忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 さて,先週の土曜久々に辻堂でサーフィンしてきました。

 昨日は結構涼しくて,今日もはっきりしない天気でしたが,土曜はまさに夏!良い天気で,そこそこ波もあり,実に気持ち良くサーフィンできました。

 波の大きさは,腰腹という実に私好み(これ以上でかくなるとビビリが入ってきますね。)でした。
 そのため,めげることなくラインナップまでパドリングして,若い人たちと波争いをしましたよ~年甲斐もなく。

 あ,そうそう,私はいまだにショートボード乗っています。ロングの方が,そりゃ乗りやすいですよ。でもねえ,ずっとショートボードなので,まあショートでやれる間はショートかなあって所です。

 ちなみに,一昨日は1時間半弱くらいやったのですが,綺麗に乗れたのは3本ですね。ま,サーフィンってそんな感じですよ。

 で,帰り,びっくりしたのは,辻堂海浜公園の屋外プールがいまだに営業していたこと!しかも凄い人出。は?いくら暑くてももう9月も2週目ですけど・・・って感じでした。

 都内の公営プールは確かどこも8月一杯で終わりだと思いますが,いやあ,違いますね。
 
 ということで,9/10は都内でも30℃を超えたようですが,これが最後でしょうね。つまり,今年の夏は,9/10まで,ということになると思います。海パンでサーフィンできるのもまた来年かなあ。

2 おじさんというのは私のことではありません。まあサーフィンしている人達も,おじさんが多いのですけどね。

 何かというと,先週,放送のあった,例のウルトラマン50周年の名作回の2位だった「怪獣使いと少年」です(メイツ星人が「おじさん」なのです。)。録画してあったのを漸く見たということです。

 ま,内容やあらすじは,詳しいサイトがたくさんありますので,そちらをみてください。

 さて,私の感想ですが,小さいころに見た記憶がちゃんとあり,結構そのとおりだったのです(ちょっと驚き)。ですが,おおーここまで表現されていたのか,と感心したことがありました。

 まず,おじさんの名前ですね。「金山」でした。勿論,おじさんは,メイツ星人なので,日本語の漢字の名前は元々の名前ではありません。
 で,そのおじさんは,警察官に撃ち殺されてしまいます。

 ほんで,封印が解けムルチが現れ,街をぶっ壊し始めるということになるのですが,何かブライアン・デ・パルマのキャリーみたいだなあと思いました(キャリーよりも帰ってきたウルトラマンの方が古い。)。

 つぎに,この回で郷と隊長以外の一般人で,唯一まともなパン屋のおねえちゃん,セリフに「うちはパン屋」とありましたので,単なる従業員じゃないようですね。つまり,商売は偏見をも凌駕する,かもしれないわけです。

 神の見えざる手と言ったのはアダム・スミスですが,あの本質は,強欲,利己,私益に走ることが結局,公益にもなる,ってことです。
 皆が商売を躊躇うようなシチュエーションでの商売は,今流行りの言葉で言えば,ブルーオーシャンですわな。

 ところで,私は,正義だとか人権だとか大嫌いです。弁護士の仕事も商売第一でやっております。儲け至上主義です。
 でも,それってそもそも弁護士の仕事と矛盾するんじゃね,って思われる方もいるかもしれません。でもそうじゃないんですね。

 オウム真理教の一連の事件がありました。あの加害者信者連中に,高学歴な上,実際エリートと言われる職業の人まで居ましたよね(医者も弁護士も居ました。)。

 彼らがどう思ってオウム真理教に入り,あのような事件を起こしたと思いますかね。
 恐らく,すげえ金が欲しい,いい女とやりたいとか思ってた人は皆無でしょうね。皆,このままじゃいかんとか,世の中を何とか良くしたい,そう思ってたのではないでしょうか。ま,有り体の言葉で言えば理想に燃えて~♡ってやつですね。

 で,その理想主義者たちが理想を突き詰めた形があんなものです。

 ジョジョの奇妙な冒険で有名な荒木飛呂彦さんて漫画家が居ます。私と同様,プリンス好きでも有名です(ああ,プリンス~♬)。
 その荒木飛呂彦さんが,関東弁護士会連合会のインタビューにこう答えています。

「インタビューワー:ジョジョの第6部では悪徳弁護士が登場しました。今後,是非とも正義の味方である弁護士も描いていただきたいのですが(笑)。
 
荒木さん:正義も極端になると悪になると思うんです。そうすると,正義の味方の弁護士を描いても,結局,悪になってしまうかもしれません(笑)。あと,悪の方が,描くのが楽なんです(笑)。」

「地獄への道は善意で舗装されている」っていうのも良く聞くことわざですね。
 私は地獄へ行きたくないし,お金もおねえちゃんも大好きなので,これからも儲け至上主義でいきたいと思います。ムフフフ。

 おっと,帰ってきたウルトラマンから随分遠くに来たような気がしますが,そうじゃないんですね。

 ま,最近シンゴジラを語るビジネスマンが多いですから,怪獣使いと少年を語ってもバチは当たらんと思いますニャ。
 ちなみに,私が帰ってきたウルトラマンで一番印象に残っている回は,天使と悪魔の間に,ですね。
PR
1 ということで,全国1億2000万人のスモールウェーバーファンの皆様お待たせしました。今年一発目のサーフィンからほぼ一ヶ月半ぶり,漸く辻堂でのサーフィンが開幕です。

 本日の波は,ひざもも程度でした。実に私好み。とは言え,さすがに小さいので,いつも一緒に行っている友人にロングを貸してもらい,それでやったのですけどね。

 まあしかし,久々休みに波があったからかわかりませんが,海は凄い人でした。辻堂でこの有様ですから,鵠沼では大変なことでしょうね。楽しみに行ったサーフィンで,ぶつけられたり前乗りされたりで大災難~みたいなことだけは嫌ですからね。

 さて,サーフィンの様子ですが,久々のため,そして人も多いため,数限りなく波争いに競り負けました。まともに乗れたのは本当1本だけでした。今も腕が震えるのですが,運動不足ですね~。
 でもいいのです。その1本は非常にうまく乗れましたので。

 あと海の水はもう夏ですね。スプリングで全く大丈夫です。

 いやあもう少し人が少ないと最高だったのになあ。

2 ついでに,スポーツ系小ネタに行きましょうか。
 アリが死んで,本日は,テレビ朝日系で追悼番組があります。と言っても,テレビ朝日系なので,猪木VSアリの試合を流す,というわけです。

 猪木VSアリには当時から色々言われておりますが,ピーターのによると,猪木の生涯におけるただ2つのガチンコの試合のうちの1つだそうです。ちなみに,もう1つは?(最後に書いておきます。)

 兎に角アリと試合をするために猪木も莫大な借金を背負い,テレビ朝日も100%の放映権を手にすることはできませんでした。だから,猪木の引退とかの場合でも,何か変なダイジェスト版のみで,フルのノーカット版はソフト化すらできませんでした。
 ところが,一昨年,新日のDVDマガジンの特別版で漸くアリ側から許諾を受けたで(恐らく),販売にこぎつけたのですね。
  なので,今日放送するやつもそれだと思いますよ。

 で,今新日は凄い大盛況です。なかなかチケットは取れないらしいです。ですので,今となればピーターに感謝してもしきれないのではないでしょうか。
 今や,若いファンにやおガチの下らない論争など興味もないと思います。でも,それはWWEのように(WWEは,映画「ビヨンド・ザ・マット」で公式に真剣勝負ではないことをカミングアウトしたのです。),公式ものじゃないとは言え,長い間レフェリーを務めていた人の手による,謂わば準公式カミングアウトがあったからなのではないかと思います。

 プロレスは真剣勝負じゃない,so what?新しいファンにはどうでもいいことで,私のようなスレッカラシのファンにもどうでもいいことです。
 しかし少し考えてもみればわかるのにねえ。ゴーストやウルトラマンXの中に人が入ってたとして,それが本当どうしたのかって感じだし,常子と星野さんの別れだって,そりゃ台本にそう書いてあったからだとか,今は昭和10年代でもないだとかってのはいちいち言わねえよ,って所です。
 でも何故かプロレスだけが,いちいち言われかねないのですね。

 私は猪木の引退試合を東京ドームまで見に行っておりますので,そのとき実に小さく本当に小さいですが,生のアリを見ております。アトランタオリンピックのオマージュでしょうが,聖火に火をつける儀式なんかあったりして,猪木にとってアリはでかい存在なんだなあと思ったものでした。ちなみにプロレスを生観戦したのは,それが最後です。

 亡くなってよくわかるのですが,グレイテストと呼ばれた現役のボクシングのヘビー級チャンピオンをミックスドルールに引きずり込む,これってイノベーションじゃないですかね。その後かなり時間が経って,寝技の得意な選手と立技の得意な選手との総合の試合で,猪木アリ状態というのが,本当よく見られました。早過ぎた総合?,いえいえ今の総合のすべてのルーツがここなのですね。

 アリ!ボマイエ!(やつを殺せ!)

3 続いて,昨日からEURO2016が開幕しております。
 私の予想は,やはりドイツが本命で,対抗が開催国のフランスでしょうね。出場国中のFIFAランキング最上位はベルギーですけど,まあちょっと無理かなあっと思います。

 WOWWOWだと全部見れますが,テレビ朝日が結構良い試合を生で放送しておりますので,私のような緩い観客にはこの程度で十分です。

4 さらにラグビーです。久々の日本代表の試合が予定されております。つーか,今日の朝早く,日本対カナダが,やってたのです。私は明日とばっかり思っていてすっかり見逃してしまいました。いやあ大失敗。

 でも,リポビタンDチャレンジカップということで,豊田スタジアムと味の素スタジアムで,スコットランドとの連戦が,今週末と来週末にあります。五郎丸選手は怪我のため招集されておりませんが,これは見ものだと思いますねえ。
 
 本日は大した悪口はありませんでしたが,ま,こんな日もありますよ。

  おっと上に書いたのに,答えを忘れておりました。それはアクラム・ペールワン戦ですね。
1 昨日,東京五輪の追加種目の提案にサーフィンも選ばれたということです。まだ,IOCに提案する競技が決まった段階で,正式にやる!と決まったわけではないのですが,まあこの提案のままIOCでも行くようですね。

 で,私も未だにサーフィンやっていますので,そうか~と感慨深い所でもあります。
 
 ただ,サーフィンがオリンピックの種目になるということで,2つの懸念が頭に浮かびました。1つは,スノーボードの二の舞いにならなきゃいいなあということと,もう1つサーフィンをやる人,つまりはサーファーの問題です。

2 スノーボードの二の舞いにならなきゃいいなあ~からいきましょう。

 現在,スノーボードは冬季五輪で行われていることは普通の人なら知っていると思います。この前のソチ・オリンピックでは,男子のハーフパイプと女子のパラレル大回転でメダルも取りました。

 でも,これ,スキーの一種としてやっているに過ぎないのです。不思議ですよね。

 ま,これもご存知の人もいるでしょうが,長野オリンピックの直前に何故かスノーボードを急遽やることに決まり,スノーボードの統括団体ではなく何故かスキーの統括団体がやることになってからの話です。

 例えるなら,こんな感じです。沖縄でのアメリカ人(駐留米軍)や,チベットでの漢人(人民解放軍),スノーボードでのFIS,なのですね。

 要するに,自分達の話にも関わらず,自分達では決められない~国民主権ないし民主主義から大きく外れているわけです。
 ですので,当時最も有名なスノーボーダーだったテリエ・ハーコンセンは,長野オリンピックのボイコットをいち早く表明しました。これまた例えるなら,ダライ・ラマ14世という所でしょう。

 とは言え,そんなみんながみんなテリエ・ハーコンセンのようにタフではありません。現実との折り合いを付けるというのも大人のやり方です。
 日本では,プロスノーボーダーも一旦FIS傘下のSAJに入り,FIS主催のw杯を転戦して,それで所定の成績を収めればオリンピックに出れるようにはなりました。
 やはりオリンピックの威力は凄いですし,大変なスポーツの大会であることは確かですので,出たい選手が出れるようにするのは良いことではないかと思います。

 ただ,ソチ・オリンピックの前のバンクーバーオリンピックでの国母選手の服装をめぐるトラブルみたいなものも起きてしまいます。チベットの人達に漢人と同じような服装を強制したり,公共の場所ではブルカを脱ぐように強制されたり,キムチ臭い~などと言われて嫌なのは,古今東西老若男女を問わないわけです。
 スノーボードを植民地化したのはいいのですが,なかなか管理は難しいわけですね。

 実は,サーフィンがオリンピックの種目で云々されたのは,今回が初めてではありません。女子のマラソンでQちゃんが金メダルを取ったシドニーオリンピックでは実施種目の候補にのぼっていました。
 ところが,サーフィンの団体が,直前の長野オリンピックでのスノーボードの惨状を見て(シドニーオリンピックは2000年,長野オリンピックは1998年),こんなことになったらたまらんってことで,諦めた(やめた)ということのようです。

 ま,マリンスポーツでは,ウインドサーフィンが,ヨットの一種目に成り下がったという経緯もありますので,非常に警戒したのだと思います。

 で,今回は,色んな新聞を見ても,ヨットの団体など,サーフィンの団体じゃない所が全面に出ているわけではないので,今のところはスノーボードの二の舞いは避けられそうです。
 ただ,スノーボードがスキーの植民地となったのは,金(ゼニ)の動きに起因すると思われますので,気をつけることに越したことはありません。

3 つぎにサーファーの問題です。

 この記事を読んでいる人にサーファーはあまり居ないと思いますが,逆にサーフィンをやらない人から見て,サーフィンのイメージってどうなのでしょうか?

 恐らく今までサーフィンをやったことのない人でも,ちょっとやってみようかなあと思ったことのある人って結構多いのではないかと思うのです。違いますかね。

 でも,サーフィンって思ったからってなかなかやれない,少なくともテニスやゴルフに比べると,格段に参入ハードルが高いのではないかと思います。私も20代のころに始めたので今もやれていますが,この歳で始めようとは思わないかなあって気がします。

 サーフィンは競技自体,非常に素晴らしいのですが,サーファー(と言っても日本のサーファーしか知りませんが。)の中に,排他的,差別的な者が結構居て(しかも結構上級者で),それが参入障壁を高めているのだと思います。

 この前,シルバーウィーク中に辻堂で久々にサーフィンをしたのですが,そのときに,上級者と思われるサーファーが前乗りしてきた若者を呼び止め説教をしておりました。
 サーフィンて1つの波に1人しか乗れないため(衝突事故を防ぐため),進行方向の途中で他人が乗ってくるのを前乗りと言って,サーフィン中の最大のルール違反ではあるのです。

 ただ,ポイントブレイク(海底に岩があるなどして,崩れるポイントが一箇所しかない)なら,前乗りの基準も分かりやすいのですが,このときの湘南辻堂のようなビーチブレイク(海水浴場って大体そうです。)だと,誰に優先権があり,どうすると前乗りの違反になるのかは分かりにくいのですね。

 このとき,一緒に行った友人も,その同じ上級者から怒鳴られたということで酷く怒っておりました。むしろ,お前の方が前乗りしてきたんじゃないかということです。

 ねえ,そんなのもっとメローに,まったり,お互い様でやればいいのに,下らないことでの怒鳴り合いですわ。

 サーフィンの世界では,こういう下らないことで怒鳴る人達のことをローカルと言って,何だか崇め奉られております(ついていけないでしょ~。)。
 ビーチの掃除や車を止める場所の管理などをしているから~らしいです。でも,見返りを求めて何かをするのは卑しい行為だと習わなかったかな,君たち~♫

 まあでも,ローカルサーファーとして威張れるという見返りを求めたとしても,前乗りに怒鳴ったとしても,それはまだいいですわな。別に変なことをしているわけでありませんので。

 ただ,人間,誰しも弱く調子にも乗りやすい質なので,そのローカルの気質(これをローカリズムと言うらしいです。)が変な方に向かうこともあります。

 例えば,外から来るサーファー(ビジターといいます。)の前乗りは絶対許さない,でもローカルは前乗りOKでビジターが避けないといけない,みたいなクソルールのあるサーフポイントはたくさんあります。
 また,上記のようなポイントブレイクだと,サーフィンできるのはローカルだけ,ビジターはよそでやらないといけない~というクソルールのあるサーフポイントもたくさんあります。

 いやあ凄いですよね。ブルカしている人お断り~,キムチ臭い人お断り~,全くそのレベルの話なのですが,当人たちは自分達が良いことをしているエリートであるかのように思っているので,手に負えません。

 他方,そのくせ,ちょっと前の大震災などでの津波対策等で,テトラ投入~サーフポイント消滅?~みたいな話になると,サーフポイント存続の署名お願いします~サーファーなら是非~みたいな態度にでますからね~。いやあドラえもんのジャイアン以上の酷さですわ。

 おっといけねえ,単なる愚痴か悪口か~っていつものことですけどね~ムフフフ。

 兎も角,こんな有様でオリンピックなんてやったら,せっかくだからサーフィンでもしてみようかなあという人達とトラブル必至ですよ。
 そしたら,オリンピックのイメージや若い真面目な選手達(この前アスリートの魂に出てた女子のプロサーファーは,お金をセーブするために電車サーファーしてたもんなあ。)が築き上げたものが一瞬にしてパー~となりますけどねえ。

 本当大丈夫かなあと思うのですわ。サーフィン自体は実に素晴らしいものなのですが,やっている人達の中にレベルの低い者が居て,本当それが残念で,気懸かりちゅうわけです。

4 ま,選ばれなかった競技もあるわけで,折角選ばれたのですから,後で良かったなあと思われるようにしたいですよね。
 それはサーファー各々にかかっているのではないかと思います。
1 で,昨日の午後から雨ザーザーで,今日の朝までシトシト降っていた東京です。

 恐らく雨が止むということを見越して,今日はサーフィンに行ってきました。これで,GWに再開したサーフィンも早6回目っていうことですね。
 GWが蓮沼海浜公園の近く,5/23,30が辻堂,6/6が一宮,6/14が辻堂,今日6/27が辻堂です。残念ながら,先週は都合で一回休みということになってしまいましたが,実にいいペースでサーフィンに行ってます。

2 波は膝,モモ,たまに腰くらいでしたね。でも,普通はこのくらいの波だともうダンパーになっていたのですが,今日は実にいい感じでショルダーが残ったままブレイクしてました。
 おかげで,もう激混み~♪こんなに混んでて鵠沼みたい~本当そんな感じでしたね。こういうときは,ぶつからないように結構気を使うのですが,何とか無事に済みました。

 サーフィンも慣れですので,若い人達と必死に波争いをしてたのですが,もう腕が痛くなることもないですね。何本かいい波に乗って,久々ワンターンでなく長く乗れたのもありました。もう大満足ですね。

 まあしかし,こんなに混むというのは,理由がよくわからないのですね。鵠沼のエリア規制が始まるのは,7/1~(海水浴場のオープンと同じ)なので,そこから逃れた人がこっちに来たということもなさそうだし,うーん,不思議です。

 ともあれ,水ももう冷たくなく,次回あたりからもう海パンだけで良さそうです。
 そうそう,薄着になるのは私だけではなく,今日は何故かロングでビキニの姉ちゃんがいまして,その美乳に目が釘付けで何本か波をミスしてしまいましたね~。いやあ,全く男ってやつはってやつです。ムフフフ。
1 昨日の夜,東京の雨は物凄かったですね。傘がまったく役に立たず,帰宅のときはビショビショでした。

 ほんで,今日は早起きして,友人と千葉の一宮の方へサーフィンに行ってきました。

 朝起きるとまだ雨が残っている上に,久々寒いくらいの低温でした。まあそれでもアクアラインで,一宮に着いたわけです。
 
 入ったポイントはこんな感じです。サンデイおっさんサーファーとしては,もう少し小さいと良かったのですが,自然相手ですのでしょうがありません。

 ということで,何事にもやる気のない私は,インサイドの方でチャプチャプとしたわけですね。
 
 この堤防際です。
 ただ,一緒に行った友人はロングだったのですが,人が混んでからは嫌がらせを受けたらしいです。まあ,ローカルのショートからすると,ビジターのロングなんか邪魔以外の何者でもありませんので,こういうことはあり得ます。

 ただ,一宮って結構千葉のメインのポイントなので,ビジターも多いと思うのですね。でも,これじゃあ~ね。

 ま,サーファーのローカリズムって,結局のところ。大久保当たりでのヘイトスピーチと本質的には変わりありません(韓国人を庇うわけではありませんので,念の為)。
 偏狭な排他主義は,年齢性別,そして民族を問わず,世界中どこでも見られるものですからね。これからはさらにそういうことが露骨におおっぴらにやられる時代になると思います。
 ですので,サーファーも時代を先取りしているのかもしれませんね。


2 昨日は,特許の最高裁の判決の評釈,今日は,サーフィンでローカル批判と,なかなか振れ幅の大きい私です。
 でもその実態は,イカレたネトウヨ弁護士ですので,くれぐれもポジショントークにお気をつけあそばせ~♡
1 ということで,本日は辻堂でサーフィンをしてきました。

 今シーズンの一発目はGW中の千葉でしたが,まあ一応地元は辻堂?ってことで,本格的に今シーズンもスタートです。

 去年買った板は結局去年は殆ど乗れず仕舞いでしたので,久々です。
 しかーし,ワックスの準備は万端ですので,今日も滑ることなく最後まで乗れました。

2 今日は写真も何もありませんが,波は膝腰あたりって所でしょうか。実に私好みです。しかも,もう少し人が居るかなあと思ったら,あまり居らずそれも良かったですね。

 で,今日はらしくもなく頑張りました。
 波が小さかったので,ラインナップまでパドルして,うねりを追いかけて乗りましたね。最近は,すぐに心が折れ,もういいや~インサイドの足の着く所でバシャバシャじゃ~てなもんですが,今日は一本乗ったり乗り損なってもまたパドルしてラインナップまでちゃんと戻りました。
 
 おかげで二本ほど,いい波をとらえ,ボトムターンからちょっと上がってもう一度下るくらいまで行けました。
 この歳でショートボードで,頑張ってるでしょ。

 他方,1時間少しやったのですが,もう体,特に上半身が痛いのなんのって~♪だるーい,だるい。日頃何もやっていないので,いやあ今もこのパソコン打つのですら,一苦労ですわ。
 コンスタントにやっているとこんなことも無くなると思いますが,これからは定期的に行けるといいけどなあ。どうなんでしょ。
1 つーことで,この土日は,千葉の方へサーフィンに行ってきました。

 今回は屋形ポイントという所です。
 
 九十九里のポイントの1つですが,九十九里は広いですからね。
 どこら辺かというと,蓮沼海浜公園(何か遊具のゴンドラが落ちたとか事故があったようですね。)のすぐ近くと言えばわかるでしょうか。九十九里の有名なポイントと言えば,片貝とか一宮とか有名ですが,その北ですね。人の少ない千葉でも北の方が人が少ないため,私のようなヘタレサーファーにはちょうどいいわけです。

 これは土曜の午後の波ですね。アウトで胸肩くらいの波でした。久々なので,そんなアウトまでパドルする意思も能力もなく,インサイドで水遊び~♪って感じでした。

 昨年のサーフィン〆のときに,ワックスを忘れて大失敗だったことを書きました。今回はバッチリでした。やはりワックスの威力は大きいです。インサイドの小波と言えども,綺麗に何回か乗れて大満足でした。

 空いているってえのは本当良いですね。海の水は,シーガルだとまだつらいかもしれません。
 
 板は,遠征用のいつものアルメリックのエポキシです。もう10年以上使ってますが,タフですね~。フォームの板だと考えられないと思います。耐久性はエポキシとかそういうのがいいですわ~。

 次の日曜の朝はこんな感じでした。
 
 霞んでいるのは,霧が出ているせいです。波の大きさは昨日より小さくなったのですが,何かブレイクがイマイチになったのか,土曜より乗れませんでした。不思議なものですね。

 今年は,健康増進の意味もあり(もうすぐ,健康診断の時期だ~),去年よりはサーフィンに行くつもりですが,うまくいくかなあ。

2 ということで,サーフィンのネタだけでも良いのですが,きな臭い話題が大好きな私としては,この時期ならでは~憲法の話と行きましょう。

 憲法38条は自白に関するもので,こんな条文です。

第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

 これは,実質面と同様,形式面も重要だ~という条文です。形式面では,こんな条文があります。
第三十一条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

 デュープロセスの条文と呼ばれておりますね。

 ま,ここでもちょっと前に述べましたが,実質面だけではなく,形式面の重視が非常に重要なわけです。人は弱いものですから,拷問なんてすればすぐに本当のことを言います。
 拷問の禁止は,虚偽の自白による誤判の虞があるから~ということを言うひともいます。まあそんな面もあることは否定しませんよ。じゃあ,誤判しなきゃいいのか,誤判の虞が無くなれば,どんどん拷問していいのか~ってなると多分違うのでしょうね。

 拷問自体を禁止することに意義があるのです。上記のとおり,人間は弱いものですので,拷問すれば,凶器や麻薬の隠し場所や共犯の存在やら,聞き出すことができます。真犯人により近づけるわけです。実質面を重視すれば,別にやっていいんじゃね,ってなりかねません。
 ね,目的が正しければ手段を問わない~ってやつですね。

 何でこんなことを書くか,おそらくここまでの話は,いくら私がイカれたネトウヨの超保守派の差別主義者の弁護士だとしても異論はそんなにないと思います。

 他方,憲法ですが,昨日の日経の社説にこんなことが書かれていました。
「現憲法の原型をGHQが作成したのは多くの証言や記録から疑う余地はない。敗戦国にそれをはねのける力があったはずはなく、押し付けとの見方は誤りではない。」
 つまり,憲法の制定過程に瑕疵があった,ということは,アメリカマンセーで有名な日経も認めているのです。
 しかし,日経の社説はこうも書きます。
「ただ、押しつけだからすべて廃棄するというのは現実味がない。成り立ちにかかわらず、現憲法はそれなりに定着してきたという護憲派の主張にも一理ある。」

 しんぶん赤旗とかをよく読んでいる弁護士の皆さん(通称,クソサヨク)も,こういう考えは多いのではないでしょうかね。

 あれ?憲法にはデュープロセスのことが書かれている,形式面を重視しないといけないと書いてある,だのに,憲法自体の形式面のことは問われないわけ?
 それなりに定着し,国民も平和主義とか望んでいたのだから,それでいい~ってわけ?

 おかしいなあ,凶器が自白通りに見つかり,遺体もそのとおり見つかって,真犯人がちゃんと捕まったなら,多少の拷問もOKになるんですかねえ。

 ま,クソサヨクの二枚舌というかご都合主義は,これに始まったことじゃないから,別にいいんですけどね~。

 私は基本何が何でも改憲すべきとは思いません。でもね~自分たちの憲法なんだから,自分たちで制定したいなあと思うだけです。個人的には,改正すべき点は多々あると思いますよ(9条とかね。)。でも改正しない,このままで行く,それはそれでいいと思います。

 こう言うと,わかりにくいかなあ,つまり,今の憲法を全く変えないという発議,ないし全く同じ条文の修正案を出せばいいと思うのですよ。
 それで結果として,今のままとなったら,形式面の瑕疵は治癒されたことになるのではないかと思うのです。個人的な思いもありますが,そうなったら私は特段文句はありません。

 デュープロセスで行くなら,とことんデュープロセスでやれや~!ご都合主義の欺瞞的言説にはもうウンザリなんだよねえ。
 
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 5 6
10 12 16
17 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]