忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 さて,本日はちょっと暖かい東京です。
 で,久々でもないのですが,今日はサーフィンに行きました。

 波はこんな感じです。
 
 すねひざ,しかもショアブレイク気味~にもかかわらず,結構人が多いというパターンです。
 こういう場合は波がとれない上に,とれても岸にバッシャーンと叩きつけられそうで実に怖いシチュエーションなのです。

 まあでも2本くらいは綺麗に乗れましたので,まあいいかなあという感じです。サーフィンって釣りと似てて,行ってもボウズ(全く乗れない)だったり,待ち時間の方が圧倒的に長かったりです。
 そういうことなので,きれいなのを1本乗れただけでもそれで満足だということですね。

 とは言うものの,冬はしない私,シーズンもほぼ終わりです。あと1回か2回くらいですねえ。

2 さて,東京オリンピックの陸上の,マラソンと競歩を札幌でやるということになりそうです。
 で,私の意見ですが,そんなに暑さが気になるなら,来年の今,この時期にやれ!って所です。

 アスリートファーストなんていう耳触りの良い言葉に誤魔化されておりますが,東京オリンピックは圧倒的にマネーファーストです。

 勿論,開催時期の指定は前提として東京も立候補したので,あまり文句は言えた義理ではないのですが,どうして,日本の一番暑い時期になったかというと,最大のお金の出し手であるアメリカの放送局であるNBCの意向ですよね。
 複数年契約ですので,1オリンピックあたりに直すと1200億円で,日本のNHKと民法連合の約300億円に比べると4倍以上です。

 じゃあNBCの言うことを聞くよねえ~♪
 だって,今の時期なら,メジャーリーグベースボールは,ポストシーズンの真っ最中,NBAはプレシーズンマッチで大盛りあがり,NFLはすでに開幕してこちらも大盛りあがり中,NHLも同様ですね。
 だーれがしょぼいマイナースポーツばっかのオリンピックなんか見るか!って感じでしょ。

 ま,私もマネーファースト弁護士なので,マネーファーストは別に悪いことじゃありません。それに資本主義・自由主義の体制内じゃマネーファーストが暫定的には最良のやり方であることは明らかですし。

 だけど,じゃあ自分達をよく見せたいのか知りませんが,お金じゃなく選手を大事にしていますなんて,嘘っぱちの二枚舌はやめた方がいいと言っているだけです。

 本当に選手のことを考えているなら,東京も気候の良くなったこの時期に全体のスケジュールを動かせばいいだけですよ。そのスケジュールを動かさずに,場所を動かすなんて,まさにインチキ!
 そりゃ小池さんも北方領土でやったらいいんだと言いたくなりますよね~二枚舌具合に。

 ま,オリンピックやっているIOCなんて,昔,「黒い輪」(光文社)で書かれたとおりの胡散臭い糞団体であり,ああいう批判があって多少改善したなんてことになっていますが,内実は,ゴーンと西川に大差が無かったような感じなんでしょうなあ。むふふ。

 ああ,2013年にオリンピックが東京に決まったときが,もしかすると一番幸せなときだったのかもしれません。 
 新国立競技場の問題を始めとする競技場の問題(私は今でも前の国立競技場をそのままに,改修で済ませるべきだったと思います。),全然当たらないチケット,ほんで今回のマラソン・競歩の場所変更・・・,いくら惚れた弱みとは言え,もういい加減にしちょけっちゅうんじゃ,と言いたい都民は結構多いと思いますけどね。

 それに比べて日本チームの活躍も相まって大盛りあがりのラグビーW杯,気候も良くなってきて,糞な奴らの糞なゴリ押しもないだけに成功裏に終わりそうです。良かったですね。

3 ということで,ラグビーに続きます。
 今日はまたまた決戦の日曜日~聞けば平尾さんの命日だそうで,うーん,何か持っていますね,って感じです。

 私はにわかファンではあるのですが,同世代のヒーローということもあり,ここでも書いていますね。

 で,相手は南アフリカです。
 ま,私なんかからすると,南アフリカと言えばアパルトヘイトであり,サンシティです(サンシティというのは,かつての白人専用のリゾートであり,アパルトヘイトの象徴的存在でした。)。

 で,去年はボヘミアン・ラプソディで再ブームになったクイーンですが,このサンシティでコンサートをやったことで,当時総スカンでした~。覚えている人いるかなあ~♪
 私はロッキンオンとか宝島(小さいころ)を読んでたので,少なくともその辺の日本のマスコミも,クイーン糞だなあみたいな論調でしたよ。

 で,その後,これもちょっと聞き始めたヒップホップと白人のロックが融合し,アパルトヘイトに反対するという「サンシティ」なんかリリースしたもんでした(遠い目)。

 加えて,私自身も年齢でしょっちょう差別されています。
 任官のもそれですし,修習のときの就職活動も結局それです。

 いやあ,日本って定年退職なんていう制度があるだけに,年齢差別をしていいみたいになっていますけど,本当気をつけた方がいいと思いますよ。

 例えば,「若手」。
 何ですか,この言葉。

 分からんでしょ,差別している人も分からんでしょ。だけどねえ,私みたいに年食ってから弁護士になった,期は若いけど実年齢は食っている人は,「若手」に自分が入るのか入らないか,分からないですよね。

 この話,「父兄」って言葉ならピンと来ますかね,鈍いひとも。
 ご父兄の方,なんて丁寧に言っている人も,この言葉に差別が入ってるなんて思わないんじゃないかなあ。

 だったら,「若手」が差別に当たるなんて思わないでしょう,なおさら。だけどねえ,この言葉を聞くたびに,なんとも言えない苦々しい気分になる人(私,私!)もいるのです。

 でもそんなこんな言い続けてますが,私自身は差別はなくならないし,無くす必要もないと思っています。

 まず,なぜなくならないかですが,これは宇宙の根本原則,生物やこの社会の根本原則と言ってもよいことからです。

 ま,物理をやっている(た)人なら,熱力学的死,でわかりますかね。これこそ差別のない,完全平等の実現ですよ。だけど,死ですからね。
 差別(差異)こそ,この世を作ったのです。

 アンバランス,ムラ,そのため,パリティ対称性の破れが起き,今のこの世が生成したのです。
 
 生物もそうです。単なる高分子が自律的に再生産を始める,まさに周りの環境との差別(差異)が今の多様性ある生物現存を産んだのですね。
 
 人間の社会もそうじゃないですか。共産主義って失敗したのでは?

 それに,私もそうですが,差別されるとクソーがってなるじゃないですか。それも燃えますよね。
 辞めるときにぶっ殺すリスト,そんなリストがありそうな私ですので,何かあればそれがパワーになります。これはその昔,週刊プロレスの売上を圧倒的に伸ばしたターザン山本がいうところのマイナーパワーってやつでもあります。
 
 なので,上記のとおり,差別はなくならないし,無くす必要もないというわけです。

 ということで,さあ日本ゴー,南アフリカをぶちくらせ~♡
PR
1811  1810  1809  1808  1807  1806  1805  1804  1803  1802  1801 
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 5 6
10 12 16
17 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]