忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 まあ本題に行く前に,昨日の井岡の試合に行きましょうかね。
 あれほど,注目され,誰しもその才能に期待し,ボクシング界を引っ張るだろうと思われていたのに,まあ何からケチが付き始めたのでしょうねえ。

 思うに,ロマゴンとの一戦から逃げたと言われたころからか,いやいやあの例の歌手だかグラドルだかと一緒になったころからか~,まあ兎も角も,一時の右肩上がりの勢いが全く無くなっていたのは,明らかでした。

 なので,復帰戦で痛い星を落とし,日本でタイトルマッチをやることになっても,またアレだろ,きっとアレ,って感じで,まともに注目してませんでした。

 とは言え,もしかすると・・・みたいな感じもあり,昨日の試合は一応録画したのですね。

 途中までは,完全に相手のフィリピン人の方に分があるように見えました。デカいし,リーチもあり,しかも重そうなパンチでしたからね。
 特に7ラウンドは,ああこういうパターンね,これは実にマズいな,と思うくらいの劣勢で(途中スリップというかほぼダウンもありましたし。),まあよくやった方かなと思いました(おそらく見てた人は私と同じ意見でしょう。)。

 ところが,10ラウンドに,多分右ストレートがカウンターで入り,あとは井岡のボコ殴り~♪ま,ちょっと止めるのが早いかなとも思いましたけど,あのままいってもボコ殴られだけなので,ああいう判断もアリだと思います。

 ということで,ボクシングをこう手に汗握って見たのは,長谷川穂積の最後の試合以来ですかね~(モンスター井上の試合はそういうのとは別の次元ですので。)。

 一度落ちた人が栄光を取り戻すのは,一般的に実に難しいものです。
 井岡はあっぱれだと思います。

2 で,本題がこちらです。とは言え,枕詞で結構書きましたけどね。

 オリンピックのチケット,全く当たりません。クソーです。
 私の友人,家族,あとクライアント筋,今の所当たったって人,一人も居ません。どうなってんでしょうかね。

 このくらいの感覚だと,そうですね~10倍以上の競争率ですね,最低でも。
 実際は100倍くらいなのかもしれません。いやあ,この調子だと,本当に,マラソンと競歩しか見れねえ~♪って感じになってしまいそうです。

3 最後はzeppです。
 私,基本引きこもりですし,人混みは嫌いですし,もう歳ですから,コンサート,みたいなものって,そうですね~おそらく30代のころまで遡らないといけなくなります。
 つまりは20年近く,または以上,行っていないってことです。
 
 ですが,ソニーのちょっとした関連で,zeppの台場で行われるプリンスのフィルムコンサートに行けることになり,本日行ってくるというわけです。

 プリンスのライブフィルムと言えば,勿論,サイン・オブ・ザ・タイムズが一番有名だと思います(アルバムも大傑作)。
 ですが,今回のやつは知らなかったなあ~。ま,せっかくの機会ですので,楽しんでこようと思います。

4 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここふれあい橋に来ております。
 
 天気は不安定という話でしたが,カラッとしたいい天気ですよ。
 これでも夕立がありえるのですかねえ。
PR
1 梅雨寒から本来の梅雨っぽい天候になっている東京です。
 昨日今日と非常に蒸し暑い感じです。

 ま,何の仕事でもそうなのでしょうが,重なるときって重なりませんかね?
 特に今年になってその傾向が強く,3月から4月の初めまでは,もう大変な忙しさで,逆に,4月の中ばから5月は死ぬほどの暇さ~。

 この商売は特に,自分のturnが様々な事件で重なるとこうなるのですね(最小公倍数的なものです。)。
 
 あ,そうそう,クソサヨク系の弁護士からすると,イーってなるでしょうが,私は基本民事裁判ってゲームだと思っています。なので,turnっていう単語が実にしっくりくるなあと思って,バンバン使っています。

 ま,my turnのときは大変だという話でした。

2 で何故こういう話をしたかというと,やはりちょっとそこら辺やることが多いと,このブログの更新も滞るということです。

 特に,明日からは予告とおり,東京を離れ実家の方に行きますので,その分もやっておかないといけないって所もありますからね。

 ま,このブログでバシッと書かないといけないような面白い話も,あんまりないようですので,暫くこういうどうでもいいダラダラした感じになると思いますよ。

3 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ,旧ソニー本社跡地に来ております。
 
 これはここの建築計画ですね。

 更地になったあと,土壌汚染か何かあったらしく,結構長い間重機が右往左往しておりました(基礎工事じゃなくてね。)。
 まあソニーといってもメーカーですから,化学物質系の汚染があっても不思議じゃありません。とはいえ,豊洲の市場ほどじゃないとは思いますが。

 で,実際何が建つかということに関しては,こういう標識みないと分かりません。
 これを見ると19F建て,100m以上の結構な高層なものが建つみたいです。
 
 とはいえ,この辺,サザンガーデンとかはそのくらいのビルが立ってますから,まあいいのでしょうかねえ。
1 私はおおよそ9時前には出勤しているようにしているのですが,ちょっと今日は遅めでした。
 で,いつものようにソニー通り沿いを事務所のあるビルへと歩いていると,結構な人だかりが出来ていました。
 
 よく見ると警備員のような服装をした人が倒れていて,心臓マッサージなどを受けておりました。
 おおおおごっちゃ,と思いましたが,何事に対しても,あっしには関わりのないことでござんす,がモットーの私ですので,そのまま横を通り過ぎ,事務所に出勤したわけです。

 ほんで,何事かと思ったら,交通事故が発端だったのですね。
 報道は,この辺で。

 ぶつけられたバスの方は,元のソニーの本社群があった,御殿山の積水の再開発の所へ行くシャトルバスです。
 いつも長蛇の列でしたから,今日は皆さん困ったことでしょう~♪だけど,あそこまで大した距離じゃないから歩いた方がいいのではないかと,私はその長蛇の列の横を通り過ぎる度に思います。

 ま,今は雨がザーザーですが,朝は雨が降ってませんでしたから,その時間で多少は良かったかもしれませんね。

2 で上記のとおり,昼前くらいから雨が降り出しております。
 おかげで昨日ほどの蒸し暑さはなく,どっちかというと涼しいくらいです。

 だけど,久々の結構な降りですのでね,一応明日はサーフィンの予定なんですけど,どうなんでしょ?って感じです。

3 追伸
 予想とおり,東京は本日梅雨入りです。
 去年に比べて,1日遅れですね。

 去年の梅雨明けは早く,長い夏でしたが,今年はどうなのでしょうか??

 ま,よくこのブログを見ている人はおわかりのとおり,この梅雨入りの話を書きたいがための,上のどうでもいい話だったわけです。

 ところで,来年の2月から,チームスで争点整理をする裁判所が正式に明らかになっております。こちらですね。
 で,面白いのは,東京地裁と大阪地裁では,全部の部が対応するわけじゃないのに,その他の裁判所では全部の部が対応するということです。
 普通逆かなあと思ったのですが,多分,規模が大きい所はリソースが不足するという単純な話なのでしょうね。
 
 ま,何をやっても中途半端な日本の裁判所らしいソリューションと思いますが。

 ところで,誰も知らないうちに,知財高裁13件目の大合議判決があったのですね。知りませんでした。

 あらあら見ますと,損害賠償の算定基準,具体的には,102条2項の限界利益算出の際に控除すべき経費,推定覆滅の事情,及び102条3項のロイヤリティ料率算出の考慮要素,このような所が重要ということで,大合議になったものと思います。

 とはいえ,このブログではもうマジな判決の紹介はしないのでしたね~。ムフフフ。
 個人的にはもっときちんと,こそっと検討してみるつもりです。
1 今日は6月4日ですので,古くは虫歯予防デー~ウィークとかそういうのじゃないでしょうか。
 でもまあ世間的には天安門事件からちょうど30年ということですね。

 30年前は私はもう大人,東工大のM2で,就職活動をやってたころです。
 この年は世界史的に重要な年で,ヨーロッパでも民主化の波が押し寄せてきた~って所でしょうか。

 他方,中国では,その波をものの見事に強権突破~♡ってことで,しかもその後30年で経済的にも豊かになりましたから,なかなか共産党の一党独裁体制っていうのは崩れそうにもないです。

 ヨーロッパでは冷戦体制が崩壊したのに,ここ東アジアでは,中国の共産党も,北朝鮮の労働党も往時のまま~本質的に冷戦体制そのままってことに注意ですね。

 とは言え,上手の手から水が漏れ,繁栄とアポトーシスは紙一重です。あんな盤石に見えた共産党や労働党がねえ・・・ということもあるかもしれません。世の中何が起きるか分かりませんからね。

2 ほんで,次は,帰省の件です。夏の帰省というと,お盆ですが,ここの所この時期での帰省があります。

 今年は三回忌ですので,こりゃ帰るしかないね~という所です。幸いにして,マイレージでの便が取れましたので,無料ということで良かったです。

 まあ九州出身の人は東京にも多いと思いますけど,やっぱ九州遠いよねえ。
 普段は思わないですけど(電話とかメールだとかだと直ちに,ですから。),いざこう現に体を移動させないといけないってなると,準備やら移動やら結構大変です。

 まあ私の場合,未だ大分に身内も友人も多いので,兎も角も帰るとそれはそれでいいのですけどね。
 だけど,そうじゃないと故郷から足が遠のくってえのは分かりますよ~♪

3 で,最後は身につまされる話です。上の2は,このプレリュードですね。

 練馬の元農水次官の事件,まあそうなんだろうなあ~という所です,実に。
 この事件の発生のすぐ,どこのテレビ局か忘れましたが,登戸の件があったのでこうなったんだろ,と述べてたコメンテーターが居ました。
 
 そうしたら,マスコミ経由ではありましたが,元農水次官からそのような供述があるということでした。

 でね,まあそうなんだろうなあ~と思った私が次に何を考えたかというと,上の三回忌の弟のことですね。

 弟のことはここでも多少書きました。古い言葉でアル中,最近はアルコール依存症と呼ぶようですが,そういう大きな問題を抱えておりました。
 しかし,それと同時に別の大きな問題も抱えてた時期があり,それが引きこもりですね。
 
 私と弟は8つも離れているので,引きこもりの問題が先か,アルコールの問題が先だったのかよくわかりません。
 私がたまに帰省すると,ずーっと実家の自室に籠もって,夜中になるとのそのそと出掛け,ほとんど顔を見ないことが多くありました。

 実は,ここ東京の五反田の事務所から,大分の某警察署に電話をかけたこともあります。それでも私は東京でのんべんだらりと生活しておりますので,ずっと直面していたうちの両親は大変だったと思いますね。

 弟は,私と同じ高校出身で,東京ではないですが,某国立大学に進み,大学院にも行っております。最初に就職した所はそこそこ名のある大手の会社です。

 なので,恐らく引きこもり~みたいになるというのは,多分に素質とか言うのではなく,本当たまたま,運が悪かったみたいなもんだと思うのですね。
 つーことで,引きこもりは,誰しもそうなる可能性があるということでそれはそれでいいと思うのですが,問題は長期化と言うかこじらせ方じゃないでしょうかね。
 
 一日中起きて働けないように(睡眠が必要),何か大変なことがあったら休めばいいのです。
 だけど,まあ月曜の朝が憂鬱なように,休んだあとの復帰って多少エネルギーが必要ですわ。そんときに,スムーズに離陸できないとやっぱこうこじらせちゃうんじゃないかなあと思いますね。
 恐らく,最初は些細なことで,でも何か上手くいかないなあ,その程度だったと思いますよ。だけど何かそういうのが,10日経ち,1ヶ月経ち,半年経ち,1年経ち,5年経ち・・・すると,もう何か・・・って所じゃないでしょうか。

 だけど,いざそうなったら,なかなか本人も家族も解決の目処が立たないです。本当に。

 弟の場合,本人もよく分かってたので,アルコールの方へ行ったのでしょう,ある意味利口です。
 じゃなければ,登戸パターン(他者加害)or練馬パターン(親によるストップ)になった可能性は結構あったと思いますよ(一時期,私帰省や親からの電話が憂鬱だったことがありますよ~。)。

 ですので,この問題は,本当解決が難しい問題だと思います。

 それでも多少の自身の経験から感じたことを書いておきますと,実家に居させちゃダメだと思いますね。

 上記の種々の問題について共通点が一つだけあります。それは男!
 女性で引きこもりだとか子供を襲ったとかあまり聞きません(女性が襲う相手は男でしょ。)。
 コミュ症だとかの男も自分で何とかしないといけなくなったら,多少は何とかしますよ。なので,実家からほっぽり出すことが結構良い手だと思うのですね。

 最近一人っ子の家が多いとは思いますが,一人っ子でもほっぽり出す!特に男は。これが重要です。

 ということで,もうじきこのブログにも帰省時の話が加わるということです。
1 ということで,早くも6月になりました。パッとしなかった5月~よくニッパチは・・・って聞きますが,この5月はそれ以上でしたね。
 こんなんじゃうちの事務所も丸10年を待たずにあの世行き~♪かと思ったほどです(ああでも過去形じゃなく現在進行形ですね~。)。

 さて,ともかくも,閲覧数の方から行きましょう。
 1位は,5/13の732件ですね。この日は,日経の法務面にツッコミを入れたのですが,ツッコミやその元となる話に耳目が集まるようなものだとこのブログにも閲覧者が増すようです。
 不思議なもんで,まあいつも単なる悪口を書いているつもりはないのですが,いい感じのツッコミ~つまりそうそう,そのとおりと思う人が多いときは閲覧数も増えるようですね。
 2位は,次の日5/14の659件でしたので,これも上と同じ理由でしょう。

 次は,検索ワードです。
 理系弁護士     584    
 はづき国際特許事務所     91    
 はづき国際特許事務所 分裂     87    
 理系 弁護士     70    
 j-platpat つながらない     58    
 はづき国際特許事務所 閉鎖     30    
 はづき国際特許事務所 解散     27    
 はづき国際特許事務所 廃業     25    
 パナソニックipマネジメント     18    
 弁理士     17
 まあこんなもんだとは思いますが,いまだに例の脱税事件関係が検索されています。とはいえ,1位に比べて随分下がっています(4月のまとめを見てください。)。

 あとj-platpatは,先月大規模更新がありましたので,その影響ですね。はじめはこんなもんでしょう。
 だけど,商標で拒絶確定商標等の検索まで出来るようになったというのは凄いことです。普通にやる分には,業者のデータベースはもう要らないんじゃないかなと思いますね。

2 ほんで,今日は久々サーフィンしました。
 波は撮るデバイスがなくなってしまったので,ありません。波情報ではほぼフラットということで行こうか迷ったのですが,行って良かったです。

 わずかにブレイクしている所があり,しかも人が居ないってことで最初の方は,本当波独占でした~。こんなこともあるのですねえ。

 あと,今日は新兵器も投入しました。
 
 ウェットスーツとラッシュガードです。

 ウエットスーツは,いつものようにアマゾンで一番安いフルスーツを買ったものです。
 実は,フルスーツを買ったのは,25年以上続けているサーフィン生活で初めてです。
 前使っていたシーガル,サーフィン始めてすぐのころに買ったものでした。だましだまし使ってましたが,まあ薄い部分がさすがに破れかけてきたので,新しいものを買った次第です。

 で,もうシーガルじゃなくて薄めのフルスーツでしょう~,ということで様々物色していて,アマゾンで安いけどそこそこ良さそうなのを買った次第です。

 あと,ラッシュガードは,アマゾン・・・ではなく,五反田のTOCです。
 この時期,クイックシルバーのファミリーセールがTOCで催されるのですけど,そこですね。
 これまで愛用のラッシュガードも20年を余裕で過ぎてますので(まあソニーのエンジニア時代によくハワイに行ってたもので,そのころ買った用品が多いのですね。),買い換えたわけです。

 で,久々ラッシュガードが沢山展示してある所に行ったのですが,こういうラッシュガードラッシュガードしたタイプだけでなく,普通のTシャツみたいなラッシュガードがあるのには驚きました。

 テレビなどで有名なプロサーファーが温かい海でサーフィンしているときに,日焼け止めで普通のTシャツ着てサーフィンしているなあ,うまい人の間では最近あんな田舎のオッサンみたいな格好が流行ってるんだなあとか,勘違いしてましたよ,私。

 あれは普通のTシャツじゃなく,普通のTシャツぽいデザインをしたラッシュガードだったのですね~♪まあ色々わかることが多いです~♪

 さて,サーフィンの話に戻りますと,上記のとおりですので,いつもよりも沢山乗れたかなと思います。
 もうフルスーツじゃなくてスプリングでもいいくらいじゃないかと思います。水もまだキレイですし,サーフィンするには良い季節ですね。

3 追伸
 そういえば最近ちびっこが酷い目に遭う事件が多いです。
 川崎登戸の事件も他人事ではない感じもします。

 特に,噂では被害者の親が同業者じゃないかという話もあります。確かに,私の同期に同姓同名がありますね。だけど,クラスが違いますので,それ以上は何とも・・・って感じです。

 私はこの時期キープオンサーフィンですけど,ずっとそんな感じでやりたいと思っています,ずーっと。

1 ということで,細かい雨が降り続けている東京です。今後強い降りになるらしいですけど,鬱陶しいですね。

 さて,昨晩あたりから色々話題になっているこの話,戦争と聞いては黙っていられないこの私もイッチョカミしておきましょう。

2 基本,私は維新というか橋下ちゃんのことは評価しておりまして,結構前にはこんな記事も書いております。

 なので,今回の件も,非難すべきは酒を飲んでのこと,そこだけだと思いますね。
 他方,内容についてはそりゃそうだなあって所です。大賛成です。

 これねえ,今の北方領土に対するロシアの考え方,そこからやらないと,丸山議員が単なる好戦的な痛い議員~のように見えますけど,そうじゃないですからね。

 実は,これに先立つ,5/10モスクワにて,日本の河野外相とロシアのラブロフ外相が,会談をしております(報道はこの辺。)。
 で,そのときにどういったことが話し合われたかは,ここ数日の話なので,各自めいめい,検索やら土日の新聞をみてもらうといいでしょう。

 とは言え,基本的には平行線で,ラブロフ外相は,「第2次世界大戦の結果」を強調し,河野外相は,「固有の領土で不法占拠」ということを強調したという,これまでと同様のパターンです。

 で,知らない人は注意してほしいのですが,ラブロフ外相のこの「第2次世界大戦の結果」というのは,もうずっと同じことを言っているだけなのですね。

 とするとですよ,仮にラブロフ外相の言うように,北方領土の現状が「第2次世界大戦の結果」であると認めた場合で,それでも日本の領土としたい場合,取りうる手段は限られてきます。

 一つは,任意に返してもらう。
 もう一つは,再度の戦争で取り返す。

 おそらくこの2つしかないハズです。

 これは法律の世界でも同じですよね。
 最高裁に行ったけど負けた。それでも諦めきれん~,じゃあどうするかというと,相手の善意にすがる,あとは再審を考える,これくらいしかないわけです。

 勿論,日本の主張,「固有の領土で不法占拠」ということの論理的帰結からは,戦争というのは取りうる手段のうちでもかなり理念的にも可能性の小さいものだなあとは思います(現実的には勿論ですけどね。)。

 だけど,ラブロフ外相の方の土俵で論争するならば,戦争の結果と言うならそりゃまた戦争で取り返すぞ,とならざるを得ないのではないでしょうか。
 つまり,丸山議員の発言は,そういった経緯の上になされたものだ,ということです。

3 それでも戦争には戦争~なんて愚かな!~まあそういう考えもあるでしょう。

 だけど,私の考えは,人って愚かなもんですよ,勿論私も含めてね,というものです。

 だから,次の戦争は,少なくとも日本の民間人や民間施設に大きな被害が出ないように(小さな被害が出るのはしょうがない。),うまくやっていく,しかないと思います。
 日本のサッカーのように,16強,予選落ち,16強・・・みたいに,漸次的に,3歩行っては2歩下がる,そうやって行くしかないと思います。

 理念的に,恒久的にどの場所でも決して間違えない正しい考えなんてものは,この世の中にはありません。ですので,そういうことを言う人は怪しいです。間違え間違え,つっかえつっかえしながら,処理していく,そういうことが重要だと思う次第です。
1 本日はGW明け,令和最初の平日という所でしょうか。
 このブログは,特許メイン,法務サブというような読者構成だと思いますが,どちらにせよ,勤め人の暇つぶし~であることに変わりありません。

 なので,閲覧数を見るとその辺の事情がよく分かるのですね。
 どういうことかと言いますと,10連休中,最も閲覧数が多かったのは,昨日の5/6です。月曜ですし,一足早く出勤し(又は出勤させられたか)た人が結構居たのだと思います。

 私の方は,10連休中出勤したのは,結局4/30だけでした。
 3月から4月の前半,鬼のように起案集中したため,今年はGWの予定もどうなるかわからず,遠出をしないこととしたわけです。ですが,起案集中の反動で,4月の後半からは逆に開店休業中?というような状況だったため,出勤は1日で済んだ次第です。

 まあ,のんびりしたGWでした。

2 ま,せっかくなので,違う話題も。
 上記のとおり,3月から4月の前半,鬼のように起案集中したということで,今月支払いの,カウンター料は凄まじいものでした。

 あ,カウンター料が分からない人もいるかもしれません。平たくいうと,コピー機の保守契約の月々の料金のことです。

 これは事務所や会社によってマチマチでしょうね。
 一番多いのは,カウンター料併せてのリース契約でしょうね。ですが,私の事務所は,中古のコピー機の購入で,保守契約は別のパターンです。

 なので,通常は最低額のカウンター料(数千円・・・の安い方)くらいなのですけど,先月分は,いやあ・・・ビックリするくらいの請求でしたね。

 それもこれも,この起案集中のやつが,知財案件だったからです(まあ私の場合,訴訟の事件も多くが知財なのですけど。)。
 
 そうすると,どうなるかというと,7部印刷しないといけないのです。
 正本1,副本1,私の分1,ここまでは通常事件と同じです。ところが,知財の特許系の事件だと,あと4部必要なのです!

 公式のお達しは,ここです。

 ふざけた話だと思いませんか?
 知財事件は複雑で,合議体全員分とあと調査官の分も必要な場合もありますので・・・,こういうふうになっているのですよ~というのが一応の理由です。

 でもそんなのてめえの都合じゃねえかよ,ボケが,と思いますね,実に。てめえの所にもコピー機あるんだから,必要だったらてめえでコピーすりゃあいいじゃねえかよ,カスがって話です。

 このコピー代の負担は,結局,お客さんに被さってきます。相手方も同じです。
 知財事件というだけで,余計な負担が増えるのです(商標系は,上の4部が3部になりますが。)。

 しょうもないこういう余計な写しの提出は,他の事件の類型だと,当然ありません。当たり前です。民事訴訟法にもないし,民事訴訟規則にもない話なのです。
 例えば,上告での上告理由書だと,きちんと規則に載っています。

(上告理由を記載した書面の通数)
第百九十五条 上告の理由を記載した書面には、上告裁判所が最高裁判所であるときは被上告人の数に六を加えた数の副本、上告裁判所が高等裁判所であるときは被上告人の数に四を加えた数の副本を添付しなければならない。

 私もたまに上告系の事件もやりますが,法曹ですから,まあ規則に書いてあるんじゃ仕方ねえなあ~と思えます。
 でも,上記の知財事件の写しの話は規則に載っておりません。

 そもそも全件合議だとかナンセンスもいいところですわなあ。それじゃあ陪席裁判官が育たないって!
 本当,裁判所の知財部はよく考えた方がいいですわ。

3 あ,そうそうあと知財部事件で気に入らないのがもう一つありました。
 差し止め事件の訴額→印紙代です。

 これも大本営発表は,ここです。
 私のお客さんの多くは,中小企業なので,そういう中小企業からすると,印紙代もバカにはなりません。安く抑えたいです。
 で,そのとき損害賠償請求の場合は,一部請求というのが出来ますので,ご予算に応じて訴額つまり印紙代を可変することが出来ます。

 ところが,これに加えて差し止め請求を求めると,一気に訴額が高く,印紙代も高くなってしまいます。

 大本営発表から抜き出すと,こんな感じです。

ア 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1 
イ 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×10年×10分の1 
ウ 年間使用料相当額×10年×0.8

 まあこのウで額を少なくすればいいという話かもしれませんが,そうすると,何かの場合のお金の請求に響く可能性があります。なので,こんなに被害を被ったんだ!となると,アかイで計算するのが通常で,そうすると,結構な額になります。
 せっかく,損害賠償請求を一部請求で抑えたのに,差し止めのために,訴額→印紙代は高止まりしてしまいます。

 これねえ,これも上記と同じなのですよ。
 法律や規則にない所で勝手にやっているわけです。

 むしろ,法律(民事訴訟費用等に関する法律)とおりにやって欲しいと思います。法律はこんな感じです。
(訴訟の目的の価額等)
第四条 ・・・
2 財産権上の請求でない請求に係る訴えについては、訴訟の目的の価額は、百六十万円とみなす。財産権上の請求に係る訴えで訴訟の目的の価額を算定することが極めて困難なものについても、同様とする。

 訴額160万円だと印紙代は13000円です。リーズナブル,お得って感じがします。
 知財関係だと,審決取消訴訟の訴額と印紙代がこれですね。

 差し止めも,「訴訟の目的の価額を算定することが極めて困難なもの」だと思いますけどね。
 ま,これも裁判所の解釈ですので,何故裁判所がそう解釈しないのか,それには理由があるってことでしょう。

 要するに,印紙代13000円で訴訟が起こせるなら,こっちの身が持たないっていうのがあったのでしょうね。
 でもさ~それもてめえの都合だよねー。

 身が持たないなら人を増やせばいいだけの話。お金の話なら,裁判官の給料を半分にして人を倍にすればいいじゃないですか~。それでもやりたいって人はワンサカ来ると思いますね。

 じゃなきゃ,能力主義の給料体系にすればいいだけの話です。
 プロ野球の監督よりも給料の高いプレイヤーなんて,これまたワンサカ居ます。
 部長よりも給料の高い左陪席,いいじゃないですか~♫実に。

 さらに,今の日本の知財の状況で,印紙代13000円にした所で,誰も訴えなんて起こしませんって。なので,心配ご無用~♫です。ムフフフ。

4 日弁連や弁護士会も,裁判所の知財部との協議を毎年やっているはずなのに,こういう話は全くやらないのでしょうね。
 ま,所詮,世の中の99%はプロレスだ!ということなのでしょうか。

 でも,裁判のIT化というのも,ここ最近話題になっているです。
 これによって本来的に手間暇は小さくなるはずですから,写しが4部必要だとか,差し止めの訴額は160万円じゃないよだとか,そういう旧時代の悪弊は,もう令和の時代には言いっこなしにしてもらいたいもんです。

5 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ山本橋に来ております。
 
 ちょっと,天気がイマイチですが,風薫る5月って感じの緑緑した目黒川です。

 今日の東京は全般的に曇り,ときどき晴れたり雨が降ったりという感じで,半袖だと多少寒いと思いますね。

 上記のとおり,一通り裁判所をDISりましたが,良い所もないわけじゃありません。
 例えば,5月からはノーネクタイ,これを率先してやってくれるのはありがたい所です。

 私は,ずっと理系ですし,会社もそうでしたから,ネクタイっていうのをするのが嫌いです。
 正直,意味不明だよね,ネクタイって。私は格闘技も好きなので,あんなのしてたらすぐに首絞められるじゃんとも思います。

 社会人1年目の人は,今日起きて会社等行くのは辛かったのではないかと思いますね。10連休はちと長過ぎたのではないかという気がしますよ。

 理系のメーカーでも服装規定等のある会社は結構多く,でも私の居たソニーは,社服(チョッキ状のやつ)さえ着ていればその下は何でもいい~というゆるいルールで非常に助かりました。
 スーツやネクタイだけでも憂鬱になる,そういうこともあり得ると思うのです。だけど少なくともソニーではそういうことは無かったわけです。

 なので,夏はTシャツだけで出社していました(平成初期,90年代前半ですよ。)。

 その後,社服も要らない,社員証だけ見える位置に掲げていればいい~というルールに変わり(今,このルールの会社は多いのではないかと思います。),服装に対する縛りはさらに無くなりました。

 そんな私が,この業界だとネクタイ~~プって感じです,正直。私にネクタイもスーツも似合わないですよ,本当。
 ですが,お客さんからお金を頂いている以上,そうも言ってられない所はあります。

 それでも,震災からの省エネで,冷房負担を小さくするということでの服装の調整,これに率先して取り組んだ裁判所の対応はグッドジョブだと思います。
 ですので,私は,5月から10月までの間,もうスーツもネクタイもしませんもんね。そのときに,言い訳が立つ!これは実に素晴らしいことです。

 そう言えば,昨日もサーフィンしたのでした。年甲斐もなく果敢にアウトに出て,うねりから乗ったりしましたね。
 そうすると,10連休中,サーフィンしたのは4日にもなります。今シーズンは幸先いい感じ?でしょうか。
 

 
 
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]