忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,昨日行われた弁理士会の中央知的財産研究所の会員(つまりは弁理士)向け発表会です。

 実は2部構成だったのですが,私の興味のあるのは,首記のとおり,後半の「地理的表示と商標」という大阪大学の茶園先生の話だったので,そこだけです。

 ま,地理的表示(GI)というのは,いいですかね。施行されたのは昨年になりますか~。そのときには,ちょっと記事も書いたりしました。

 で,私の興味はやはりこれまでの商標制度との違いです。上記の記事にもそこそこ書きましたが,結局実際のところどうなんだ?という所がいまだよくわかりません。
 どういうことかというと,例えば,地域の産物を扱っているお客さんから,GIと商標,どっちがいいんだ?こっちはそんなに金がないからどっちか一つにしたい,と言われたときにどう答えるかって話です。

 極めて実践的でしょ。今回もその答えを探す旅の一環です。

2 じゃあ今回の茶園先生の話でその答えが出たかというと,それは否定せざるを得ません。茶園先生の話は極めて法的な話でしたので,致し方ない所です。

 とは言え,GIが先で商標が後,対してその逆の場合,法的処理はどうなるのか?という所にかなり明確な話をして頂きましたので,それは実に参考になりました。これは行く価値はあったと思います。

 さて,そうなると,GIと商標のメリット,デメリットは自分で考えないといけませんね。
 GI登録できる主体は,GI法上以下のとおりです。
この法律において「生産者団体」とは、生産業者を直接又は間接の構成員(以下単に「構成員」という。)とする団体(法人でない団体にあっては代表者又は管理人の定めのあるものに限り、法令又は定款その他の基本約款において、正当な理由がないのに、構成員たる資格を有する者の加入を拒み、又はその加入につき現在の構成員が加入の際に付されたよりも困難な条件を付してはならない旨の定めのあるものに限る。)であって、農林水産省令で定めるものをいう。」(GI法2条5項)

 他方,地域団体商標の出願できる団体は,以下のとおりです。
事業協同組合その他の特別の法律により設立された組合(法人格を有しないものを除き、当該特別の法律において、正当な理由がないのに、構成員たる資格を有する者の加入を拒み、又はその加入につき現在の構成員が加入の際に付されたよりも困難な条件を付してはならない旨の定めのあるものに限る。)、商工会、商工会議所若しくは特定非営利活動促進法 (平成十年法律第七号)第二条第二項 に規定する特定非営利活動法人又はこれらに相当する外国の法人(以下「組合等」という。)」(商標法7条の2第1項)

 大きく違うのはGIの場合法人格が無くてもいいのですが,地域団体商標の場合,法人格が無いとダメ!って所です。

 次に,GIの場合,「生産行程管理業務」という品質維持をずーっとやらないといけないという面倒臭さがあります(これをやめると登録の効力がなくなります。GI法20条1項2号)。
 しかしながら,エンフォースメントは行政がやってくれます。訴訟など起こす必要はありません(商標制度の場合,最終的には訴訟で決着つけないといけません。)。

 あと,費用です。商標の場合,1区分ですと,10年分の登録料を支払うまでの費用は,特許庁の費用も含めて15,6万円という所でしょう(弊事務所の場合)。

 他方,GIの場合,農水省へのお金は全く0円なのですが,代理人等費用はこんなもんじゃ効きません。私がやる場合,50万円~100万円必要だと思います。
 というのは,上記の生産行程管理業務を決めて,それやその他を農水省へ提出できる程にまとめ・・・となるとコンサルタント的にやらざるを得ないからです。

 恐らく,上記の相場はどこの事務所も同じくらいじゃないかと思います。

 茶園先生の話によると,GI登録はこれまで21件だそうです。他方,地域団体商標の方は,605件とのことです。始まった時期が違いますが,やはりGIはハードルが高いのではないかと思います。

 ですので,今回の問いに対する答えとしては,取り敢えず,商標の方でいいんじゃな~いって所でしょうか。あくまでも取り敢えずですけどね(答えを探す旅は続くのです。)。

 GIの方は,商売以外の話も絡めるなど,地域全体のコンセンサスが得られた場合にやった方がいいかなあと思います。

3 追伸
 昨日の会場は,霞が関ビル35Fの東海大学なんちゃらでした。ここからの景色はご覧のとおりです。
 
 国会がよく見えますね。

 さて,この会場で思い出すのは,ちょうど今の時期だったと思いますが,例の17年前の話です。
 特許庁の中にある体育館で合格証書をもらっての,弁理士会主催の合格祝賀会&登録手続説明会が,同じ所で開催されたと思います。

 弁理士会で何やら格式張ったことをやるときは大体この会場と決まっているのでしょう。
 


PR
1296  1295  1294  1293  1292  1291  1290  1289  1288  1287  1286 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]