忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 東京は,午前中台風の影響でしょうが,涼しい風も吹き,曇って過ごしやすい感じでした。しかし,午後に入っていつものような暑さとなっております。

 まあ夏っぽくていいのですけどね。

2 さて,まずは高校野球です。大分代表の大分高校は,中京高校に負けてしまいました~。あーあ。
 テレビというかワンセグで見ていたのですが,結構よく打ってランナーも出てたのですが,悉くあと一本が出ない!対する,中京高校の方は,やはりここ一番で大きい当たりがきちんと出たのですね。

 監督も完敗も認めておりましたが,そうなんでしょうね。
 まあしかし,私立高でもこの調子じゃあ本当どうなるんだろうって思いますね。

 今日の日経の一面も「企業の首都圏転入 最多」という記事です。
 また私も入っている弁護士知財ネットの最新記事も「訴訟ができない」と,地方の地元で特許権侵害訴訟のできない弊害のことを書いております。

 地方創生という話もあるのにねえ。

 大きな都市でしか,産業も発達せず,知財を守ることもできず,高校野球も勝てず,・・・でいいのですかねえ。

 ま,他の地方の田舎の学校に頑張ってもらいましょ。高校野球も始まったばかりですからね。

3 で,オリンピックです。

 こちらも始まったばかりなのですが,結構な盛り上がりですね。萩野の金が良かったのでしょうか。
 ちなみに,スポーツ・イラストレイテッドの金メダルの予想(私の予想ともダブります。)は既に2つ外れております。
 柔道女子 中村美里(52kg)
 体操男子 内村航平(鉄棒)
 上は,銅でした。下は,メダルなしです(内村の鉄棒は決勝進出できず)。

 で,私が毎回注目しているのは,柔道なのですが,ここまで男女ともメダルをどの階級でも取っているのでよくやっているのではないですかね。

 事前の何かのテレビに(クローズアップ現代だったかな。),例の木村政彦の話を書いた増田俊也さんが出ており,そこで注目の発言がありました。 
 今のオリンピック柔道は,天下一武道会みたいなもの,色んな組技系格闘技の猛者がやってきて,一番を競う大会だという話がありました。いやあ実に的を射た話じゃないですかね。

 ということで,毎朝4時くらいに起きて,準決勝くらいから見ているのですが,実に面白いですね。跳関を狙う選手が居たり(立っているときからのは反則じゃなかったっけ?),締めで一本が決まったり,他方,今日の66kg級の金メダルのイタリア人のイケメンのように,えらいチャラい奴が居たりと面白いですわ。

 柔道じゃなくてJUDOで私は実によろしいのではないかと思うのですね。
 私は保守的かつ封建的な人間でしかも差別主義者でもあるのですが,それよりも理系というのが勝つのかしれませんが,イノベーションには多様性(色んなツッコミ)が必須だと思いますね。

 一子相伝っていうのも確かにわかります。
 初見の相手を倒す場合,こちらが何をするかわからないならば,相手も防御のしようもありません。それ故,倒せる確率は上がるようにも思えます。

 しかし,一子相伝の秘伝化の場合,こんな場合もありえます。
 ああ,そう来ると思ったよ,その構えとその体勢は,うちが30年も前に開発したやり方で,入門生でもうまくサバけるよってね。
 そう,俗に言うガラパゴス化ってやつです。

 日本の柔道が勝てなくなったのは,iphoneがスマホのシェアを落としてきているのと同じことです。
 最初のイノベーションは,日本とアップルだったわけです。それを見た他国や他社が日本とアップルの真似をして,さらにそれ以上の工夫を加えてきたという話です。

 そもそもイノベーションにはクローズイノベーションなんてあり得ません。程度の問題はありますが,すべてのイノベーションはオープンでしかあり得ないのです。
 コカ・コーラの味などという,未来永劫別に変化の無くてよいものなら,一子相伝の秘伝化でいいでしょう(これをノウハウと言います。)。
 でもねえ,昨日の自分よりも今日の自分の方が強くなりたいと思うならば,オープンにして様々なツッコミを許し,変わっていくしかありません。

 なので,そういう典型的で具体的なオープンイノベーションをやっている柔道で,日本人がメダルだなんて凄い結果ですよ。
 なので,今朝の解説者もそうですが,旧日本軍と同様の精神性第一ドグマを早く捨て去るべきだと思いますけどね。今朝のイタリア人のイケメン君は実に楽しそうに柔道してましたけどねえ。

 とは言え,この時間は実に眠い。明日も4時起きなので,今日も早めに寝ないといけないですねえ。
 今日というか明日は,男子は大野と女子は松本ですかね。こりゃ期待できるかもしれません。

4 で,辛い話というのは,早起きし過ぎて眠いとか,知財管理誌というか知財協を訴えた方が早いかなあとか,そんな話ではありません。

 今日の午後3時からの今上天皇陛下のお言葉の件ですね。

 私の考えをはじめに言っておきますと,生前退位には反対です。陛下は亡くなるまで陛下です。
 
 何故か?明治時代に出来た明治憲法,あれ皆さん,天皇がオールマイティーな存在みたいに書かれていると思っているようですが,違いますからね。今の現行憲法と同様の,立憲君主制の典型的な憲法です。
 どこか典型的かというと,例えば,4条です。

第4条 天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ
 
 役人(裁判官も)とかが,いやあ先例がないからとか,そんなの法律で決まってないからと,出来ない言い訳に使う場合もあると思いますが,それはそれでいいのではないですかね。一番怖いのは勝手に何かやるってことですから。
 それと同様,明治憲法下の天皇陛下も,明治憲法の範疇内でしか物事をやれなかったのです。

 あ,そうそう勘違いしている人が居るかもしれませんが,憲法って国民に向けたものではありませんから。あれは,国家権力に向けたものです(天皇陛下も含めて。)。
 国家権力に対し,ババンババンバンバン人権守れよ,ババンババンバンバン恣意的な機関作るなよ,ババンババンバンバン勝手に税金上げんなよ,また来週~♬
 と,加トちゃんのように言ってるわけです。

 で,もとに戻りますが,そういう明治憲法時代から,天皇陛下は亡くなるまで天皇陛下となったのです。体調が悪かろうが,歳をとろうが,とにかく存命中は退位なし!なのです。
 これは深い理由があると思った方がいいわけです。江戸時代までは,存命中退位なんてしょっちゅうあったってなあってことはちょっと日本史を勉強すればすぐにわかります。

 むしろ,日本史を学んでいて,江戸時代までは天皇陛下の時代と合ってないのに(江戸天皇が260年も生きたわけではなく,室町天皇がやはり200年以上生きたわけではないですよね。),明治以降は,明治時代,大正時代,昭和時代・・と,天皇陛下の在位と時代が何故か合って,変だなあどっちがデフォーなんだろう?と思った記憶ないですかね。

 天皇陛下の生前退位を行うと色んな弊害があるのでしょう。だから,憲法により天皇陛下のオールマイティーさを封じ込めた時代に,その点もきちんとケアしたのでしょう。
 そしてそれを受け継いだ日本国憲法にも,こうあります。

第二条  皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範 の定めるところにより、これを継承する。
 
 特別立法でウンタラカンタラという話もあるけど,それは皇室典範じゃないぞ。

 なので,皇室典範を変えるのが嫌なら,憲法改正しかないと思いますけどね。でもね,何故憲法でこう規定したか,それには重大な理由があると思った方がいいでしょうなあ。

 あと,憲法改正するなら,この規定じゃなく,43条1項,79条6項,80条2項がマストと思いますね。

 ということで,今上天皇陛下のお言葉は実に重く,願はくはそのお気持ちに応えたい(五七五),という気もしますが,明治の偉人達の封じ込めに反するのは,将来的な禍根をきっと残すと思う次第ですね。
PR
1247  1246  1245  1244  1243  1242  1241  1240  1239  1238  1237 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 8
9 12 13
16 19 22
23 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]