忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 ちょっと色々あって,間が空きました。
 やることが多少ある上にオリンピックもやっているとなると,こんなどうでもいいブログの書き込みなんて後回しです。まあそりゃそうです。

 ですが,今日は実は横浜の方まで研修に行く予定だったのですが(本来ならこの時間は電車の中です。),何と講師急病で中止!となり,その時間分は暇になりましたので,こうして愚にもつかないことを書いている,とこういうわけです。

 私もときどきセミナーの講師やるので,やはり喉の調子とかは,セミナー数日前になるとそこそこ気にします。
 意外でしょ?いや,そうでもないかな,気が小さく気が弱いときてますので,準備には念には念を入れるということです。

 とは言え,今回のようなことはあり得ますわな。人間ですもん。生きていると事前で予想も出来ないようなことが突然起こったりします。

 今回中止になった研修は弁理士会の関東支部主催の研修だったもので,朝方突然関東支部から電話が来たときにはビックリしましたよ。お客さんとの紛争協議とかクレーム関係かなあとも一瞬頭によぎりましたが,よく考えると揉めるほどそんな出願してなかったわ~てなもんです。

 ま,ということで,講師の先生はお大事に,となるわけです。

2 ついでなので,月曜以来の話ですかね。
 と言ってもオリンピックになるわけですが,個人的に注目していた女子のスノーボード,ビッグエアは惜しい所でした。

 決勝二本目ないし三本目,日本人の3人のうち誰でもよく,着地をビタギメしたら,銅メダルでしたね。
 メダルを取れると取れないとじゃ,あとで人生の変わり具合が相当変わるというのに,そういう所で図太い所を見せられないのが,やっぱ日本人ですねえ。

 同じことが,複合ラージヒルの渡部暁選手にも言えます。
 格好良く,自分の美意識とおりと合致した結果が来りゃあ,そりゃ誰も(もちろん,自分も)文句言わないでしょうね。でも,世の中ってそうじゃなく,結果と美意識が相克する場合がほとんどじゃないですかね。ま,人生甘く無いってわけですよ。

 そんな時にどうするか,恐らく国際的には,結果を重視するのではないでしょうか。
 ビッグエアなら,ビタギメ出来る技にレベルを下げる,クロカンなら下がって風除けを沢山使う,ってね。

 こういうのって,またチャンスが来るなんて悠長なことを思っているか,悔いなきように思っているかどちらかでしょう。
 でもねえ,逃したチャンスは二度と来ないし,何かの拍子に後悔で溢れること必至ですよ~♫これからは図太くいかないとね。

3 さて,そんな図太さが全くない私ですが,この時期のオリンピックで,20年前を思い出します。

 ちょうど20年前の金曜の夕刻というと,恐らくソニー国分(現ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの鹿児島テクノロジーセンター)で,6号棟4階のクリーンルームから出たくらいか,パネルの解析してた解析室から出たくらいかのタイミングじゃないですかね。

 そのころは週単位でソニー国分に出張してましたので,羽田に6時くらいに着く便で帰る用意をしている時間帯というわけでした。
 何せ8時くらいに相模大野の自宅に戻り,それから山に行くわけですので(金曜の夜遅く宿に入り,土曜の朝一でパウダーを狙う),そういうタイムスケジュールなのでした。

 そのころは20年後にこうして弁護士をやっている,しかも独立してやっているなんてとてもとても微塵も思いませんでした。
 何せ仕事も環境も全く違いますからね。

 いやねえ,次の年もまたその次の年も,ソニー国分と往復しながら,夏はサーフィン,冬はスノーボードをして,出来の悪いエンジニアとして過ごすのだなあと思ってました。本当に。
 意識高い系とは全く真逆で,特段何の希望や何の展望もない,私はまさにそういう感じでした。

 ところが,その年の確か2月の末か3月の初めに,ソニー国分への出向話が来て,それをグジャグジャ嫌がってたら,運良く知財部に異動できたというまさかの事態になったわけです(詳細はこの辺かな。)。

 いやあそんなことってあります?
 世の中って本当思いもよらないことが時々起きます。
 で,それから20年ですから,特許の世界に入って今年で丁度20周年なわけですわ。

 国分に出向したくない~というワガママから始まった私の特許生活という冒険旅行~♪まだまだこれからも冒険は続きそうです。
PR
1 この時期の話題というと,そう,オリンピック!なのですけど,まあそれはおいおい。

 私のような自営業者でこの時期というと,そうアレです,アレ。
 確定申告ですね。

2 いつものようにe-Taxでチョチョイのチョイとやろうと思ったのですが,思わぬ伏兵に足を取られたという失敗談です。
 失敗でも,何でもここでネタにする,それがこのブログの隠れたルール。なので,恥を忍んでか何だかわかりませんが,そういうことです。

 で,何に失敗したかというと,電子証明書です。
 私はマイナンバーカードではなく,住民基本台帳カードを使っていたのです。
 よく知っている人はそれってもう使えないのでは?ということなのですが,更新は出来ないけど,有効期限まではまだまだ使えるのですね(正確には使えた,ですが。)。

 で,まあ記憶力の鈍っている私でもそろそろその期限だけど,まあ今年の分は大丈夫かなあと思っていたら,それが失敗でした。
 何と,2/17,先週の土曜に期限が来ていたのでした~ガーン。

 まあそれはしょうないとして,じゃあ明日区役所に行って,マイナンバーカードに切り替えればいいやと軽く思っていたら,そこも失敗でした。何とマイナンバーカードは申請から1ヶ月,酷いときには2ヶ月以上かかるというのです。
 皆さん,知ってました?

 今から頼んでも確定申告の時期を外れちゃいますよ・・・。
 
 で,こういう状況に陥ったのは,入力を全て済ませて電子的に送信する直前(というか期限切れという表示が出たので,そこで気づいただけなのですけどね。)のため,税務署に資料を持って一からか~!クソ面倒だなあ~とか色々グチャグチャになったのですが,何と,e-Taxだと,印刷して,郵送等のパターンもあるらしく,結局それに落ち着きました。

 なので,これから確定申告やる人も多いと思いますが,その際に注意することは,電子証明書の有効期限に注意ということと,今からマイナンバー頼んでも間に合わないですよ!ということですね(ま,電子証明書は他の会社のサービスもありますけどね。)。

 いやあいつもの年以上に疲れましたね。

 あ,そうそう,確定申告やると昨年の収入(売上のことね,)と所得(経費等を引いた後のものね。)がきっちり分かりますが,いやあ悲惨ですね。

 昔むかし,同期の人と飲んだときに,いやあわしの収入(所得じゃなく)くらい税金払ってんだなあっていう人も居て,こっ恥ずかしい思いをして以来,当然ここでも収入も所得も明らかにはしませんよ。

 ま,去年は本を書いたので,そうすると仕事出来なくてこうなるんだろうなあということは分かっていたのですけど,それにしても・・・ですね。自由主義者の私ですから,淘汰されるに是非は無しとは思いますが,この分じゃ予想よりずっと早そうですニャ。

3 という悲惨な話のあとはパッとめでたい話ですね。
 この土日,金メダルが続きました。

 羽生くんの方は,SPがノーミスだったので,こりゃあフリーもそのままだなあと思ったらやはりそのままでした。
 しかも土曜の昼間という,特に予定がなければ家に居ることもできる時間帯だったので,凄い視聴率だったようですね。

 多少着氷が危ない所もありましたが,レベルの高いことをやってるのはよくわかりました。宇野くんといい,いやあ面白かったです。

 ほんで,昨日は小平さんの500mの金メダルでした。小平さんには同級生の住吉さんの件もあったので,これで金取れないと色々やるせないなあと思ってましたけど,杞憂に終わりました。
 誰もが気が付くことを本当に実際にやる,そんな人は少ないのだなあと思わせてもくれました。

 さてさて,メダルの数は長野に並んだらしいですが,恐らくもう少し取れるかもしれませんね。
 女子のスケートのパシュートは確実ですし,決勝12人のうち,日本人が3人も残った,女子のスノーボードビッグエアは,1人くらいは何かのメダルを取りそうです。
 もう少し,腰の落ち着かない日が続くということで,喜ばしい限りです。

4 さて,毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーです。
 本日は,ここ,白金6丁目の北里大病院前に来ております。

 
 ベトベターも登場ですが,何やら白い布がお店の前にあり,その向こうにコンビニがありますね。しかもこの辺,ガードレールがあるはずなのに,根こそぎどこかに行っております。

 ま,あんまりとぼけてもしょうがありません。
 事件の報道は,こちらからですかね。特捜部長も耄碌すると,アクセルとブレーキを間違えるわけですわ。まあ特捜部長の年がうちの親くらいなので,結構身につまされるのですけどね。

 で,この場所で何でベトベターなのかというと,この辺も私の散歩コースなのですね。
 正面には北里大がありますが,近くには聖心女子大学と幸福の科学の創始者の自宅があり,本当高級住宅街って感じの所です。
 この事故が起きた道路は,バス通りで,恵比寿駅の東口から出て,白金高輪のあたりで国1につながるという都道で,この辺に土地勘のある人は,すぐに分かる所ですね。
1 1月の下旬に比べれば,随分暖かくなりましたね。日曜(11日)の日中は日差しが暑いくらいでした。

 ということで,平昌五輪が開幕し,案の定テレビ見っぱなしという感じになってますので,見た競技中心の話をここでまとめておきましょうか。

2 開会式
 演出のバラエティを確保しておくためには,もう冬でも夜の開会式がmustですね。
 プロジェクションマッピングと観客席のLEDを連動させ・・・あとは+αをどうするか,という所でしょう。

 ここ最近のオリンピックの開会式だと北京五輪が白眉で,あれを超えるのはなかなか出来ないでしょう。ま,予算が青天井だったものと比べられても酷じゃわいって所でしょうが,見ている客にはそんなこと関係ありませんからね。

 まあでもかなりレベルの高いセレモニーであったことは確かです。
 東京五輪で,アレを超えるのは,意外とシンドイのではないかと思いますね。ムフフフ。

3 スノーボード
(1)男子スロープスタイル
 男子は体重があるので,まだ良かったということですね(風の話)。それでも転倒が多かったです。

 通しで見ているとやはりトップ3くらいの選手と日本の選手には明らかな差がありました。いつものとおりやれば十分な選手と,何らかの奇蹟やベストを期待しないといけない選手との差,でしょうね。

 金メダルは17歳のアメリカ人選手で,この金メダルの演技は凄いものでした。
 仮にこの選手に勝つには・・・と思うと,今回様々な理由で出ることが叶わなかったソチ代表の角野友基選手(噂は色々ありますけど,私にはよくわからない所ですから。)かなあと思いました。

 ま,結局スノーボードって,毎回毎回オリンピックのときに経緯が蒸し返され,そこが問題の根本だと思います(日経もこんな記事があります。電子版を読めるひとは,こちらも秀逸です。)。
 東京五輪でもスケートボードがスノーボードと同様の憂き目に遭うわけで,金のあるところには勝てないなあという所でしょうか。
 私なんか民主主義者なもので,FIS-SAJの帝国主義的侵略を受けたスノーボード共和国の独立がいつ達成されるのか,固唾を呑んで見ているわけです。

(2)女子スロープスタイル
 女子は男子より体重が低いので,エアーが悲惨でしたね。それでも良い成績を残せた選手も居るわけですから,まああんまりの言い訳は出来ないかなあと思います。

 とは言え,主催者としてはもっと風対策をしないといけないのではないのかなとは思います。
 その辺の手抜かりも,やはり(1)で書いたように,スキーヤーがコース設計等をしているからじゃないかと疑ってしまうわけです。
 イスラム信者に豚やアルコールの入った食べ物を出し,何好き嫌い言ってんだよ,つべこべ言わずに食やあいいんだよ!!そんなシチュエーションに似ているなあと思うのは私だけ,ですかね。

 さて,残念だった選手も,ビッグエアがまだ残っていますので,そこで頑張ればいいのです。

(3)女子ハーフパイプ
 男子に比べると評判のあまり良くなかった女子の方ですが,決勝に2人も残りました。意外とやります。
 しかし,決勝ではなかなか上にいくことができませんでした。

 予選では本気の滑りをあまりしない海外勢〜,見ていてすげえレベル低いなあと思ったのですが,今日の午前中あった決勝では一味違いました。

 となると,日本勢はなかなか厳しい所で(ミスをするのを待つしかなくなります。),予選での点を上回ることも難しくなってましたね。

 とは言え,決勝に2人も残ったのは快挙です。今後は男子以上のレベルアップがあるかもしれません。

4 その他
(1)昨日,夜は決勝種目が相次ぎ,チャンネルを変えるのに忙しかったです。

 まずは,モーグルの男子決勝。
 下馬評とおりの金メダルの人はそのとおりでしたが,その人を脅かすと言われていた堀島行真選手,残念でした。

 準決勝のスタート前,表情が大写しになったのですが,もう明らかに緊張してましたね。緊張って全くしないのも駄目だと思うのですが,し過ぎも駄目ですよね。なので,途中でコケたのはさもありなんって所でしょう。

 他方,原選手はだれも注目していなかったので,良かったのでしょうね。おめでとうございます。

 ところで,モーグル,メダリスト3人,みんな同じ板を履いていたと思います。炎のようなマークで気になった人も多いと思います。
 ブランド名はIDoneというもので,大阪!のマテリアルスポーツという会社が取り扱っているみたいです。この近くの下町何とかに比べると凄いことですね。

 つぎに,スピードスケート女子1500m。
 ソチの結果を見たときにオランダだよ,オランダ!ってここでも書いたのですが,そんな素人でも分かる強化策を律儀にやった結果だと思いますよ。良かったですね。

 素人でも分かることを本当にやるって難しいですからね。
 いやあ〜そう簡単に言うけど簡単じゃないんだよねえ〜,いやあわかってないなあ〜そのうち君にもわかるよ〜,よく聞きませんか?

 私は会社員時代よく聞きましたけどね。
 今?今も聞かないことはないですが,そんな事言ってる奴には,ちゃんとやらねえと仕事受けねえぞ,とやるだけですから。
 それでもやらないと・・・?いや仕事受けないだけですので。

 ま,兎も角もさらに金メダルに近い種目(500と1000)も目白押しのようですから,無責任に期待しちゃいましょ。

 最後は女子のジャンプノーマルヒルです。
 さすがに1本めを見たあと寝てしまいまして・・・結果を見たのは今朝でした。
 ほんで,実に良かったです。1位の選手は今季絶好調,対する高梨選手は今季絶不調だったわけで,それでも銅メダルっちゅうのは素晴らしい結果ですわ。何か化粧をちゃんとし出したくらいから,アンチが酷いらしいですけど,気にしない気にしない,妬みや僻みは江戸の華〜♪でっせ〜。

(2)ということで,書かずには居られない下町何とか〜。
 私も一昨年まで,大田区産業振興協会で支援協力者というのをやっておりました。そのため,大田区産業プラザPioにもよく行ってましたので,このプロジェクトが一押しなのはよく知っておりました。

 とは言え,リーガルアドバイスをしたことはありませんけどね。そういうのは私のような下々の者ではなく,もっと上の,例えば,五大事務所とかのマターなんだと思います。言い訳しやすいですからね。

 そうそう,大企業等が大手の法律事務所に依頼するのって,別にそこに居る弁護士が優秀だからじゃないですよ。法務が言い訳しやすいから,ただそれだけです。
 何かの会議に,誰だよ,こんなリーガルアドバイスを頼んだやつは?ってなったときに,いやあその道の権威とされる,○○事務所のパートナーの○○先生に無理を言って依頼したのですが,それ以上のアドバイスというのは経験上得られないかなあと思いましたもので・・・となると,お偉いさんも,じゃあしょうがねえなあ〜となるのではないですか〜♡ムフフフ。

 おっと,いつものとおり,議題が逸れましたが,契約書上,損害賠償請求が可能だからと言って,大々的にやる必要は無かったかなと思います。
 何かのプロジェクト,ディール,トランザクション等々がうまく行かない場合ってうまく行かない相応の理由があるのですね。

 消費者系の場合,それが単純に金の無駄使いや横流し,過大な投資等で,早い話がお金が無い!って場合も多いです。だけどそうじゃない場合もありますので,事実関係(勿論客観的なもの)を確定しつつ,臨機応変に対応することが肝腎です。そういった意味からすると,今回の下町何とかは,・・・という所あるかなあと思います。

 あ,あと,もう下町何とかっちゅうネーミングはやめた方がいいのではないかと思いますね。あのが出たのは,結構前ですからね。そう言えば,あの本が出版されたのは私が独立して結構すぐの頃だったなあ〜偶然だよね~おそらく〜。

(3)ということで,本日の午後は男子ハーフパイプの予選が行われます。日本勢は全員明日の決勝に行くでしょうけど,どの程度の点で行くのか実に楽しみです。

 いやあ,三連休は終わりましたが,当分仕事になりませんニャー。

5 追伸
 いやあ男子のハーフパイプの予選見ましたか?圧巻ですね。
 1位 ショーン・ホワイト 98.5
 2位 スコッティジェームズ 96.75
 3位 平野歩夢 95.25

 これで予選ですからね。
 
 なお,スポーツ・イラストレイテッドが銅メダル予想していたソチの金メダリスト,ユーリ・ポドラドチコフは,今回の平昌五輪は欠場しております。

 さて,決勝は明日の午前中から正午にかけてです。

 一体どうなることやら・・・?スポーツ・イラストレイテッドの予想が的中するのか?それとも平野?いやいや既にオッサンのショーン・ホワイト?100点が飛び出すか?興味は尽きないってこのことですな。
1 昨日が立春でしたので,暦の上ではもう春ってことです。そして,昨日の東京は結構穏やかな気候だったのですが,今週はまだまだ寒そうです。
 夏生まれ,夏好きの私としては,ああ早く海パンでサーフィンしてえ,薄着のねえちゃんと◯◯してえ,と思うのですが,あと半年もあるのですねえ・・・。

 ということで,本日は月曜日,通常は日経の法務面があり,様々なツッコミ所もあるのですが,何と今日は休刊日!逃げたな日経め!というわけではないでしょうけど,そういうことでこんな感じです。

2 まずはひらまさです。
 魚のことじゃないのは薄々気づいているでしょう。漢字でこう書くらしいです。
 「平昌」
 これでピョンチャンと読むらしいですが,そんなの知りませんわ~♡

 ま,私はそもそも差別主義者のレイシストで,極右のネトウヨ弁護士なので(あと,金権エロ弁護士でもあります。),韓国~はあ~♫って感じではあるのですね。

 あ,そうそう,例の慰安婦の話は酷いねえ。
 「日本、追加措置応じず 「ゴール動かす」募る不満」
 これは確か日経の社説だっと思いますけど,個人や企業で契約後,こんなことすりゃ,確実に債務不履行ですわ~♫

 そうすると,法的措置,履行請求とか損害賠償請求とか出来るのですが,いかんせん,国家間におけるそんなのは基本ないですからねえ。だからと言って,国家を超えるメタ国家~,そういうのはやめておいた方がいいでしょう。
 じゃあ国家間のこういう横紙破りってどう対応するかというと,潜在的軍事力の大きさなんでしょうね。最終的には暴力装置で雌雄を決するというのが基本だと思いますけど,ま,これも議論のある話なので・・・。

 おっとまたいつものように議題から逸れましたが,例えば中国の人名や地名は,こんな風には読みません。
 中国の国家主席である習近平さん,日本では「しゅうきんぺい」と呼ばれています。現地読みを日本語で書くと「シージンピン」でしょうね。
 首相は,李克強さん,この人も日本では「りこっきょう」と呼ばれています。同様に現地読みを日本語で書くと「リークァチャン」ですかね。

 他方,金大中,私なんか「きんだいちゅう」と読んでしまいます。金日成も「きんにっせい」と読みますね~♡
 前者はいつのころからか「キムデジュン」と呼ばれ,後者もいつのころからか「キムイルソン」と呼ぶのがデフォーらしいですけど。

 要するに,何か知らないけど,中国と韓国で固有名詞の読み方が違うのですね。
 識者によっては,相互主義,つまりは中国で安倍晋三首相は,「アーペイチンサン」と現地読みで呼ばれているから日本でも日本読みが許容され,他方,韓国では「アベシンゾウ」と日本読みで呼ばれているから日本でも韓国読みにしているのだ!みたいに言ってます。

 まあそれはそのとおりかもしれませんが,法曹ならピンと来る判決ありますよね。
 最高裁昭和63年02月16日の事件です。通称NHK謝罪広告事件っていう所でしょうか。

 判決自体は,こっちですね。事実関係は,この判旨には載っておらず,正確な所は各自把握してもらうといいと思います。と言っても,法曹なら,自分の持っている基本書,民法の不法行為の所ですね,に載っていると思いますので,そこを見てもらうと良いと思います。

 判決の重要な部分を引用すると,以下のとおりです。

これを本件についてみるに、原審の確定したところによれば、上告人は、韓国籍を有する外国人であり、その氏名は漢字によつて「A」と表記されるが、民族語読みによれば「D」と発音されるところ、被上告人は、昭和五〇年九月一日及び同月二日のテレビ放送のニユース番組において、上告人があらかじめ表明した意思に反して、上告人の氏名を日本語読みによつて「E」と呼称したというのであるが、漢字による表記とその発音に関する我が国の歴史的な経緯、右の放送当時における社会的な状況など原審確定の諸事情を総合的に考慮すると、在日韓国人の氏名を民族語読みによらず日本語読みで呼称する慣用的な方法は、右当時においては我が国の社会一般の認識として是認されていたものということができる。そうすると、被上告人が上告人の氏名を慣用的な方法である日本語読みによつて呼称した右行為には違法性がなく,

 この事件では,請求はすべて棄却等されたのですが,この判決以降,中国と韓国で固有名詞の読み方が違ってきた~,特にマスコミでね,と思います。

 まあ私なんかアホなもんで,そんな難しいことはわかりませんから,漢字で書かれた人名や地名から,それが中国のものなのか,それとも朝鮮半島のものなのか,なんてサッパリわかりません。何せ,両方とも,漢字二文字の地名が多いですし,漢字三文字の人名も多いですし。
 そして,現地での読み方なんて中国語も朝鮮語も堪能じゃない私にはわかりません。

 なので,平昌をピョンチャンって読む!なんて知らなきゃ無理ですわ~。でも,これが中国にあるか韓国にあるかによって,「正しい」とされる読み方が違うなんて,予測可能性に欠けます。はっきり言ってバカバカしい話です。
 両者とも日本での普通の読み方でいいんじゃないかなあと思いますよ。

 つーことで,平昌五輪と書かれれば,私は「ひらまさごりん」と読むわけです。これでピョンチャンオリンピックなんて読めるわけがない!のですね。ムフフ。

3 ということで,平昌五輪の話に移りましょう。

 まあ,ということで,アメリカと同じくらいに嫌いな国で開かれるオリンピックですので,いつものオリンピックほどイマイチグッとくるものがありません。
 とは言え,始まってしまえば(開会式は,今週金曜の日本時間夜7:30-です。),そんな偏見も吹き飛んでくると思いますので,恒例のメダル予想に行きましょう。

 前回のソチ五輪は,ここですかね。
 スポーツ・イラストレイテッド(水着の特集,実にいいですよね~)によると,以下のとおりです。

 金メダルは,小平(500,1000で2つ),高木美帆(1500)で3つ
 銀メダルは,羽生,高木美帆(1000),チームパシュート,ビッグエア女子鬼塚で4つ
 銅メダルは,宇野,高梨,郷野(500),渡部暁(ラージヒルの方),モーグル男子堀島,スロープスタイル女子岩渕,スロープスタイル男子国武で7つ
 
 ということです。
 まあこう見ると,女子のスピードスケートと,男女のスノーボードがメダルを量産する~という予想なのですね。
 あと,全体的にはソチよりは良い成績のようですね。

 で,私もこんなもんかなあとは思うのですが,一つ,気に入らない所があります。男子のハーフパイプが入ってません。そう平野です。

 去年の3月に顔面強打して膝の靭帯損傷という大怪我を負いまして(パイプのリップ落ちですね。),それからまだ1年経っていません。
 この前のXゲームでは優勝したのですけど,スポーツ・イラストレイテッドはそこは厳しく見ているってことです。

 ちなみに,優勝は,スコッティジェイムズ(Xゲームでの準優勝者),2位はスーパースターのショーン・ホワイト,3位はユーリ・ポドラドチコフ(ソチの金メダリスト)という予想になっているようです。

 確かに,オリンピックは特別なので,色々あるとは思うのですね。でも,私は金メダル行けるのではないかと思います(予想じゃなく願望ですけど。)。応援してますよ~。
 あと戸塚優斗選手もいい所いくのではないかなあと思っております。

 ハーフパイプの男子決勝は2/14の日本時間の午前中から昼くらいにやるみたいなので,要注目ですね。

4 追伸
 ネットの情報によると,元フジテレビのアナウンサーの有賀さつきさんが亡くなられたようですね。謹んでご冥福をお祈りします。

 実は,私と同級生の昭和40年生まれ,当時絶好調のフジテレビのアナウンサーの上,時代もバブルでしたから,オタクで女子ウケ全くしない東工大の院生だった私も,あんなキレイなオネエチャンとムニャムニャしたいなあとあらぬ妄想をよく抱いたものでした。
 顔立ちも全体的にもデーハーな感じで良かったですよ。

 恐らく,私と同世代の人は,同様の感想を抱いてると思いますね。
 
 ですが,こんな訃報。悲しいものです。ま人はいつか死にますから,それは遅かれ早かれの問題ではあるのですが,やはり早いという気はしますね。

 何の病気かはわかりませんが,闘病中だったということで,身につまされる話でもあります。
 なので,本当,私と同世代,いや違う世代の人にも言いたいのは,やりたいと思えることをやっておいた方がいいですよ,やりたいと思ったときにね,ということです。


 





 
1 ということで,2月になりました。時間というのは本当勝手に進みますね。
 とは言え,時間というのは温度のようなもので,単なるマクロ指標だという説もありますなあ。相対論なんかだと空間と同レベルのパラメータ~ではあるのですが。ま,良いかな。

 さて,1月の閲覧数1位は,573件で1/29でした。今週の月曜日ですね。
 この日は,雑誌を2つ紹介したものです。どちらもオリンピック系と知財を扱ったものです。
 私もこの分野に非常に興味があることも書きましたね。

 なので,所属する一弁の総法研のスポーツ法研究部会に昨年の初めに入ったのですが,1回顔を出しただけになっています。
 理由は2つありますね。1つは,知財なんか扱わない,誰も興味がないって感じです。ま,もっとガバナンス関係とかアンチドーピングとかそんな所が皆さんの興味の対象のようで,私とは反りが合わないかなあって感じです。
 もう1つ,こちらが重要ですね。ベテランがえばってる,これです。スポーツ部会だからって体育会系になる必要はないと思いますし,えばるほどの能力が有るのかなと思うのですが,そういうのってうっとおしいですわな。私は何事もゆる~く,適当に~っちゅうのがいいので,そういう所も合いません。

 よく行っている知財の部会も同じ総法研なのですが,こっちは居心地いいですね~。ま,所属している人は分かると思うのですが,非常にゆるい~誰もえばらない~素晴らしいです。勿論,知財高裁の所長を辞めた有名な先生とかも居て議論に加わっているのですけど,誰もえばらない!何事もこんな感じが私は好きですね~。
 おっと相変わらず議題がズレましたな。

 で,2位は,546件で1/30でした。ま,1/29の影響かもしれませんが,この日は新しい雑誌を紹介したものです。色々書きましたが,陰ながら応援してますよ。

 で,検索語ですが,shinobiの方ではもはや取れませんので,本家グーグルからです。
 1位が「理系弁護士」    420
 2位が「理系 弁護士」   58
 そして,3位が「武内更一」 25

 まあ,1位2位は当然でしょうねえ。理系弁護士で商標登録できる日も近いかもしれません。

 で,3位誰?って感じですが,これねえ,法曹,特に弁護士ならではです。
 実は,来週,日弁連の会長選挙が行われます。
 立候補者は,所謂主流派の菊地裕太郎と反主流派のこの武内更一です。

 まあ,世の中の99%はプロレスだと豪語したこの私から言わせてもらえば,もう菊地裕太郎が当然勝ちますので,面白くないことこの上ないわけです。バカバカしいわけです。
 で,武内更一の方は,検索してこのブログにたどり着いたことで分かるとおり,過去このブログでの言及があるわけです。つまりは再出馬ってことですね。
 そのときも書いたのですが,個人的にはむしろこちらの方に投票したい気も結構あるのです。しかし,いかんせん,この方クソサヨク臭丸出しです。そうすると,ちょっと乗れないなあって感じです。

 ま,私としてはここでいつも書いているとおり,早く任意加入制度にして,こんなクソジジイどものどうでもいい利権争いとは無関係になりたいものです。
 
 何か聞く話によると,第三新東京弁護士会の設立の動きもあるようで,それが本当なら素晴らしいことです。政治的な活動,その他要らん無駄金使いの活動をしないということらしいので,非常に良いと思いますね。
 その設立をぱぱっとやって,その後は一気に任意加入制度へ舵を切って欲しいと思います。

 このブログらしい,ずっと生臭い~感じの話で実にいいですね。
1 ということで,いよいよ年の瀬も押し詰まってまいりました。さすがに今日は休みの方も多いと思いますね。私は今日は出勤しております。 
 勿論そんな忙しくないのはいつものことなのですが,あとで述べる事情もあり,という所でしょうかね。それに自営業って毎日が休みであり毎日が仕事ですからね。

 さてさて,いつものとおり,私的ニュースをやりましょう。そこにも書きましたが,あんまり私的過ぎると,何それ??って感じですので,私的と言っても,プライベートという意味じゃなく,私が選んだ,くらいの意味ですからね。

2 さて,今年は,トップ3だけじゃなく,次点の4位も発表しちゃいます。
 ということで,4位からです。

 4位 ビギンズナイト完結!
 このブログでときどき書いていたビギンズナイトの話ですが,今年の春先に無事完結できました。これで,このブログの目的の半分は達成できたのではないかと思います。あとはもう毒にも薬にもならない話を重ねるだけですな~ムフフ。
 で,このブログプロパーの話題ではあるのですが,個人的には重要な件ですので,ここに持ってきました。

 ところで,今年は私も喪中なのですが,M君のご実家からも喪中ハガキが届きました。M君のお父さんが亡くなられたようです。合掌です。
 あれから,17年ですかね。私がM君の家を訪ねてからももう13年が経とうとしています。諸行無常です。

 そういえば,ソニーは来年,20年ぶりの好決算の予定らしいです。
 でも好事魔多し!ですよ。働いている人達は大変なのかもしれません。

 最近どこかで読んだ話に,ブラック企業には2つのパターンがあるということです。大企業のブラックと中小のブラックです。そして,大企業のブラックは無くならないってことです。ある程度大量に人を取り,過大な仕事を課し淘汰させていく・・・勝者総取りとでも言いましょうかね。何かどこかの四大事務所だか,五大事務所だかで聞いたことのあるような話です。
 
 過去のソニーはブラック企業だった,確実に。
 でも,そんな昔の話ではなく,今,ブラック企業いやブラック事務所で苦しんでいる若手は結構居そうな気がしますね。とは言え,私には縁もゆかりもない話ですけど。

 3位 「エンジニア・知財担当者のための 特許の取り方・守り方・活かし方 (Business Law Handbook)」発売!
 今回ランキングした唯一の良い話がこれです。
 もう営業に繋がらないとか仕事には全く無縁だとか,そんな分かりきった話は言いっこなしです。何と言っても,単著を自主出版ではなく出せるというのは凄いことです。しかも2作目ですからね。

 評判もそこそこ良いようで,それは良かったのですが,これ,あくまでも発明者(エンジニア,研究者)に向けた本です。
 元々の題は,「ひとりでできる特許の取り方守り方」というものでした。その名残は,p84に見つけることができます(持っている人は見てください。)。なので,私が一番言いたかったことは第4部の2,なのです。

 まあしかし,こういうアウトプットは暫くいいので,仕事をきちんとやることに集中したいなあ,そうしないと事務所も危ういな~♡とつくづく思う今年でした。

 2位 ca19-9騒ぎ
 いやあこれは酷かった~。勿論,結果としてほぼ何も無かったから(大腸ポリープだけは取られてしまいました~),良かったという後付のものですけどね。

 腫瘍マーカーの偽陽性は結構多いらしいです。なので,この記事にも書きましたが,もうやらん,普通の血液検査だけでいいわ~もう,って所です。
 ま,それより高血圧傾向がなかなか治らず,そっちの方が気になりますが,歳を取ってくりゃあ,そういうこともありますわな~。適当が一番です。

 1位 喪中
 これもここで少し書きました。既に喪中ハガキも出しており,今年は年賀状の準備とか考えずに済む,気楽な年末年始で良かったなという所ですかね。
 さて,何故喪中になったのか,そこは書いてませんでしたが,それはうちの弟ですね。

 弟ですので,私より当然年下なのですが,ちょっと問題を抱えておりまして,それはアルコール依存症でした。

 アメリカの大統領のトラさん,賛否両論あると思うのですが(否の方が圧倒的かな),個人的に注目した政策がありました。それはオピオイドの蔓延に対する非常事態宣言です。日経だとここらへんかな。
 去年,プリンスが突然亡くなり,凄いショックだったことはここでも書きました。この死因がオピオイドのオーバードーズだったのですね。結局マイケル・ジャクソンと同じですわ。

 アメリカでのオピオイド因による死者は年間3万人以上らしいです。12/26の日経に載っていましたが,アメリカでの年間の銃犯罪による死者は年間15,000人くらいのようです。何と,その2倍です。凄い数です。
 で,トラさん,その宣言のときに,自身の兄がアルコール依存症でやはり早逝したことを例に挙げて,"He had a very, very, very tough life because of alcohol."と言い,薬物依存症の恐ろしさを強調してましたね。ほんで,トラさん自身は酒を全く飲まないそうです(私はいまだガンガンやっておりますが。)。

 とは言え,みなさんもご存知のとおり,教条主義的な物言いちゅうのが嫌いなのですねえ私って。だからそんなこと言うつもりはありません。弟の人生がtoughなものだったのかは当人ではない私には分かりかねる話でもありますし。ただしかし,仮にそうだったとしたら今は安らかなのかもしれません。

 今年は,3位に書いたように,そこそこ良いこともありました。他にも,日経の私見卓見というメジャー所に小論文が掲載されるなどもありました。本業の弁護士業でも,侵害訴訟で知財高裁での大逆転勝訴とか,顧問の企業さんが例年になく増えた~♡などなどありました。

 でも全体として,禍福のバランス的には,ちょっと禍の方が多かったかなあって年でした。
 まああんまり良いことが有りすぎるというのも怖いのですが,来年はもうちょっと,ほんのちょっとだけ福の方が多い年になると良いかな~と思います。

3 何か湿っぽい話が続きましたので,気分一新で。

 今日は上記のとおり出勤しているのですが,
実は,昨日一昨日と山に行ってました。
 
  これは一昨日の尾瀬戸倉です。私はスキーではなくスノーボードなので,25年前近くのスノーボードやり始めたころから通っているゲレンデです。
 
 ま,今週の水曜木曜と大雪だったわけで,急遽行ったわけですね。

 尾瀬戸倉はかなり標高も高く沼田IC基準で奥の方にある所なので,道路も凄い状況でした。
 ということなので,木曜は全面パウダーでした。単にピステンが間に合わなかっただけなのかもしれませんが,平日ともあり,凄い状況でした。20年以上の戸倉経験でも最高のコンディションだったかもしれませんね。

 なので,新雪の深雪に2度ほど頭から突っ込み,窒息しそうになりました。ゲレンデで溺れ死ぬかと思いましたね。
 この新雪のために久々板にワックスをかけたのですが(勿論アイロンを使ってね),スクレーパーが甘かったらしく,何故か全然滑らないのです。
 頭から突っ込んだのも急にスピードダウンしてパーリングを起こすみたいな感じでしたので,おかしいなあって所でした。

 で,木曜にひとしきり滑り,滑走面を見ると,余分なワックスが明らかに浮いてましたので,次の日,金曜(昨日ですね。)は取り敢えず適当に削り落としたのです。
 なので,昨日は随分調子が良くなりました。勿論パーリングを起こすことも0でした。ワックスって重要だなあと思った次第です。

 しかし,雪深い所で腰かそれ以上あった今回ですので,バックカントリーで遭難するのも分かりますよね。何事もほどほどが一番です。

 今回は,雪を当てることができましたが,スノーボードもサーフィンも自然相手のものですから,いつもいつも良いコンディションとは限りませんね。でも今回は実に良かったということです。

 ですので,2日仕事をサボったため,今日は出勤~♫なのです。

4 ということで,みなさんは良いお年を。
 年内はこれで更新も最後かもしれませんが,私の年末年始は,いつものとおり大分の実家で餅食って屁こいて寝るつもりです。
 
1 ということで,早12月です。
 花見が終われば今年も早い~♫毎年そう思いますね。ま,そんなことはいいとして,本題に行きましょう。

 1位は,11/28の565件です。この日は特許庁の料金が中小に限って値下がりしますよ~という話でした。でも,それ以外は値上がりするので,別に特許庁やるじゃんとか,特許庁凄えじゃんとかいう話ではありませんよ,勘違いなきように,という話でした。ずる賢い役人が,自らリスク・コストを負うようなことはしませんよ。

 2位は,11/6の522件でした。この日は,久々のサーフィン,そして今シーズン最後のサーフィンをしたという話でした。
 いやあ,今月の初めの話とは言え,サーフィンしていたのも何か遠い昔のような気がします。ま,真冬でもやる人は多いのですが,私はヘタレなので,寒いの嫌いなのですね。

 で,先月のリンク元とかを見ると・・・大まかには10月と変わりません。ただ,フェイスブックから来ているのが珍しいですね。ま,フェイスブックというと,嫌な想い出がちらっと頭をかすめますが,この程度なら問題ないって所でしょうか~♫

 で,今回はちょっと趣向を変えて,ブラウザ別のアクセス割合です。
 Google Chrome     8,170     59.375%
 Safari     2,776     20.174%
 Firefox     2,290     16.642%
 Internet Explorer     462     3.358%
 不明     50     0.363%
 Opera Mini     10     0.073%
 Opera     2     0.015%

 まあ言わずとしれたことですが,このブログにアクセスすると,時時刻刻ログを取られておりますし,ブラウザからクッキーも取られているわけです。

 ログからは,色んな事務所やら官公庁からのアクセスがあることがわかります(官公庁の1位は当然,特許庁です。事務所の1位は・・・まあ知りたいでしょうけど,教えてあげません。)。
 そして,ブラウザ毎だと上記のとおりというわけです。

 結構意外な結果でしたね。バージョン毎によるともっと細かいのでしょうけど,上記のような感じです。
 クロームは,PCに加えてアンドロイドでのアクセスがあるからでしょうね。でも,かなり圧倒的なシェアです。
 
 次がサファリですので,これはマックとiphoneですね。ただ,マックのシェアはそんな大きくないと思いますので,ほぼiphoneと見て良いでしょう。つまり,iphoneでこのブログを見ている人は多いってことです。
 見にくくないですか~?

 ファイアフォックスがその次で,IEより上位です。私はファイアフォックスを使っているのですが,長年使っているので一番使いやすいです。たまに,ファイアフォックスに対応していないときに(e内容証明とかね。),IE使いますが,その程度です。

 ま,兎も角も結構面白いデータですね。一般的なシェアと比べてどうなんでしょ?
 偏りがあるなら,面白い考察も出来るでしょうし,ほぼ同じで偏りががないなら,意外と世間並み~ってことですしね。

 
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 7 9 10
11 12 16 17
18 20 21 22 24
25 26 27 28
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]