忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日はGW明け,令和最初の平日という所でしょうか。
 このブログは,特許メイン,法務サブというような読者構成だと思いますが,どちらにせよ,勤め人の暇つぶし~であることに変わりありません。

 なので,閲覧数を見るとその辺の事情がよく分かるのですね。
 どういうことかと言いますと,10連休中,最も閲覧数が多かったのは,昨日の5/6です。月曜ですし,一足早く出勤し(又は出勤させられたか)た人が結構居たのだと思います。

 私の方は,10連休中出勤したのは,結局4/30だけでした。
 3月から4月の前半,鬼のように起案集中したため,今年はGWの予定もどうなるかわからず,遠出をしないこととしたわけです。ですが,起案集中の反動で,4月の後半からは逆に開店休業中?というような状況だったため,出勤は1日で済んだ次第です。

 まあ,のんびりしたGWでした。

2 ま,せっかくなので,違う話題も。
 上記のとおり,3月から4月の前半,鬼のように起案集中したということで,今月支払いの,カウンター料は凄まじいものでした。

 あ,カウンター料が分からない人もいるかもしれません。平たくいうと,コピー機の保守契約の月々の料金のことです。

 これは事務所や会社によってマチマチでしょうね。
 一番多いのは,カウンター料併せてのリース契約でしょうね。ですが,私の事務所は,中古のコピー機の購入で,保守契約は別のパターンです。

 なので,通常は最低額のカウンター料(数千円・・・の安い方)くらいなのですけど,先月分は,いやあ・・・ビックリするくらいの請求でしたね。

 それもこれも,この起案集中のやつが,知財案件だったからです(まあ私の場合,訴訟の事件も多くが知財なのですけど。)。
 
 そうすると,どうなるかというと,7部印刷しないといけないのです。
 正本1,副本1,私の分1,ここまでは通常事件と同じです。ところが,知財の特許系の事件だと,あと4部必要なのです!

 公式のお達しは,ここです。

 ふざけた話だと思いませんか?
 知財事件は複雑で,合議体全員分とあと調査官の分も必要な場合もありますので・・・,こういうふうになっているのですよ~というのが一応の理由です。

 でもそんなのてめえの都合じゃねえかよ,ボケが,と思いますね,実に。てめえの所にもコピー機あるんだから,必要だったらてめえでコピーすりゃあいいじゃねえかよ,カスがって話です。

 このコピー代の負担は,結局,お客さんに被さってきます。相手方も同じです。
 知財事件というだけで,余計な負担が増えるのです(商標系は,上の4部が3部になりますが。)。

 しょうもないこういう余計な写しの提出は,他の事件の類型だと,当然ありません。当たり前です。民事訴訟法にもないし,民事訴訟規則にもない話なのです。
 例えば,上告での上告理由書だと,きちんと規則に載っています。

(上告理由を記載した書面の通数)
第百九十五条 上告の理由を記載した書面には、上告裁判所が最高裁判所であるときは被上告人の数に六を加えた数の副本、上告裁判所が高等裁判所であるときは被上告人の数に四を加えた数の副本を添付しなければならない。

 私もたまに上告系の事件もやりますが,法曹ですから,まあ規則に書いてあるんじゃ仕方ねえなあ~と思えます。
 でも,上記の知財事件の写しの話は規則に載っておりません。

 そもそも全件合議だとかナンセンスもいいところですわなあ。それじゃあ陪席裁判官が育たないって!
 本当,裁判所の知財部はよく考えた方がいいですわ。

3 あ,そうそうあと知財部事件で気に入らないのがもう一つありました。
 差し止め事件の訴額→印紙代です。

 これも大本営発表は,ここです。
 私のお客さんの多くは,中小企業なので,そういう中小企業からすると,印紙代もバカにはなりません。安く抑えたいです。
 で,そのとき損害賠償請求の場合は,一部請求というのが出来ますので,ご予算に応じて訴額つまり印紙代を可変することが出来ます。

 ところが,これに加えて差し止め請求を求めると,一気に訴額が高く,印紙代も高くなってしまいます。

 大本営発表から抜き出すと,こんな感じです。

ア 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1 
イ 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×10年×10分の1 
ウ 年間使用料相当額×10年×0.8

 まあこのウで額を少なくすればいいという話かもしれませんが,そうすると,何かの場合のお金の請求に響く可能性があります。なので,こんなに被害を被ったんだ!となると,アかイで計算するのが通常で,そうすると,結構な額になります。
 せっかく,損害賠償請求を一部請求で抑えたのに,差し止めのために,訴額→印紙代は高止まりしてしまいます。

 これねえ,これも上記と同じなのですよ。
 法律や規則にない所で勝手にやっているわけです。

 むしろ,法律(民事訴訟費用等に関する法律)とおりにやって欲しいと思います。法律はこんな感じです。
(訴訟の目的の価額等)
第四条 ・・・
2 財産権上の請求でない請求に係る訴えについては、訴訟の目的の価額は、百六十万円とみなす。財産権上の請求に係る訴えで訴訟の目的の価額を算定することが極めて困難なものについても、同様とする。

 訴額160万円だと印紙代は13000円です。リーズナブル,お得って感じがします。
 知財関係だと,審決取消訴訟の訴額と印紙代がこれですね。

 差し止めも,「訴訟の目的の価額を算定することが極めて困難なもの」だと思いますけどね。
 ま,これも裁判所の解釈ですので,何故裁判所がそう解釈しないのか,それには理由があるってことでしょう。

 要するに,印紙代13000円で訴訟が起こせるなら,こっちの身が持たないっていうのがあったのでしょうね。
 でもさ~それもてめえの都合だよねー。

 身が持たないなら人を増やせばいいだけの話。お金の話なら,裁判官の給料を半分にして人を倍にすればいいじゃないですか~。それでもやりたいって人はワンサカ来ると思いますね。

 じゃなきゃ,能力主義の給料体系にすればいいだけの話です。
 プロ野球の監督よりも給料の高いプレイヤーなんて,これまたワンサカ居ます。
 部長よりも給料の高い左陪席,いいじゃないですか~♫実に。

 さらに,今の日本の知財の状況で,印紙代13000円にした所で,誰も訴えなんて起こしませんって。なので,心配ご無用~♫です。ムフフフ。

4 日弁連や弁護士会も,裁判所の知財部との協議を毎年やっているはずなのに,こういう話は全くやらないのでしょうね。
 ま,所詮,世の中の99%はプロレスだ!ということなのでしょうか。

 でも,裁判のIT化というのも,ここ最近話題になっているです。
 これによって本来的に手間暇は小さくなるはずですから,写しが4部必要だとか,差し止めの訴額は160万円じゃないよだとか,そういう旧時代の悪弊は,もう令和の時代には言いっこなしにしてもらいたいもんです。

5 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ山本橋に来ております。
 
 ちょっと,天気がイマイチですが,風薫る5月って感じの緑緑した目黒川です。

 今日の東京は全般的に曇り,ときどき晴れたり雨が降ったりという感じで,半袖だと多少寒いと思いますね。

 上記のとおり,一通り裁判所をDISりましたが,良い所もないわけじゃありません。
 例えば,5月からはノーネクタイ,これを率先してやってくれるのはありがたい所です。

 私は,ずっと理系ですし,会社もそうでしたから,ネクタイっていうのをするのが嫌いです。
 正直,意味不明だよね,ネクタイって。私は格闘技も好きなので,あんなのしてたらすぐに首絞められるじゃんとも思います。

 社会人1年目の人は,今日起きて会社等行くのは辛かったのではないかと思いますね。10連休はちと長過ぎたのではないかという気がしますよ。

 理系のメーカーでも服装規定等のある会社は結構多く,でも私の居たソニーは,社服(チョッキ状のやつ)さえ着ていればその下は何でもいい~というゆるいルールで非常に助かりました。
 スーツやネクタイだけでも憂鬱になる,そういうこともあり得ると思うのです。だけど少なくともソニーではそういうことは無かったわけです。

 なので,夏はTシャツだけで出社していました(平成初期,90年代前半ですよ。)。

 その後,社服も要らない,社員証だけ見える位置に掲げていればいい~というルールに変わり(今,このルールの会社は多いのではないかと思います。),服装に対する縛りはさらに無くなりました。

 そんな私が,この業界だとネクタイ~~プって感じです,正直。私にネクタイもスーツも似合わないですよ,本当。
 ですが,お客さんからお金を頂いている以上,そうも言ってられない所はあります。

 それでも,震災からの省エネで,冷房負担を小さくするということでの服装の調整,これに率先して取り組んだ裁判所の対応はグッドジョブだと思います。
 ですので,私は,5月から10月までの間,もうスーツもネクタイもしませんもんね。そのときに,言い訳が立つ!これは実に素晴らしいことです。

 そう言えば,昨日もサーフィンしたのでした。年甲斐もなく果敢にアウトに出て,うねりから乗ったりしましたね。
 そうすると,10連休中,サーフィンしたのは4日にもなります。今シーズンは幸先いい感じ?でしょうか。
 

 
 
PR
1716  1715  1714  1713  1712  1711  1710  1709  1708  1707  1706 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 8
9 12 13
16 19 22
23 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]