会長とか常議員(何の役職かさっぱりわかりませんが。)も選ぶのですが,告示によると,選任数以上に候補者がいるのは,会長だけのようです。
 ですので,選挙は会長選だけですね。

 実は,こうしてここで書くのは4年ぶり,2年ぶりじゃないのです。何故かというと,今の会長の伊丹勝さんは,無選挙で選ばれたからです。
 まあ世の中の99%はプロレスと豪語したのはこの私ですが,きちんとネゴができたのでしょうね。

 他方,今回は選挙です。久々のガチンコというわけです。

2 で,立候補者は2名です。
 不公平無く,告示順でいきます。

 永井義久(8264)
 渡邉敬介(9682)

 カッコ内は登録番号ですね。

 まあ,弁理士会って政治家や弁護士会以上に派閥の影響が強いのですが(ま,所詮は利益誘導団体ってことですわ。),今回は,上記のとおり,派閥間のネゴができなかったようです。
 
 弁理士会の派閥は,まず,春秋会,南甲弁理士クラブ,PA会,稲門弁理士クラブ,無名会というのがあり,この5つが日本弁理士クラブという派閥連合を作っています。
 他方,これとは別に,弁理士クラブ(紛らわしい~♬),弁理士同友会というのがあり,こちらは,弁理士連合クラブ(更に紛らわしい)という派閥連合を作っているわけです。

 で,今回,日本弁理士クラブの方が,渡邉敬介さんを推薦し,弁理士連合クラブの方は,永井義久さんを推薦した,というわけです。

 部外者の方やインハウスの人,理解できましたかな。

3 ということで,派閥の幹事長クラスは,これから選挙まではもうお祭り~♬ですね。

 ちなみに,私は事務所の弁理士でもあるのですが,どこの派閥にも属していません(そんなの嫌いそうでしょ,そのとおりなのです。)。
 勿論,弁護士の方でも,何の派閥にも属しておりません。だから,役職とか美味しい利権とか,そういうのには全く縁がなく,だからこその言いたい放題のこのブログ!ってわけです。

 とは言え今回はちょっと違っておりまして,何が違うかというと,いつものように外野でワイワイ言うだけで,投票にも何も行かないというわけにはいかなくなったってことですね。

 確かに派閥には入っていないのですが,弁理士の知り合いというか,親しい方はたくさんいるのですね。ですので・・・ゴホンゴホン,まあこれ以上言わなくてもわかりますかね。

 ちなみに,再登録してから私が一番評価している会長は,前の前の会長の奥山さんです。何と言っても,20,000円だった月の会費を15,000円にしてくれましたので。こういうことってなかなかできませんからね。

 私は弁護士でもありますので,弁理士の職域が広くなろうが狭くなろうが,全くどうでもいい話です。ですが,義務の方が小さくなるのは嬉しい限りですからね。

 次の会長にもそういう施策を期待しています。

 あ,そうそう,勿論,この選挙の結果については,追伸等でお知らせ致します。

4 追伸1(9/30)
 まずは,本日で選挙運動期間が終わりますので,ここまでのまとめです。
 と言っても大したことはないのですが。

 で,今回は拮抗しているのですかね~?。
 よくある,この候補に入れてという電話がたくさんかかってきました。再登録してから最多数じゃないですかね。

 とは言え,上記に書いたとおり,もう誰に入れるかは決まっているのです。ま,秘密ですけどね。

 ほんで,投票期間は10/1-10/19(午後5時)までです。私の所には郵便投票のやつは届きましたので,多くの弁理士の先生にも既に届いたのだと思います。

 あ,そうそう,外部の人に説明しておきますと,弁理士会の会長選挙って,この郵便投票だけなのです。変っているでしょ。

 弁護士の場合,日弁連の会長選挙だと,不在者投票の期間はありますが,ある特定の日(2月の金曜が多かったかな。),自分の所属する弁護士会の投票場所に直接出向いて投票します。
 ま,普通の国政選挙とか知事・地方議会議員の選挙と同じですね。

 しかし,弁理士会の場合,郵便投票だけ!直接持参もダメ!なのです。面白いですね。

 ま,何故こうなっているかというと,地方との較差是正なのでしょうね。
 弁護士会の場合は,二重構造で,全国各地に弁護士会があります。ところが,弁理士の場合,日本にただ一つの日本弁理士会というのがあるだけです。その本部は霞が関ビルの裏,特許庁の横です。

 支部はありますが,結構遠いです。
 例えば私の田舎の大分だと,大分市内から,支部のある福岡県福岡市まで行こうとすると,久大線ですかね~。あとは車かなあ。どちらにせよ2時間以上見ないといけません。

 なので,もう全国統一して郵便のみとしたのでしょうね。今は,電子出願できるので,少なくなりましたが,郵便局の消印があれば,発信主義がとれるのです(特許法19条)。なので,郵便局の近くに特許事務所を開くというのは,二昔前くらいの弁理士業界のデフォーの一つでしたね。若い人はあんまり知らないでしょうけど。そういう理由もあるかもしれませんね。

 兎も角も,投票期間は,土曜の明日からです。決まっている人はもう早めに出した方がいいですね(発信主義はとれませんので。)。

5 追伸2(2016.10.20)
 この時期の追伸というと,そう,当選人が決まりました。
 永井義久 2657
 渡邉敬介 3181
 無効    3
 白票    64
 合計   5905
 だそうです。弁理士会のHPの電子フォーラムからの引用ですので,そっちで確かめた方がいいですよ。こちらは単なるヨタ弁護士のブログですのでね。

 ということで,来期から2年の会長は,渡邉敬介さんに決定しました。おめでとうございます。推薦した派閥関係の方々も良かったですね。

 とは言え,今回は結構な僅差です。投票率は5割ちょっとということで,浮動票が大量に来るようだとどうなるかわからないって感じだったのでしょうね。だからこそ,私のような何処の馬の骨とも分からんやつにもたくさん電話がかかってきたのだと思います。そのとおりの接戦だったわけです。

 私は上記のとおり,何の派閥にも属しておりませんが,今回は人的つながりで,落選した永井さんに投票しました(そういうことは誤魔化さないわけです。)。もう少しということで,今回は残念でした。

 ま,世の中うまくいくことばかりじゃないですからね。だからと言って失敗を恐れて何もしないと多くの日本企業のようになってしまうわけです。
 なので,チャレンジしたのは実に素晴らしいことで,そして失敗できたなんて更に素晴らしいことだと思いますよ。私も見習ってこれからもチャレンジと失敗をガンガンやろうと思います(マジで)。

 ところで,やはり何のメディアも注目していませんねえ。弁理士会の会長選挙だというのに。知財のことを大きく取り上げることも多くなってきたとは思いますが,本当の所はこんなものなのでしょうね。
PR
1264  1263  1262  1261  1260  1259  1258  1257  1256  1255  1254 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]