忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 オリンピックの話題が多かったこのごろですが,それらとは違う競技でも結構大きなものがありましたので,その話などを。

2 まずは,先週の日曜日2/25に行われた東京マラソンで,日本記録が16年ぶりに書き換えられたということです。

 昨年,100mの日本記録が書き換えられましたが,これも19年ぶりでした(例の桐生くんが日本人初の9秒台を出したやつです。)。
 つまり,今年と昨年で一番短い距離と一番長い距離で,なかなかに破られなかった記録が相次いで破られたということです。

 まあこれは当然東京オリンピックの影響でしょうね。オリンピック前には色んな所に投下されるお金等が大きくなりますので,選手の能力等は向上・改善する方法へ進むわけです。

 ま,それは良かったのですが,私のようなへそ曲がりでしかも弁護士からすると,今回の設楽選手が更新したのは果たして日本記録だったのか?という思いがちょっとあります。

 いや,別に設楽選手にケチをつけるつもりはありません。逆です。昔の記録の方です。

 陸上に詳しい人なら,ロードで行われるマラソンや競歩のレースが長い間公認記録ではなかったということを知っていると思います。
 だって,コースごとに色んな条件が違うじゃないですか。そのレギュレーションが,カーブの曲率から,地面に当たる部分の素材から,そして風の影響まで考えられている競技場とは全然違いますよね。

 例えば,100mを9秒台で走った日本人は別に桐生くんが最初じゃないです。勿論追い風参考記録もそうですが,実は,100mを8秒台で走っている人すら続出する大会もあります。

 そう,富士登山駅伝の下りですね。
 所謂砂走りの下り区間は,比較的走りやすい砂地なので,まさに飛ぶように走ります。100m8秒台,まさにそんな感じです。

 何が言いたいかというと,競技をする場所によって記録は大きく異なるというわけです。

 ですから,マラソンの記録が公認されなかったのはさもありなんです。

 なので,昔は,日本最高記録とか,世界最高記録,という風に言われてたわけです。

 ま,とは言え,別にコースの上り下りを少なくするとか,風の影響を受けにくい,または相殺できるようにすれば,公認もありなんじゃねえの~ということで,確か2004年あたりから陸連がコースを公認することで,日本記録,世界記録という風に言えるということになったわけです。

 今回の東京マラソンは,当然公認コースなので,ここで出した日本最高記録は,日本記録となるわけです。
 しかし,16年前の日本最高記録は,公認コース制度がいまだ無かった時代に出されたものです。
 ですので,「今回の設楽選手が更新したのは果たして日本記録だったのか?」ということになるわけです。
 分かりましたかな。
 結構マニアックな割に,結構重要な話でした,意外とね。

 さらに,東京マラソンの話を続けますと(これはびわ湖毎日マラソンの前に書かれています。),1位の設楽選手は,ナイキの厚底シューズを履いておりました。
  報道によるとズーム ヴェイパーフライ 4%らしいです。

 この話はここでも結構書いていますが,今のところはナイキに分があるかなあという所です。
 しかし,他社も手をこまねいているわけでもなく,この手のエリートロードレース用シューズにあまり興味の無かったであろうニューバランスが,アシックス→アディダスと渡り歩いてきた某シューズ職人と契約したのは,大きなニュースになっています。

 さらに,アディダスの方も,拱手傍観しているだけではありません。アシックスのお膝元,神戸にドイツ以外で初めてのシューズの開発拠点を設けたらしいです。
 東京オリンピックもありますし,その前にラグビーのW杯もありますからね。

 勿論,今まで日本人選手に多くのシューズを提供していたアシックスやミズノも黙って見ているわけがありません。
 やはり,イノベーションは,こういう感じにならないといけないなあと思うわけですね。

 そう言えば,選手としても去年の福岡国際マラソンで3位に入った大迫選手と今回東京マラソンで2位になった設楽選手は,1991年生まれの同い年ですね。こちらもライバル関係と言えますから,そこでもイノベーションが起きそうな可能性もあるわけです。

3 マラソンで結構書きましたが,次はボクシングです。
 そう,山中VSネリですね。

 ほぼ生放送で,見ていたのですが・・・うーん,何ともですね。まああれで試合をやらせた自体で色んな意味で既に負けだったかなと思います。

 弁護士がよくする考え方というか,発想法に,交渉力というものがあります。英語で言った方がいいですかね。bargaining power(バーゲニングパワー)です。
 これは,バーゲンセールのバーゲンです。

 で,この交渉力がないと相手方の言う条件を飲まないといけなくなるわけです。
 例えば,東京でオリンピックをやりたいばかりに,あれも作ります,これも作ります,これもやります,あれもやります,オリンピック貴族の下の世話から何やらまでやらないといけなくなる・・・・,こんなのをまさに交渉力がない!と言うわけです。
 
 なので,今回のネリ戦も,何としても日本でタイトルマッチをやりたかったわけです。そうすると,相手方の出す条件を甘んじて受けないといけなくなるし,さらにはその条件を破っても大目に見ないといけなくもなるのです。

 だから,今回の件について,弁護士としての感想は,もう全く交渉力が無かったのだなあってことです。交渉力があれば,じゃあ試合やりません,ファイトマネーは1銭も払いません,て出来ると思いますが,悲しいかなそんなことは出来なかったわけです。

 ま,なので,世の中色んな交渉や折衝があると思いますが,この交渉力ということを覚えていると良いと思いますよ。そして,交渉力を高めるには,別に弁術を高めるということではなく,自分の置かれている状況を高めればいいわけです。
 例えば,他のを選ぶことが出来るというのは,交渉力を非常に高めるものです。

 で,次の話題にいきます。

4 今日は休みにもかかわらず,更新したのには理由があります。
 今日の日付は?

 そう,3/4です。Mくんの命日ですね。そのはこの辺ですかね。

 あまり,過去の話をしてもしょうがない所ではあるので,上記の話に繋げますと,多くの勤め人において労働環境を良くするにも,交渉力を高めればいいわけです。

 どういうことか?
 単純です。嫌なら辞めてもっと良い条件の所へ行きまっせ,と言えればいいのです。
 何でわしばかりに仕事が振られるの,何でわしばかりにしょうもない客相手させるの,何でわしの給料はこんな低いの,じゃあここ辞めてほかのもっと良い条件のところへ行きまっせ,これが言えれば,そしてダメな場合は本当にそうできれば,多くの労働問題の殆どは解決するのではないかと思います。

 だから,解雇規制は緩和しないとダメですよ。これは会社のためじゃないのです。
 下らない仕事でもやらなければならない,ずーとやらなければならないってなると,本当,明日は月曜ですが,くらーく暗くなりますよ,そりゃ。

 辞めてもいいなら,少しは気が楽じゃないですか。そしてすぐに同じような条件の所が見つかるとしたら・・・。

 交渉力を高めましょ。そうすれば,私もMメモリをドライバーに挿す必要もなくなりますのでね。
PR
1 本当は全部の結果が出てから書こうと思いましたが,やめました。後付けの論評は意味が無いし,卑怯でもありますから。

 もうタイトルからしてわかりますよね。

 昨日の箱根駅伝往路の話です。

 ここでも以前書いたように,私はナイキの厚底シューズに着目しておりました。それはナイキズーム ヴェイパーフライ 4%とナイキズームフライです。

 それを引っさげて凱旋帰国した大迫選手が福岡国際マラソンを素晴らしいタイムで良い成績をおさめたことで確信に変わりました。
 そして,ついに自分でもそのシューズの一つを買ったわけです。

 なので,このシューズに注目していたのです。そして,いよいよ本番の1つの箱根駅伝が始まったわけです。

2 で,着目は当然,ナイキのシューズを履いていた選手ですが,今回,ナイキはいつもの蛍光色ではなく,落ち着いた青色のようでした。
 で,その青色のシューズを履いていた選手に注目して見ておりましたらは,早くも1区からそのシューズを履いていた選手が飛び出しました。それは東洋大です。

 つぎの2区,継走したのは,まったく同じ色のシューズを履いていた選手でした。勿論,3区も4区も5区もです。

 よく見ると,東洋大のユニフォームもナイキです。ははーんと来ましたね。オレゴンプロジェクト程きっちりしたものではないとは思いますが,これは東洋大とナイキで握っているのでしょうね。
 その証拠にこのナイキのサイトを見て下さい。東洋大とのコラボと言ってよいと思います。

3 こういう大学とのコラボは,別に東洋大とナイキに限ったことではないようです。
 4区での2分以上の差を36秒差まで詰めた青学大もアディダスとコラボしております。

 まあ今の箱根駅伝は化物化しておりますので,しょうがないことでしょうね。
 いわゆるスポーツビジネス,ってことです。
 今までは,陸上だとオリンピックのマラソン選手くらいだけでしたが(勿論,他の人気のあるプロスポーツ,例えば野球やらサッカーなら随分昔からこのようなことはあったわけです。),今般,大学駅伝もその網の中に囲い込まれたということなのですね。

 ということで,本日これから復路が始まります。私の予想は,時々の逆転もあるだろうけど,東洋大が結局勝つ!ということです。
 何故か?それは先程のナイキのサイトでわかるとおり,ナイキの金の出し方が違うから,ですね。

 あと個人的には,国士舘大学に注目しております。それは今居る高田出身(都甲んしじゃち言おったで。)の選手が出るからですね。

 ま,兎も角もシューズに注目!ってこと。

4 追伸
 いやあ〜予想って外れますね。ハハハ。
 adidasの勝利でした。

 そのまま東洋大かなあと思ったのですが,もう6区で青学大が抜いて,6,7,8区と区間賞は全部青学大でした。自力の差ですね。
 
 まあでも下馬評で全く上がらなかった東洋大が2位ですから,シュードッグの効き目はあったのではないでしょうか。
 ちなみに,3位は早稲田でしたが,ここはアシックスとのコラボです。陸上系だけじゃなく全学でアシックスとのコラボですから,まあ何ともって感じです。

 要するに,今年の箱根駅伝は,何とadidas vs nike vs asics の三つ巴の戦いだったわけです(奇しくも,この3社とコラボした3大学がトップ3でした。)。

 まあこんな話では法律家らしくもないので(別に法律家らしくなくてもいいのですけどね。),多少それっぽい話をすると,今後,大学のエース選手の労働者性が問題になると思いますね。

 アメリカの法事情に詳しい人なら先刻ご承知だと思いますが,奨学金を得ているスポーツ選手は労働者!ということで,NCAAが負けた事例などあったわけですね。詳しくはこちらなど見たほうがいいと思います。

 まあ甲子園もそうなのですが,デカイ金(今回サッポロビールはスポンサー代として一体幾ら払ったのでしょうね??)が動くクセに,実際の選手にはアマチュアだからと言って金が行かない制度になっているわけです。

 でも,おかしいでしょ。デカイ金が動くわけですから,どっかには流れているわけです。それは本来選手に行くべき金でもあるわけですね。

 いや,別にアマチュアだからという理由なら,引退した後にプールした金が行くようになればいいだけでやりようはいくらでもありますよ。
 でも,てめえらが私腹を肥やしたいがための理由付けが”アマチュア”だっていうなら,そんなアマチュア要らないよねえ。

 あ,何か勘違いしている人のために言っときますが,おおさすが弁護士,スポーツ選手の人権を守るってわけですね〜じゃないですよ。
 金をプールしている,つまりはいっぱい報酬金が入りそう所を訴えて,一緒にボロ儲けしない〜っちゅう慫慂ですね。ムフフフ。

 まあでも今後そういうことが本当問題になると思いますよ。
1 本日は一段と寒い東京です。西の方では,雪も降りそうな感じですが,昨日は比較的暖かったです。

 さて,その比較的暖かかった昨日,日曜,福岡で大きな試合がありました。
 福岡国際マラソンですね。

 まあ,正式な結果はどこかで見てもらうとして,1位は,ノルウエーのモーエンが1位~。
 何か白人の凄いマラソン選手なんていうと,デレククレイトンかフランクショーターかという感じですが(歳がわかります。),そんな感じでした。
 2位は,ウガンダのキプロティクで,これは最近世界中を席巻しているアフリカの黒人選手です。

 そして,3位は,日本人の大迫選手でしたね。いやあ,予想以上だったなあって感じでした。

 昨日は日中外出しており,スマホで生中継を見ておりましたが,大迫選手の走りは,2位のキプロティクを初めとするアフリカの黒人選手によく似ておりました。
 ももをあまり上げずに,接地時間が短く(踵をあまりつけない),どっちかという後ろへ蹴る(短距離だとスパイクで引っ掛けられます。でも長距離だとなかなかできない。),そんなフォームですね。
 彼のフォームは,影絵で見ると,アフリカの黒人選手じゃないっすかと勘違いすると思うのです。そんな感じです。

 さて,そこで,イノベーションに繋がる私の最近の流行り~シューズに注目です。

 今回,大迫選手も含めて1位から3位まで,全員ナイキでした。
 モーエン選手は,シューズの色からして,ナイキズームフライじゃないかなと思います。キプロティク選手は,モーエン選手と全く同じ色のものでした。だからこちらもズームフライじゃないかと思います。
 で,大迫選手は彼らと色が違っていました。なので, ズーム ヴェイパーフライ 4%の方じゃないかと思います。

 まあ間違っているかもしれませんが,ナイキの厚底のシューズであることは共通しております。

 いやあ,これは偉いことになるかもしれません。

 2008年の北京オリンピックの少し前辺り,競泳水着にレーザーレーサー(スピード社)というのが登場し,大騒ぎになったことを憶えておりませんかね。
 その水着を着た選手が世界記録を連発し,契約関係にないスポンサー契約していない選手も,こっそりその水着を着るようになったってわけです。

 あの騒ぎが陸上の長距離,特にマラソン(箱根のような長距離系駅伝でも)でも起きると思いますね。

 つまり,ナイキの厚底のマラソンシューズを履いた者じゃなきゃ,勝負にならない!こんな感じですわ。

 もうじき正月の箱根駅伝~です。シューズに注目すると面白いですよ。

 あと,我が母校,東工大初の箱根ランナーの松井くんも,昨日の福岡国際に参加しておりました。結果は30位ですね。まあよくやったと思いますよ。第二の川内になる日も近いでしょう。

 ま,今回は,長い東京オリンピックまでの道のりの,ほんの最初のスタートです。神野選手もまだまだこんなもんじゃないでしょう。ですので,取り敢えず・・ってわけです。

 ところで,ゴールの平和台陸上競技場は凄い人でした。いかに今回のレースが注目されていたか分かります。
 私も高校生のときに,インターハイの北九州予選で行ったことがあるのですが,福岡という大きな街にある割に,スタンド席がちょっとしかなく,意外と小さいなあって感じのする所です。

2 決着2です。
 昨日のM-1です。見ていた人どうでしたかね。

 とろサーモンが優勝でした。ただし,決勝に進んだ3組,とろサーモン,和牛,ミキ,どれも差が無く,僅差だなあと思いました。あとは好みですね。
 私はその3者ではとろサーモンが好み~♫ですが,別の結果になっても恨みっこなし,そういう評価でした。

 なので,審査員も4:3でとろサーモン(和牛が3)という結果は意外でした。というのは,決勝には行かなかったけどもジャルジャルの評価が審査員で高く,アレのどこが面白いんじゃ!という私の評価とは全く違っていたからです(マヂカルラブリーの評価は妥当でしたが。)。

 あとは,もっと後に出れば良かったのになあと思ったのは,ゆにばーすです。
 なので,今回のM-1はとろサーモンとゆにばーす,この2組が良かったかなあという所でした。

 そうだ,そうだ。面白かったのは,上沼恵美子さんですね。
 海原千里・万里時代,そして,生活笑百科のコメンター,そんなこんなで私には馴染みのある方なのですが,昨日は本当最高でした。
 まず,いつもにも増しての厚化粧,アップのたびに吹き出すのをこらえるのが大変でした。コメントも最高!マヂカルラブリーへのコメントなんか我が意を得たり~です。本当,あれでよう決勝残ったなあって感じでした。

 ほんで,あとは司会の上戸彩ちゃん,いやあキレイでした。しかもおっぱいが大きいというのが分かる服でそれも良かったですね~。しかも人妻~♪最高じゃないっすかね。ムフフフ。
1 今日行われた全日本インカレ,桐生選手がついに9秒台を出したようです。良かったですね。おめでとうございます。

 私はここで何度か書いたとおり,昔陸上の短距離をやっておりまして,全日本インカレは無理でしたが,関東インカレには出たことがあります。
 そういう繋がりもあり,しかも最近は母校,東工大でも全日本インカレに参加する選手が居たりしますので,メールで結果などを送ってくれたりもします。
 さらに,今日の日経の朝刊,桐生くんと最近売り出し中の多田くんが双方とも決勝に行ったと書いてありました。
 なので,いやあ生中継ないのかなあと探していたのですが,残念ながら全くありません。CSだとやっていたのかもしれませんが,そんなの見れませんからね。

 正式な100m男子決勝の結果はこちらですね。
1位 桐生 祥秀 (4)     東洋大     9.98   
2位 多田 修平 (3)     関西学院大  10.07

 多田くんに勝っての1位で9秒台,これは価値がありますね。風が追い風1.8m/sということで,そこも良かったと思います(2m/s超えると追い風参考記事になっちゃいます。)。

2 桐生くんのことはこのブログで何度か書いたことがあり,過去のこの記事では,いやあ,高校のベストが人生のベストになるんじゃねえの~♪と書いたのですが,私が間違っておりました。
 今般,見事,自己ベストを更新し,ついに9秒台に突入したのですから。ですので,潔く謝ります。

 どうもごめんなさい。大変浅はかでした。

 まあでも良い方向へ予想が外れたので,清々しい所です。
 さて,こう考えると,桐生くんがもうちょっとで9秒台を出したのが,もう4年前,つまり,高3のときでした。そして,4年経ったということで,上記のとおり,大学4年生ですね,今。
 最高学年になると,何かリラックス出来るか,下のやつには絶対負けたくない,みたいものが出るのでしょうね。

 そうすると,来年社会人1年生になると思いますので,記録がガタ落ちするでしょう。出来ることなら,東京オリンピックまでは大学院進学するなどして,余計なストレスのある状況を回避した方が良いと思いますが,まあまた余計なお世話というか,贔屓の引き倒し~みたいな感じにもなりますので,この辺にしておきますか。

 あとは,早くテレビのスポーツニュースで見てみたい~♪っつうことで。

 あ,そうだそうだ,今日の夜7:20くらいから東工大の松井くんも5000mに出ますので,そちらもよろしく(例の,東工大初の箱根駅伝ランナーです。)。
1 ということで,やはり結構面白かった陸上の日本選手権。私の100mの予想はやはり外れました。

 戦前の予想は,山縣選手だったのですが,勝ったのはご存知のとおり,ケンブリッジ飛鳥選手でしたね。
 まあ,私以上のコテコテの極右からすると,純粋日本人じゃないことにウンタラカンタラ言いそうな感じですが,そんなこと言ったら,引退を発表した室伏選手に対してもグダグダ言わないといけません。

 勿論,私も極右なのですが,あんまりこういう所は気になりません。何故かというと,彼がずっと日本で暮らし,きちんとした日本語を話しているからですね。
 なので,逆にテニスの錦織選手には全く乗れません。

 こういうことって面白いですね。日本,そして日本人の核心って何だろうってことです。勿論,根無し草がいい,無国籍,無民族の地球市民こそベストだと思っているクソサヨクの人達には何の興味もない話でしょうが,現実にオリンピックとかは国の代表ですからね,残念,クソサヨク思考停止斬り!

 これって結局同一性の問題ですから,特許にも通じる所があります。均等論なんかだと,何が変って何が変わらないかで技術的範囲に入る入らないの問題になるわけです。

 それと同様,私の基準だと,生活実態と日本語の習得状況を重視して,日本人かどうかを判断するということになりますニャ。おっとはなっから議題が逸れまくりですが,まあいいでしょう。

 さて,陸上の話に戻りますが,優勝は外したものの,桐生くんが勝てないということは見事に当てました。タイムも大体予想とおりでした。彼には悪いのですが,高校時代の重い十字架はなかなか下ろせないと思いますよ。

 ま,兎も角も,山縣選手も選ばれるでしょうから,3人での切磋琢磨に期待しておきましょう。

2 その他の競技の話もしておきましょう。
 女子の10000mの鈴木選手は良かったですね。久々に出た期待できる選手です。
 彼女は去年の秋に,日経の夕刊のスポーツ面で連載(駆ける魂)があったりなんかして,ビジネス系の人にも覚えがあるのではないでしょうか。

 何つっても彼女,学歴厨の私からすると,大東亜共栄圏に9つあった旧帝国大学の出身ですからねえ(名古屋大学)。将来は,陸上競技連盟の会長か何かがいいのではないかと思います。実に期待できますね。

 あと,昨日の三段跳び,珍しい凡ミスがありました。生中継を見ていた人にはよくわかる話です。

 私が大学で現役の陸上選手だったころ,三段跳びの山下選手という凄い選手がおりまして,今の日本記録はその選手の記録です。その記録が出たのは今から何と30年前のことです。
 昨日,女子の200mで福島さんが日本記録を出しましたが,何という違いでしょうかね。

 で,その山下選手の息子が標準記録を引っさげて日本選手権に登場したわけです。ま,ワンジェネレーション30年と言いますが,まさにそのとおりですね。

 ところがその息子,1本目2本目と踏切板が合わずにファール。3本以内にベスト8に入らないと,4,5,6本目の試技ができなくなるという緊急事態に陥ったのですね。
 テレビの中継は,トラック競技(女子の5000mだったかな。)に切り替えられつつ,次の三段跳びのその息子の試技は漸く白旗で踏切は合った模様ということで,ジャンプも16mくらい,これでベスト8に残ったでしょうと私も思いました。

 ところが,トラックに切り替わり,その後フィールドに戻った所,何と山下息子,三本目もファールとのこと!いやあびっくりしました。
 VTRを見ると,油断したのか,跳んだ後,跳んだ方向の砂場をもどって行ってます。アチャー。

 跳躍競技の基本ですわな。
 幅跳びも三段飛びと同様,飛んだ方向に戻らずに出ないといけないわけです。高飛び棒高跳びも,飛んだ方向,つまりバーの方向には戻っちゃダメです。
 これはやはりインチキ防止の趣旨なのでしょうね。
 砂場やバーのある方向に戻っていいとなると,短い足跡を消して長めの足跡をつけられるし,手や体で落ちそうなバーを支えることも可能だし,ということで禁止なのでしょうね。

 まあ,あの追い込まれた状況でバシッと踏切が合って,ヤッターと思ったのでしょうね。何も考えず,戻って行ったわけです。

 いやあ親子揃ってオリンピック選手というのは風前の灯火になってしまいました。ま,ラッキーなのは,昨日の日本選手権は低調で,設定記録は当然,標準記録も突破した選手は居なかったので,選考は持ち越しになったということでしょうかね。

4 陸上の話はこれくらいで。

 あと予想外だったのは,イギリスの国民投票です。ま,やる前の世論調査がそのまま期待できないのは,皆さん思っていたことでしょうが,今回本当に予想外だったと思います。

 どうして予想外だったかというと,殆どのブックメーカーはずっと変わらず残留のオッズを離脱よりも低く出していたのです。それに,例の議員の殺人事件です。絶対同情票が入ると思っていたのは私だけではないと思いますよ。

 なので,みんなびっくりって所じゃないでしょうかね。

 で,私自身は,当然離脱に大賛成です。保守の民族主義者ですので,ごく当たり前ですわな。

 ただ,今回の離脱って,本当クソサヨクの人達は考えた方がいいと思いますよ。
 残留派って,日本で言うとちょっと前の民主党支持者みたいな感じでしょうかね。
 僕ちゃんは頭が良くて時代の最先端,だからなんで逆の立場の人達が,そんなこと考えたりそんなこと思ったりするのかさっぱりわからん,黙ってこのよくわかっている僕ちゃんの言うことを聞いてりゃいいのに~♬って所でしょうかね。アメリカのクリントン女史もそんな臭いがプンプンしますニャ。

 そういえば,菅直人が弁理士なもんで,弁理士の業界も以前は民主党支持者が多かったですな~。今はどうしてるんだろう。まさに巧言令色スクナシ仁ですな~。

 時代は,熱平衡状態から,一連の相互作用により,構造化に向かうようですね。単にエントロピーが増大するだけにならないのは,初期宇宙と同様のようです。

5 追伸
 今日は例の司法書士との争いの最高裁の判決が出る日なので,それをヤフーニュースで見ようとしたら,ちょっと違うニュースに目が止まりました。これってもしかして・・・と思ったらそのとおりでした。

 ま,何の話かわかる人にはわかるので続けましょう。でも検索されるようには書かないつもりです。

 その問題となったものを見ましたが,別に大して問題にするようなもんかなあと思います,まじで。シャレですよ,シャレ。

 とは言え,隙を狙っている人間には絶好の餌だったかもしれません。
 私も去年,facebookに揶揄するようなことを書かれたのですが,その相手が実は弁理士会の委員会で名刺交換をした人物だったわけです。向こうから声をかけてきて,ブログのファンです,などと言いながらね。

 いやあ私も結構お人好しだなあと思いましたわ。とは言え,私も超能力者じゃありませんので,近づいてくる人が,隙が有ったら引きずり落としてやろう,何かあったらチクってやろう,てなことを思っているかどうかなんてわかりません。

 このブログもそうですが,気に入らないことは色々ありますよ。私もそうだし,皆さんもそうでしょう。じゃあもう見なきゃいいだけの話なんですよね,本当は。
 でも心の中にドス黒い欲望(貶してやろう,引きずり落としてやろう)を抱えた人には,見ないという選択肢はないわけです。

 何故か?それは嫉妬ですよ。嫉妬。
 男の批判の99%は嫉妬だと豪語したのはこの私ですが,嫉妬があるから見ずにはいられないのです。
 ま,私もそんな嫉妬されるようなレベルに来たってことはある意味晴れがましい所かもしれません。

 でも全然大したことないのですけどね。仕事の依頼が少なくて暇~♪というのは本当ですもん。だけど,ブログで好き放題書いている割に,論文出したり,セミナーしたり,ましてや本なんか出したりしてたので,嫉妬心が疼いたのでしょう。
 よーくわかっているでしょ。私はいつもドス黒い欲望満タンの人間ですから。

 なので,今回の話も,友達みたいな顔をしたスパイがチクったのではないかなと思っています。つけこむような隙があったからと言われりゃそれまでですが,上記のとおり,シャレですよ。シャレ。

 ま,私もそうなのですが,シャレがキツイとね,色々ありますよ。

 財務大臣の麻生さんなんか,もうそういうドス黒いマスコミにいつもいつも追い立てられておりますが,まあ酷いもんです。
 そう言えば,麻生さんも九州出身だったですね~♪九州の人間はシャレがキツいのかもしれませんが,悪気はありませんからね。

 いやあ世知辛い世の中ですね。こういうのもポリティカル・コレクトネスってやつ?ちょっと違うか~♡

 ところで,肝腎の最高裁は,司法書士に不利に,弁護士に有利なものでした。これもある意味,予想を裏切った所じゃないでしょうか(弁論が開かれたので,逆目の予想が多かったと思います。)。
1 本日は12/29~。いよいよ暮も押し詰まってまいりました。
 年始が遅いためもあり,事務所で細々とした雑用みたいなことを処理していたのですが,実に嬉しいニュースが入ってきました。

 本日,関東学連より,正月2日3日に開かれれる第91回箱根駅伝の本戦のエントリー表が発表になったのです。そして,学連選抜に見事,例の東工大のエースも選ばれた,というわけです。

 区間は,9区のようです。つまり,戸塚~鶴見という横浜の中心的な所を走るという区間です。人が多そうですね。

 ということで,母校の陸上部のサイトに応援のやり方も書いておりますが,以下転載しておきます。

***********
【集団応援場所】
1. 京急生麦駅周辺  (20km地点 )
集合場所  : 京急生麦駅改札口
集合時間 :11 時 00 分(先頭通過 予定 時刻 1時間 10 分前。変更の可能性もございます。 )

2. 相鉄線西横浜駅周辺(13km地点 )
集合場所  :相鉄線西横浜駅改札口
集合時間  :10 時 40 分( 先頭通過予定時刻 1時間 10 分前。 変更の可能性もございます。 )

(3.ここは省略
 例外的な応援場所ということですので。)

 各集合場所にてスタッフが東工大と胸に書かれたピンク色の T シャツを着用しているか、東京工業大学と書かれたのぼりを持って待機しております。
各地点の集合時間は変更する可能性もございます。本学陸上競技部 HP にて最新の情報をご確認の上お越しください。
 
東京工業大学  陸上競技部 HP
http://www.titech-tfclub.net/

【応援方法・注意事項】
・ 基本的な応援方法は、“のぼりを持って目の前を通過する松井に声援を送る”という形になります。
のぼりはこちらで用意しておりますので、現地にいる陸上競技部 OB から受け取ってください。ただし、本数の関係上全員にお渡しできない可能性もございますのでご了承ください。松井通過後、のぼりは陸上競技部 OB にお返しください。
・ 当日は朝も早く気温が低いことが予想されます。しっかりとした防寒対策の上お越しください。
・応援と言えども、選手が目の前を通過するのは一瞬です。また、歩道あるいは道路上を選手と並走して応援をする行為は大変危険ですのでおやめください。
・沿道の公共物(電柱やガードレール等)にのぼりや横幕をくくりつける行為は道路交通法違反となるのでおやめください。
・選手が通過する 1 時間以上前からの応援は、主催者側から禁止されているのでそれまでは応援場所でのぼり等はふせて待機をしておいてください。
・その他現地では、本学陸上競技部の OB・スタッフの指示に従ってください。
・大会のルール上、競技開始時間(8:00)から 1 時間 10 分前にメンバーの変更が認められているため、急遽出場がなくなる可能性もございます。メンバー変更の情報は、以下のホームページまたは 7 時より日本テレビで放送される生中継及び 7 時半より文化放送で放送される生中継でご確認ください。
また、大会に関する詳細に関しても以下のホームページでご確認ください。

その他、主催者側から告知されております、応援実施要領及び沿道での応援に関するお願い等をご確認の上、規則遵守を徹底してください。本学陸上競技部としても主催者側に応援に関する誓約書を提出しております。万が一、規則に反するような行為を主催者側から指摘された場合、今後の箱根駅伝本戦及び予選会をはじめとする各大会への参加の審議対象となる可能性がございます。ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 
【慰労会について】
応援終了後、部員、スタッフ、応援に参加していただいた皆様と簡単な慰労会を開催いたします。お時間のある方は是非ご参加ください。
 
日時:2015 年 1 月 3 日(土)  15 時ごろ~
場所:東京工業大学  大岡山キャンパス校内
注)選手である松井は箱根駅伝閉会式出席のため不在となります。ご了承ください。

*************

 あと,1月2日じゃなく3日の方ですからね。お間違えにならないように。

 いやあ,良かったです。実に良かったですね。

 あ,一応念の為に言っておきますが,何故ここまで箱根駅伝に拘るかというと,私が東工大の陸上部OBだからという単純な理由です。私は短距離だったのですけどね。

 東工大のOBで弁護士なんていくらでもいます。数年前は総理大臣まで出ました。ノーベル賞を取ったOBまで居ます。
 でもねえ,東工大がメジャーなスポーツ大会に出たことなんてないでしょう。年末年始というと,あとはラグビーとかサッカーとかですが,当然ありません。野球~そりゃ無理だなあ,って所です。そんな大学じゃないですもん。社会人になると色んな大学出身の人もいますが,東工大出身者って学閥も作らず,大体ぼっちですから,まとまって何かを応援するってことはないと思います。そもそも応援する対象がなかったですもんね。

 それが,こんどの1/3は晴れて母校の応援が出来るというわけです。こんなチャンスはまたとないと思います。それは陸上部OBに限ったわけではなく,東工大のOBの皆さんにとってもだと思うのですね。

 実は,私はいつものとおり,年末年始は関東から離れるため,目前での応援は残念ながらできません。ま,自分の思うとおりになかなか行かないってえのが人生の醍醐味ですので,これはこれで仕方ないところです。このブログを見て,よっしゃぁ~代わりに行ったるわい,東工大とは何の関係もないけどなあ,っていうのも大歓迎です。

 いやあ良かった良かった。
1 ということで,予告とおり,ちょいと箱根駅伝の予選会の応援に立川の昭和公園まで行ってきました。

 ギリギリスタートに間に合うくらいのスケジュール感で家を出たのですが,道にも公園にも結構な人~いやあびっくりしますね。

 私が現役のころの30年前は,でかいトラックと関係者しかいない大井埠頭の周回コースというマニアックなものでしたが,今やかなり見る側を意識したコースと言えます。
 読売新聞社が小旗を配っており,それを持っていざ応援へという感じでしたが,もうこの昭和公園が広いのなんのって~はじめてなもんだから勝手もわからず,何とか自衛隊の基地から一般道へ出るあたりにたどり着きました。

 本当ギリギリでしたね。そのときの写真の一部がこんな感じです。
 
 例の東工大期待の星はきちんと上位に食い込んでいるようです。他の選手も昨年ほど間が開いてないように見えました。ちょっと安心して次の応援場所へ移動することにしたわけです。
 

 ところが,ところが,考えることは皆同じ~。
 昭和公園って中に入るのにお金が必要なのです。それはいいのですが,その切符を買うのに長蛇の列~♪いやあしまったしまった~10分少しも並んでしまい,もうゴールに走らないと間に合わないくらいになってしまいました。

 で,切符買ってもう,久々に長い距離を走りました~♡あー疲れた疲れた。何とかゴール付近に間に合い,久々の日本人トップを確認し,東工大エースの上位入賞も確認した次第です。

 最終結果は,どこかで見てもらうとして,東工大のエースは総合で43位,上位10校に入りチームごと予選会を突破した選手を除くと,その中では10位内には入ったようですね。これで学連選抜に選ばれるのはほぼ確実だと思います。

 つまり,本当に,東工大のランナーが史上初めて箱根駅伝に出場することになりそうです。いやあめでたいめでたい。かなり遠くの立川まで1時間半以上かけて,公園内を走り回っただけあります。

 東工大の陸上部OBだけでなく,東工大のOBの皆さん,そのうち寄付の要請が行くかもしれませんが,どんどん金を出してくださいな。こんな全国でテレビ中継するようなスポーツに東工大の選手が出るなんて,皆さんの生きている間には二度とないですからね。

2 まあでも,こういうようなものがあるって部活っていいもんですねえ。そう,ヤリサーとかじゃなくて部活ね。

 予選会を生観戦するなんて,本当30年近くぶりです。知り合いがたくさん居るというわけでもありませんが,それでも私より更に年長のOBの人達も応援に来ていたり,現役の部員も昔とさほど変わらない先輩後輩の関係とか,いやあ何ちゅうか久々にあの頃の感覚が蘇りましたね。

 今や運動部自体が限られた範囲の人のものなのかもしれません。私も法曹の界隈で運動部出身の人をあまり聞いたことがありません(まあ,昔の司法試験受かるためにはそんなことしている暇がないっていうのが実情でしょうね。)。私は,寄り道を色々したあげくの今の仕事ですので,そういう意味では,良い寄り道だったなあと思います。だって,司法試験の勉強を大学時代からやっていたなら,こういうときに立川まで行こうなんて気が起きるわけがありませんもの。

 我が栄光の巨人軍はどうやら今日で今シーズンは終わりそうですが,我が栄光の東工大陸上部は,正月に進出すること確実です。

3 追伸 12/29
 上記の東工大のエースの走る区間が決まりました。第9区,戸塚から鶴見です。1/3,皆様,応援よろしくお願いします。
1  2  3 
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
5 6
8 9 10 11 12 13
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]