忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
 このブログを開設するにあたり、大したものではないですが、以下のことを心がけることにしました。
①過去、現在の携わった事件(知財から刑事に至るまで)については、示唆も含めて一切書かない。
②その当事者についても同じ。

  しかし、そうすると、普通は、弁護士として書くことなんかあんまりないのでしょうね。私の場合は、よく書いているようにマニアックな性格なものですから、裁判所の「最近の判例一覧」を毎日チェックし、「最高裁判所判例集」と「知的財産裁判例集」に搭載された判決については、全文を読んでいます。さらにグーグルアラートで「特許」を設定していますので、一般的話題についてもフォローするようにしています。ですので、今のところ、毎日更新できているのです。

  ついでに判決の紹介についても一言。私の場合、事案の概要を説明したあと、すぐに判旨にいかずに、問題点を説明することにしています。判旨はそのあと、そして、さらにそのあとに、自身の考えを述べるようにしています。したがい、普通の判決紹介とは若干形式が異なるかと思います。

  これには、理由があります。それは、問題点の重要性をわかっていただきたいということです。別に、法律の分野に限りませんが、哲学、物理学、文学、経済学・・・色々な学問等において、色々な問題点(論点)があります。解決されたものもあれば、いまだ未解決のものもあります。
 しかし、最も重要なことは、これら問題点の結論でも、解決策でもなく、どうしてこの問題点が、問題点たりえるのだろう、なんでこんなことが問題点になったのだろうという点です。きちんと問題点を把握できれば、その後の解決などは、様々な調整のもとで解決されたりされなかったりするので、本来どうでもよい話です。
  ですので、問題点を丸暗記するなぞ、愚の骨頂です。例えば、法律の条文に、「犬」とあるときに、イヌ科の「キツネ」がやってきた場合には、「犬」には、「キツネ」が含まれるか、まさに問題点となります。
 ですが、ゴールデンレトリバーがやってきた場合には、ここは問題にはなりません。論ずる必要すらありません。こう書くと当たり前じゃんと思えるでしょ、しかし、いざ実務や試験になると、「犬」にはゴールデンレトリバーも含むのだろうか、「犬」の意義が問題になる~、なーんてやっちゃうんですよ。これは、自戒もこめて。

  ということで、判決紹介の話でした。あと、判決は紹介しますが、判例の紹介ではありませんので、お間違いなく。

  なお、コメントもトラックバックも受け付けておりません。いちいちの対応が面倒臭いというのが最大の理由ですが、これは私の「ノート」ですので、各人が自分の「ノート」に書けばよく、他人の「ノート」に書く必要はないと思っている次第です。
PR
18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 7 8 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]