忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 昨日の朝テレビの報道からは,大した情報はありませんでしたが,場所からしてかなりの惨事になることが予想されました。

 そして一夜明け,やはり多くの犠牲者が出たようですね。

 笹子トンネルは,関東圏にいる人は皆知っていると思います。東京から中央高速に乗って,山がちなところを縫うようにして走り,甲府盆地に至る最後の山場がこの笹子トンネルって感じです。
 私がスノーボードに年間30日以上行ってた頃は,毎冬そこそこ通っておりました。笹子トンネルを抜けると,白い雪が目に入り,雪国に入ったかなと感じさせるものでした。

 ですので,交通量が多いのです。午前中の上り線だから,まだ良かったと思います。夕方だったら,さらに大変なことだったと思います。

2 で,やっぱりこういうニュースを聞くにつけ,自称リベラルで,進歩派の,一言で言えば,民主党支持者などはどう思うのかなあということです。

 いや,もちろん,無駄な公共事業に費やす金など今の日本にありませんが,でも必要な公共事業はしないと,どんどんこういう事例は起きてくるでしょう。
 今年の夏,私の実家の近くの耶馬溪で大水が出ましたが,あれも,きちんと公共事業で対策を打っていたら,果たしてあんな大規模な災害になりましたかなあ。味噌もクソも一緒とはこのことです。

3 でもまあこんなよくある公共事業の議論をしても,私らしくありません。土木工事を中核とする公共事業が何故必要か,あまり論じられない観点から行きましょう。

 修習生のころはもはや今から6,7年前になるのですが,その実務修習では,社会見学というものがありました。

 その社会見学とは,例えば,弁護修習中での障害者施設,検察修習中での刑務所,刑裁修習中での医療少年院などの見学です。そういうところを,かなりの時間をかけて見学するわけです。

 まあ当時の私は,すでに40歳を超えておりましたので,そんな小学生みたいな社会見学など別にどうってことねえよ,的な相変わらずの冷めたスタンスだったのですが,どうしてどうして,それぞれに非常に学ぶことがありました。

 上の3つを挙げたのはその学ぶ理由の一貫からです。どういうことか?
 それはお客さんの客層が基本同じだってことです。まあ,刑務所と医療少年院はお客じゃないかもしれませんがね。

 例えば,刑裁修習中に,起案で悩む(正確に言えば,起案の外で悩む。)のはこんな事例です。

 刑務所を出たのはいいけど,所持金がなく,公園等で寝泊まりしたあげく,パン1個の万引きで,常習累犯窃盗として,起訴され,当然,執行猶予などつけられず,また刑務所に逆戻りの気のいいおじさん(もはやおじいさんくらいの歳かな)。

 こういう人に,しっかりしたバックがあれば,恐らく障害者施設で,特段の不自由はなく過ごせるでしょう。でも,そうではない場合,若ければ,医療少年院に行く事になるし,歳をとれば刑務所に行く事になります。
 勿論,刑務所にはいろんな人も居ましたが,質の悪いというか,頭がしっかりしていたのは,ほぼ外国人ですね。そして,そんなに歳もとっていない連中でした。他方,日本人の受刑者で目立つのは歳をとっている人ですね。そして,見るからに障害があることがわかる人達でした。

 ですので,上のとおり,客層が同じと書いたわけです。

 で,それと公共事業と何の関係があるのかと思うでしょ~♪でも関係が大有りなのです。

 土木工事を中心とした公共事業は,重機に頼ることが大きいのは事実です。特に最近はその傾向が顕著だと思います。でも,重機は意外と段差に弱かったり,小回りが効かなかったりで,結局細部に人の手が必要なことがたくさんあります。現時点でもそうです。
 で,こういう細部に石や砂利を上げたり,ちょっと整地したりするのに,特段のスキルは必要ありません。ITの知識や,サービス業ならではの細かい気遣いなども,当然不要です。元気なら,健康なら,誰でもできるのです。

 わかりますかね~。土木工事を中心とした公共事業ならば,上記の同じ客層だとした方々を雇うことができるのです。彼らに仕事を与え,十分に食わせることができるのです。

 ここ10年以上,公共事業は悪とされ,どんどん減って行きました。まあ従前,無駄な公共事業が多かったり,官と業との癒着が酷かったせいもあり,是正すべきことは確かだったとは思うのですが,私は削り過ぎたと思います。

 そのくせ,それに代わるものと期待された介護業界やIT業界が完全にそれに代わることなどできていません。
 そりゃそうですよ,人を相手にする介護にはそれ相応のスキルが必要ですし,IT関係なら,少なくともプログラム等の知識が必要なわけですよ。
 他方,生活保護の意味すらわからない人にどうやってそういうことを理解させるのですかね。わけわからんですよ~,本当。

 アコギな人買いもいたのでしょうが,公共事業を悪とする単細胞的な発想は,角を矯めて牛を殺すの典型ですな。

 土木工事を中心とする公共事業に,本当に代わるものがあるなら,それはそれでいいと思います。
 でも,そうではないとしたら,上記の客層の方々のためになる施策って,私の言っているようなことしかないのではないかと思いますよ。

 あと,こんなこと書いていても,私は反人権派の金権弁護士ですので,人権派などと一緒くたにされては困りますよ,お客さん。むしろ私の発想は土建屋のそれですよ!
PR
562  561  560  559  558  557  556  555  554  553  552 
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]