忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 前置きはもういいかな~ワンパターンだし。

 まず,今日の日経の社説です。単なる私企業の行末がわざわざ日経の社説に載っています。まあびっくり。昨日が株主総会だったからでしょうね。

「「日の丸再編」は日本の液晶を救ったか」

というやつです。要するに,ジャパンディスプレイの昨今の状況について,ですね。

  私は,このブログで何度も書いておりますが,元々ソニーでLCDのエンジニアをしていたのです。なので,仮に知財部に異動せず,そのままLCDに居たら,かなりの確率で今頃はジャパンディスプレイに居たことと思います。
 その証拠に,私が筆頭発明者の特許の殆どはジャパンディスプレイに譲渡されていたのですね(殆どが既にエクスパイアしております。)。

 さらに,LCD時代の同僚も多くジャパンディスプレイに居ます。ジャパンディスプレイに関してはとても他人事じゃないって感じです。

 で,そのジャパンディスプレイについては,このブログで本当によくコンスタントに取り上げております。一番最近のはこれですかね(辿れば結構古い所まで辿れます。)。

 そういう風に見てみると,最初はやはり懐疑的~フューチャービジョンやアルテデックと同じ轍を踏むだろうなあと思っていたようです。

 ところが,一時は良いときもありました。何とそのときは,日経も褒めそやしていたのです(2013年のです。もう4年前ですね。)。
 つまり,母体企業からのしがらみを無くしたことが成功の要因と言っていたのです。ところが,今日の社説では,「母体企業3社の「寄り合い所帯」という難しさがあった」と述べています。まあ勝手なもんですね。
 そう,全ては後付けです。

 ナチス・ドイツが敗れ,大日本帝国が敗れたときには,自由民主の勝利だ!となったのでしょうね~ソ連のことは措いておいて~勝てば官軍負ければ賊軍~いつの時代も何の分野でも変わりはしません。

 まあ確かに,石川県の新工場はちょっとまずかったかなあと思いますよ。シャープが身売りになり,パナソニックが潰れかけたのも,ディスプレイの新工場の読みを誤ったからですもんね。にもかかわらず・・・。

 でも私はひねくれ者なので,このまま台湾や中国系の企業に身売りされるってえのもつまらん話じゃなあと思っております。勿論,「「日の丸」に過度に固執しても得るところは少ない」とは,そのとおりだと思いますけど。

 まあ,ここからが底力の見せ所じゃないですか。HHさんが亡くなってもう3年も経ちますか~HHさんが最後に居たのはジャパンディスプレイなのですよね。
 大幅な巻き返しを期待していますよ,ねーたくちゃん。

2 著作権法が難しいのは色んなパラメーターがあるからです。

 本日,朝日新聞が,棋譜中継していたユーチューバーに対して,警告してやめさせた話について,様々なメディアで報道され,そこで複数の弁護士のコメントが載っていました。

 おおよその骨子としては,こんな感じです。
 ・棋譜は著作物に当たらず
 ・でも権利侵害(不法行為)になるかも
 ・その理由としては,スポーツ中継の放映と同様

 らしいです。一つ目と二つ目についてはそんな異論もありません。棋譜が著作物に当たるなら,GPSでの軌跡だって著作物に当たるってことになります。な,わきゃない!

 で,二つ目の理由として,スポーツ中継の放映と同様と考えているようですが,ちょっと違いますよね。
 スポーツ中継をそのままネット配信すると,コラ~と怒られるのは,著作権侵害だからだとか契約違反だとか,その他の権利侵害だからじゃありません。著作隣接権の侵害だからです。

 この点,テレビのネット配信が問題になったときの事件(まねきTVとか)について,きちんと訴訟物を確認していたら,もうちょっとその辺を検討したコメントが見られたのではないかと思いますが,残念ながらありませんでした。

 そうすると,著作隣接権(放送事業者の権利)が歴然と存在する場合とちょっと異なりますから,それでも不法行為になるっていうなら,北朝鮮映画事件(最高裁平成21年(受)第602号,平成23年12月8日判決)の検討も必要ですわな。
 
 ま,これも今日の日経の社説同様,後付けです。

 そうは言うものの,ね,こう考えてみてもやはり著作権法って難しいよねえ~。
PR
1 と言っても事務所のアカウントの話じゃないですよ。仕事が少ないので,景気は悪いですが,そこまでではありません。

 じゃあ何かというと,ラグビーの日本代表です。昨日のアイルランド戦,本当酷かったですわ。

 2年前のワールドカップの貯金,あれが0になったなあという試合,それが昨日ですな。

2 私は中学,高校,大学とずっと陸上部でしたし,社会人になってやったスポーツと言うと,スキー,スノボにサーフィンと,まあ球技には縁がありません。
 基本人嫌いなので,誰かと協力して何かやるって性に合わないわけです。

 そんな私なのですが,ラグビーだけはちょっとだけやったことがあるのです。
 高校時代,体育の授業で週一やってた頃があるのですね(勿論,私はバックス)。 週一でなんて当時毎日やっていた陸上に比べれば屁みたいなもんだと思ってましたが,こう歳をとると週一でやってたことの凄さと有り難さがよくわかります。これを読んでいる皆さんの中で,今週一でコンスタントにやっているスポーツなんてありますか?
 ちなみに,ラグビーの季節が終わると柔道(格技ですな)をこれまた週一でやってたので,基本的な投技と締め,関節はまだ覚えております。意外でしょ。

 なので,ある程度ルールが分かるので,バブル期の大学ラグビー花盛りの頃から大きな試合がテレビであるときはよく見ていました。
 ただ,グランドの外に直接蹴り出したときに,ヤーボールになるかマイボールになるかの基準が未だによくわからないのですね。
 まあやっている選手だって全部のルールを把握はしていないみたいだし,私の本業でも,民訴法だって全部分かっているわけじゃなく,書記官や裁判官に指摘されて,え?!そういうことあるんですか?ってなることもあるし,実体法でもそんなのしょっちゅうだし,いいのですけどね。

 ということで,このブログでもラグビーの話題は結構よく出ているのではないかと思います。
 2年前のワールドカップは本当素晴らしかったなあって所です。

 ただね,その後,悪い予感はしましたよ。体制がダメだって,エディが辞め,サンウルブズも中途半端な形でしかスーパーラグビーに参加できず(結局今季も1勝しかできず。),いやあこんなんじゃ絶対ダメだわなあと思った次第ですわ。

 で,そのダメさがついに頂点に達したのが昨日ですね。アイルランドは確かメインの選手が全英代表(4年に一度,アイルランドも含めて全英代表が選抜されるようですね。)でニュージーランド遠征に行っているってことで,2軍もいいところです。なので,勝っても当然くらいの相手で,世界ランキングは4位とは言え,あんまり強化とかそんな大して影響はないのかなあと思ってました。

 ほんで,昨日,ちょっと外出を済ませて,テレビをつけたら,何と前半20分で既に大負け~!それから見始めましたが,何か酷かったですなあ。私のような素人が見ても。
 先シーズンで終わったと思うのですが,日本選手権に学生チームが参加してる場合,よくこんな試合になるよなあって感じの試合でした。

 まず,タックルが高い!なので,ボールを持った選手を一発で倒せないのです。倒せないと更に人をかけないといけないので,当然他の防御に隙ができます。それから大体その次の攻撃でゲインラインは突破され(多くとも3次攻撃程度でしたね。),トライされておりました。

 つぎに,日本代表の攻撃なのですが,粘り強さがありません。体格で劣るのですから,6次だろうが7次だろうが,相手が嫌がることをやればいいのですが,そこまでいかずにミスしてヤーボールになってしまってました。当然ゲインラインの突破もできません。

 いやあ,弱い頃の日本代表が戻ってきましたよ~本当懐かしい~♪

 24日の土曜もアイルランドとやる予定なので,これで同じような試合だったら,ジョセフHCは更迭した方がいいというか,更迭すべきでしょうね。
 実績があったのかもしれませんが,実際に結果を出せない場合はクビにしないとね(代理人弁護士もそんな基準で選んでほしいもんです。実績ある大手事務所とか有名弁護士とか選ぶと今の日本代表みたいになりまっせ~♡)。

 2019年はもう2年後ですわ。なのに,このままじゃ全く盛り上がらない日本開催のワールドカップになりそうですニャー。

3 本日は本当はサーフィンの予定でしたが,波がない!梅雨の湘南はこんなもんです。来週はどうかな~。
 ということで,こういう話題にしてみました。もう一度エディを戻すしかないのでは?
1 墓に花をたむける明日~♪
 こんなのもねえ,著作権の色々面倒くさいことをしなくちゃいけないんですよね。

 ああ,著作権法って難しいというか面倒臭い~♪

 って議題からは逸れませんよ。この歌は,「非情のライセンス」と言いますね。

 往時,8時だよ全員集合からそのまま見ていた人も多かったのではないでしょうかね。私はちびっ子だったので,普通なら寝ている時間だったのですが,この歌を知っているということは結構見ていたってことです。
 何をって,キイハンターですよ。

 そして,この歌を歌っていたのは,そのキイハンターの主演女優の野際陽子さんでした。数年前,確かさんまのからくりTVでこの歌を歌っていたのを懐かしく思い出されます。

 いやあびっくりしました。私にとっては,加計の件とか共謀罪だとか本当どうでもいいです。テレビ好きの私にとって,本当良く見る女優さんでしたので。

 で,こういう話をするということはどういうことかわかると思います。合掌です。

 2 あ,特許の話もちょっとだけよ~あんたも好きね~♪例のカゴメと伊藤園のトマトジュースの特許の審決取消訴訟の判決が裁判所のHPにアップされています。
 リンクははりません!自分で調べてちょ。

 ちなみに後継ブログが見れる人は詳しくはそちらで~ということで。
1 本日も暑い東京です。先週真ん中から終盤当たり,ちょっと天気が悪かったりして,多少気温も低めだったのですが,この土日と今日も暑くなっております。

 実は昨日はいつものようにサーフィンに行ったのですが,もうスプリングで全くOKです。とは言え,若干確かに今年は早いなあって気がしますね。
 夏前の湘南の海は結構きれいですよ。まあ鎌倉の辺は,江ノ島にぶつかって海流が多少淀むので,赤潮とか発生するみたいですが,江ノ島よりも西の方はそんなことも無く,波もゆる~い感じでいいですね。

 振り返ると5月にサーフィンに行ったのはもう4回です。ほぼ毎週のように行っており,慣れが重要なものなので,なかなか上手くやれるようになっているなあという感がしますね。

 昨日は,膝から大きくても腰ぐらいの波なので,ちょうどいいくらいでした。アウトの方はいつものようにロングに占められていましたので,私はインサイドでロングの人が乗らない波を中心にやりました。
 何本か,ボトムターンしてトップに行き,そこでまた降りるくらいのアクションはできたので,大満足でしたね。

 ほんでサーフィンと言えば,昨日まで行われていたQSの一宮千葉オープンの女子で,川合選手が優勝したようです。素晴らしいことです。なお,WSLのサイトはこちらです。

2 さて,本題に入りましょう。
 まずはテレビものです。最近見ているテレビと言えば,ひよっこと大河ドラマと,あとはフジのCRISISですね。

 CRISISは面白いのですが,まだ大爆発とまでは行きません。どうしてもSPを思い浮かべてしまいますし,初回はそれ以上のインパクトがあったのですが,どうも,以後は尻すぼみって感じがしています。

 主人公二人のアクション等は良いのですが,必殺のインパクトに欠けますね。演出なのかもしれませんが,無駄に長い~。反撃されてしまうというのがその理由ですけど,特別なチームなのですから,目をえぐったり,急所攻撃したりと,短時間でしかも活動不能にさせる系の演出に替えた方がいいのではないかと思いますね。
 ま,昨今色々表現の自由への制約がありますから(しかも勝手というか自主的な),厳しいのかもしれませんが,今の所は初回以外,その設定を活かしきれていないって感じがしますわ。

 で,実はそのCRISIS以上のインパクトを残したドラマが昨日ありました~。いやあここまでやるかっていう話でした。
 それが何を隠そう,スーパー戦隊シリーズのキュウレンジャーです。

 キュウレンジャーのあらすじはどっかで見てもらうとして,昨日は,キュウレンジャーの一人のスティンガーと,実の兄であるスコルピオとのエピソードだったのですが,まあエグい感じでした。

 スコルピオのまさかのダブルスパイから急展開,スティンガーを庇って,チャンプの旦那(こちらもキュウレンジャー)が爆死!でバラバラ~という,ちびっ子達~どうすんの~って回でしたね。

 まあキュウレンジャーって,キュウレンジャーのうち,ガル,バランス,チャンプ,ラプター283,それに司令というまさかの半分がキグルミの戦隊なのです。なので,色んな演出方法はあると思うのですが,いやあバラバラにするか~っていうのは思いつきませんでしたわ。

 そのあとのホワンホワンで始まるキュータマダンシング(そういえば,GW当たりで,タマタマキュキュっのところのフリが変わりましたね。何故でしょう?)も,放心~♫でしたわ。色んな意味で色々攻めてるキュウレンジャー,目が離せないですな。
 脚本は,毛利亘宏さんで,あんまりよく知りません。でも,メインのライターに起用されたのは初めてのようで,だからこそ逆に大化けするかもしれません。

3 で,次は戦争ものです。

 実は,昨日のサーフィン後,晴海埠頭でやっていたみなと祭りに行ってきました。どうしてそんなのに行ったかというと,これを見たかったからです。
 
 護衛艦いかづちの一般公開です。なかなか現役の自衛隊の艦船に乗れる機会なんてないですからね。
 結構よく撮れてると思いませんか~♡見学の人に大人気であることがわかります(御用弁護士大はしゃぎって感じでいいでしょ。)。日弁連の幹部連中もこういう所に行けばいいと思いますけどねえ。

 あ,そうそう弁理士の人は理系が多く,オタクも多いので,こういうのに許容度の高い人が多いですね。
 秋口の飲み会のときなどに,今年も外れましたよ~何がですか?あれですよ,あれ~あああれですね~私もダメでした~てな会話をしている先生方もいます。この,あれは何かというと,富士総合火力演習です。

 私も一度は見に行きたいのですが,なかなか夏休みの終わり時期くらいにやるもんで,ちょっと行けない時期なのですね。ですので,毎年,ユーチューブとかそういうのに上がったやつを見ています(勿論,公式版)。ちなみに去年の富士総合火力演習は,ここから見れますね。
 そして,今年の応募は,6月から始まりますので,まだ大丈夫です。
 
 最後はこういう写真で,締めます。
 
 いかづちの主砲である76mm62口径単装速射砲からのブリッジです。いやあいい天気だなあ。
1 大体私の行く送別会というと,ソニー時代の方々のものであり,大体それは本厚木で行われるものでした。

 で,昨日ソニー時代の方の送別会にまたまた行ったのですが,今度は五反田でした。おお珍しい~。私は近くて良かったのですけどね。

 今回はソニー国分でお世話になった方でした。
 まあここでときどき書いているとおり,私は昔LCDのエンジニアだったのです。駆動のTFTを開発するのが仕事で,しょっちゅう国分に出張していました。そのころの私がどういう生活をしていたかは,この辺を見るといいですかね。

 そのころは私の人生で最も働いたころだと思います。弁護士になってからなんて,いくら働いたって言ってもそのころ以上のことは全く無いですもんね。
 だって,今は私にとっては趣味みたいなもんです。特に特許のことは本当何年経っても飽きずに面白いもんですからねえ,好きでやっているだけ~のことが多いですわ。

 でもそのころのエンジニア時代はちょっと違います。まさにTHE仕事でした。なので,そのころ一緒に仕事をしていた人達は,同僚というよりも戦友って感じに近いと思います。

2 今回のHさんは,主として測定関係に従事していたのですね,そのころ。私はデバイス・プロセスエンジニアだったので(所謂前工程ですね。),うまく出来たかは測定してみないとわかりませんから,よくHさんの所へ行ってました。

 そのHさんがこのたびSCKを退職されたというわけです。そしてエンジニア時代の知り合いも多く集まるということで,出席したわけです。

 LCDから知財部に異動したのが,1998年なので,もう本当20年近くになるわけです。ところが,昔のように,大騒ぎして,楽しめたというのはいいですね~。
 理系出身の弁護士も最近は多くなっていますが,本当に現場出身の人ってまだまだ少ないと思います。当時はなかなか辛いことも多かったのですが,今となれば役に立つこともあるなあって気がします。

 まあ今現在辛い思いをしている人も多いと思いますが,ま,そのうち何とかなりますよ。私のように,ね。

 あと,今回,私は非常に便利だったのですが,飲み会参加者の多くが,厚木周辺在住者でした。なので,解散が非常に早かったですね。それがちょっと残念でしたかね。
 とは言え,この辺痛し痒しです。厚木でやると私が早めに帰らないといけないですからね。

 ともかくも,Hさん長い間お疲れ様でした。
 

1 これはアメリカの Vice Presidentである Mike Penceが,昨日(4/18)の安倍総理との会談で語ったと言われる言葉ですね。

 各報道機関で多少まちまちですが,「平和は力によって達成される」とか,「平和は力によってのみ初めて達成できる」とか,概ねそのような訳になっています。
 というか,日本の報道機関の報道を逆引きして,漸く冒頭の英語にたどり着いたというのが真相ですけどね。

 で,冒頭のフレーズは,このマイクペンスがお気に入りのフレーズのようで,彼のツイッター等でも見かけられるもので,ときに「only」を入れたりするようです。

 何故そんなことを調べたかというと,いやいやいやさすがにトラちゃんの腹心と言えども,そんなあからさまなことを言うのかねえ,また日本の報道機関が超訳でもしたんじゃないの~という疑いから,調べてみたのです。

 でも,上記のとおり,日本の報道機関の勇み足でも何でもなく,少なくとも,マイクペンスは,冒頭のように思っているというわけです。

2 恐らくこのフレーズって,アインシュタインの有名なセリフに対応するものではないかと思います。
 
 アインシュタインの方は,「Peace cannot be kept by force. It can only be achieved by understanding.」で有名です。
 これをグーグル翻訳してみると,「力で平和を保つことはできません。 それは理解することによってのみ達成することができます。」ということになります。

 まあ私には難しいことはわかりませんけどね。

 私は大学,大学院と物理系でしたので,アインシュタインに関する本はよく読みました。研究室での研究は相対論的宇宙論を統計物理に展開しようとしていたもので(こう書くと凄く思えますが,まあ大した話ではありません。),相対論を理解しようとやっきになっていたものです。

 で,アインシュタインというと,凄い科学者という感じがしますが,私はずーっと本当かなあと思っています。
 というのは,アインシュタインって経歴が異質なのですね。普通,アインシュタインくらいの科学者だと,小さいころには大したこと無かったけど,大学のころには凄い奴だ~みたいなパターンだと思うのですね。

 日本のノーベル賞を取った先生方も小さいころから凄かったか,少なくとも,大学のころには一目置かれるような感じであるのが普通です。大学のころまでイマイチだった人でノーベル賞取ったなんて聞いたことはありません。

 ところが,アインシュタイン,大学のころもイマイチだったのですね。
 イマイチ過ぎて大学の先生の職につけず,やっとスイスの特許庁の審査官になったというのは有名で,その審査官時代のコソ勉で,有名な3通の論文(特殊相対論,ブラウン運動,光量子)を書いたわけです。

 そこからはアインシュタインの栄光の歴史が始まるわけですが,本当か~って思いますわな。いや,3通の論文がインチキって言うわけでありません。それらはきちんとした内容ですからね。
 私が言いたいのは,本当に自分一人でやったのか~ってことです。

 実は,当時のアインシュタインの奥さんは(勿論審査官の時代も),アインシュタインの大学時代の同級生ですね。
 で,今と違って当時の女子大学生ですよ。日本だってそうでしょ。最初の女性帝大生~みたいな人がどれほど優秀か,想像がつくと思います。

 で,アインシュタインが一般相対性理論を発表したのは,1916年,つまり去年はちょうど100周年だったわけです。
 そして,このできる奥さんとアインシュタインが離婚したのは,1919年のことです。

 それからのアインシュタインって何か業績を残していますかね。

 ですので,アインシュタインの業績とされるのは,本当はこの奥さん一人の業績ではないかと私はずーっと思っています。少なくとも,共同のものだったのではないかと思いますね。

 おっと,相当に話がぶっ飛びました~。
 なので,何が言いたいかというと,アインシュタインが言ったからって,まあすげえ人の言ったすげえ言葉だなんて思わない方がいいんじゃね,ってことですね。

3 私は,法律家なもので,金と暴力には勝てないと思っています。いやああんたむしろ法律家なのに,何じゃその考えは・・と思う人も多いかもしれません(このブログを良く読んでいる人はもうそんなことは思わないでしょうが。)。

 でも,法律と道徳の違いって,国家の強制力の有無ですからね。つまり,道徳を破っても,誰からも強制されることはないですが(原則として),法律を破ると強制されます。強制は何でやられるかというと,暴力装置(警察,執行官などなど)です。

 今日の朝,テレビを見ているとタイから熊本に護送される被疑者の姿が映されていましたが,まさに,あれが暴力装置のなせる技,ああいうことをするために法律というのがあるのです。

 民事でもそうです。人が死のうが,家が焼けようが,住んでいる場所を追い出されようが,最終的にはすべて金で解決します。多少の不満は当然残りますが,強制力を持って取り立てられるのは,金だけです。
 仮に金以外のものを取り立てられるとすると,その方がシッチャカメッチャカになるのではないですか。

 金と暴力には勝てないってことは,つまりはそれ以上のものは要求しないということでもあります。
 私を含めて人というのは実に愚かなものですので,下限を区切るより,上限を区切った方が良いのでしょうね。昔からの生活の知恵が結実したのだと思います。

 なので,ペンス副大統領の考えも一つのあり得る考えだと思います。でも,力によると相手も力によって抵抗しますけどね(そういえば,ちょうど72年前の今頃,沖縄で大々的な抵抗をしていたわけですねえ。)。
 そうすると,そんな単細胞のジャイアンに未来永劫付いて行くんですかなあ。
1 本日は久々超寒い東京です。しかも雨も降っております。こういうときに限って外出する用があるんですよねえ。

 ほんで途中というか,山本橋です。
 
 何とか持っています。しかし,よく見ると葉桜が・・・まあ今年は気温のこともあり,開花から随分楽しめたのではないでしょうかね。

 桜の季節が終わると,もうあっという間に夏です。

2 あ,そうそう去年,いつも使っている板のセンターフィンがボキ折れて,ここしばらくクワッドフィンだったのですが,ついにセンターフィンを買いましたよ~。というか,3つセットのやつ~。

 カーボンからプラスチックに格落ちですが,まあいいでしょう。やっぱ,トライフィンの方がいいかなあって感じですかね。

 で,どこで買ったかというとメルカリです。

 この手の商売,センター管理方式のビジネスモデルなので,ブロックチェーン技術がデフォーになると廃れるのかなあと思ってたのですが,そうでもないかなあと思いました。こういうのは実際使うとわかりますね。

 ブロックチェーン技術ってえのは,取引の改ざんには強いです。しかし,決まったものを確実に取引するという以外に,メルカリには仲介ならではの特徴がありますね。
 一つは,決済です。買い手が売り手を評価しないと,売り手に金が行かないようになっているのです。
 そして,その後,金が届いて,売り手が買い手を評価してトランザクションが終了になるのですね。

 こうすると何が良いかというと,金を先に振り込ませるという詐欺が防げます(逆のパターンは統計的に少ないのでしょうね。)。他方,売り手も変な買い手を避けることができます。
 
 ウーバーも,エアービーアンドビーもそうですが,需要側と供給側を相互に評価させるようになっており,これが発展の源の一つかなと思います。

 こういうのは未だブロックチェーンでは反映できない所の一つではないでしょうか。とは言え,技術は日進月歩~♪こういう,痒い所に手が届く次世代のブロックチェーン技術もそのうち現れるかもしれません(もしそうなったら,ウーバーもエアービーアンドビーもメルカリも吹っ飛びますがね。手数料を取れる隙きがない。)。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]