忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 それは仮面ライダー電王のテーマ,Climax Jumpの一節ではなく,先程までやっていた明豊(大分代表)VS神村学園の試合ですね。

 実は昼間海水浴に行っていて,時々ラジオでチェックしていたころは,明豊の楽勝パターンだったので,まさかこんな展開になるとはね〜って所でした。

 まあ経過についてはどこかのサイトを見た方が早いと思います。

 で,海水浴の帰りしなにラジオを点けたら,何と9回表2アウトであと1アウトで明豊の勝利ながら,明豊のピンチ。ほんでタイムリーを打たれて同点!
 気が気じゃないまま,9回裏の明豊の攻撃中に,移動(実家へ)となったわけです。

 それから延長戦中に実家に帰り着いたわけですが,テレビを見ると12回表で明豊の大ピンチ。いやあこれはまずい!と思っていたら,セフティバントの処理をミスして3点も取られて,実にまずいなあと思っていたら,何と,その裏に逆転サヨナラ〜。

 ですので,諦めたらあかん〜ってなわけです。あ,最初の文句と微妙に違う?まあ細けえ所はいいのですよ,大体でいいのですよ,大体ですよ。

2 で,上に出た海水浴は長崎鼻でしたが,こんな感じでした。
 
 ひまわりです。結構咲いていますね。
 
 いやあ実にいい天気で暑かったです。

 びっくりするのは,昨日居なくなったと書いたガザミ(ワタリガニ)が堤防近くに居て捕まえ損なったってことです。もうちょっと腕を伸ばせばって感じでしたが,水の中だと脚にヒレのあるあいつらには敵いませんなあ。

 まあ野生のガザミを久々見たので良かったです。

 という,すごく日焼けをした状況でお伝えしました。
PR
1 ということで,昨日今日はスペースワールドに行ってきました。
 
 となると,実はカテゴリーが違うというのが正確な所でしょう。だって,スペースワールドは福岡県北九州市にあるわけで,「大分」じゃありませんから〜。

 まあ細けえ所はいいんだよ~。大体でいいのよ,大体で。実家の近く〜っちゅうことで。

 で,今年いっぱいでスペースワールドが閉園するということで行ってきたのです。
 
 これがスペースワールドの典型的な風景でしょう。

2 さて,園の設備はなかなか大したもので,お客さんも沢山来ておりました。
 こういうペースならば潰れることもないのでしょうが,まあ仕方がありません。

 開園が1990年ということで,私と社会人デビュー同期です。この時期,全国で開園した遊園地(まあ遊園地に限らないのですけどね。)は沢山あったと思いますよ。
 
 関東でもピューロランドが1990年ですし,この近くのハーモニーランドが1991年です。

 わかりますよね。バブルですよ,バブル。有名所,無名所問わずこの時期オープンした娯楽施設は多いわけです。

3 さらに別の見方もあります。製鉄所の遊休土地を利用したというパターンです。

 スペースワールドは,新日鐵八幡の遊休土地を利用したわけです。新日鉄八幡と言えば,そう!元々は日清戦争の賠償金で建てた官営八幡製鉄所ですわな。

 絹織物が日本の中心産業だった時代に,それだけじゃあいかんということで,重工業への足場として,官営の製鉄所を作ったわけです。まあ慧眼というべきでしょうね。
 しかも戦争の賠償金ですよ!いい時代だなあって所ですな。

 で,いい感じの所で,本日は脱線なしです。

 やはり製鉄所の遊休土地を利用した遊園地,思い浮かびませんか?そう,USJですよ!
 あそこは住金の遊休土地でしたわな。

 スペースワールドが何故こうなり,USJが何故こうなったか,コンサルでもない私にはようわかりませんが,非常に対照的です。

 そして,製鉄所から遊園地というのも,絹織物から製鉄ということと同じくらいのイノベーションだったのでしょうが,まあイノベーションというのは間断なき破壊と創造ですので,致し方ない所でしょう。

 ちなみに,天気の急転はいまだ続いておりまして,昨日は午前中,今日は午後が夕立っぽい大雨でした(豊後高田市には大雨注意報が出ております。)。
 東京と違って気温が高いままというのはまだましな感じですが,おかげで全く海に行けておりません。
 明日以降はどうなんでしょうね。

4 で,本日の夕飯は,ゑつ(豊後高田そばでの有名店)に行きました。

 ここはいつも盆と正月での飲み会でお世話になっている田染のG君の隣保班ということで,ずっと行ってみたいと思っていて,漸く念願叶いました。

 やはり蕎麦は美味しかったですね。今日は鴨せいろにしましたが(私はどこでも大体この系統を頼みますので。),次は温かい蕎麦もいいかなあと思った次第です。

 豊後高田の蕎麦と言えば,某同級生の推薦でも有名なHがありますが,最近はこっちのゑつかなあという所ではないでしょうか。

 田舎で美味いものを食べるというのはいいですね。

 ただ,また例の同級生との飲み会の話になりますが,名物の岬ガザミは,なかなか取れなくなったらしいです(ワタリガニですね。)。
 個人的には毛ガニだとかタカアシガニだとかよりも,ワタリガニが一番美味いと思っているのですが,それがこの辺の名物なのですね。

 私が小さいときには,ちょっと行った干拓地の堤防付近でも沢山取れたのですが(今の100円ショップで売っているような網だけでバンバン取れたのです。),もう全然らしいです。

 妙なエイが沢山取れるらしくそのせいじゃないかという話になっておりますが,本当はどうなんでしょうね。
 人は少なくなっていますので,取りすぎでいなくなっているわけではないと思うのですが,これまた生物学者でもない私にはわかりません。

 雷ゴロゴロも多少衰えたみたいですね。さあ明日はどんな天気か,そして明豊の運命はいかに?という所でしょうか。

1 ということで,絶賛夏休み継続中in大分でございます。

 東京は雨で肌寒いと思うのですが,こちらは雨が降ると蒸し暑いですね。

 昨日は,天候がイマイチということで,大分市内まで映画を見に行きました。その映画の内容はそのうち紹介できるかも?しれません。

 で,その後は,高校の同級生と恒例の飲み会でした。最近,皆さん歳もとり,次の日も色々用事があるということで(昨日は本来平日ですもんね。),結構早い時間でお開きでした。

 そのとき出た話題の一つが高田でロケをやった映画ですね。
 「ナミヤ雑貨店の奇蹟
 理系出身,読書嫌いで有名な東野圭吾さんの原作ですね。正月に帰省したときに,ちょっとだけこのもしました。

 この度高田でも記念試写会が9月にあるらしいです。
 ナミヤ雑貨店の復元もやるらしいですし(ロケに使った建物は建築基準法違反でもう取り壊したということです。確かに宮町の駐車場は元通りでした。),
heysayjampの山田くん効果で,結構な高田の盛り上がりも期待できるのかもしれません。
 しかし,市役所勤めの同級生も来ており,その彼によると,縛りがきつくて,色々大変らしいです。実は,このナミヤ雑貨店の奇蹟に続き,同じheysayjampのメンバー主演で,実写映画化した作品のロケ地にも選ばれ既にロケもあったようなのですが,公式にはあんまり言えないらしいです。

 宣伝のためにロケ地協力をしているのに,宣伝できない〜つうことですね。勿論,長い目で見ると良かったなあってことはあるのでしょうけど,短期的利益というも実に重要ですからね。

 あと,こんな写真をどうぞ。
 
 高田出身者にはどこだかわかるでしょうね。でも随分変わっているので,わからないかな。

 高田中学校の近く,中の坂と呼ばれている坂です。ここを登り終わった右手に裁判所(簡裁と家裁の支部です。昔は地裁の支部もあったのですが・・・。にもかかわらず,増えるのは弁護士のみ。世の中不思議なことが多いなあ〜♪ムフフフ。)があります。
 
 さてこれから今年限りで閉園するスペースワールドに行く予定です。早朝に雷ゴロゴロでしたが,どうなりますかな。
1 ということで,ちょっと遅めの夏休みに突入しております。で,いつものとおり,大分への帰省ということです。

 平日ということもあり,飛行機は満席ではありませんでしたが,大分空港の駐車場は満車近い状況です。約一ヶ月前,弔事で帰省したときも結構な車でしたが,何なのでしょうね。大分から東京などに行く人が多いのかもしれません。

 今日の東京も涼しかったですが,こちらも涼しいですね。しかも午後から雨。海にでも行こうかなと思いましたが,さすがに無理な天候です。
 なので,趣向を変えて,図書館へ行きました。
 
 こんな感じです。最近オープンしたばかりなので,すごくキレイです。
 
 中に入ると私の同級生のTさんの棚がありました。

 アマゾンでもこんな感じです。凄いですよね。こんなメジャーな作品でノベライズとなると,もう日本でもTさんかあと一人くらいしかいない筈ですので,そんな人が高校の同級生ですから〜。

 とは言え,本を読まない理系の私〜Tさんの本も一冊も読んだことがないのです。正直スマンカッタ・・・。
 金儲けにつながるビジネス本か,仕事関係の本(法律とか知財とか)しか読まないのですねえ。ムフフフ。

 ちなみに,私の本(前のやつ)も蔵本してました。不思議な感じがしますが,これは実家経由で私が献本したやつで,実はちっとも不思議じゃありません。あーあ。

2 せっかく大分の話題ですので,更に大分の話題を。

 明豊が初戦突破です。大分合同新聞は当然一面です。県勢6年ぶり,とありますので,結構なぶりです。
 私はテレビを見ていたのですが(何だかんだ言っても結局気になるのですね。),途中までは余裕かなと思いました。
 しかし,6回でしたかね,代打の後のピッチャー交代で流れが相手方に傾きました。

 まあそれでも結局打ち勝ったのは見事というか,想定内だったのかもしれませんが,肝を冷やしましたね。

 大体,私が帰省するころには大分のチームは毎年敗退しておりましたので,今年は本当実家でテレビ観戦できそうなのは幸運です。

 天気はこの後もイマイチのようですが,まあいいでしょう。適当な人間なので,何事も適当です。

3 適当ついでにスポーツつながりです。

 世界陸上終わりました。銅メダルとボルトの話もありますが,私が気になったのは怪我の多さですね。

 ボルトもそうですし,結構なトップレベルの選手が脚を痛めてまともに走れないことが非常に多かったです。特に短距離。
 今朝早くの1600mリレー女子もジャマイカの2走が脚を痛めてリタイヤです。

 これはもう気温の低さにもかかわらず,アップの状態からほっとかれる時間が長いからですわ。

 短距離って単位時間あたりのエネルギー量が大きいので,いわゆる温まった状態で走っておかないと,つったり,肉離れが起きたりします。
 私も大した選手ではありませんでしたが,選手ではありましたので,その辺はよくわかります。

 これは運営側の想定ミス,つまりは想像力の欠如です。夏だからって言っても,緯度から考えるとこういう気候はありえるわけですよ。

 なので,イギリスと東アジアは違います。イギリスで大丈夫だからと言って,ジャケットにネクタイなんて,この時期頭がパーか?ってことにもなります。

 色々あってのスーパークールビズですが,私はこの時期,未来永劫,スーパークールビズでいいのではないかと思います。
 あと,夏の陸上だからと言って,夏じゃない天候も想定する必要はあるってことですね。

 でも,2020の東京オリンピックは,夏じゃない天候の心配は要らないと思いますけど。
1 今日の日経の7面の下の方に小さく載っていた記事です。

 これを聞いての感想は,まあそうだろうなあという所です。

 そう言えば,判決の方もひっそりと裁判所のサイトにアップされております,いつの間にか。
 その中身を読むにつけ,私は代理人(弁理士ではなく,弁護士としてね。)の立場なので,本当何だか切ない事件だなあと思いますね。
 
 なので,この分野(ソフトウエアとか)については,代理人(弁護士やら弁理士のこと)の皆さんからのご相談にも乗れると思いますよ。お気軽に。

 ま,ですが,このくらいにしておきます,やはり今回も。

2 昨日,夏休み前最後のサーフィンをしてきました。

 あんまり良い天気ではなかったですね。波もイマイチって感じでしたし。

 でも行ってみると,サーファーが少なく,波も無いなりに待つと結構良い波が来たりして,何だかラッキーって所でした。

 で,昨日は本当肌寒いくらいで,海に入った方が温かい~っちゅう,珍しい日でした。
 それもそのはず,昨日(8/11)の東京の最高気温は,24.8℃!でした。30度はおろか,25度にも達していないという低温具合なのです。
 この2日前の8/9の東京の最高気温は,例の37.1℃で,何と,12度も差があることになります。

 最近,気温マニアともいえますので,今日までの8月の最高気温を振り返ってみましょう。
 8/1  31
 8/2  25.4
 8/3  28.9
 8/4  29.2
 8/5  31.9
 8/6  33.5
 8/7  33.2
 8/8  33.9
 8/9  37.1
 8/10 28.4
 8/11 24.8
 8/12 28.5

 面白いですね。傾向がわかります。最高気温が30度を超えたのは,12日のうちたった半分の6日だけです。

 更に東京より北の方ではもっと悲惨らしく,今年の東日本は歴史的な冷夏と言って良いのではないかと思います。

 しかし,西日本は結構な暑さが続いているらしいです。西日本は元気で良いね~っちゅう所です。

3 そう言えば甲子園も西日本です。
 昨日の4日目は好勝負が目白押しでしたが,特に横浜VS秀岳館が面白かったです。
 
 神奈川県を制し,都会の高校である横浜よりも,田舎の学校で生徒も田舎者が多いであろう熊本の秀岳館の方が,緊張もなく伸び伸びやっているように見えました。不思議なもんですね。
 他方,横浜は何かオドオドしているように見えましたが,何故だったのでしょうかねえ。ちょっと不思議でした。

 あとスポーツ繋がりで,サニブラウンの200m決勝~傍から見ているとまあこんなもんでしょうと思ったわけです。でも裏の事情もあり,それによるとなかなか将来を感じさせるところもあったようです。
 
 それは,途中で足を痛めたようなのですね。

 今年のロンドンが特にそうなのか,それともいつもそうなのかよくわかりませんが,凄く寒いらしいのです。
 ロンドン五輪の中継見ていて寒そうだなあと思った記憶はありませんが,今回の世界陸上は,うわあ寒そう~って画面から伝わってきます(MCの織田裕二と中井美穂がダウンぽい厚めのジャケットを着ている回もありましたね。)。雨も多いし,選手は楽じゃないですよ。

  女子の400mも,下馬評でダントツで,しかも途中まで余裕のトップだった去年のリオ五輪の金メダリスト,ショーナミラー,ゴール直前に足を痛めたような動きをして,突然失速の4位でした。
 寒いと怪我しやすいですから。

 ということで,サニブラウンも100mを出たあたりでちょっと痛めたようですね。画面からは単なる実力不足の失速のようにしか見えませんでしたが。

 ま,なので,結構期待できるのではないかと思います。

 ところで,感心するのは,結構なお客さんが入っているっていうことです。大体毎日,最終種目のころ(日本時間だと朝の5:45ころ)は,スタジアムは満員です。

 そこそこ最近,日本でも世界陸上はあったのですね。2007年,ちょうど今から10年前の大阪大会です。
 しかし,もう悲惨なくらいの客の入りでした。

 その前に日本であった1991年の東京大会はカールルイスの異常な頑張り(100mと幅跳び)やらマイク・パウエルの世界記録(幅跳び)やらで異常に盛り上がったのですが(私は,おお,こりゃ行かんといかんと思ったのですが,チケットが取れなかったです。),この大阪大会は,ボルトの出場にもかかわらず,異常な盛り下がりでした。
 まあ,ボルトがブレイクしたのは,翌年2008年の北京五輪でしたから,運が無いと言えば運が無いのですが(逆に大阪大会が2009年の順番だったら,盛り上がったでしょうね。2009年のベルリンの世界陸上で生まれた100mと200mのボルトの世界記録は今も破られておりませんから。),大阪の集客力は,様々な企業にとって頭の痛い所じゃないでしょうかね。
1 自営業にとって最も大事なことは何でしょう。

 私が思うに,一に健康,二に営業,三四が無くて五に仕事,って感じでしょうか。

 別に自営業じゃなくても健康は大事だと思いますけど,自営業の場合,バッファがないですからね。有休だとか,休職だとか,そんなのはありません。当たり前ですが。
 とすると,健康の大事さっていうのは勤め人とは比べ物にならないのですね。

 二番目はやはり営業です。仕事(特に,質)ではないですよ。仕事は出来る人間にやらせれば良いですし,自営で仕事している以上,それなりの質は前提ですからね。
 ですので,そんなのよりは,営業です。営業。まあ営業のことを色々思い悩むっちゅうのは,自営業の真髄ですかね。弁護士でも弁理士でも,意外と営業のことを悩む先生は少ないのではないでしょうか。いや,客がひっきりなしに~ちゅう意味ではありません。

 中規模以上の事務所だと,営業と仕事の分離がなされていることが多い~♫という意味ですね。まあでも営業マンってそんな多くは必要ないので(多くは所長とか会長とか,ですね。),実際悩む先生は少ないってことです。でも,本当に営業は重要です。

 で,実際の仕事っていうのはその後ですよね。

2 このブログでもちょっと書いたのですが,今年の健康診断の結果に一部悪い項目があり,大きな病院での精密検査をやることになりました。

 で,この度,その結果が分かり,まあ異常なしでしょう~ということだったのです。

 医者曰く,よく有りがち~たまに本当に悪い場合もあるんで,仕方ないのよ~ってことでした。
 しかし,その健康診断の結果を貰ってから最近までのこのどんよりした心持ちはどうしてくれる?!って感じですけどね。
 まあ何も無かったからヨシにしましょうかね。

 で,今週の初め,私とほぼ同世代,ちょっと私より年下かなあという弁理士の先生と飲みに行きました。
 そこで,出席者同士~あれ痩せました?~いや,実は腎臓がちょっと悪くて1週ほど入院し~私もちょっと目が,あれですよ,糖尿で~いやあ私も(これは私)・・・まあ半世紀近く生きていると,そりゃ皆さんガタがガタガタ来ますわな。

 健康第一,商売繁盛~それ以上に望むことなんて,私にはないですわ~ムフフフ。

 ということで,来週は夏休み~♫ですので,こんなどうでもいい話で〆ました。
 次週は大分の話中心になると思います。

3 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ御成橋に来ております。
 
 御成橋というのは大崎駅方面からソニー通りを結ぶ道の橋なのですが,再開発地域を通りますので,比較的きれいな橋です。

 で,その橋の手前の桜にとまっていたミンミンゼミ(メス)を捕まえました。しかし,遠景にピントが合ってセミはピンぼけです,残念。

 田舎育ちでも,もうセミを手づかみに出来ないなあという人は多いと思います。ですが,私はこのとおり,蝉取り網など要りません。

 こう散歩していると,本当クマゼミの声を聞きますね。数年前は珍しかったのですが,今はもうデフォーです。とは言え,なかなか捕まえられません。

 まあアブラゼミとミンミンゼミで我慢しておきます。
 

 
 

1 さてさて,ついに第二作目の現物が届きました~。著者謹呈分ということです。

 こんな擦れっ枯らしでも,やはり現物が出来上がるというのは嬉しいものです。
 
 こんな感じです。
 一作目に比べるとかなり薄い感じですので(それも狙ったものです。安く出来ますからね。),お気楽極楽に読めるのではないかと思います。

 ちなみに,ちょっとだけ中身をお見せすると,こんな感じです。
 
 「はじめに」という所で,実質的に中身ではないので,まあいいでしょう。カバーだけじゃないっつう所がお分かり頂ければ結構ということです。

2 で,今後の配本スケジュールなのですが,一般書店には最初の告知よりちょっと遅れて,8/17辺りということです。
 何か印刷会社が今混んでいて~♫みたいな感じで,編集の方も平謝りでした。

 弁護士会の地下のブックセンターと裁判所の地下の至誠堂にも置いてもらえるらしいです(弁護士も裁判官も,あんま明細書を書かないと思うのですけどね。)。でも一般書店よりも遅いという話です。

 ではどこが一番早いかというと,アマゾンらしいです。
 まあ別にアマゾンの宣伝をするわけではないのですが(結果としてそうなるのには目をつぶりましょう。),予約している人には倉庫に入荷したら即配達~♫というシステムのようで,結果として一番早いらしいです。

 まあ今回の謹呈用に暑い中お持ちいただいた編集の方の弁なので,本当なのでしょう。

 さて,本プロジェクトは名実ともに,これでオシマイです。

 3年前の第一作目もそうですが,本当,これにかかりっきりになるのですね。
 3年前も,執筆していたその年の前半の売上が超悪くて,本の評判と裏腹に,私の事務所は潰れそうでした。

 今年も案の定,そんな感じです。

 いや,岩永センセ,そんな単著の本を2冊も出せるなんて,滅多にないことなんだから良いんじゃねえの~という意見もあると思いますよ。勿論私も,ありがたいことだ~と心の底から思ってもいます。
 でもねえ,何事も良いこともあれば悪いこともあるのです。良いことばかりのものなんて,この世の中にはないのです(別にそれでいいのですけどね。)。

 私は別に人より能力が優れているわけではないので,本なんか執筆していたらそっちに集中せざるを得なくなるわけです。そしたら仕事なんかそんな出来るわけがない~♫

 もう今年の残りも5ヶ月ないのですが,何とか売上低下を取り戻すべく頑張りましょう。あ,一応言っておきますが,印税じゃあ全然足りませんので。

 と,大好きなお金の話で締めました。

3 追伸
 72年前の長崎も暑かったと思いますが,今日の東京も暑かったです。
 最高気温は何と37.1度!

 これだけ高いと歴代何位くらいか気になりますが,全然ですね。東京の歴代1位は,39.5度で2004年の7月20日です。
 私と同じ59期の人ならよく覚えているのではないでしょうか?論文試験の終わった次の日です。

 2004年は暑かったのです。お陰様で受かったようなものですね(私は暑さ,大好きなもんで。)。

 ピークは今日のようで,さすがにもうこれ以上は暑くならないかなあ。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
11
13 15 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]