忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 まあ格闘技とかプロレス好きには知られたこの本,私がわざわざ取り上げなくても・・・,という所は大いにあると思います。
 何といっても日経の書評でも取り上げられたくらいですからね。

 まあでもその日経は今日は休刊日。特許もトマトジュース関係の話もないことはないですが,判決自体が公開されておりませんので,コメントもしづらい・・・つうことでこういう柔らかい話をするわけです。

2 本年で52歳となる私,昭和40年生まれです。
 1984年は何をしていたかというと,大学(東工大)に入学したばかりの一年生,東京での学業と陸上部での生活が始まったという所です。

 なので,当時実は旧UWFにそんなに注目していなかったわけです。
 タイガーマスク(勿論初代)の大ファンでしたが,その前の年(1983)の夏に改名騒動→引退という流れになっており,何かもう終わったという感があったのですね。
 他方,プロレスの方は,猪木とブロディの方に熱が移り,佐山タイガーのやっていることは本当マイナーな暗黒舞踏みたいな感じにしか思えなかったわけです。

 つーわけで,UWFというと,新日に復帰してのUWF軍団と,再度独立しての新UWFって所がストレートに来る所なのですね,旧UWFではなく。

 とは言え,この本は,その私にとってのストレートな所もよく書いております。そうそう,ターザン山本が編集長のころの週刊プロレスは死ぬほど面白く,会社(ソニー)に就職しても,かなり長い間買ってたものです。

 新UWFも何故前田の腹はいつもブヨブヨなんだろう,第一回のIWGPに参加したころと全然違うなあとも思っていました。
 そう言えば,新UWFの有明大会,行ったような気もしますが,どうしても確信が持てません。新UWFはプラチナチケットで電話しても電話しても取れず,思い余ってぴあの特別会員か何かになって(ああぴあ自体も懐かしいですね。),取ったような気もするけど,ようわかりません。

 ま,そういうことを思うにつけ,私にとってもUWFは夢だったような気がします。

 私と同世代の人で格闘技とかプロレス好きなら凄く面白いと思いますね。とは言え,知っている話も結構多かったのですね(なので旧UWFの設立時の話とか当時あまり興味がなかった話の方が個人的には楽しめました。)。

 なお,仮に,次作があるなら,1997年の高田延彦ではなく,私は,2000年の桜庭和志の方を望みますね。

 結局,佐山タイガーの夢であり,猪木の産み落としたガチンコ幻想が,パンクラス,K-1そしてUFCというガチンコ元年(いずれも誕生が1993年)を経て,プロレスファンの「夢」とともに結実するのが,2000年の桜庭和志だと思うからです。

 ところで,あと思うことは,若いって恥ずかしいなあ~色々とね♡。
PR
1385  1384  1383  1382  1381  1380  1379  1378  1377  1376  1375 
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 12
13 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]