忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 それ系の話はこのブログで散々しましたから,いいでしょ。

 ただ一言だけ。
 よくだまし討ちだとかsneaky attackとか言われてますが,ちょっと違うと思いますね。
 私はニーチェ信奉者で強者の論理にしか興味がありません。つまり,パール・ハーバーの米兵は,アレだけの通告(ハルノート)をしておいたにもかかわらず,呑気に昼寝でもしていたのかって話です。屈強な精兵たちだったんでしょ,違うんすかね?
 だまし討ちだとかsneaky attackとか言うのは弱者の論理ですね。あそこで死んだ米兵も浮かばれないってやつです。

 おっと,ちょっと書いてしまいました~。
 さて,そういう話よりも,これはちょっと注目だというニュースが飛び込んできたので,その話です。

2 「フリー、マネーフォワードを提訴 「特許権を侵害」」
 ということらしいです。日経の速報で,今朝上がってきたもので,詳細はわかりません。

 フリーも,マネーフォワードもフィンテック関連のベンチャーです。両者ともここの所,結構有名になっています。
 実は,この前の11/25にやったセミナーでも,裏のお題が「フィンテック」だったので,この両社の話をちょっとしたのですね。なので,このタイミングっていうのは結構ビックリしました。

 特許権者がフリーの方ですので,Jplatpatで検索してみますと,2件しかありません。特許第5936284号と特許第5503795号です。

 前者のクレーム1はこうです。

【請求項1】   クラウドコンピューティングによる会計処理を行うための会計処理装置であって、  
 ユーザーにクラウドコンピューティングを提供するウェブサーバを備え、前記ウェブサーバは、  
 ウェブ明細データを取引ごとに識別し、  
 各取引を、前記各取引の取引内容の記載をキーワードに分節し、各キーワードに対応づけられた1又は複数の勘定科目の出現頻度を参照して、特定の勘定科目に自動的に仕訳し、  
 日付、取引内容、金額及び勘定科目を少なくとも含む仕訳データを作成し、  
 作成された前記仕訳データは、ユーザーが前記ウェブサーバにアクセスするコンピュータに送信され、前記コンピュータのウェブブラウザに、仕訳処理画面として表示されることを特徴とする会計処理装置。

 後者のクレーム1はこうです。
【請求項1】   クラウドコンピューティングによる会計処理を行うための会計処理装置であって、  
 ユーザーにクラウドコンピューティングを提供するウェブサーバを備え、前記ウェブサーバは、  
 ウェブ明細データを取引ごとに識別し、  
 各取引を、前記各取引の取引内容の記載に基づいて、前記取引内容の記載に含まれうるキーワードと勘定科目との対応づけを保持する対応テーブルを参照して、特定の勘定科目に自動的に仕訳し、  
 日付、取引内容、金額及び勘定科目を少なくとも含む仕訳データを作成し、  
 作成された前記仕訳データは、ユーザーが前記ウェブサーバにアクセスするコンピュータに送信され、前記コンピュータのウェブブラウザに、仕訳処理画面として表示され、  
 前記仕訳処理画面は、勘定科目を変更するためのメニューを有し、  
 前記対応テーブルを参照した自動仕訳は、前記各取引の取引内容の記載に対して、複数のキーワードが含まれる場合にキーワードの優先ルールを適用し、優先順位の最も高いキーワードにより、前記対応テーブルの参照を行うことを特徴とする会計処理装置。

 まあ両者とも自動で仕訳するソフトウエア関連発明ですね。
 あ,「仕訳」がわかりませんか。これは複式簿記の基本です。

 例えば私が仕事用の鉛筆を1万円分,現金で買ったとします。そうすると,仕訳はこうなるでしょう(消費税考えない。)。

  消耗品費 10000  現金 10000

 だけど,文房具屋さんが,自分の店に並べる鉛筆を1万円分現金で卸から買ったとします。そうすると,仕訳はこうなるでしょう(消費税考えない。)。

  仕入 10000  現金 10000

 同じ1万円分の鉛筆を買っても仕訳が違うのです。

 私は日商簿記2級なので,簡単に分かります。慣れた経理の人もこんなの朝飯前でしょう。でもね,この説明ですら何のこっちゃ?!という人がたくさんいるんじゃないですかね。

 理系の技術に詳しいって人でも,ここらへんさっぱりわからないんじゃないでしょうか。金勘定なんて女のやるもんだくらいに思っている人だって居るでしょう。
 法律家でも多いですよ。倒産系の事務所に就職が決まって慌てて簿記の勉強し出すとかね。

 ちなみに,超有名ソフトの弥生会計でも,何の勘定科目になるかという仕訳は考えてやらないといけません。税理士の存在意義もそういうところにありそうですね。

 しかし,フリーの上記の特許は,そういうクソ面倒なこと(勘定科目を考えて仕訳する。)をソフトでパパッと済ませるので,すごいのです。

 第5936284号の特許は出現頻度に基いて(例えば,「・・文具店」なら消耗品費が多い,「・・・卸」なら仕入が多いなど),自動で仕訳けるのでしょう。
 他方,特許第5503795号は,テーブル(つまりは,表というかデータベースに,「・・文具店」なら消耗品費としろ,「・・・卸」なら仕入としろなど),こちらも自動で仕訳るのでしょう。

 で,マネーフォワードのサービスか何かが,これらの特許のいずれかと関連深いってことなのでしょうねえ。

 ま,まアグレッシブですわ。フリーの特許からすると,代理人は,出願担当をした事務所そのままでしょうね(法律事務所としても有名な知財ブティックです。)。権利行使もハードルが低かったのではないかと思います。

 兎も角も,流行りのフィンテック関連で,ベンチャー企業同士の争いということで,なかなか目が離せませんね。
PR
1 ということで,今日は寒い東京です。師走らしくなってきました~。

 本日もあまり予習の必要のないネタで行きます。まあ,忙しくはないのですが(11月にあったピークはとっくに過ぎました。),ちょっと何て言いましょうか,アレですかね,アレ。本妻よりも愛人の方がおっ立つっていうか,そういうやつです。
 ま,このブログでこう書くと大体わかりますかね。セミナーが無事に終わりましたので,そちらに本腰を入れ始めたって所です。

 ま,とは言え,仕事のご依頼はバンバン受けますのでね。

2 まずは,商標からにしましょう。
 昨日の日経の電子版にこんな記事が載っていました。
「曲がり角の地域商標 特許庁にライバルも」ってやつです。私は日経の電子版も購読しているのでこの記事は読めるのですが,紙しかとっていないと,見れないでしょうね。ちなみに,電子版を見れる人なら, 「ビジネスリーダー > コンフィデンシャル > 霞が関2016冬 > 」の所にあります。

 ま,日経の回し者じゃないことは,皆さんよくわかっていると思いますが(しょっちゅう,日経の悪口書いてますからね。),今回の記事をまとめると,地域団体商標ってイマイチだよね~大して活用できてないみたいだし~もうすぐ制度開始から10年経つけど(H17法改正で入りました。),更新せずみんなやめちゃうんじゃないの~,GIの方がいいんじゃね~っていう所でしょうか。

 こう書くと,またまた日経をディスっているようですが,そうじゃないですよ(日経は地域団体商標をディスってますけど。)。

 やっぱりちょっと前にこのブログでも書きましたが,地域団体商標とGIって本当はどっちが良いか?って切実な問題だと思います。
 ですので,外部の利害関係の無い人の考えって非常に有益だと思うのですね。私の場合は,依頼があれば儲かるという立場なので,所詮ポジショントークに過ぎないわけです。なので,割り引いて考える必要があるわけですね。

 でも,日経のこの記事に関しては,地域団体商標が栄えようが無くなろうが,GIが栄えようが無くなろうが,日経にとってはどうでもいい話なので,説得力はあります。

 私の上記まとめはいつものとおり,私の独断と偏見がふんだんに盛り込まれておりますので,ご自身で確認した方がよいと思います。

 ちなみに,農水省からメルマガが来ており,GIの登録は24件になったそうです。
 「くにさき七島藺表(登録番号第22号)」なんてものが登録になっており,うちの実家の近くの地域も地道に活動してんだなあって所です。
 他方,うちの実家の方は,コンサルと広告代理店を入れてるらしいですから,こういう所はイマイチだなあ。

3 続いて特許の話です。
 「トヨタ、発明への意欲向上狙う 報酬2割増、最大215万円」ですって。記事はこちらからですかね,中日新聞です。

 いやあ,ビックリしましたよ。本当。何,こんな額だったの~って感じです。だって世界最大の自動車メーカーでっせ,トヨタって。
 それが,最大で,215万円って,ボッタクリも良い所ですわ。

 私がソニーに居た頃に,既にソニーは2桁違っておりました。私の記憶違いだといけないので,ちょっと探したのですが(当時,結構ニュースにもなりましたので。),こういう記事しかありませんでした。

 そうそう,特許の報奨金は,最大で毎年2000万円を5年でした。
 私がソニー辞める年に,私が特許担当だった発明でこの基準に該当したものがあって,その発明者はこのくらいもらってたと思いますよ(こういうのって特許担当者はびた一文貰えないんだよねえ。)。ね~びんいちさん。

 で,ソニーのその話ってもう15年前以上前の話で,今はまた違っているのかもしれませんが(その後ソニーは景気が悪くなりましたので。),まあトヨタのシブチンぶりにはビックリしたってことです。

 で,最近の傾向はどうかと思って,調べた所,私の天敵の知財協で統計資料をまとめており,これが参考になります。

 支払った特許の報奨金の最高額の統計資料があり(2012年の調査),63社の回答で,1億円以上の支払いが3社もあります。こういうのってシブチンの会社は回答しないのがデフォーだとしても,かなりの割合で高額支払いは存在するってことです。
 H16改正法で職務発明の制度が改正されて(それがまた改正されたのが去年ね。),裁判例が少なくなったと言われてましたが,その原因の一つは,裁判しなくても高額支払いしてもらえるってことだったのかもしれません。

 とは言え,シブチンにもかかわらず,トヨタが元エンジニアから職務発明で訴えられたってあまり聞きませんから,何かそれなりのノウハウがあるのでしょう。でも,こういう裁判は多少参考になりますけどね。

 ということで,会社の報奨金が気に入らない場合は,お気軽にうちの事務所にご相談ください。去年はこんな判決ももらいましたのでね。

 おっと,これもまたポジショントークでしたね,デヘヘヘ。
1 これだけじゃ,何の話かわかりません。

 でも,これが所謂「ウイン・ウイン」と照らし合わせて考えると,何のことか大体わかると思います。

 私ね,ここでしょっちゅう書いているように,インチキコンサルっていうか(そもそもコンサルにインチキじゃない奴なんていないのかもしれませんが。),それ系のが大嫌いなのです。
 で,未だに直接,「ウイン・ウイン」とか平気で言ってくるアホが居るので,ビックリします。ま,偶にですが。

 とは言え,私と同じような考えの人は多いのではないかと思います。
 折しも,昨年の国勢調査で,大正9年以来,初の人口減少が確定したということの公表もありました(今年初めに似たような話題がありましたが,あれは速報値ね。今回は確定値です。)。
 この総務省統計局の出したデータを見てますと,昭和15年から20年にかけて,絶対人口減っているだろうと思ったのですが,ギリギリセーフだったのですね。

 昔も今も日本に資源がないことは変わりなく,それを補うために,昔は産めよ増やせということだったわけです。その上,とっかえが効くと思われていたため(徴兵制でしたからね。),頭の悪い戦術・戦略から一歩も踏み出せなかった~,そんなこんなの緒戦の僥倖から,もうすぐ75年ですなあ。

 ま,兎も角も,そうだとしたら,例えば,私の業界である特許業界も出願数が減るのは当たり前なのですよね。にもかかわらず,昔と同じやり方じゃあしょうがないわけです。

 だとしたら,どうするかってことです。

2 長い前置きでしたが,この前の土曜の日経の夕刊,「成長望めぬ社会 平川克美さんに聞く」という記事は秀逸でしたね。

 この記事中で平川さんは,「落語に『三方一両損』という噺(はなし)があります。皆が少しずつ損すれば問題は解決するという。本当は日本人はそれが得意なはずなんですよ。これからは、少しずつ不満を分け合うという意味の『ルーズ・ルーズ』という生き方にシフトしないといけない」と話しておりました(詳細は全文をどこかでみてね~。)。

 いやあ私そこそこ色んなものを見たり読んだりしますが,このルーズ・ルーズって,何時になく腑に落ちた感じがしました,本当。

 私がインチキコンサルとか,ヒラリー・クリントンとかに感じた違和感,それを一番よく説明しているのがこの言葉かもしれません。

 弁護士の業界も特許の業界以上のシュリンク具合だと思いますので,私もこのルーズ・ルーズって所でやっていきたいなあと思いますね。

3 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日はここ,T.Y.HARBOR近くに来ております。
 
 ゴルダックもベストショットって感じですね。本日は,非常に穏やかで暖かい東京です。明日まではこんな天気らしいです。

 さて,昨日M-1決勝が行われたのですが,見ていた方どうでしたか?

 私は,毎年毎年,どこか不満点があったのですが(THE MANZAIもこの際含めて。),今年は順当かなあと思います。ちなみに,優勝は銀シャリでした。

 予選の出来は圧倒的に銀シャリが良かったです。ほんで,決勝の3組は,どれも甲乙付けがたいって感じでした。でも強いて言えば,引き分けの場合は,予選でぶっちぎった銀シャリに(謂わば,シード的)って所だったのじゃないかなと思います。

 昨日のM-1にはあとハライチとスリムクラブも生き残っており,探偵ナイトスクープの探偵揃い踏みというところもありました(煽り番組でもそんなことを言ってました。)。
 
 M-1も終わったので,年末年始の準備を本格的にせにゃあいかんなあと思うのですが,なかなか細かいことに手がつけられないというのもあります。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
2 3
4 6 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]