忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 これは,昨日のニュースですが,まあよろしいでしょう。例の出版社が著作隣接権をクレクレ煩かった件について,漸く決着を見たということです。

 最初は,またクソみたいな権利が新設されるのではないかと心配しておりましたが,今年になって経団連から謂わば横槍のような形で,著作隣接権ではなく,出版権の方で行こうじゃないのという提言が出て,一気に形勢がこっちに傾きましたね。

 偶にはいいことやるじゃん,経団連って所です。勿論,著作隣接権なんか出来たら,自分たちの商売(特に電機メーカー)の邪魔になるっていうことが分かってやっただけだと思いますけどね。

 そうそう,結構面白いですよね。電機メーカー系とコンテンツ系の対立って,そのまま理系と文系の対立だし,弁理士対弁護士(特に文系)の対立だし,オタクVSクリエーターの対立だし,例えば,訴訟にまで至った東芝対SARVHなんて,まさに,この対立が先鋭化したものと言って良いでしょうね。
 機器とコンテンツなんて,切っても切れないものなのですが,意外と利害関係は相反するわけです。だって,電機メーカーから言わせれば,著作権なんてものは無い方がいいわけですからね。

 更に,この対立には,放送会社の利益も絡んできて更に更に面白いことになっております。ちょっと前に話題になったパナソニックVS民放各局のやつです。

 今回の中間まとめに出版関係のマーケットが出てましたが,今,1.7兆円くらいらしいですね。レコードのマーケットが0.3兆円くらいです。映画のマーケットもこれと同程度ですから,結局,コンテンツのマーケットって2兆円少ししかないわけです。
 他方,経団連の電機,自動車,精密機器等のマーケットは?というと,桁が二つくらい違うんじゃないでしょうかね。つまりは,経団連を怒らせるととんでもないことになる!ってわけです。

 ですので,著作隣接権が欲しいよ~,おかあちゃーんとぐだを巻いていた出版社の人達も,マジでヤバイと思い,あ,もうそれでいいです,となったことは想像に難くないわけです。ムフフフ。

2 と,相変わらずの妄想を加味した長い前置きはこれくらいにして中身に行きましょう。
 といっても,まだ中間まとめの段階ですので,あまりあれやこれや言っても仕方がありません。

 ただ,電子出版権って何じゃらほい,という向きのために少しだけです。

 まず,この権利の元になる出版権がわからないといけません。著作権法79条以下ですが,79条1項は,こんな条文です。

第二十一条に規定する権利を有する者(以下この章において「複製権者」という。)は、その著作物を文書又は図画として出版することを引き受ける者に対し、出版権を設定することができる。

 ポイントは,複製権者(著作権の支分権ですね。)が,ある一定の条件の下,設定するということです。ま,ここのブログを良く見ている人は,特許系の人が多いと思いますので,その方々にわかりやすく言うと,専用実施権みたいなものです。物権的な権利だということが重要です。
 他方,特許の専用実施権との違いもあります。それは,出版権者には,出版の義務があるのです(著作権法81条)。特許の場合,専用実施権をもらっても,実施しなきゃいけないなんてありません。これは結構キツイ話です。
 
 あとのポイントとしては,「文書又は図画として」とあることです。そもそも,他の形態の許諾は債権的なのに(著作権法63条),この出版権だけ物権的なのは,多少変な感じもあります。中山先生の「著作権法」には,「著作物利用の典型的な形態であるので」とありますが,最近のコンテンツの様々な利用法からすると,何か遅れているなあと思っちゃいますね~。

 ということで,経団連とコンテンツ系との争いの話を抜きにしても,電子出版権というのは,時代の要請という気がします。

 ま,ですので,細かい違いや何が電子出版なのかという今後揉めそうな所もありますが,基本,今ある出版権とパラレルに考えて良いのだと思います。つーか,それ以上に何か付加しようとすると,また経団連のチェックが入ると思いますので,文化庁もおちおち付けられないとは思いますけどね~。

 ところで,今回の中間まとめを出した小委員会の委員も載っておりましたが,やはりきちんとクリエーターの代表がメンバーに入っております。実名は挙げませんが,上から,絵本作家,(日本画家),マンガ家,写真家,マンガ家,と26名中4名の割合です。

 ところが,ここでしつこくdisっている職務発明のクソ委員会に現役の発明者は一人もいません。いやあ,例えば京大の山中教授か,アメリカに行っちゃった中村修二さんなんか是非メンバーに入れて欲しいと思いますけどね。ま,中村修二さんを入れる器量はないか~アメリカ人のbig dickが好きなクセに,どいつもこいつもケツの穴が小せえからなあ。

3 恒例の散歩シリースです。
 本日は15号(第一京浜)から見た品川駅です。

 その昔,ソニーの知財部に居たころ,時々,この辺の本社圏に厚木からわざわざ来ておりました。
 というのは,知財部の本部があるのは,当然本社圏であり,あと,部長以上のお偉いさんも都会が好きなので,会議というと,全部本社圏でやるわけですね。そうすると,私のような下っ端知財部員は,結構な時間をかけて厚木から上京しないといけなかったわけです。

 それでも時間のあるときは,厚木↔本社のバスがありますので(今でも時々五反田の街で見かけます。ユタカ観光でしたかね。),ゆっくり昼寝して行ったのですが,時間のないときや遅れたらやばいときには,相鉄で横浜まで出て,そこからJRか京急で品川に行き,品川駅からは歩くというのがデフォ―でした。
 昔,こうして,15号沿いを,八ツ山通り(ソニー通り)沿いを歩いて行ったわい,という所ですね。
 今のソニーの知財部の本部は,品川駅を挟んで反対側(海側)の新本社に移りましたので,駅から歩く距離はきっと少ないでしょう。

4 追伸
 今週末に,2020年のオリンピックの開催都市が決まりますね。

 是非東京になって欲しいですね。色々あるけれど,腰が重く,飛行機嫌いの私にとって,直でオリンピックを見れるには,この近くでやってもらうしかないからですね。

 まあ,私は,九州人で,理系で,弁護士で,オタクではあるのですが,中学高校大学と,ずっと陸上部だったという体育会系でもあるという,実に鵺のような属性ですので,オリンピックが大好きなのですね。

 と言っても,ブックメーカーで大本命という,実に危うい,しかも色々足を引っ張る理由もここに来て頻出しておりますので,やばいなあと思っていますが,落選を覚悟しつつ,楽しみに待ちたいと思いますね。
PR
725  724  723  722  721  720  719  718  717  716  715 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]