忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 ということで,朝,ちょっと雨の降った東京です。
 何かこの1週間くらい,ちょっと雨が降ってその前後カラッと晴れるというような日が結構あります。大気が不安定なのでしょうね。
 今年は,梅雨明けが遅かったり,その後暑さがロングテールで続いたり,風台風(15号)と雨台風(19号)が来たりと,なかなか波乱含みの天候でした。
 それにいまだに台風が発生してますしね。このまま無難にはまだまだ終わらんでしょうね。

 で,そんなこんなの夏休み明けからの疾風怒濤の日々も漸く終わりそうです。夏休みの宿題は見事クリアですし,新件ではなく継続事件で相当力を入れないといけなかった事件も終了し(守秘義務がありますので,はっきりとは言えません。),この1ヶ月くらいで偶発的に勃発した件も片が付きました(こちらも守秘義務がありますので,はっきりと言えません。)。

 ということで,まあ漸く,落ち着いて判例を読んだり,本を読んだり,このブログも予習の必要なことも書けるかなと思います。とは言え,ボチボチ行きたいって所でしょうか。
 何事も無理しないのが私の流儀ですのでね。

2 ということで,まずは,こちらの話。
 特許庁が最近力を入れているベンチャー企業のフォローアップのイベント,知財アクセラレーションプログラム(IPAS)のです。

  これ何かというと,知財の支援が必要なベンチャー企業に手を挙げてもらい,特許庁側で組織したメンターのチームを派遣し,知財を強化するというものです。

 どのくらいの予算規模なのかはイマイチわかりませんが,特段悪くない企画です。

 で,それとあんたが何の関係が?ってことですが,この度,そのメンターに応募し,見事落選した!という,その報告ですね。

 基本私,挑戦して失敗することに何の負い目も感じておりませんので(もう恥ずかしいという歳ではありませんのでね。),また挑んでまた負けた!見事な失敗じゃ!ということですね。

 いや,本当は去年この企画がスタートしたときにいっちょかみしたかったのですが,知らんうちに締切が過ぎており(まあボーッとしてたわけです。),今年はきちんとそういう期限をちゃんと見てたのです(とは言え,初回の締切はやはり徒過してました,デヘヘヘ。)。

 選考は,書面だけで,面接等はありませんでした。
 確か夏前に応募し,全く音沙汰なしのまま10月になり,スケジュールを問い合わせるメールが事務局の方からやってきて,おおこれは珍しく合格かと思った所,先週末落選の通知が来た次第です~。
 
 ま,そういう経緯からすると,ある程度の検討はしてもらえたのでしょうが,何か足りないか過剰かで落っこちたのでしょうね。

 とは言え,結構想定の範囲内です。だって,私,自ら応募したもので採用してもらった試しなんかないですから~(例えば,ここ。さらにここ。)。Black to blackそれは抜けられない因果です。

 それでも今後も色んな所にダメ元で挑戦し続けようと思います。さて,次はあなたの職場にお邪魔するかもしれませんよ~ムヒヒヒ。

3 で,最後は独り言です。本当に独り言です。それ以外の他意はありません。

 私の同級生に裁判官が居ます。ま,仮にOとしておきましょうか。
 Oとは小学校,中学校,高校とも同じです。田舎でしたからね。
 Oとは一緒にボーイスカウトに入ったり,当時全部丸見えだったビニ本(受験土産らしいです。)を見せてもらったりしたこともあります(そのときは私が理科大の受験に失敗して落ち込んでたらしいので,元気付けらしいです。)。

 Oはサービス精神旺盛なやつで,京大の理学部受験に失敗した後,一浪して東大の文Ⅰに合格したというのに,テレ朝かフジかの深夜番組の東大生企画に,結構でっかく出たりもしてました~。人の話を聞いてないように見えても,どうすれば受けるかということをよく考えていたのですね(恐らく今も)。まあでも,深夜番組に出てたのにはびっくりしましたよ。

 でね,そんなOなので,ツイッターとかフェイスブックとかの一連の騒ぎも,何かねえ,サービス精神旺盛のためじゃないかなあと思うのですね。
 
 豚もおだてりゃ木に登る,ブー!っていうのは,タイムボカンシリーズのギャグ?ですけど,人ってやっぱ仲間うちでこういう風に見られたいっていう戦略というか意図っていうか,誰しもありますよね。

 ま,私がフェイスブックで誹謗中傷されたのも,やっぱ仲間うち~だからということが大きかったんじゃないのかなと思います。
 この弁理士の先生も,ああ失敗した~調子に乗ってたと後悔してるんじゃないかとは思いますが(そういう理解はしているのですが,勿論未だにスクショは確保してますし,ここでもグジグジ書きますよ。),やはり仲間内って感覚だと要らんことやら大げさなことやらを書きたくなってしまうのではないでしょうかね。

 なので,先週の金曜にちょっとマスコミで報じられた話を聞いて,非常に胸を痛めましたよ。私らしくもないことだし,私らしくもない表現ではあるのですが,胸を痛めたとしか書きようがない話です。

 何と言いますかなあ,Oの味方のようなふりをして,自分の意見を聞かせたい,ここは上手く利用してやれと思う方々,組織,団体,あんたら,Oが裁判官じゃなくなったときに責任取れんのかよ!と私は思いますね。
 け!何言ってやがんだ,大の大人が言ったこと,自己責任じゃろ,そんな神輿に乗ったやつが悪いんじゃ,神輿が壊れたら別の神輿,別の神を探せばいいだけじゃ~♡,そんな所かもしれません。
  
 まあだけど,私には数少ない友人の一人でもありますので・・・ま,この辺でやめておきましょう。独り言ですから,ね。
 うまい神輿の降り方をしてくれることを祈っております。

4 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ泉岳寺に来ております。
 
 もうじき,赤穂浪士討ち入りの日ですが(12/14),日差しの強さはそんな感じがしないですよね。半袖の人も見かけるし,日傘をさしている女性も見かけます。


 さて,特許の話も少ししておきますかね。

 最近,某有名ゲームメーカーの特許が異議申し立てを受け,そのまま訴訟でも復活できず~ということがあったようです。
 クレームを見た所,ゲーム業界特有のソースコードの解析要らずのなかなかのクレームでしたから,異議申し立てをする方も必死でしょう。

 この件,異議申し立て人は,自然人でよくわからない人なので,いわゆるダミーですね(無効審判と違って異議申し立てはダミーOK!)。だけど,代理人がそういう業界で有名な方なので,こっちから類推されそうです。

 この件,最終的に上記のとおり,特許権が潰れたので良かったのですが(まだ最高裁はありますが,それは無理でしょう。),そうじゃないと寝た子を起こすことになりますよね。
 ダミーはいいけど,代理人から誰が裏で糸を引いているか分かったらあんまり意味はありませんね~。

 で,何が言いたいかというと,私は基本特許出願やっておりません。そして大企業のクライアントもほぼいない~わけです。
 フフフ,これで分かる人なら分かる,まさにステマ~♫でした~ね♪

 


PR
1 何だか,マスコミ受けもしそうな,この件,急に勃発しましたね。
 だけども,私,タイトルのとおり,そんな目くじら立てることかなあと思いますね。
 
 いや,勿論,私は自民党支持です,昔から。でも安倍ちゃんねえ,もういいかなあと思ってます。はっきり言って早く次の総理大臣になって欲しいと思っております。
 
 他方,私は皮肉屋ですので,最近お気に入りの,SEKAI NO OWARI の LOVE SONG,
「いつの時代もいるんだ 「大人はいつも矛盾ばっかり」とか「嘘ばっかり」って言うKid 今の君はどうなんだい そんなに子供は純粋だったかい? 時間が成長させるとでも? Hey Kid~♫」
っていう感もあります。

 だけど,それだけじゃないんだよなあ。
 じゃあ何故?ってわけですが,それは以下のとおりです。

2 夏休みが終わって以降,こう何と言いますか,本当貧乏暇無し~でした。
 新しい案件は入らずに,昔の案件でずーっとてんてこ舞いになってたそんな感じです。勿論,補訂版を出す本のせいもあります(今月初め漸く校了して,アマゾン等の案内も出たのはここでも書いたとおりです。)。

 そんな感じがやっとここ数日一段落したので,溜まってた会報等(日弁連の「偽善と欺罔」,弁理士会のパテント,一弁の会報)をパラパラめくっておりました。

 そうしたところ,一弁の会報(令和元年11月号,20p)にこんなことが載っておりました。
 
 上から,書き出しますよ。
1 東京地裁/令和 2 年司法委員となる者の推薦について   
  根拠     各会派からの推薦に基づく理事者人選

2  東京家裁/家事調停委員とすべき者の推薦について     
  根拠     各会派からの推薦に基づく理事者人選

3 東京地裁/令和 2 年鑑定委員となる者の推薦について    
  根拠     各会派からの推薦に基づく理事者人選

 つまり,一弁では,司法委員も,家事調停委員も,鑑定委員も,派閥に入っていないとなれない!ってことです。

 21世紀を迎え,既に時代は令和だというのに,この昭和感~♫びっくりしませんか?
 自薦でもなく公募でもなく,派閥の推薦・・・はあ~って感じです。一事が万事でしょうね。

 まあでも,私も世の中の99%はプロレスだと豪語してますし,仮に公募っぽいことをしたところで,理系の人だとか~年寄りだとか~そういう偏った人はお断り~(もっとはっきり言えば派閥に入ってない人お断り)という豊太的差配をされるのがオチだということは分かっています。

 だから言います,まあ所詮,この程度だってことですわ。

 つまりどういうことかというと,周りがクソだと思ってたら,自分がもっとクソだったというJOKER(大ヒットですね~♫)的状況なわけです。

 自分の所が,幹部とそのお仲間での上手い具合のお鉢回しをしているのにもかかわらず,総理大臣が同じことしてるからって,目くじら立てるほど,私は図々しくはないってだけです。なので,どうってことねえぜ!ってわけです。

 だから・・・野党議員の皆さんの中にも弁護士は沢山居ますよね~。自分の所属している弁護士会でも,管財人や後見人や,上記の司法委員などの,利権付きや美味しい役回りについて,どうやって選任してんのかなあっと一度確かめられた方がいいのではないかと思いますよ~。
 じゃないと,ブーメラン~♫ブーメラン♫ブーメラン~♫,ブーメラン♫,きっと~「桜を見る会」のことは自分に戻ってくるだろう~♫

 私の思うことは唯一つ,弁護士会は任意加入にしてくれ!!ってことですかニャー。
1 朝晩はめっきり冷え込んでいる東京です。東京オリンピックも今の時期にやればいいのになあと思う今日この頃です。

 さて,まずは,今夜の大一番からです。

 モンスターと言えば,井上尚弥!本日ついに,WBSSの決勝です。
 天下一武道会のボクシング版か,それとも,IWGPか,様々議論があろうかと思いますが,それもこれも井上尚弥の価値次第って所でしょうね。ともかくも非常に楽しみです。

 ま,私は格闘技好きなのですが,所詮はプロレス発祥のものですので,ボクシングにはそんな興味がありません。まあはっきり言うと,見ていて面白くないのですね。

 と書くと,でプロレス?あんなフェイクな見世物小屋レベルがーと思われるでしょうね。
 だけど,私はここで,世の中の99%はプロレス!と豪語しているとおり,それが無価値だと言って書いているわけではありません。

 私の基準は常に面白いかそうでないか,だけです。ガチンコかそうでないか,ではありません。
 そんなガチンコが好きなら,中学校の柔道大会でも見に行けばいいと思いますけどね。でもそういうのを,ゴールデンタイムに放送しないところを見ると,私のような考えもそうそうマイナーなわけじゃないってことです。

 で,そんな私が井上の試合だけは欠かさず見ています。その理由は勿論,面白いから!それだけです。

 ラグビーがにわかファンにも実は分かりやすかったように(ボールを持って逃げればいい),ボクシングも分かりやすいもんだと思いますよ。
 ちなみに,フジの中継は8時くらいかららしいですが,ゴングは9時くらいとのことです。騙されたと思って見てみるといいと思います。

 とにかく面白い試合を期待していますよ,モンスター!

2 次は統一です。
 これもボクシングが~ってわけではありません。昨日の日経の朝刊2面です。
欧州、知財統一もご破算? 英離脱後、商標・意匠出願に分断の恐れ

 まあ私は渉外事件はやりませんので(依頼がない),外国特許も殆ど縁はないのですが,それでも米国や中国は多少出願関係等で縁があったりします。
 ところがヨーロッパは,イソ弁時代も含めてとんと縁がありません。
 やっぱ,ヨーロッパでも商売をやっている日本の企業って超ビッグな所ばかりなので,どこの馬の骨か分からん私みたいな者に依頼や相談はねえ!ってわけです。当たり前です。

 それはいいのですが,一応知財の専門家ってことになっていますから,雑学レベルでもちょっと知っておいた方がいいってことで,ヨーロッパの特許の大筋の知識は外さないようにはしてきました。

 ということで,過去の記事です。これが3年前です。
 だけど,これは統一特許のことで,統一裁判所はとっくの昔にオープンしたもんだと思ってました。

 ところが,記事によると,「特許分野では70年代から構想されてきた「欧州統一特許制度」の実現が遠のく気配がある。17年にEU主要国で通用する「統一特許」とその効力を巡る訴訟を扱う「統一特許裁判所」の設置が見込まれていたのだが、ふたつの波乱で実現のメドが立たなくなっている。」らしいです。

 記事には,また同期の弁理士が登場しておりますが,そうだったんだ!って所です。

 まあ統一するとコストは下がりますよ,そりゃ。何でも。
 世界に共通の言語,共通の法律,共通の裁判所,それぞれ1つにして,あとはネットでつなぐ!こんなことすると,いろんなコストが激下がりでしょうねえ。だけど,それって本当に望ましいことですかね??

 昨今トラちゃんや東ヨーロッパのナショナリズムの高まり(勿論ブレグジットも)へのアンチから,分断は悪!みたいな風潮になっておりますけど,自分のことは自分で決めたい,それが民主主義!,という観点からするとごく自然な話だと思いますけどねえ。
 孤立を求めて連帯を恐れず,こういうことです。

 生き生きと生きたいのであれば,ヨーロッパの分裂は必至だし,これでいいのだ~♫

3 ということで,夏休みの宿題は漸く校了しました。
 ちょっとの改編にとどまるのに,何故あんなに面倒だったのだろう?!というくらい,結構細かくやりました(やらされました,かな。)。

 昔の版を出版社が変わっただけだから,そのまま~というのなら楽だったのかなと思いますが,まあせっかく5年ぶりということで,新しいものに対応してた方がそりゃいいですよね。

 ということです。

 本屋に並ぶのは,2週間後くらいということですので,関心のある方はよろしくお願いします。


 あ,そうだそうだ,9月にここでも書いた特許権侵害訴訟2件,結構話題になったやつですが,漸く裁判所のサイトに判決がアップされたようです(と言ってももっと前からかもしれませんが。)。

 「最近の・・・」ではなく,こっそり,内部の所へアップしたのかもしれませんね。

 シャークフィンアンテナのやつはここで,カプコンVSコーエーテクモのやつはここですね。
 詳しくは,後継ブログの方で,ということです。

 まあしかしそれではアレなので,ちょっとだけコメントしておきます。
 シャークフィンアンテナのやつは,え!そんな所で切るか!って感じです。他方,カプコンVSコーエーテクモのやつは,結局無効論,特に阻害事由が大事だったなあって所でしょうか。ま,自分で読めば分かりますよ。

 ではこんな所で。

 
1 ということで,もう11月になりました。今年もあと2ヶ月です。いやあ早いですよ。
 常々言っているとおり,桜の花見を過ぎれば一年はあっという間~♫そのとおりです。

 で,いつものようにまとめから行きましょう。
 閲覧数です。
 1位は,10/8の495件です。
 この日は,ノーベル賞について書いた日ですね。特段別にどうってことのない話です。
 つーか,1位でも500件を切っているわけで,10月は低調だったということですね。ま,そりゃそうで,やっぱ予習の要らない話で,しかもちょっちょっと書けるような話ばかり(まあ熱がないと言えば早いですかね。)だったので,そういうところです。
 2位は,10/15の485件です。これはjokerを見た感想を書いたので,いつもと違う人達が多少来たのかもしれません。

 ということで,全体的に低調な10月なわけでしたが,今月も半ば辺りまで,貧乏暇無し状態が継続しそうな塩梅です。早いところ昼行灯に戻りたい~♫のですが,そうも言ってられません。まあ仕事はあるうちが華ですし,ね。

 続いて検索語に行ってみましょう。
 理系弁護士     1,522    
 line やめた 2019     144    
 理系 弁護士     136    
 知財調停     113    
 パナソニックipマネジメント     67    
 javplayer tecogan     49    
 弁護士会費 一覧     49    
 はづき国際特許事務所     46    
 東京拘置所 接見     38    
 最高裁 進歩性     36    

 やはり理系弁護士は強いです。ま,当たり前か~。
 あと,注目の話題もあります。
 知財調停が気になるのと,進歩性の最高裁が気になるようですね,皆さん。

 だけど,私が気になるのは,やはり,javplayer tecoganです!
 この記事を書いたときから,いくつかさらに見る機会がありましたが,ものによって違いますね。
 もう結構そうだろうというものから,人間の生殖器官はそんなところにはねえよ~ちゅう,化け物化した処理まで色々ですね。おもろいもんです。
 恐らく,アングルやもともとのモザイクの薄さ等で再現に差が出てくるのでしょうね。

 だけど,そもそもAIを使うなら,普通のdeep learningでも良いはずですよね。
 どういうことかというと,単純です。だって,もう日本人の無修正画像なんてものは,沢山出回ってるわけですから・・・。
 なので,こういう顔やこういう外観の場合は,こういうおま○こ等という,教師データが一杯とれるわけです。その場で敵対的に1から生成しなくてもいいわけです。

 なので,そういう手法を使った方が早いんじゃないのかなあと思うわけです。一度AVにもAIにも詳しい人に尋ねてみたいもんですね~♡

 あ,盛大に下ネタ方面に行ってますね。閲覧数が低調なのは,こういう話が嫌いな人が離れていっているせいかもしれません。じゃあもっとやろうかなあってところです。

2 続いて多少役に立つ話を+αで。

 本日,今年の改正法の大物たちの施行日が公表されました。
 ここです。
  
 予想とおり,来年の4/1ですね。
 適用があるのは,損害賠償の102条系,意匠の大改正(保護対象の拡大,関連意匠の見直し,存続期間の変更,間接侵害の拡大,創作非容易性の明確化,組物の意匠の拡大),あと国際商標登録出願における補正書の提出期間のやつです。
 
 まだ施行日が分からないのは,査証,意匠登録出願手続の簡素化,意匠の手続救済規定の整備の3つになりますね。

 改正法関係は今回結構重要な話が多いと思いますので,知財やっててフォロー出来ていない方は早めにちゃんとやっておいた方がいいですね。

 ということで,やはり白人が威張り腐ってるオリンピックなんて取りやめにして,その浮いたお金で首里城を早急に再建した方がいいんじゃねえかなあということで,終わりです。
1 まあこの話もカテゴリーに迷う話です。

 昨日なんだかいつか聞いたことのあるような報道が流れていました。

 ISの指導者だったバグダディ容疑者が死亡したというニュースですね。

 トラさんの発表によると,a hard day' night よろしく,like a dog~♪ like a coward~♫らしいですよ。

 ま,報道では容疑者ということですから,悪いことをした人になるのでしょう。だけど,裁判せずに死亡前提での急襲とは,本当,非常に気持ちの悪い話です。

 日弁連は,「死刑制度の廃止並びにこれに伴う代替刑の導入及び減刑手続制度の創設に関する基本方針」というのを発表したとらしいですが,何かこれも遅れているというか,世の中の動きに無とん着というか,そんな気がしますね。
 そもそも,裁判を予定せずの殺処分をどう回避するか,もはや事態はそういうこと,です。

2 この手のデジャヴ,前回はこちらです。あれからもう8年なんですね。

 私はこのときも書きましたが,こういうのが許されるなら,逆もまた真だということですよ。
 ホワイトハウスを急襲し,トラさん以下家族全員蜂の巣にするというのも全くOKということです。
 ま,勿論,アメリカは世界一の軍事大国ですので,やれるもんならやってみろということなのでしょうが,だとしたら,抑止力は,暴力装置の巨大化~これじゃ北朝鮮も中国も責められないってことになりますね~ムフフフ。

 少なくとも法規範なんてものじゃあ防げんということを認めるってわけですわ(両者とも)。

 私も当然愚かな者ではあるのですが,まあしかし,因果応報ということを知らんのかなあという感は非常に強いです。
 ですので,日本は早めに米軍を追い出し,独自の道を行くべきなのは確かなのですけどねえ,こちらはこちらで,アベガーとか戦争ガーとかで,チャイルディッシュな方々が多いため,憂鬱になりますなあ。
 
1 月曜と言えば,日経の法務面にツッコミを入れる日であります~。
 しかも今回の特集はもうツッコミを入れてくれ~♪と言わんばかりのものです・・・。

 だけど,やめておきますわ。
 何ちゅうか,IPランドスケープ以上のステルスマーケティングの臭いがプンプンしますのでね。ああ,臭い臭い~♡

 なので,ここで触れると儲けたい誰かさんを儲けさせるだけになるのでね~スニーキーな私としては回避する次第です。ムフフフ。

2 ということで,最初の本題に入ります。
 この土日で,ラグビーW杯の準決勝がありました。

 土曜は,イングランドVSニュージーランドでイングランドが勝ちました。
 これは,まあ最初のハカ対策からむちゃくちゃ準備してたのだろうなあという感じがしましたね。
 とは言え,ニュージーランドがフォワード戦ですべて後手後手に回ってましたので,そこを制したイングランドが本当に強かったという試合じゃなかったかと思います。

 イングランドの守備は,実に献身的でしつこく,そう,スコットランド戦の前半や,アイルランド戦での日本のようでした。不思議なもんですね。
 他方,ニュージーランドと言えども,フォワードで負けるといくらバックスに力があってもダメなんだなあという感じがしました。少なくとも15人制のラグビーは,フォワードあってのものっていうわけなのですねえ。

 で,日曜は,南アフリカVSウェールズで,南アフリカが勝ちました。
 私はもっと差がついて南アフリカが勝つのだと思ってましたから,ウェールズの善戦というか,紙一重の差には相変わらずの見る目のなさを痛感させられましたね。

 とは言え,これも南アフリカの方がフォワードでは終始勝っているように見えましたので,順当な勝利と言えるかもしれません。

 ということで,決勝は土曜の11/2で,3位決定戦は金曜の11/1です。
 一応念の為,優勝チーム予想ですが,南アフリカで変わりません!エディ・ジョーンズにかかされた赤っ恥,汚名を雪ぐには絶好の機会でしょうね。

3 次は箱根駅伝の予選会です。土曜にありました。
 さすがに立川まで見に行く余裕はなかったので,テレビ観戦ですが,驚くことが3つありました。

 まず,1点。
 これはほぼ身内の話ですね。
 東工大チームは学部生と院生という2チームを今回エントリーしておりました。
 
 これはねえ,驚くべきことですよ。
 箱根駅伝の予選会って数合わせりゃ管内の大学どこでも出れるってわけじゃないのです。標準記録がありまして,それを突破している選手が10人はいないとエントリーすら出来ないのです。
 
 ということは,東工大チームは学部生で10人,院生で10人も揃えた,ってわけですね。しかも結果みると,ちゃんと記録も残っています。ですので10人はともにゴールしたということになります(各チーム最大12名まで走れます。)。

 東工大は,理系の国立単科大という,スポーツをやるには超ハンディで,一般的にも無名でしょぼい大学ですが,最近は学連選抜で史上初の東工大箱根駅伝ランナーが登場したこともあって,かなり有望な新入生が入ってきているようです。 
 これからもOBを楽しませて頂きたいものです。

 つぎ,2点目。 
 筑波大学の躍進。
 私が学部で予選会の応援に行ってたころは,筑波大学を予選会で目にすることはありませんでした。だって,本戦そのまま出れる常連校でしたから。

 だけど,いつのころから気づいたら,箱根駅伝には国公立大学は一校の出場もなくなってました。代わりに大学名の長い新興の私立大学が多く出るようになってましたね。
 それが平成の時代と言えましょう。

 今まったく視聴率の悪いいだてんですが(私は面白い),前半の主人公の金栗さんは筑波大学の出身だし(当時は東京高等師範),味わいのある嘉納治五郎もそこの学長でしたもんね。
 なので,いだてん効果も大きいのではないでしょうか。聞く所によると,かなり綿密な計画を立てて(それこそエディ・ジョーンズのように),箱根駅伝の本戦復活を企図してたようですし。
 ま,私のような国立大出身者からすると,私立大学のおおっぴらなマーケティングの舞台というのも何ともしれんところはありますので(最初の話題にも関連しますし,今般のマネーファーストオリンピックにどんどん乗れなくなっているのもそのせいです。),感慨深いです。

 ほんで,最後。3点目。
 山梨学院大学の凋落。
 上記のとおり,私が学部で予選会の応援に行ってたころ,突然,よう知らん大学が彗星のように出てきました。それが山梨学院大学でした。
 え?山梨って関東?(箱根駅伝は関東大会ですので。)ちゅう疑問も,え?そんな大学初めて知った,ということもあり,印象深かったわけです。
 
 ま,山梨学院大学は箱根駅伝におけるイノベーターだったのでしょう。
 初出場当時は日テレの生中継は全くありませんでしたが,将来を見込んでの強化(留学生の積極的活用なども)により,無名私立大学の箱根駅伝マーケティングの先駆者だったわけです。
 ある意味,これは最初の話題に通じます(まあ私は嫉妬深い人間ですので,同業他社の金儲けを応援する気にはならんだけです。)。

 だけど,同じ手法で上手くいくっていうのも限界が来ます,必ず。イノベーションのジレンマってやつです。
 今回,山梨学院大学の本戦の連続出場は途絶えました。
 山梨学院大学は平成の時代,特に前半は非常に上手く行ったわけです。だけど,令和の時代に同じ手法が通じるかというと,そうじゃないでしょう(例えば,昔は山梨学院大学に行くと言った高校生も,今なら青山学院大学に行きたいと思うのではないでしょうか。)。

 ですので,前記2と真逆の話であり,この辺も非常に面白く感じた次第です。

4 追伸
  毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日はここ日本大通りに来ております。
 
 ま,首都圏の法曹で日本大通りというと,知れた話で,横浜地裁なわけです。

 思えば,私がここで民裁の修習をやってたのは,15年近く前ってことになります。
 修習で一番楽しかったのは,民裁の修習であり,ああ懐かしいなあって思いますね。

 とは言え,弁護士になってからそんな感傷に浸っている余裕はなく,今日も何か切羽詰まった感はありました。ともかくも今日で一段落。つぎに横浜地裁に来るのはいつだろうなあ~♪おっと,守秘義務もありますので,この話はこのくらいですね。


 そうだ,そうだ,夏休みの宿題ですが,二校を先週末編集の方に戻したのですが,本当チェック漏れが結構ありますねえ。いやあ情けない。

 今回のではなく,前回の初版(レクシスネクシス・ジャパン版)からですよ。
 結構チェックしたつもりだったのですが,編集の方から,これはどうしますか,こちらはどうしますか,と聞かれることが頻繁にあります。
 今更ながら思いますが,本作るのって本当大変ですわ~♪
1 さて,本日はちょっと暖かい東京です。
 で,久々でもないのですが,今日はサーフィンに行きました。

 波はこんな感じです。
 
 すねひざ,しかもショアブレイク気味~にもかかわらず,結構人が多いというパターンです。
 こういう場合は波がとれない上に,とれても岸にバッシャーンと叩きつけられそうで実に怖いシチュエーションなのです。

 まあでも2本くらいは綺麗に乗れましたので,まあいいかなあという感じです。サーフィンって釣りと似てて,行ってもボウズ(全く乗れない)だったり,待ち時間の方が圧倒的に長かったりです。
 そういうことなので,きれいなのを1本乗れただけでもそれで満足だということですね。

 とは言うものの,冬はしない私,シーズンもほぼ終わりです。あと1回か2回くらいですねえ。

2 さて,東京オリンピックの陸上の,マラソンと競歩を札幌でやるということになりそうです。
 で,私の意見ですが,そんなに暑さが気になるなら,来年の今,この時期にやれ!って所です。

 アスリートファーストなんていう耳触りの良い言葉に誤魔化されておりますが,東京オリンピックは圧倒的にマネーファーストです。

 勿論,開催時期の指定は前提として東京も立候補したので,あまり文句は言えた義理ではないのですが,どうして,日本の一番暑い時期になったかというと,最大のお金の出し手であるアメリカの放送局であるNBCの意向ですよね。
 複数年契約ですので,1オリンピックあたりに直すと1200億円で,日本のNHKと民法連合の約300億円に比べると4倍以上です。

 じゃあNBCの言うことを聞くよねえ~♪
 だって,今の時期なら,メジャーリーグベースボールは,ポストシーズンの真っ最中,NBAはプレシーズンマッチで大盛りあがり,NFLはすでに開幕してこちらも大盛りあがり中,NHLも同様ですね。
 だーれがしょぼいマイナースポーツばっかのオリンピックなんか見るか!って感じでしょ。

 ま,私もマネーファースト弁護士なので,マネーファーストは別に悪いことじゃありません。それに資本主義・自由主義の体制内じゃマネーファーストが暫定的には最良のやり方であることは明らかですし。

 だけど,じゃあ自分達をよく見せたいのか知りませんが,お金じゃなく選手を大事にしていますなんて,嘘っぱちの二枚舌はやめた方がいいと言っているだけです。

 本当に選手のことを考えているなら,東京も気候の良くなったこの時期に全体のスケジュールを動かせばいいだけですよ。そのスケジュールを動かさずに,場所を動かすなんて,まさにインチキ!
 そりゃ小池さんも北方領土でやったらいいんだと言いたくなりますよね~二枚舌具合に。

 ま,オリンピックやっているIOCなんて,昔,「黒い輪」(光文社)で書かれたとおりの胡散臭い糞団体であり,ああいう批判があって多少改善したなんてことになっていますが,内実は,ゴーンと西川に大差が無かったような感じなんでしょうなあ。むふふ。

 ああ,2013年にオリンピックが東京に決まったときが,もしかすると一番幸せなときだったのかもしれません。 
 新国立競技場の問題を始めとする競技場の問題(私は今でも前の国立競技場をそのままに,改修で済ませるべきだったと思います。),全然当たらないチケット,ほんで今回のマラソン・競歩の場所変更・・・,いくら惚れた弱みとは言え,もういい加減にしちょけっちゅうんじゃ,と言いたい都民は結構多いと思いますけどね。

 それに比べて日本チームの活躍も相まって大盛りあがりのラグビーW杯,気候も良くなってきて,糞な奴らの糞なゴリ押しもないだけに成功裏に終わりそうです。良かったですね。

3 ということで,ラグビーに続きます。
 今日はまたまた決戦の日曜日~聞けば平尾さんの命日だそうで,うーん,何か持っていますね,って感じです。

 私はにわかファンではあるのですが,同世代のヒーローということもあり,ここでも書いていますね。

 で,相手は南アフリカです。
 ま,私なんかからすると,南アフリカと言えばアパルトヘイトであり,サンシティです(サンシティというのは,かつての白人専用のリゾートであり,アパルトヘイトの象徴的存在でした。)。

 で,去年はボヘミアン・ラプソディで再ブームになったクイーンですが,このサンシティでコンサートをやったことで,当時総スカンでした~。覚えている人いるかなあ~♪
 私はロッキンオンとか宝島(小さいころ)を読んでたので,少なくともその辺の日本のマスコミも,クイーン糞だなあみたいな論調でしたよ。

 で,その後,これもちょっと聞き始めたヒップホップと白人のロックが融合し,アパルトヘイトに反対するという「サンシティ」なんかリリースしたもんでした(遠い目)。

 加えて,私自身も年齢でしょっちょう差別されています。
 任官のもそれですし,修習のときの就職活動も結局それです。

 いやあ,日本って定年退職なんていう制度があるだけに,年齢差別をしていいみたいになっていますけど,本当気をつけた方がいいと思いますよ。

 例えば,「若手」。
 何ですか,この言葉。

 分からんでしょ,差別している人も分からんでしょ。だけどねえ,私みたいに年食ってから弁護士になった,期は若いけど実年齢は食っている人は,「若手」に自分が入るのか入らないか,分からないですよね。

 この話,「父兄」って言葉ならピンと来ますかね,鈍いひとも。
 ご父兄の方,なんて丁寧に言っている人も,この言葉に差別が入ってるなんて思わないんじゃないかなあ。

 だったら,「若手」が差別に当たるなんて思わないでしょう,なおさら。だけどねえ,この言葉を聞くたびに,なんとも言えない苦々しい気分になる人(私,私!)もいるのです。

 でもそんなこんな言い続けてますが,私自身は差別はなくならないし,無くす必要もないと思っています。

 まず,なぜなくならないかですが,これは宇宙の根本原則,生物やこの社会の根本原則と言ってもよいことからです。

 ま,物理をやっている(た)人なら,熱力学的死,でわかりますかね。これこそ差別のない,完全平等の実現ですよ。だけど,死ですからね。
 差別(差異)こそ,この世を作ったのです。

 アンバランス,ムラ,そのため,パリティ対称性の破れが起き,今のこの世が生成したのです。
 
 生物もそうです。単なる高分子が自律的に再生産を始める,まさに周りの環境との差別(差異)が今の多様性ある生物現存を産んだのですね。
 
 人間の社会もそうじゃないですか。共産主義って失敗したのでは?

 それに,私もそうですが,差別されるとクソーがってなるじゃないですか。それも燃えますよね。
 辞めるときにぶっ殺すリスト,そんなリストがありそうな私ですので,何かあればそれがパワーになります。これはその昔,週刊プロレスの売上を圧倒的に伸ばしたターザン山本がいうところのマイナーパワーってやつでもあります。
 
 なので,上記のとおり,差別はなくならないし,無くす必要もないというわけです。

 ということで,さあ日本ゴー,南アフリカをぶちくらせ~♡
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 5 6
10 12 16
17 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]