忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 東京は非常に寒いです。先週は,半袖でも良かったような気がしますが,気のせいでしょうか。寒くなり,雨が降り出したのは,先週の金曜からですかね。
 今日の今日まで冷たい雨~です。

 さて,まずは,話題のところから行きましょうかね。神戸製鋼です。

2 神戸製鋼は,大きな会社ですが,会社が大きいだけあって,インチキのやり方も大掛かりで,圧倒されます。
 今日の日経の1面によると,「神鋼の不正、数十年前から アルミ・銅、合格証も改ざん」らしいです。

 凄え話です。トクサイは続くよ~いつまでも~♫ですね。

 で,まあ会社のコンプライアンス関係だと,私がここでやらなくても色んな話があるでしょうから,ちょっと毛色の違った話です。
 
 特許法197条にこんな罪があります。
(詐欺の行為の罪)
第百九十七条 詐欺の行為により特許、特許権の存続期間の延長登録、特許異議の申立てについての決定又は審決を受けた者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
 ちなみにこれ両罰規定です(201条1項2号)。
 
 詐欺の行為とはどういうことかというと,私の持っている青本(青本だけでわかるっしょ)によると,「詐欺の行為、たとえば、審査官を欺いて虚偽の資料を提出し、特許要件を欠く発明について特許を受けた場合などには国家の権威、機能が害されることになるので、刑罰規定を設けることにしたのである。」ということらしいです。

 で,今回,神鋼は何をしたんでしたっけ?データの改ざんでしたよね。つまりは虚偽の資料~です。
 ということは,これらの資料を仮に特許庁にも提出して(実験報告書などで),それで特許を受けていたということになれば,この珍しい罪に該当しえます。

 Jplatpatで神鋼の登録特許を見ると,おお,12225件もあります。
 これでは面倒なので,2015/1/1以降の出願で,アルミに関係あるもの,そうすると,おお18件に絞られました。
 
 中身を見て,そうねえ,データの改ざんと言うなら,強度がクレームに入っているようなやつがいいでしょう。

 ありました,特許6148385です。クレーム1はこんな感じです。

【請求項1】   アルミニウム又はアルミニウム合金からなるアルミニウム展伸材と、該アルミニウム展伸材を鋳ぐるんだ状態で接合するアルミニウム合金鋳物と、を備えるアルミニウム構造部材であって、  
 前記アルミニウム展伸材は、前記アルミニウム合金鋳物から一部を外部に突出させた接合部を有し、前記アルミニウム合金鋳物の積層部において、前記アルミニウム展伸材が溶融する溶融接合部が形成され、  

 前記アルミニウム展伸材と前記アルミニウム合金鋳物は熱処理型合金であり、  
 前記アルミニウム合金鋳物が前記アルミニウム展伸材を鋳ぐるんだ状態での、前記アルミニウム展伸材のビッカース硬度と前記アルミニウム合金鋳物のビッカース硬度、及び前記アルミニウム展伸材の前記積層部における前記溶融接合部のビッカース硬度が、60以上であることを特徴とするアルミニウム構造部材。

 まあこの特許がそうだと言っているわけではありませんが,このような特許を取るときに,お客さんに出したのと同じようなことをしていると,かなり詐欺の行為の罪の可能性が高いのではないでしょうかね。

 この罪で立件されることは殆どありません。しかし,このブログを始めて初期のころ,商標でこの罪での立件がありました。
 このときは,納品書の偽造があったようです。そうすると,実験報告書に不正データがあった場合と変わりませんねえ。

 さあ,どうなるのでしょうか?神鋼の知財部は震えて眠るのでしょうかねえ。

 ま,特許自体も,ウソのデータだと,実施可能要件か明確性要件かを満たさないことになるので,特許法104条の3から,権利行使できなくなります。おっと,もしかして,1万件以上の特許は全て無効か~ムフフフ。

3 次に行きましょうかね。神鋼だけいじめてもしょうがありません。だって,こんなの恐らくどこのメーカーもやっているでしょうからね。

 最近の大手企業のこの手の不祥事は,本当ひどくないですかね。あ,ちょっと正確じゃありませんでした。発覚したのが最近というだけであり,実はかなり昔からインチキをやっていたのが,最近発覚しただけですね。

 神鋼の前は,日産でもインチキがありました。いまだに東芝はガタガタのままです。

 どうですか~お客さん(いきなり猪木風)。

 私の仕事関係だと,コンプライアンスだとか企業統治だとか,所謂コーポレートの弁護士が得意領域としているような所です。
 アワリーチャージ何万円,いや大手の法律事務所は複数人対応しますから,アワリーチャージで数十万円になるでしょうね。

 問題は,そんな高い金を払ってもこのザマ!ってことですよ。

 ま今年度最初の方に,第四次産業革命がどうのこうのとかいう報告書とか,そんなのが一杯出た時期がありました。

 これもそれも本質は同じですよね。結果には全く結びつかないわけです。
 官僚が音頭をとってホイホイやってイノベーションが沢山産まれりゃ苦労はしませんわ。弁護士が口酸っぱく言って不祥事がなくなるなら苦労しませんわ。

 じゃあ何故,結果にはつながらないのに,官僚は報告書を作りたがり,弁護士はコンプライアンスがどうのこうのと言うのでしょうか?
 そりゃ,簡単です。何かやらないとサボっていると思われ,首を切られる~からです。

 例えば,いやあこんな名前を売りたいだけで頭がスカスカの学者や弁護士集めて議論したってしょうがねえぜ,イノベーションなんて起きるときには起きるんだから,ほっとけほっとけ~と眠そうに上司に口ごたえする,私みたいな官僚~何だかとても出世できそうにないですよね。

 他方,そんな規則だとか細則だとか作っても,誰も相手にしねえし,そんなことより現場に入った方がいいんじゃねえのかと法務部員に悪態をつく,私みたいな顧問弁護士~何だか次の更新で首を切られそうですよね。

 だからと言ってやった感を出しても全く意味がないですからね。

 ポイントはそうですねえ。簡単だけど,なかなかやれない,自分の頭で考えるってことですよ。
 ああ,ちょっとこれおかしいんじゃないのかなあということが色々ありますよ。日々の生活の上でもね。
 例えば,何でいちいちその場所に行って紙に名前やら政党名とか書かないといけねえの,バカジャネーの,ネットでぱぱっと済ませりゃいいんじゃねえの~誰しも思うことです。

 こういうことですよ。

 今回の神鋼のやつは内部告発系のようです。そうすると,日々おかしいんじゃないのかなあと思ってた人が居たわけですね(ま,あんま出世しそうにないですが。)。
 他方,日産のやつは,内部ではなく外部の国交省の職員が見つけたようですが,しょっちゅう来ているだろう国交省の職員が何故そのときだけ見つけたのかは,まあ想像できますよね。国交省の職員に見つけやすいようにした内部者が居たのだと思います(こちらもあんま出世しそうにないですが。)。

 大手企業には沢山人が居ますから,その多くがボケナスだとしても,中には自分の頭で考えられる人も居た,こういうことです。

 このブログは,大手企業や役所で結構読まれているようですから,是非とも自分の頭で考えるようにして欲しいです。

 ま,しかし,有名な日本企業のこの体たらく~,ちょっと前に,日本企業は,技術で勝ったのにビジネスで負けた~なんて言われてました。でもあんなの嘘っぱちです。
 日本企業にはそもそも技術なんてものは無かったのです。あったのは上手く誤魔化す力だけだったということです。

 ちょっと前に中国製のスマートウオッチのをここで書きましたが,本当よく出来ています。いやあ悔しかったら,リバースエンジニアリングして調べてみりゃあいいのに,もうそんなこともしないのでしょうね。
 そんな低レベルの技術,調べんでもわかる~ならまだいいですよ。いやあ中国のどこの企業にリバースエンジニアリング頼もうかなあ~もううちじゃ出来ないからなあ~この程度じゃないですか,実際は。

 個人的には,東芝も日産も神鋼も,早い所,潰れればいいなあと思っております。

4 で,そんなでかい図体で頭空っぽの奴らとは真逆の人です。

 室屋義秀さんですね。

 月曜の早朝,エアレースの最終戦がインディー500の会場で行われ,そこで優勝して,シリーズ優勝も遂げたのですね。いやあ素晴らしい。

 私は,BSでやっているような,日本ではそんなメジャーじゃないんだけど,実に面白いスポーツ中継を見るのが好きで,エアレースもコンスタントに見ております(録画が多いですけどね。あと元テレ朝の辻アナも見ることが出来ます。また蝶野としょうもないカラミをやって欲しいものです。)。

 で,エアレースというのは,単発のプロペラ機で,アクロバティックなコースを1機ずつ飛行し(じゃないと事故が起きたときに大変なことになります。),タイムで競うというものです。レッドブルが主催しているのではなかったかな。

 去年,室屋さんがエアレースの千葉大会(幕張メッセ近くの海岸)で初優勝し,そこから一般的にも知られるようになりましたが,いやあ苦難の連続って所です(どこかで調べてちょうだい。)。

 今回の最終戦も,シリーズ優勝を争っていたランキング1位のマルチンションカとまさかのラウンド14(最初の試合ね。)での直接対決~。そこで室屋さんがミスして(確か水平飛行できず),もうダメかとなったものの,ションカもミスして(確かパイロンアタックだったような。),室屋さんの勝ち上がり。

 いやこの時点でもう室屋さんの総合優勝でしょうと思いきや,ションカは敗者復活で,ラウンド8にアップして,そこも勝ち上がり,結局,決勝のラウンド4まで行ったのですね(室屋さんも当然ラウンド4へ)。

 ラウンド4は,室屋さんが驚異的なタイムでぶっちぎり,ブレッシャーに負けたかションカの方は,無難なレースでタイムが伸びず,ランキング2位の室屋さんが優勝し,ランキング1位のションカは3位以下だったので,室屋さんが逆転でシリーズ優勝したわけです。

 まあ興味がわいた方は,またBS-NHKで再放送やると思いますので,それを見ると良いと思います。室屋さんは,結局,8戦中4戦の優勝ですかね。2,3(千葉),7,8ですね。

 congratulations! yoshi!

5 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ小関橋たもとに来ております。
 
 雨も漸く上がってきました。
 結構なビル群が立っております。元ソニーの裏,東五反田の再開発地域って所でしょうか。

 何故この風景かというと,ここに漸く信号が設置され,稼働も開始したからですね。

 ここは山手通りとソニー通りを結ぶ,結構大きな道なのですが,再開発地域のため,信号の設置などが遅れております(広い道が完成したのは最近ですから。)。
 目黒川沿いの道とここの交差点では,大崎ニューシティと目黒川を挟んだ大崎ブライトタワーの入居企業の従業員と思われる通行人が多く,信号無いと危ないなあと思ってました。

 なので,良かったなあということです。

 この辺の道は昔のソニーに勤めていた人は懐かしいかもしれませんね。
 ソニーの元本社圏は,五反田からも大崎からも品川からも,結構な距離があります。で,五反田と品川だとソニー通りを行けばいいのですが,大崎で降りるととこの辺を通っていったのではないかと思います。

 私もソニーに勤めていたころ,一回だけ大崎から旧本社に行ったことがあります。結構遠かったなあという記憶がありますが,正確にこの道を行ったかどうかまではさすがに憶えておりませんね。

 日本のメーカーの良い時代はとっくの昔に過ぎ去ったということで・・・。
 


 

 
 
PR
1457  1456  1455  1454  1453  1452  1451  1450  1449  1448  1447 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 8
9 12 13
16 19 22
23 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]