忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日は発明の日,らしいです。
 特許庁もこんなページを用意しております。私にとってはだから何なんだ?って所ですので(恐らく他の多くの人にも),違う話,まあ小ネタで行ってみましょう。
 
 (こんなバナーも使い放題らしい。)

2 まずは本日の日経の一面です。
「新日鉄住金、元従業員側が解決金 ポスコ技術流出で」ということで,民事の和解が,元の従業員と成立したみたいですね。

 結構な大きな話です。
 水面下では今までもあったかもしれませんが,営業秘密を漏らした元従業員にけじめをつけさせたというのはあまり聞きません。
 大きな会社というのは体面を気にしますが,最近は株主への説明責任とか,そういう所謂コーポレートマターの観点から,ナアナアで済ませなくなったようです。まあ私の商売的には良い傾向ですが,大局的にはどうなんでしょうねえ。

 で,この問題となった技術の,方向性電磁鋼板というのを,特許権者の新日鉄住金の昔の名前の新日鉄で検索してみました。
 JPlatPatの「特許・実用新案テキスト検索」で,特許請求の範囲と要約「方向性電磁鋼板」AND 出願人/権利者「新日本製鐵株式会社」ですね。特許公報のみです。

 そうしたところ,何と700件もの特許が挙がりました。一番古いのは,特願昭60-017591ですね。「鉄損の優れた一方向性電磁鋼板の製造方法」です。

【請求項1】Si 4.5重量%以下を含むけい素鋼熱延板を、必要に応じて行なう900゜~1200℃での焼なましの後、1回または中間焼なましをはさむ2回以上の冷間圧延により最終製品板厚となし、脱炭焼なましののち最終仕上げ焼なましを行なう一方向性電磁鋼板の製造方法において、前記脱炭焼なまし工程と前記最終仕上げ焼なまし工程との間で、鋼板表面に形成されている酸化層の厚み方向の一部を鋼板表面上部分的に除去し、該除去部が、鋼板の片面あるいは両面の全表面積の3~97%の範囲内で、しかも50mm×50mmの面積範囲内に少なくとも1つ以上存在することを特徴とする磁気特性の優れた一方向性電磁鋼板の製造方法。

 まあこれはいいとして,要するに特許をかなり出願しているということです。

 今回の話の前段階であるポスコとの訴訟の和解でも,営業秘密だけではなく,特許権侵害を含めた和解だった筈ですから,特許をかなり出願しているというのは当然なのでしょう。

 なので,着目すべきはその戦略ですよね。
 特許を出願していたにもかかわらず,今回の動きが始まったのは,韓国での訴訟からです。ポスコのノウハウをポスコの元社員が中国メーカーに売ったという訴訟で,その元社員が,いやいやいや売ったのはポスコのノウハウではなく,新日鉄のノウハウでっせ~♡ということで火がついたわけですね。

 つまり,そういう事情がないと分からない!ものだったのです。いや別にノウハウってそんなもんでしょ,リバースエンジニアリングで分からない,疑わしいけど証拠がない,解析しても分からない,だからこそのノウハウでしょ?,だからこそ秘匿すんでしょ?そりゃそうです。

 そりゃそうなのですが,じゃあちょっと検索しただけで700件もあった特許(無方向性電磁鋼板もありましたけどね。),って謂わば殆ど無意味だったってことになりませんか。

 リバースエンジニアリングして,すぐにこの特許が使われてる!っていうような特許じゃないと~♫。方向性電磁鋼板と言えども,買えないものじゃないですからね(大手の自動車メーカーは,ライバルの新車を買ってきてはほぼすべてリバースエンジニアリングしています。)。

 まあ本来ノウハウにすべき,リバースエンジニアリングで分からないようなものまでも特許出願したのでしょうね。そして,リバースエンジニアリングで分かるようなことは特許出願しなかった(できなかったのかもしれませんが。),ということなのでしょう。

 私は大手企業の知財部に居ましたから,よく分かります。冴えている人も居ますが,抜け作も大勢居ます。新日鉄住金には良い勉強代だったのではないでしょうかね。
 なので,今後の新日鉄住金は,手強くなるでしょうねえ。

3 お次は人事です。

 この春,知財高裁と東京地裁の民事部(知財専門部)通じて,唯一部長が変わった東京地裁民事46部ですが,新しい部長がウェブサイトに出ていますね。

 柴田義明部長です。平成17年から平成20年ころに知財高裁の陪席だったようですが,全然記憶がないですなあ。

 さて,どのような訴訟指揮でしょうかねえ。

4 さらに人事関係というか,懲戒関係です。
 と言っても弁護士ではなく弁理士です。

 弁理士の場合,人数も少なく,お客さんも大手企業が多いことから,懲戒になる場合って弁護士に比べて圧倒的に少ないと思うのですね。

 とは言え,今月,2件懲戒処分が出ております。一つは1年6月の業務停止,もう一つは,戒告です。戒告の方は若干可哀想な感じがします。ちなみに,これは弁理士法に基づく懲戒ですね。

 今月のパテントはもう届いている方も居ると思いますが,それにはJPAAジャーナルというのが毎月封入されていて,会則違反のペナルティーが載っております。
 それによると,今月は,会費滞納で2名の弁理士が退会処分になっておりますねえ。うー世知辛い世の中です。

 弁護士も弁理士も強制加入方式を捨て去れば,こんな会費滞納で資格を失うことはなくなりますので,早く実現すると良いニャーと思います。

5 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーです。
 本日は,ここ目黒新橋に来ております。目黒川にかかる目黒通りの橋ですね。
 
 いやあ,先週とは打って変わっての緑です。初夏って感じもしますねえ。

 今日の東京の最高気温は,25.7度でした。散歩すると汗が出てきますもんね。さすがに冬物のコートなどはもうクリーニングに出してもいいような気もしますが,どうなんでしょうねえ。
 
 恒例の山本橋です。
 
 こちらも緑,ところどころに花が残っている木もありますが,まあこんな感じですね。
 

PR
1 朝一でちょっとした調べをしようとしたら,全然繋がらない!何のことかと言うと,J-PlatPatです。

 こっちの通信がダメなのかなあと思い,特許庁に行くとあっという間に繋がって,上記の表示がありました。何か,あったのねえん。

 こういうときは本当困りますね。他の商用データベースを使っている人も,やはり総本山,一番早いですもん。特に,経過情報とかは必須じゃないですかね。

 一刻も早い復旧を期待してますよ~♡

2 追伸 17/3/11
 本日も復旧はないですね。

 ところで,本日はあの日から6年です。早いもんですねえ。ぞろぞろと霞が関から五反田まで歩いて帰ったわけです。
 新聞も様々な記事が載っていますが,ここ東京でも死者が出たことは結構忘れられているようですね。
 備えあれば憂いなし,です。なので,北朝鮮の基地を予め破壊できるように,憲法9条は早急に削除するべきですよね~♫

3 追伸 17/3/12
 本日も復旧しないようです。
 まあ明日の月曜に復旧してくれれば大問題にはなりませんので,十分に対策して復旧して欲しいものです。

4 追伸 17/3/13
 何と週明け月曜の今日も復旧しておりません。
 これはさすがにシャレになりませんね。よっぽどの大ダメージか,はたまたサボっているかどちらかですニャ。

5 追伸 17/3/14
 いやいやいや今日も復旧できていません。何をやっているんでしょう!
 マジか!って感じです。

 ところで,昨日の閲覧数は,去年の4月にこのブログが復活してから最大の閲覧数でした~。開始からカウントしても上位3位くらいには確実に入ります。それくらいの数です。

 要するに皆もういい加減にしてくれ~と思っているのですね。私もですけどね。
 ですから,ちょっと,ヘルプデスクに電凸しましたよ~。03-6666-8801です。

 そしたらあっさり電話はつながりました。いやあやっぱねえ,特許の関係者ってお行儀がいいんだよねえ。

 別冊パテント16号の件でも,回収の理由すら書いていないのに,ちゃんと回収に応じたという弁理士の先生がたくさんいましたもん。
 事情通の先生によると,例の話を聞けたときでの回収率は50%くらいで6割が目標だったらしいですが,恐らく軽く目標突破したのではないでしょうかね~。おっとまた議題がずれそうだ。

 さて,ヘルプデスクの女性に聞くと,数日のうち!に復旧するということでした。

 数日って1~9日あるけど,どの辺?って聞いたところ,前半ということでした。
 しかし,今週も今日も含めてあと4日しかないってことは今週中に復旧しない場合もあるってこと?と聞いたら,その可能性もあるってことでした。ゲボー!

 また原因を聞いたら,先週の木曜の外部からのサイバー攻撃とのことでした。そのセキュリティ対策にこんだけ!時間がかかっているってことです。マジか。ちなみに,担当者では,サイバー攻撃の種類(DDoSだとかクロスサイトスクリプトだとかSQLインジェクションだとか)までは知らないってことでした。

 いやあ,最先端情報の権現みたいな工業所有権情報・研修館のくせしてどういう体制でやってたのか,本当怪しいですわ。

 で,緊急避難的に,公報だけ打ち出すなら,espのサイトが使えます。
 https://worldwide.espacenet.com/?locale=jp_EP
 使い方は,私の書いた本,知財実務のセオリーのp155あたりに書いていますので,それを見てください。ポイントは,公開番号を半角文字で入力するってことですね。

 最後はステマでした~。

6 追伸 17/3/15
 勿論,今日も復旧していません。こりゃ今週いっぱいダメそうですね~。

7 追伸 17/3/16
 やはり,今日も復旧していませんね。一体何をやってるのかって非常に思います。
 恐らく知財に関係する多くの人がそう思っているらしく,月火水とこのブログの閲覧数はものすごいことになっています。

 情報を得たいよね,誰しも。ということで,本日も多少の情報を。
 上記に特許の公報を見るには,espのサイトが良いと書きましたので,今度は商標の方です。商標も特許以上にニーズがありそうですからね。
 
 それはwipoのサイトです。
 http://www.wipo.int/branddb/en/
 espと違ってこちらは日本語対応がないのが,残念ですが,何とか使えます。
 Brandのtextのクエリの所に,ブランド名を入れると日本の特許庁の公報でも検索できます。
 このサイトの表記とか説明は日本語じゃないのですが,クエリには直接日本語を入れても大丈夫です。

 試しに「ソニー」を入れてみると,162件出ます(全類検索)。なかなか面白いです。

 試しに一番上をクリックしてみると,こんな感じです。

 どうですか~使えるんじゃないですかね。画像商標の検索はけっこう優れものらしく,今回の騒動が終わっても使い勝手がいいのではないかと思います(あとは日本語化ですなあ。私しゃ英語不得手なもんで~♫)。

8 追伸 17/3/17
 やりました~漸く復旧です。

 ダウンしていたのは丁度1週間になりますかね。恐らく上の方から,1週間で済ませろ,という厳命が下り,週末の金曜の今日になったのでしょうねえ。だって今日復旧させないと,実質的にあと3日伸びることになりますから(週末は3連休)。

 ともかく良かったです。さすがに今回の件は,マスコミでも報道し始めたようですので,大事にならなくて良かったですね(もう大事ですかね。)~♡。
1 本日の東京はかなり寒いです。雪にもなりそうだという話ですね。まあしかし,時期的にはこれが最後の冷え込みかなあって気もします。だってもう後一ヶ月半くらいで桜が開花する,もうそんな時期ですのでね。

 さて,表題は,緊急回収を余儀なくされている可哀想な別冊パテント16号の話です。先日,事情通の先生からちょっとした話を聞きましたので,相変わらず私の妄想をも併せてお届けする次第です。

2 弁理士の方には,新年早々,弁理士会から,レターパックライトを同封した回収キットが届いたことと思います。

 もう送り返した方は多いかもしれません。ちなみに私は当然ほっておいております。

 何故か?だって法的義務ないじゃないですか。憲法29条1項なんてものを叫ばなくても,私の手元にある別冊パテント16号は私の所有物で,私に使用収益管理処分の全面的権利があります。

 なのに,何故回収に応じないといけない?
 弁理士の方は理系でしかも優秀な大学を出ているいい子ちゃんが多いですからね(私もそうではあるのですが。)。言われたことに素直に応じる,まあ別に悪いことじゃないと思いますが,ちょっとは疑った方がいいんじゃな~いかな。じゃないと,年取ってからオレオレ詐欺とかに引っかかりますよ~マジで。

 例えば,時々,著作権侵害だとか名誉権・プライバシー権侵害だとかで,本の回収等があります。あれ,もう買っちゃった一般の人まで及びませんからね。
 まず,債務名義で義務を課すことのできるのは,被告(例えば,出版社)だけです。買った第三者(一般の人)は裁判の名宛人でもなく,債務名義の名宛人でもなく,そのような人に裁判の効力が及ぶわけがありません。仮に及ぶとしたら,重大な権利侵害です。

 勿論,出版社が,金を出して引き取るというときに応じる応じないは自由ですけどね。でも,応じなくても何のサンクションもありません。当たり前です。

 そういうことを考えると,今回の別冊パテント16号の回収への対応も,ちょっと考えてやってもよかったんじゃないかなあと思いますね。
 兎に角,もう捨てたとか言い訳する必要はありません。何の義務があって回収に応じないといけねえんじゃ,糞ボケ!債務名義でんが持って来いっちゅうんじゃあ,これ一本で構わないってことです。

3 で,こんなどうでもいいことはこの位にして(ムフフフ),本題に入りましょう。事情通の先生からの情報です。

 ・回収の原因になったのは,前半の渉外の論文集ではなく,後半の進歩性の公開フォーラムの再録の部分である。
 ・問題があったのは,特定の方の発言部分である。
 ・勿論,発行前にゲラチェックもしてもらい,OKという話だったものの,いざ発行されてみると直してもらったはずが,直っていなかった,ということ。
 ・国会図書館に蔵書されるのを何とか避けるため,今回の措置をとった。

 ざっと,こんな感じでした。さすがに,誰の発言部分かはお茶を濁されましたね。とは言え,前にこの別冊パテント16号に関することを書いた私の予想は結構当たっています。

 で,こういう経緯だと,パテントの編集部にはあまり責が無いなあという気がします。要するに忙しさとか面倒臭さにかまけて,チェック不十分でOKした者の自業自得って感じですからね。

 ちなみに出席者は,このとおりです。

 なので,自分のチェックの甘さというリスクをパテント編集部になすりつけた卑怯者も,この中に居るわけですね。

 さあ,誰だ,そいつは?

 約1年前の話で,私もその場に居ました。ある人の発言がかなり踏み込んでいたので,かなり驚き,その後同期の弁理士の先生と飲みに行ったときも(よく行ってます。),その話題でもちきりでした。それに,このメンバー中,弁理士会との力関係から言って,弁理士会にリスクを押し付けることができる人物はかなり限られていると思います(だって,私が同じ立場だったら,まあまあまあ岩永センセ,自分のチェックも甘かったんだし,ちょっと飲みに行きましょうよ,で,今回の件は・・・で丸め込まれるのがオチ!ですからね。)。
 となると,私の予想は,ある人物一人に限られます。

 そしてその人物とは・・・。あれ,こんな時間に誰だろう,アポなしで珍しく来客ですかね。

4 追伸  2017/3/6
 上の来客は単なる郵便屋さんでした~♡

 で,私の所には先週新しい別冊パテント16号が届きましたが,皆さんの所はもう届きましたかね。恐らく,九州も北海道もさすがに今日の時点では届いていることでしょう。

 さて,パッと見比べてみましたが,大きく違ったのは,後半の進歩性の公開フォーラムの再録の部分でした,やはり。
 でも,違うのは,まず,スライドの部分が加わったってことですね。しかし,かなりの分量です。こんな分量の違いを見逃すかなあって気がします。
 で,次に,個別の発言部分に違いがないかそれをチェックしようとしたのですが,さすがにそこまでの時間はありません。いくら暇だ~♫と言っても限度はありますからね。

 なので,今の所,スライド部分の落丁が再発行の原因と見るのが妥当ですが,本当にそれだけかなあって感じがしております。

 私より暇な誰かさん,やってくれないかなあ。
 
 つーことで,今の所,事情通の先生の話も話半分って所でしたね。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]