忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
 1 久々の書籍の紹介ですね。
 ハラリの本を取り上げるのは,これで2回め。前回はざっと1年半前くらいですかね。
 
 こんな感じです。
 これもブックオフでゲットです。ま,金のない貧乏弁護士なもので,中古屋は大助かりです。

 さて,中身ですが,ざっと触れましょうかね。
 前回の本が過去なら,今回の本は現在から未来~って所でしょうか。

 でも,巷にあふれているあらすじってちょっと違いますね。

 ホモデウスのデウスって神のことだから,人間が神になる・・・?という話が書かれているのだ!と読んだ人は多分国語の点は低いでしょうね。

 違いますね~。ハラリはネアンデルタール人とクロマニョン人(現生人類,ホモ・サピエンス)の比較を書いていますから,ね。

 どういうことかというと,猿から人が進化したわけではありません。猿と人との共通の先祖が居て,それから枝分かれして,それぞれ進化したわけです。
 だから同じことを言うと,魚と人との共通の先祖が居て,それから枝分かれして,それぞれ進化したわけです。

 なのに,魚が進化して人になったのだ!というと,そりゃ間違いだって皆さん気づきますよね。ところが,猿が進化して人になったのだ!というと,間違いに気づかないこともある,そういうことです。

 ですので,ハラリが言っているのは,ホモデウスとホモ・サピエンスと共通の先祖が居て,そこから枝分かれしてホモデウスが生まれるということであって,ホモ・サピエンスが進化してホモデウスになるってことではないのですね。

2 ま,これは可能性としてはアリだと思います。個別の人に寿命があるように,人という種にも寿命があるのです。

 とは言え,そういう風にハラリは世界というものを解釈したという本(話)に過ぎません。勿論,ハラリがそういう風に言っているという話も,今度は私の解釈に過ぎません。

 まあ本の紹介って所詮はそんなもん。それでも参考になる所があれば,いいんじゃないかなと思います。

 前の本ほどではないけれど,なかなか考えさせられることもありました。ただし,前の本を読んでない人は,まずは前の本からの方がいいと思いますね。

3 冒頭に久々と書きましたが,まともに本を紹介したのは,本当1年ぶりくらいです。
 本を読むのが最近遅いですからね。これは老眼のためですね~。

 うーん,年をとっての不便さって言うほどないなあと思っているのですけど,この老眼だけはいけませんニャー。でも,ま,しょうがない。

 これに対して,読んでない本も紹介すると手っ取り早いとは思いますけど,それじゃあ~ね~。

 ここで紹介するのは,自腹で買って,しかも概ね以上読んだものを原則,にしています。

 じゃないと参考にならないでしょ。だって,書評みたいなものを何故参考にするかというと,自腹で買って読む価値があるかってことでしょ。自腹でもない,読んでもない,ってそれじゃあ宣伝・ニュースになっちまいます。

 そういうのは,パテントサロン等見れば分かる話ですからね。そうではなく,懐を痛め,貴重な時間を費やすほどのものか,それが知りたいわけですよ!

 なので,これからもそういう方針で行きます。数が少ないのはご容赦を。
PR
1678  1677  1676  1675  1674  1673  1672  1671  1670  1669  1668 
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
3 4 6
8 9 11 13
14 18
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]