忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 ということで,台風の近づいている東京です。
 で,本日は久々,辻堂でサーフィンしました。

 朝一の波情報ではセットでも腰という話だったので,まあそう大したことないだろうということで行ったらねえ・・・。
 もうとても対処できない波にになってましたね。

 こういう場合はインサイドでチャプチャプとってやっても,まあそもそもの波が大きいですからね。私と同様のおちこぼれサーファーも何人か居て,そういう人たちと「ちょうどいい波対決」となった次第です。あーあ。

 今晩からの台風はどうなるのでしょうか。今のところは,東京は晴れているのですけどね。

2 ほんで,本日は新兵器の投入もありました。
 
 ソフテックのサブレというやつですね。これもソフトボード。

 前使っていたノーブランドのやつも良かったのですが,実家に持っていき,そのまま置いてます。ということで,代わりにこいつを買ったわけです。

 勿論,通販です。
 で,中華系ではなく今回はサーフドームという所を使いました。これはイギリスが本拠のものですね。

 で,びっくりしたのは,オーダーから1週間で届いたということです。この大きさ(6ft)ですからねえ,結構早いと思います。

 さて,今回のソフトボードの具合に行ってきましょう。
 good
・表も裏も相応。これは値段が前のノーブランドの15,000円に比べて輸送料も含めて2倍近くしましたので,まあそれなりです。
 なので,短パンでボードに乗っていても股の内側が擦れて痛くなるってことはありません。

・あと,フィンも生意気にもFCS2です。
 
 この辺はきちんと作られているなあと思います。

 bad
 まあそんな悪い点は少ないのですが,ないこともないです。
・まずは,上記のとおり,短パンでボードに乗っていても擦れないということは結構スベスベです。なので,ワックスが必要です。これはワックスなしに慣れてたので,もう面倒臭いです。
・次,前のボードと長さは一緒なのですが,幅が微妙に広かったようです。ですので,前のボードのケースが使えないのですね。
 そこでわざわざまたハードケース買うってのも貧乏弁護士にはきつい話なので,昔のソフトケースに入れてます(写真)。

 ま,細かい点ですが,そんな所です。

 まあしかし,海でもソフトボード使っている人は結構見ます。サーフィンでの怪我って他人のボードが当たるっていうのもありますが,それと同じかそれを上回るのは自分のボードが当たるってやつですね。
 だけど,ソフトボードならかなりにスピードで当たっても大したことはありません。もちろん,他人にも,です。

 今日みたいな波のときはそりゃポリのボードがいいのでしょうけど,適当な感じでやるならソフトボードは良いっすね~って所です。

3 あと,ラグビーのW杯ですが,昨日の南アフリカ戦見ましたが,これでベスト8って結構キツいですよね。
 だって,アイルランドかスコットランド,このうち少なくともどっちか1つには勝利しないといけないわけです~。

 うーん,ちょっと荷が重いかなあと正直思いますよ。ティア1のチームは本当強いですよ。
 10/13はトボトボと帰る可能性が高い,今のところはそう言っておきましょう。
 
PR
1 台風接近中の大分です。
 本日は,別府に遠出した後,安岐のポイントでサーフィンしました。

 まずは別府の町並みです。
 
 上り方面の10号線です。実は,実家の軽バンが新しくなりまして,新しいのは乗りやすいなあって感じがします。赤松峠の譲り車線をノロノロ行くことはなくなりそうです。
 
 まあでも,別府はもうこの写真のとおり,大粒の雨でした。実家の帰省中にこれほどの大雨だったことはあまりないかなあくらいのものです。

 あと,昨日の飛行機がついてすぐに,その時間帯でポイントを確認したところ(昨日の記事参照),引き潮のときには,結構たるい波で私にも出来そうだなあという感じがしましたので,それもあって,今日行ったのですね。

2 で,ポイントの様子はこんな感じです。
 
 アウトで掘れた胸・肩くらいで,インサイドで膝程度のブレイクになっていますから,予想的中ということでよろしいのではないかと思います。

 で,いつも湘南で乗っている板を今回持って帰ってきましたので,たるい波でも適当に乗ることができました。
 強い台風でも上記の写真のような感じなので,いつもどんだけ波がねえんだ〜ちゅうのがわかりますよね。まあでも私は帰省のときに出来ればいいので,今回はラッキーでした。

 で,こういう普段あまり波の立たないポイントなので,当然,シャワーなどの設備はありません。地元の人はポリタンクなど持っていると思いますが,私はついで・・にやっているだけなので,当然持ってません。

 なので,サーフィン終わって,タオルで体を拭いて着替えてそのまま実家に戻るだけです。

 え!ベトベトで気にならない?砂も結構付いているのに?と思う人は多いかもしれません。
 だけど,私はあんまり気になりませんね。うへーって感想の人も多いかもしれませんけど,じゃあそう思った人,女性(別に男性でもいいのですが。)と一戦終わったあと,すぐにシャワーに行きますか?
 ベトベト嫌なんでしょ?

 でも,そんなサカリの猫か犬みたいに,終わったらすぐにそんな態度じゃ大してモテそうにないですね〜ムフフ。

 何といいますかねえ。海も人も自然のものじゃないですか〜。だから,ベトベトしたりキレイじゃなかったりしますよ。でもそれでもいいんじゃないかなあって私は思いますね。ま,私は虫好きで,ちょっと多くの人と嗜好が違うのかもしれませんけどね。

 次回できるのはいつかなあ。
1 ということで,今日は久々のサーフィンでした。
 膝腰の波で,湘南オープンのエリア規制ということもあり,結構な人出でした。

 海の模様はもう撮るデバイスが無くなりましたので,ありません。代わりによく行くコンビニ前です
 
 こんな天気ばっかですね。

 で去年の記事はこんな感じでした。去年は暑かったのですねえ。

 2004年も暑かったようです。
  東京の最高気温一番は,39.5度ですが,これって,2004/7/20でした。海の日の次の日,論文試験の次の日でしたね。

2 で,去年に比べて今年にないものは,暑さばかりじゃありません。今年はツール・ド・フランスのデイリーまとめがありません。NHKBSでこれまでやっていたのに,今年は,ありません。

 ネットのJスポーツでのハイライトはあるのですけど,テレビで見たいよねえ~。せめて週刊でもやってほしいもんです。
1 今日のカテゴリは,これ!看板とおりって所です。

 まず,昨日のサーフィンからですけど(辻堂),確かに,腰腹の波はありました。
 ゲッティングもキツくなさそうだったので,珍しく頑張って沖に出て,波待ちしていたのですね。
 だけどねえ,ロングが多く,本当波が取れず,しかも後半波が来なくなり・・・久々,一本も乗れませんでした。
 
 ま,サーフィンて不思議なもんで,波があっても乗れず終いのことはあります。ワンマンワンウエーブというルール(事故防止ですね)がありまして,波が来たからって一斉に乗ったりできないのです。
 また,さっき乗った人が乗っていない人に譲るってなこともありません。弱肉強食,早い者,上手い者勝ちの世界です。

 となると,波に対して人の数が多い場合はそもそも回ってくる波が少ない!特に,昨日なんて,久々波があるって報が出たのでしょうね(梅雨の時は元々波が少ないのです。)。しかも日曜日!(土曜休めない人も居るらしく,土曜よりも日曜日の方が圧倒的に人が多いです。)。

 なので,久々,0!いやあもう帰りにも一緒に行った友人に結構ぶーたれましたね。

 さらに,もう一個ぶーたれることが・・・。
 水も気温も上がっているので,昨日はスプリングで入ったのです(半袖,半ズボンのウェットスーツ)。
 ところがやっている最中,結構寒くて,何でこんなに寒いのかなあと思ってやっていたのですね。

 ほんで,上がって,脱いだウエット見たらびっくり,右肩のところが大きく裂けているではありませんか~。ガーン。
 まあシーガルほどではないけれど,このスプリングも20年近くは着ているので,そろそろ寿命とは思っても・・・今年はねえ~いろいろ買わないといけないなあって感じです。

 まあいいです。

2 次もサーフィン。
 昨日の日曜は散々だったのですが,土曜日は,五十嵐カノアの優勝したCT第3戦,バリの模様が放送されました。見た人居ますかね。
 あ,ちなみに,今日の夜,7時からNHK BS1で再放送しますので。

 バリはインドネシアの島ですね。
 私は,基本的に面倒くさがりで,腰も重く,さらに世間に広く見聞を求めようなんていう考えもちっともなく,しかも飛行機嫌いなので,めったに海外なんて行きません。
 
 そうそう,例えば私,ヨーロッパには一回も行ったことがありません。さらに,アメリカのメインランドにも一回も行ったことがありません(ハワイはよく行きました。北アメリカ大陸にはウィスラーに行ったことがあります。でもメインランドには一回もです。)。

 おそらく今後も行くことはないでしょう。限られた時間と金は有効に使いたいですからね。

 そんな私がバリ島には2回も行ったことがあります。ま,当然サーフィン~目的なのですけどね。

 特に1回めに行ったときはインパクトありましたよ。

 今回,カノアの勝ったバリのポイントは,クラマスと言って,デンパサールにある空港を上から見て向かって右側です(バリはひし形の島で最南端の角に空港があります。そういうイメージで種々思い浮かべるといいですね。)。
 ビーチブレイクなのに,あんな良い波が立つんだ~っとテレビで見てて思いました。

 で,私が昔行ったのはそことはデンパサール空港を挟んで反対側,上から見ると左側のクタビーチですね。
 ま,バリ島で一番有名なビーチだと思いますよ。

 まあ,このクタビーチの近くはバリ島で一番栄える所ですね。飲食店,買い物をする所,沢山ありました。ビーチにも物売りの人や,髪結いの人(当時ドレッドをしてくれるというそういうサービスがありましたね。)が多く居ました。まあ,日本で喩えるなら,鎌倉か鵠沼,って所でしょう。

 で,そんなクタビーチでサーフィンしたのですが,クタビーチ近くのホテルからクタビーチまで歩いて行ったのですが,ビーチに着くと,異様な光景にもう本当ビックリしました。

  何と,おそらくバケーションで来ているオージーの人だと思うのですが,女性は皆トップレス~♡だったのです。
 もう老いも若きも,皆さん,おっぱいボン!です。くそたまがりました~♪生のおっぱいをあれだけ一度に見たのは・・・いやあって感じですね。

 で,サーフボード持ってる私に,おっぱい丸出しの若い白人女性が,ハ~イと結構声をかけてきましたからねえ~,いやはやなんとも・・・でした。

 あれからちょうど25年。その後,96年か97年くらいにもう一度バリに行ったのですが,最初のインパクトはなく,クタビーチもそんなに綺麗じゃないし(波が立つビーチは砂が舞うので綺麗じゃないです。),特有の匂いも気になるし,トップレスの人は居るけど・・・(あれは慣れますね),てなもんで,ハワイと異なり,2回で終了です。

 おっと,カノアの話からずいぶん遠くに来ましたね。
 サーフィンもおっぱいも実際見ないとなんとも言えないってことで・・・。

3 最後は梅雨寒です。
 ここ数日天気の安定しない東京で,昨日のサーフィンも,途中雨が降ったりしました。
 
 ほんで,今日は朝から雨!気温も上がらず,イマイチです。

 ま,そんな話題で終わってもいいのですが,よくあるパターンをもう一つ。

 今朝,テレビには,横浜地検の中原亮一検事正がよく映ってました。ま,私は全然知らない人ですが,顔がもう何ちゅうか,典型的な検事顔ですね。

 きっと部下を怒鳴りまくり,パワハラをたくさんしたと思います(今もかな。)。そう言えば,今の法務大臣の山下貴司議員も検事顔ですね。

 私は基本的に差別主義者で,独断と偏見に満ちているのですが,その中でもヤメ検に対する偏見は凄いものがありますね。

 というのは,やはりヤメ検て何かの拍子にお里が知れるような事が出ちゃうのですね。
 普段は,ああ温厚そうな,え,あの人がヤメ検だなんて全然思わないですね~,みたいな弁護士でも,何かの拍子に出ますねえ。
 ちなみに,検察という組織がどういう所かは,この辺を見てもらうと分かります。たった,3ヶ月間,検察官ごっこをしただけですが,クソな組織のクソさ加減がムニュムニュっと溢れてしまったのですね。

 なので,ゴーンさんの事件で,ゴーンさんが,最初ヤメ検に依頼したのを聞いて,ええ!っと思いましたよ。
 だって,自白事件じゃなく争う事件でヤメ検に頼むって,泥棒に金を預けるようなもんじゃないですか~。いや,本当不思議でした。
 なので,その後軌道修正したのを見聞きして,そうだよなあ,そりゃそうさ~と思ったもんです。

 バカは死ななきゃ治らないというのは,個人だけではなく組織にも当てはまりますからね~ムフフフ。
1 ということで,本日はホーム?辻堂での今シーズン一発目のサーフィンでした。
 波はイマイチでした・・・。ドン深+沖での砂付きで,ロングでやらないと全くダメなコンディションでした~♪
 
 あと,水は温かいですね。千葉の冷たさに比べれば全く気にならないレベルです。すでにシーガルで入っている人も居ましたからね。

 まあしかし,まだ水もキレイだし,人も少ないし,いい具合のサーフィンはじめでしたね。

2 本日の一般参賀の人は凄かったらしいですね。
 昨日は憲法記念日でした~。しかし,このブログの更新はありませんでした。
 
 ま,言いたいことはすでに何度も書きましたからね。令和の始まり~ややこしいことはいいでしょう,って感じでした。
 ややこしいことを読みたい人は,過去のものを読めばいいと思いますね。
1 ということで,この土日,千葉の旭(かんぽ前ポイント)で今シーズン一発目のサーフィンをしてきました。

 土曜の画像です。
 
 
 で,首都圏の人は分かると思います。今日もそんな気温は高くないですが,金土と寒かったです~。

 土曜の午後,比較的気温の高い時間にまず入ったのですが,雨もあり,寒いの寒くないのって,本当手足がかじかんで仕方無かったです。

 私はここでも書いているとおり,フルスーツは持ってませんので,シーズン初めの寒い頃はちょっと工夫してやっています。

 勿論,それがあってこそなのですが,マジで寒かったです。

 日曜は朝入り,天気は良く,そのため水から出ている分はいいのですけど,やはり寒かったです。
 前日の土曜と異なり,サーファーの数も多く,盛り上がってる風ではあるのですが,ブーツ履いている人も居ましたからねえ。まだ冬!支度でちょうどいいって所だったと思います。

2 さて,肝腎のサーフィンそのものは,こんなもんって所でしょうか。シーズン初めですしね。
 まあでも新兵器はいいですねえ。ソフトボードさまさまです。

 寒い上に体力も無いから,ちゃんと乗れたのは本当最初の5分くらいで,あとはもうパーリングとひっくり返りの嵐だったのです。でも,大した怪我が無いというのはソフトボードならではでしょう。

 昔,ポリのフォームのサーフボードしか持ってなかったころ(今でもこれが主流),ワイプアウトしたときに,上に跳ね飛ばした自分の板が降ってきたことがありました。

 ポリの板は硬くて結構重いので,頭を手で覆った所,左の上腕から脇にかけて降ってきて,でも頭はなんとかガードできました。
 痛~い,と思ったのですが,別にサーフィンを中断するほどじゃなかったので,そのまま続行~。

 で,週明け,いつものようにソニー国分(現ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社,鹿児島テクノロジーセンター )へ出張し,出勤し,そこでの作業に励んでおりました。そうした所,厚木からの出向者のKくんに,inagawarawサン,これどうしたんですか~?と言われたのですね。

 で,よく見たところ,半袖の隙間から見える,左の上腕の裏側が大きな青タンに・・・,ほんで,よく見たら,そこから脇腹にかけて,大面積での青タンになっていることに漸く気づいたのです。
 独身でステディも居なきゃ,表から見えない所はなかなか気が付きませんよ。

 その他,人の板に当てられてハワイで大流血で10針くらい顔面を縫ったとか,サーフボードが硬いせいで,結構な被害はあります。

 人の板からの被害を防ぐには,人の居ない所でやればいいのですが(だからサーフィンのルール,ワンマンワンウエイブや前乗り禁止は絶対なのです。),自分の板から被害を防ぐのは難しい所です。
 だけど,ソフトボードなら多少当たっても,大丈夫です。うーん,実に素晴らしい。

 話を戻しますと,日曜の朝も水温は低かったですけど,結構楽しかったです。

 上記のかんぽ前のポイントは,写真のとおり,かなり遠浅で,堤防・テトラもあるため,周りのポイントに比べて,一段波が穏やかなのですね(写真で,膝・腰くらいでしょう。他方,それ以外は,腰・腹くらいありました。)。

 なので,目が三角でビシバシ乗るって人もそんなに居らず,私と大して変わらないレベルの人も居る,そんな環境なのです。

 次回は辻堂だと思いますが,水温を含めてマズマズの一発目だったのではないでしょうか。
1 ということで,今回の裏メインのサーフィンの話です。

 台湾視察〜と聞いたときから,こりゃサーフィンも一緒に出来るかなと思い,結構下調べもしてました。

 友人が夏に福隆に行って良かったという話だったので,私もそうしようかなと思ったのですが,10月に脱線事故が起きましたよね。
 実は,福隆へ行く路線の電車だったりしたわけです。なので,福隆はやめておこうということで,台北から近場のサーフポイントを探したわけです。

 そうすると,金山の中角沙珠湾というところが初心者から出来るポイントとして有名なことがわかり,ここに決定ということにしました。

 ま,流れで出来ない場合もあると思いましたので,サーフショップ等への事前連絡は台湾に着いてからということにして,ウエット等は何とか荷物に入れることが出来ました。

2 ほんで,いよいよ当日なのですが,まあ昨日までの天気が嘘のような雲と雨〜。事前に天気予報で分かっていたのですが,まあそう当たらんじゃろ,と思ってたら,大当たりでしたね。

 こういうことからも先行きに暗雲が垂れこめたのですが,何とか気持ちを奮い立たせ,中角までは行くことにしました。

 台北駅の近くにあるでかいバスターミナルに行き,そこで1815というバスに乗れば,基本一本です。
 ホテルから2時間弱という所でしょうか。

 そうだ,そうだ,日本のバスも数字は使っていますが,漢字圏じゃない外国の人には不親切ですよね。
 例えば,五反田から反01というバスが川崎に向けて出ていますが,「反」の字をきちんと認識できるのは,漢字圏の人じゃないと無理ですよ。そうすると,漢字が分からないと*01,+01みたいな理解しか出来ない→どのバスかわからないと思うのですね。

 なので,日本全国の路線バスを1〜10000くらいの通し番号にすればいいのになあと思います。これが面倒なら,銀行みたいに,56−01とか,そういう感じにしてもらうといいと思いますよ。これマジ。

 ま,ともかくも,山道をうねうね越えていき,海の見える場所に出ると,うーんやはり風が強くて結構チョッピーかなあという感じがしました。だけど,風の来にくい所ではまとまってゲッティングもしやすい所もあるのではないか,まあ一応願望というか,そんな心もちで中角に着きました。

 で,昨日の夕方に,一応行くから,営業時間を教えて〜と,ネットで検索して出てきたサーフショップにメールしたら,9時から営業で,レンタルボードはどれも1日500台湾ドルだよ(日本円で2000円くらい)という返事をもらい,そこに直行したのですね。
 
 中を見るとボードが置いておりましたが,何と閉まっております。9時過ぎなのに,開いていない!
 マジか!と思い,一応海を確認すると,こんな感じでした。
 
 これですよこれ!オンショアチョッピーで,しかも波が結構デカい!弁護士会きってのスモールウエーバーの私が一番やる気を失うコンディションです。

 なので,もうこりゃ何もせずに帰ろうかなと思いきや,そのメールしたショップの隣の所から,おじさんが出てきて,何やら身振り手振りでサーフィンするならうちでもいいぞ〜ということで,そのおじさんの所でやることにしました(値段も一緒でした。)。

 衝波街というお店らしいですが,いやあこんな所で板を期待してもねえということで板を置いてある所に案内されたものの,案の定,年代物のショートとロングの嵐〜,どうしようかな~と思って色々見ていた所,何故か結構新しいソフトボードのロングが置いてあったのですね。いやあ不思議。

 なので,これを借りてやることにしました。
 
 これは終わった後の写真です。
 ま,上の写真の予想とおり,ゲッティングも大して出来ず,短く2,3本乗っただけで終わった〜という残念なものでした。
 
 この前の11月の湘南の方がよっぽど乗れました。

 でもまあ,台湾でのサーフィン。記念にはなります。

 現地のことをわかる一番の方法は,やはり現地の人とのセックス,これが一番だと思います。非常に深くいろんなことがわかりますからね。
 いきなり何だ!と思われるかもしれませんが,やはりそういうもんです。

 だけども,もうそんなことが許される立場ではありませんので,そういうことはしませんが,じゃあ他に・・・ということで,海に入るということも結構そういう所があります。

 台湾に着いた日に空港を出たとき,その地特有の匂いがするはずなのですが,何故か今回そういうことはありませんでした。
 いや,やはり女性のあそこの匂いも人によって色々ありますからね。こういうことは重要なのですよ〜ムフフフ。
 何日か滞在して,あ,これが台湾の匂いだ!ということもありましたが,海もまた無味無臭〜(当たり前ですね。),結構巻かれて潮も口に入りましたが,そんな塩辛くもありませんでした。色々不思議〜。

 そして,また2時間弱かけて台北に戻った次第です。帰りは眠かった〜(あと高速バスだからでしょうか,各席にUSBの端子があったのは非常に助かりました。SIMでスマホが使えても,そもそもバッテリーがなくなったら話になりません。今回結構なバスの長旅なので覚悟していたのですが,実に助かりました。)。

 で,そんな感じでバスでウロウロする場合は,悠遊カードが便利ですね。
 
 昨日101に行ったときは,キティちゃんバージョンがあったのですが,私はこれで十分です。
 MRTも,バスも,あと普通の電車も乗れるらしいです。日本で言えばパスネットかスイカって感じでしょうか。

3 本日,台湾ラストの食事は,好記担仔麺という所にしました。
 
 まずはこの麺。うまかったですね。台湾にも日系のラーメン屋が沢山ありますが,一杯200台湾ドル以上します。日本でいうと1000円以上です。高くないですかね。

 この麺は確か40台湾ドルじゃなかったかな。屋台じゃないのにえらい安かったです。

 あと,この鳥の手羽に,もち米をまぶした蒸し料理,すごく美味しかったですね。
 
 いやあどれもこれも美味しくて困ってしまいますね。

 やはりご飯が美味しくて豊富というのは発展する条件の一つだと思いますね。
 例えば,ミレニアムを越えた一昔前くらいから,これからはアフリカの時代だとか言われていますが,アフリカの時代なんてちっとも来ません。個人的には永久に来ないと思いますね。

 だって,アフリカの食料自給率どれくらいか知っていますかね。食に困るような所でそれ以上のことを考える気なんて起きるわけがありません。

 今日見た台北の小道のように,アフリカでも食い物が溢れんばかりのような状況になるのであれば,アフリカの時代も遠くないでしょう。でもそれはいつのことになるのやら。

 21世紀はアジアの時代でしょう。これは間違いありません。

 さて,いよいよ楽しかった台湾ともお別れです。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 12
13 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]