忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 これは昨日だか一昨日だかの日経にひっそりと載っていた記事です。

 飛ぶ鳥を落とす勢いの韓国企業故,一気に行くかと思ったのですが,どうやら日本企業と同じようなクリティカルポイントを迎えてしまったようですね。

2 有機ELの説明については過去のところを見て下さい。

 ただ,サムソンはわかるのですが,LGまで発売延期となると結構荷が重いですね。

 ここで,また,ポスターの日焼けの話をしますが,カラーのポスターで色褪せが一番激しい色は何でしょうか?

 これは赤ですね。
 というのは,ポスターの赤が何故赤く見えるかというと,赤以外の色(主として,中短波長の色)を吸収し,赤を反射しているからこそ赤く見えるわけです。
 つまり,エネルギーの高い青色の光などを吸収しているわけです。そうすると,主として有機物質の赤色の顔料はそのようなエネルギーの高い光でダメージを受け,破壊され色が褪せてしまうというわけです。
 他方,青色は,逆ですから,あまり色褪せないという具合です。
 これは基本的に透過光でも同じことだと思います。

 他方,有機ELのような自律発光素子の場合,これとは真逆です。有機ELの場合,通常一番色褪せが激しいのは,赤ではなく青色です。そりゃ,自分で光るわけですから,一番エネルギーを受ける青色自身の素子が一番色褪せるわけです。

 急に何故そんな話をしたかというと,サムソンとLGでは発色の原理が違うからです。
 実は,サムソンの方が最先端と言ってよいものです。サムソンは,光の三原色を出すのに,RGBそれぞれの有機EL素子を使います。
 他方,LGの方は異なります。白色光を出し,それをカラーフィルタに透過させて色を出すという液晶ディスプレイと大して変わらない方式です。

 つまり,サムソンは,色褪せの話の後者に該当し,LGは色褪せの話の前者に該当するわけです。

3 そうだとすると,さらに推測できます。

 上記のとおり,色褪せで有利なものはLGですので(液晶と同じ程度の色褪せの問題しか生じないはず。),そのLGですら発売を延期したということは,今回の販売延期の問題は,色褪せ問題ではない可能性が高い,ということです。

 上記の過去の記事で書いた通り,有機ELの問題は,色褪せ問題を典型とする信頼性の問題もありますが,もう1つ,ユニフォーミティの問題があります。
 つまり,有機ELデバイスが電流デバイスであるため,TFTで大電流を制御しなければならず,そうすると,アモルファス・シリコンではダメで,それこそIGZOか低温ポリシリコンじゃないといけないわけです。
 でも,これらのデバイスを大画面で均質に作るというは非常に難しいわけです。ここがボトルネックになっているのではないかなあと思うわけです。

 ま,現役を退いてもう10年以上経つ半可通の戯言ですので,本当にそうかなんて保証はできませんけどね。

4 実は今日は勤務最終日ということで,とある忘年会にお邪魔してきました。

 882486ff.jpeg汐留の高層階のお洒落なところです。
 私だけだと絶対行きませんね。

 たらふく食ってしかも昼間から酒が飲めるっちゅうのは,自営業ならではです。

 来年もこんな感じで,お気楽適当に過ごせたらいいですね~♪
 
PR
576  575  574  573  572  571  570  569  568  567  566 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]