忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 企業法務系そしてIT系の話題といえば,昨日出たみずほ証券VS東証の誤発注事件の控訴審判決です。

 最高裁のHPにアップはないようですので,報道の方をどうぞ

 一審と比べると,請求認容額は同額で,遅延損害金の利率を商事法定利息の6%から民事法定5%に減額したように書いております。しかし,データベースを見ると,一審での6%は一部だけでしたので,要するに,一審が一部債務不履行を認めたのに対し,控訴審は全部不法行為とした違いがあったということになります。

 ですので,100億円以上の請求はそのままキープできたのですが,みずほ証券側で認めて欲しかったソフトのバグに関する重過失については認めてもらえなかったようですね。ま,判決の全文が見れませんので,グチャグチャ言ってもしょうがないとは思いますが,実質的にはみずほ証券側はかなり痛い!という所でしょう。

 さて,みずほ証券側は最高裁に上告等しますかな。

2 で,漸く表題の話になります。みずほ証券側が上告等することになると,このままではあまり勝ち目がないでしょう。これは,控訴前の話と同じです。

 というわけで,控訴審前にみずほ証券側の代理人はどうしたかというと,自らの名前は出さずに,あたかも公正な観点からすると,一審の判決は不当だという記事を㈱商事法務の発行する雑誌「NBL」に,編集名義で掲載させたのですね。

 そもそも何でこんなことをしたかというと,有名な雑誌にもこう書いているじゃん,なあ,一審って不当だろうって,それをコピーして証拠として控訴審に提出したかったというわけです。やることがえげつないっすね。
 ま,凄いコネクションだし,NBLもそんなインチキやるんだね~ってところですが。

 一審が出たのが,2009年の12/4ですが,このことが問題となったのが,2010年の4月くらいです。これが所謂NBL問題ってやつです。

 何か格好だけつけて胡散臭いやっちゃなあと思ってたらこのザマという,よくあるパターンかもしれません。当然,私はNBLを買わなくなりました。

 そういえば,今現在,ウッチーとツツイ―で絶賛インチキ改正続行中の民法債権法改正に関しても,㈱商事法務が一枚噛んでましたよね。改正の資料本は,㈱商事法務からしか出ないし,ウッチーのプロパガンダ本をつい最近出したりしました。インチキなところはどこまで行ってもトコトンインチキだっていう典型例かもしれませんね。

 ですので,私が着目しているのは,みずほ証券側の代理人が今度はどこの雑誌等から,この件に関する主張を出すかということです。
 「金融・商事判例」かな~,でもまた名義を明らかにして出さないと,雑誌の信用自体が更に地に堕ちるだけだと思いますがね。
 なので,いっそ,またNBLで出すというのはいかがでしょうか?天丼ってやつです。一度インチキしたんだから,二度インチキしても大丈夫でしょう。
 そう,世の中の99%はプロレスだ!と豪語したのは私ですが,ブックメーカーじゃないのに,ブックを書いてしまった大馬鹿具合をまた世の中に知らしめて,大笑いさせて欲しいですよね~オホホホ♪

3 追伸
 本日の日経の一面見ましたか?「日本郵政、米アフラックと提携 がん保険を共同開発」だそうです。これは,7/9の「著作権保護、70年に延長 日米TPP事前協議」の話と本質的に同じです。
 要するに,負けブックの内容がリークされているということです。ここで,延髄斬りをするからね,そしたら,もう返さなくていいからね~♪このときのハイフライフローが試合終了の合図だから,更にそれを返すんじゃないよ,みたいなもんです。

 ま,前にも話しましたが,負けブックは仕方がないですよ。
 でもね~なんで大っぴらになっているか,そっちの方が問題です。つまりは政府の方から,国民に理解を求めるということでしょうかね~。いやあ違いますね。国民はいまだ納得していない人も多いわけですから,グダグタ既成事実化してねえで,もっと給料分の交渉仕事しろよ,この税金泥棒どもめ,と思われるだけの話です。

 じゃあ,アメリカへの言い訳か,恐らく,そうなんでしょうね。
 交渉のキチキチした秘密の部分がリークされているのではなく,もはや交渉の結果がリークされているわけですから。いやあアメリカの旦那,怒らないでくださいまし~,うちらはこんな従順なポチなんですよ,ということをマスコミを通じてアメリカに伝えてもらうというのが趣旨なんでしょう。

 ま,何て情けない話~♪憲法改正なんて,いっちょ前ぶったことやってねえで,憲法なんか停止して,アメリカの51番目の州になるかどうかの国民投票に即刻切り替えた方がよくね♪

4 さらなる追伸 13/08/07
 本日,みずほ証券が上告するとの報道がありました。さすが,日本一の法律事務所がバックに付いているだけありますね。さすが~,私のようなヌケサクには分からない深謀遠慮があるのでしょうね。アハハ。

 で,上記のとおり,今度はどういう雑誌にインチキ論文を載せてもらうのでしょうね。そして,それを最高裁に証拠として提出するのでしょうか~?本当興味は尽きません。いやあ,私のような下々の弁護士なら,恥ずかしくてとてももはや弁護活動なんぞできないのですが,日本一の法律事務所は,面の皮の厚さも日本一なのですね。

 いいぞいいぞ,もっとやれ,世の中の分からず屋どもに,どんだけ自分が馬鹿かってことを知らしめないとね~あーあ。







PR
693  692  691  690  689  688  687  686  685  684  683 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]