忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 で,昨日の午後から雨ザーザーで,今日の朝までシトシト降っていた東京です。

 恐らく雨が止むということを見越して,今日はサーフィンに行ってきました。これで,GWに再開したサーフィンも早6回目っていうことですね。
 GWが蓮沼海浜公園の近く,5/23,30が辻堂,6/6が一宮,6/14が辻堂,今日6/27が辻堂です。残念ながら,先週は都合で一回休みということになってしまいましたが,実にいいペースでサーフィンに行ってます。

2 波は膝,モモ,たまに腰くらいでしたね。でも,普通はこのくらいの波だともうダンパーになっていたのですが,今日は実にいい感じでショルダーが残ったままブレイクしてました。
 おかげで,もう激混み~♪こんなに混んでて鵠沼みたい~本当そんな感じでしたね。こういうときは,ぶつからないように結構気を使うのですが,何とか無事に済みました。

 サーフィンも慣れですので,若い人達と必死に波争いをしてたのですが,もう腕が痛くなることもないですね。何本かいい波に乗って,久々ワンターンでなく長く乗れたのもありました。もう大満足ですね。

 まあしかし,こんなに混むというのは,理由がよくわからないのですね。鵠沼のエリア規制が始まるのは,7/1~(海水浴場のオープンと同じ)なので,そこから逃れた人がこっちに来たということもなさそうだし,うーん,不思議です。

 ともあれ,水ももう冷たくなく,次回あたりからもう海パンだけで良さそうです。
 そうそう,薄着になるのは私だけではなく,今日は何故かロングでビキニの姉ちゃんがいまして,その美乳に目が釘付けで何本か波をミスしてしまいましたね~。いやあ,全く男ってやつはってやつです。ムフフフ。
PR
1 昨日の夜,東京の雨は物凄かったですね。傘がまったく役に立たず,帰宅のときはビショビショでした。

 ほんで,今日は早起きして,友人と千葉の一宮の方へサーフィンに行ってきました。

 朝起きるとまだ雨が残っている上に,久々寒いくらいの低温でした。まあそれでもアクアラインで,一宮に着いたわけです。
 
 入ったポイントはこんな感じです。サンデイおっさんサーファーとしては,もう少し小さいと良かったのですが,自然相手ですのでしょうがありません。

 ということで,何事にもやる気のない私は,インサイドの方でチャプチャプとしたわけですね。
 
 この堤防際です。
 ただ,一緒に行った友人はロングだったのですが,人が混んでからは嫌がらせを受けたらしいです。まあ,ローカルのショートからすると,ビジターのロングなんか邪魔以外の何者でもありませんので,こういうことはあり得ます。

 ただ,一宮って結構千葉のメインのポイントなので,ビジターも多いと思うのですね。でも,これじゃあ~ね。

 ま,サーファーのローカリズムって,結局のところ。大久保当たりでのヘイトスピーチと本質的には変わりありません(韓国人を庇うわけではありませんので,念の為)。
 偏狭な排他主義は,年齢性別,そして民族を問わず,世界中どこでも見られるものですからね。これからはさらにそういうことが露骨におおっぴらにやられる時代になると思います。
 ですので,サーファーも時代を先取りしているのかもしれませんね。


2 昨日は,特許の最高裁の判決の評釈,今日は,サーフィンでローカル批判と,なかなか振れ幅の大きい私です。
 でもその実態は,イカレたネトウヨ弁護士ですので,くれぐれもポジショントークにお気をつけあそばせ~♡
1 ということで,本日は辻堂でサーフィンをしてきました。

 今シーズンの一発目はGW中の千葉でしたが,まあ一応地元は辻堂?ってことで,本格的に今シーズンもスタートです。

 去年買った板は結局去年は殆ど乗れず仕舞いでしたので,久々です。
 しかーし,ワックスの準備は万端ですので,今日も滑ることなく最後まで乗れました。

2 今日は写真も何もありませんが,波は膝腰あたりって所でしょうか。実に私好みです。しかも,もう少し人が居るかなあと思ったら,あまり居らずそれも良かったですね。

 で,今日はらしくもなく頑張りました。
 波が小さかったので,ラインナップまでパドルして,うねりを追いかけて乗りましたね。最近は,すぐに心が折れ,もういいや~インサイドの足の着く所でバシャバシャじゃ~てなもんですが,今日は一本乗ったり乗り損なってもまたパドルしてラインナップまでちゃんと戻りました。
 
 おかげで二本ほど,いい波をとらえ,ボトムターンからちょっと上がってもう一度下るくらいまで行けました。
 この歳でショートボードで,頑張ってるでしょ。

 他方,1時間少しやったのですが,もう体,特に上半身が痛いのなんのって~♪だるーい,だるい。日頃何もやっていないので,いやあ今もこのパソコン打つのですら,一苦労ですわ。
 コンスタントにやっているとこんなことも無くなると思いますが,これからは定期的に行けるといいけどなあ。どうなんでしょ。
1 つーことで,この土日は,千葉の方へサーフィンに行ってきました。

 今回は屋形ポイントという所です。
 
 九十九里のポイントの1つですが,九十九里は広いですからね。
 どこら辺かというと,蓮沼海浜公園(何か遊具のゴンドラが落ちたとか事故があったようですね。)のすぐ近くと言えばわかるでしょうか。九十九里の有名なポイントと言えば,片貝とか一宮とか有名ですが,その北ですね。人の少ない千葉でも北の方が人が少ないため,私のようなヘタレサーファーにはちょうどいいわけです。

 これは土曜の午後の波ですね。アウトで胸肩くらいの波でした。久々なので,そんなアウトまでパドルする意思も能力もなく,インサイドで水遊び~♪って感じでした。

 昨年のサーフィン〆のときに,ワックスを忘れて大失敗だったことを書きました。今回はバッチリでした。やはりワックスの威力は大きいです。インサイドの小波と言えども,綺麗に何回か乗れて大満足でした。

 空いているってえのは本当良いですね。海の水は,シーガルだとまだつらいかもしれません。
 
 板は,遠征用のいつものアルメリックのエポキシです。もう10年以上使ってますが,タフですね~。フォームの板だと考えられないと思います。耐久性はエポキシとかそういうのがいいですわ~。

 次の日曜の朝はこんな感じでした。
 
 霞んでいるのは,霧が出ているせいです。波の大きさは昨日より小さくなったのですが,何かブレイクがイマイチになったのか,土曜より乗れませんでした。不思議なものですね。

 今年は,健康増進の意味もあり(もうすぐ,健康診断の時期だ~),去年よりはサーフィンに行くつもりですが,うまくいくかなあ。

2 ということで,サーフィンのネタだけでも良いのですが,きな臭い話題が大好きな私としては,この時期ならでは~憲法の話と行きましょう。

 憲法38条は自白に関するもので,こんな条文です。

第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

 これは,実質面と同様,形式面も重要だ~という条文です。形式面では,こんな条文があります。
第三十一条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

 デュープロセスの条文と呼ばれておりますね。

 ま,ここでもちょっと前に述べましたが,実質面だけではなく,形式面の重視が非常に重要なわけです。人は弱いものですから,拷問なんてすればすぐに本当のことを言います。
 拷問の禁止は,虚偽の自白による誤判の虞があるから~ということを言うひともいます。まあそんな面もあることは否定しませんよ。じゃあ,誤判しなきゃいいのか,誤判の虞が無くなれば,どんどん拷問していいのか~ってなると多分違うのでしょうね。

 拷問自体を禁止することに意義があるのです。上記のとおり,人間は弱いものですので,拷問すれば,凶器や麻薬の隠し場所や共犯の存在やら,聞き出すことができます。真犯人により近づけるわけです。実質面を重視すれば,別にやっていいんじゃね,ってなりかねません。
 ね,目的が正しければ手段を問わない~ってやつですね。

 何でこんなことを書くか,おそらくここまでの話は,いくら私がイカれたネトウヨの超保守派の差別主義者の弁護士だとしても異論はそんなにないと思います。

 他方,憲法ですが,昨日の日経の社説にこんなことが書かれていました。
「現憲法の原型をGHQが作成したのは多くの証言や記録から疑う余地はない。敗戦国にそれをはねのける力があったはずはなく、押し付けとの見方は誤りではない。」
 つまり,憲法の制定過程に瑕疵があった,ということは,アメリカマンセーで有名な日経も認めているのです。
 しかし,日経の社説はこうも書きます。
「ただ、押しつけだからすべて廃棄するというのは現実味がない。成り立ちにかかわらず、現憲法はそれなりに定着してきたという護憲派の主張にも一理ある。」

 しんぶん赤旗とかをよく読んでいる弁護士の皆さん(通称,クソサヨク)も,こういう考えは多いのではないでしょうかね。

 あれ?憲法にはデュープロセスのことが書かれている,形式面を重視しないといけないと書いてある,だのに,憲法自体の形式面のことは問われないわけ?
 それなりに定着し,国民も平和主義とか望んでいたのだから,それでいい~ってわけ?

 おかしいなあ,凶器が自白通りに見つかり,遺体もそのとおり見つかって,真犯人がちゃんと捕まったなら,多少の拷問もOKになるんですかねえ。

 ま,クソサヨクの二枚舌というかご都合主義は,これに始まったことじゃないから,別にいいんですけどね~。

 私は基本何が何でも改憲すべきとは思いません。でもね~自分たちの憲法なんだから,自分たちで制定したいなあと思うだけです。個人的には,改正すべき点は多々あると思いますよ(9条とかね。)。でも改正しない,このままで行く,それはそれでいいと思います。

 こう言うと,わかりにくいかなあ,つまり,今の憲法を全く変えないという発議,ないし全く同じ条文の修正案を出せばいいと思うのですよ。
 それで結果として,今のままとなったら,形式面の瑕疵は治癒されたことになるのではないかと思うのです。個人的な思いもありますが,そうなったら私は特段文句はありません。

 デュープロセスで行くなら,とことんデュープロセスでやれや~!ご都合主義の欺瞞的言説にはもうウンザリなんだよねえ。
 
1 ということで,この土日,群馬県のかなり奥,尾瀬戸倉で,スノーボードをやってきました。

 非常に雪質も良かったのですが,私の体調の方がイマイチで,非常に惜しい感じに終わりました。まあ,雪も体も結局自然のものですので,それには勝てないってことですかな。

2 話は金曜日の夜に遡ります。

 ここ数年,スノーボードに行くときは,金曜日の夜に出発し,日が変わる前後に宿に着き,ゆっくり休んでから,朝一のパウダーを狙うというのは,我らがおっさんスノーボーダーのやり方です。大体,ソニーのエンジニア時代の同僚ですので,もう付き合いは20年以上になるのですが,全く飽きもしない連中ってことですね。

 そうそう,正月にかぐらみつまたスキー場でスノーボーダーの遭難がありましたが,実に気持ちはわかりますね。圧雪されたゲレンデと新雪でのスノーボードは全く違うのです。

 新雪でのスノーボードは,まさにスノーサーフィン~長めの板で,スピードをつけて浮力を出し,エッジではなくレールと体重移動でカーブするというやつです。その感覚は当然サーフィンでも味わうことはできるのですが,如何せん短すぎます。サーフィンって,10秒乗ってりゃ,かなり長く,普段のサーフィンって本当数秒ってことが多いのではないでしょうかね。本当,1ターンで終わりです。

 ところが,スノーボードの場合,ゲレンデというか斜面が長けりゃ,もうずっとその感覚が味わえるわけですね。でも,スノーボードの場合,問題が1つあり,そのパウダーの残っている斜面へのアクセスです。日本の多くのスキー場は,金属製のエッジを具備したスキーに適したようなゲレンデ整備をしていますので,そもそもゲレンデ内に新雪が残るような所が少ないのです。さらに,数少ない整備されていないゲレンデも,スキーヤーが来ると,たちまちコブ斜面に変化してしまい,ますますパウダーのありかは少なくなるわけですね。

 ですので,ゲレンデの外に行って,思うがままパウダーを滑りたい,エッジなんか使わないカーブしたいって人は多いわけです。今日の日経にもそんな記事がありました。

 ほんで,本題にも戻りますが,尾瀬戸倉は沼田地区で最も奥にあるといって良いスキー場ですので,何らかの特徴がないとそんな奥まで来るわけないのです。なので,昔からスノーボードに力を入れており,スノーボードに理解あるゲレンデ作りをしているわけですね。
 その1つが,圧雪のないところの多さです。相対的にスキーヤーは少ないので,コブ斜面になることはなく,しかも高度が高く雪質も良いので,長く多くパウダーが残るということです。

 ですので,そのパウダーを朝一で食いたい~それが一年の計と言ってもよいことにもなります。

3 で,金曜の夜に話を戻すと,予定とおり,12時前に定宿に到着し,酒盛り開始~。ここまでは良かったのですが,つまみのチーズを食ったあたりから,なにやらお腹にじんわりした違和感が発生したのです。

 適当に切り上げ,床についたのですが,お腹がどんどん痛くなり,ほぼ一睡も出来ない状況に。いやあ,ビールにチーズという消化に悪いものを食ったからこうなったかなあと,チーズはいかんなあと思いつつ,何とか朝飯を押し込み,ゲレンデに行ったのでした。

 
 そのときの模様です。
 たまには,自分の写真も載せておきましょう。ゴーグルはオークリーのOフレイム,ヘルメットはバーンのツバ付き,ウェアはバートンのAKですね。これだけ書けば,どういう嗜好かよくわかるのではないでしょうか。

 で,ゲレンデは運良く,いつもパウダーを狙う斜面のリフトが開く直前~,ほぼバージンパウダー(くるぶし以上はあったかなあ。)を味わうことになったのです。
 しかし,腹の具合は悪く,しかも,いつもに増して疲労も倍増~,いやあ齢50,歳には勝てねえなあと思いつつも,一本滑るごとにハーハーゼーゼー,楽しいはずのパウダーランも何だか難行苦行の有り様に。
 しょうがないので,1時間程度滑って最初の休憩に向かったわけですが,これでほぼご臨終でした。一端休むともう全く動けなくなってしまったのです。折角のリフトの1日券も午前1時間滑っただけで終了~。昼ごはんは何とか食べたものの,腹の痛さは変わらず,しかも,何か寒気があるのですね。

 友人達がすべり終わるのを待ち,何とか宿に戻ったものの,風呂に入っても,湯船は熱いはずなのに,何故か悪寒がするのですね。いやあ,チーズの消化不良でこんなになるとはと思いつつも,布団に横たわったわけです。
 ほんで,一緒に行った友人達の中で,風邪気味だということで,体温計を持っていた人が居たため,念の為,測ってみると,37.7℃~!要するに,所謂,胃腸風邪ってやつなわけです。
 いやあ,びっくりです。

 何がって?私は,田舎育ちで丈夫な上,無理はせず,常に楽して大儲けを志向し,何か失敗しても他人のせいにし,基本逃げられるだけ逃げることを信条とする卑怯者ですので,熱なんか出ることはめったにないのです。
 考えてみると,熱出したのは,色々あってストレスもピークだった2000年,そうビギンズナイトのあった年以来ですね。その年,もう会社を辞めると決心した途端,嘘のように発熱等から開放されてから,ほぼ15年,熱を出したことが無かったのです。いやあ,ある意味凄いですね。

 だから,そりゃ,年に数回熱が出る人だったら,症状が自分でもわかるのでしょうが,もう15年も前のことなんて覚えてないですよね。まあ,なので,わかって納得です。
 その日は夕飯も食わずに早々に就寝したためか,翌朝(昨日ですね。)はかなり調子が良くなってきました。体温も36.3℃まで下がっておりました。

 で,着替えを済ませ,昨日のパウダーを食った斜面に行くと,前の日とは異なり,若干遅かったらしく,既にバージンパウダーは食われた後でした(日中から夜にかけて雪が降り続いていたのです。)。

 こんな感じですね。ただ,残っているところはあるため,その辺りを攻めていくことができました。

 2日連続でこんなにパウダーを食えることができたなんて,本当珍しいです。惜しむらくは私の体調ですが,いやあ,本当自然は人智ではどうしようもありません。胃腸風邪にどうやってなってしまったかは心当りがあるのですが,まさか熱が出るとは思いませんもん。

 幸い,腹のぐあいも本日は回復し,明日からの仕事には支障はなさそうです。ま,自営業者にとって,健康が第一ですからね。
 そう,自営業にとって,最も重要なことは?営業力,いやあそれも重要ではあるのですが,やはり最も重要なことは健康ですね。

 多少無愛想で人付き合いも悪くても,いつでも変わらぬペースで,元気なら仕事も頼む気になるってやつです。他方,あっちが悪いこっちが痛いで,昼過ぎても出勤せず,週の半分は通院やらして,不定期に入院したり休んだりするするような人には,いくら人付き合いが良くて,魅力的な人物だったとしても仕事は依頼しづらいですからね。

 まあ,健康第一に今年も張り切ってやってきましょうっていう教訓でしょうかね。

4 追伸
 ほろ苦と言えば,フランスなどで悲惨な事件が立て続けに起こっております。そういう事件のことを見聞きするにつけ,自由とか民主とかいうのも単なるデファクトスタンダードに過ぎないんだなあって思いを強くしますね。

 あ,デファクトスタンダードって,あれですよ,もう30年くらい前の,松下ビクター陣営のVHS対ソニー陣営のベータマックスの家庭用ビデオのフォーマット対決で,VHSが勝ったような話のことですね。ですので,今回の事件は,門真の松下のショップに何故かソニーのベータマックスのビデオが売られていたようなもんでしょう。

 自称進歩的文化人の方は,自由・民主っていうのが普遍的価値だと勘違いしているようですが,世の中そんな甘くないわけですわ。まあ,私も個人的には,自由・民主の国の方が生きやすいと思うのですが,それはあくまで私の好みで,絶対にこうだから自由・民主ってわけではないと思います。それは,30年前あれだけ大騒ぎしていた,VHSもベータマックスも,どちらも一般家庭から姿を消したことからも明らかです。
 それに,今や世界第二位の経済大国であるお隣の国は,自由・民主とはまるで違う方式を採用していますが,少なくともまるでダメだ~って感じじゃないですよね。むしろ,自由・民主とかを標榜して小回りの効かない,頭デッカチの国々よりは随分調子が良いように思えます。

 ですので,中国とか北朝鮮とかを見て,体制がいつ崩壊してもおかしくない,いつまでもつことやらなんて思っている人は考えを改めた方がいいのかもしれませんよ。
 意外と,人のことを心配している場合じゃなかったりして・・・ムフフ。

 兎も角も,世の中に絶対的なんてものはありません。お互い理解できない,する必要がないという前提で,全面的な殺し合いではなく,少数の犠牲だけで済むよう(多少の殺し合いは前提ってことね。),ない頭を使うのでしょうね。
1 今日は土曜日,ということでヌルい話でいきましょう。

 この時期の話題というと,やはり,WCTツアーファイナル,トリプルクラウンの最終戦,ビラボンパイプラインマスターズですね。

 と言われても,昨日法曹関係のゲスな話題に飛びついた方々にとっては,ナニソレ??って感じでしょうね。
 いやあ,昨日の閲覧数は凄かったです。いやあ本当,人間て自分の正体がわからないような場合だと,どういうことに興味があるかって出ますよね。

 金,人事,不祥事,皆さんの興味のあるものは,私と同じってわけです。
 ただ,一応言っておきますけど,私はそんなIT系に詳しくありませんが,理系なもんで,このブログのログの保存のやり方くらいはわかります。
 昨日は凄かったですよ。あ,こんな大企業,あ,こんな大学,あ,こんな団体,あ,こんな官庁まで~あんたも好きねえ~♪ちょっとだけよ~♡って所したね。勿論,個々の人までわかるわけではありませんが,IPアドレスからは思いっきりどういう所属(DNS)かわかりますのでね。

 おっとまた議題から逸れております。

 さて,本題に戻ると,これはハワイのオアフ島の所謂ノースショアで行われていたサーフィンの大会ですね。こんなのに興味のあるのは,法曹でも,私と,あと修習の同じクラスのT先生くらいだと思いますが,それが本日最終日でした。

 パイプラインマスターは,オーストラリアのジュリアン・ウィルソンに決まりました。トリプルクラウンも取ったようですね。
 そして,年間チャンピオンも決まりました。こちらは,ブラジル出身のガブリエルメディーナです。
 ガブリエルメディーナも,ファイナルまで行って,パーフェクト10を出すなど終始リードしていたのですが,最後の残り2分位で,ジュリアン・ウィルソンがとんでもないチューブライドをして,大逆転でパイプラインマスターの称号を取りました。
 
 今回のパイプラインは,大会の始めはかなり波が良かったのですが,ここの所イマイチで,これじゃあ,鵠沼の方が波あるで~という状態でした。今日もあんまり良くないけど,大会期間も限られているため(20日まで),強引にやったって感じでしたね。
 だって,ファイナルまで,時間を15分くらいずらして別のヒートを一緒にやるという,海の上にサーファーが4人居るという体たらく。で,波もしょぼく,ジョン・ジョン・フローレンスが出た準々決勝なんか,残り3分くらいまで誰も波に乗ってなかったですもん。

 まあ運良くファイナルの時間はそれなりの波が来て,マンオンマンでやったので,見応えはありましたけどね。

 ところで,年間チャンピオンになったのは,若手成長株のガブリエルメディーナでしたが,リップカールの面白いスプリングか,ノースリーブのウェットスーツを着ていて,それが気になりましたね。何か重ね着しているような感じだったのです。

 まあ私がオタクなもので,そんなどうでもいいところも気になるわけです。あとはガブリエルメディーナのサーフボードも,スペインのやつらしいです。プーカスというブランドで,私は全く知りませんでした。
 
 あと,ちなみに,パイプラインというのはレフトの波だけで,ライトの波はバックドア(裏口)と呼ぶらしいです。

 おっさんサーファーとしてはケリースレーターがチャンピオンを逃したのは残念ですが,まあいいでしょう。

2 で,次の結果です。

 東芝とハイニックスの間の営業秘密に関する民事訴訟で,和解が成立したらしいです。

 この件は,このブログでも過去取り上げました。まあ無事解決して良かったのですが,金権弁護士として気になるのは,この日本円で330億円という和解額です。

 日経にも書いてましたが,確定したものとしては,日本の知財史上最高額じゃないですかね。お金の件は,以前このブログでまとめましたが,この件で更新しておきます。

 このブログの2014.12.20現在の結論としては,確定している判決では,重金属固定化処理剤事件の約18億円が最高,裁判上の和解では,東芝とハイニックス間での営業秘密事件の330億円としておきます。
1 この3連休は,今日まで千葉の方へまたサーフトリップしてきました。

 まあ,思い起こせば,今シーズンは,新しい板も買ったということもあり,出だしはいいペースでサーフィンしてきたのですが,夏に入り急速にペースダウン~。

 さすがに私もいい歳なもんで,同年代の方と同程度には色々やることがありますので,そりゃあ,サーフィン一番ってわけにもいきません。ですが,何とか予定を作ったり色んな工夫をしても,波が無かったり,又はあり過ぎたりで,本当,今年はタイミングが悪かったです。

 基本サンデーサーファーなのですが,都合をうまく付けるのがここの所本当難しいって思います。

2 なので,サーフィンもいや実際何ヶ月ぶりよ~♡っていうくらいの久々でした。しかも,ワックスを忘れてきたもんで,滑る滑る~。
 久々な上にきちんとバランスを取っても,板だけスコーンと勝手に滑っていって,ワイプアウト~っちゅう,本当これじゃあ初心者だよな~っていうことばかりでした。


 で,波はこんな感じです。腹腰ってところでしょうか。ワタシ好みで良かったのですが,上のとおり,自分の準備がイマイチなせいで,イマイチに終わったってところです。

 ちなみに,水温はまだ高いですね。シーガルだとさすがに寒いかもしれませんが(でも何とかなるかな~),一番薄いフルスーツなら十分でしょう(私はフルスーツ持ってませんけどね。)。

 で,これでサーフィンは今シーズン終了。これからはスノーボードのシーズンになります。
  
 ヘルメットを新しくしたので,アグレッシブにできますよ~。

3 ということで,記念すべき1000個めの記事はこんな内容です。

 特許でもなけりゃ,ネトウヨ系でもなく,私の今の生活において,一番長く続いているもの,って所になりました。

 何つっても,93年に始めたサーフィンはもう20年以上続いているのですね~。
 バリ島のクタビーチで,トップレスのオージーの姉ちゃんにびっくりし,ワイキキでロングボードを当てられ,外人の医者に問答無用で縫われたり,台風の鵠沼でバレルにまかれてはっきり言って溺れたりと(危うく死にかけ),サーフィンをやっていると色々ありますな~。

 今日だって,ホテルのスリッパそのまま海岸に出てしまったり,上のとおり,ワックスを忘れて滑りまくったりと,いまだに色々失敗やらをやらかしております。

 でもまあ,サーフィンってこんなもの,人生ってこんなものって感じがします。弁護士になる前から続いているサーフィンは,仮に弁護士をやめてからも続くのだと思います(勿論,弁護士もずっと続けたいのですが,弁護士になったのと同様,それを決めるのは私じゃあありませんのでね。)。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
3 4 6
8 9 11 13
14 18
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]