忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,最近色んな所で評判の本です。 
 中身は,色んな所で要約等もあるので,それを見た方が早いですけど,本の題名を見るのが一番かもしれません。

 こんな外見です。
 

2 折角なので,特許のfactについて,この本っぽい問題を出してみましょう。
 みなさんも,ちょっと考えてみてください。

 質問 現在以下の国のうち特許査定率が最も低いのはどれでしょうか?
 A アメリカ
 B 日本
 C 中国

 さあ,どうでしょうか?
 チンパンジーに勝てるかな。

 答えは後半で。

3 さて,私なんか普段弁護士の仕事をしているわけですので,事実をそのまま見ないといけないわけです。実に,factfulな仕事じゃないといけないわけです。
 ですけど,果たしてそうなのかなあって思ってしまいますね。

 私は基本さまよえる猶太人ですので,どこへ行ってもアウトサイダーです。
 ですので,法曹の仕事というのも,いざ自分がそうなる前には論理と証拠で一義的に結論を引き出すような仕事だと思ってました。
 つまりは,あみだくじのように,今風に言えばニューラルネットですかね。各分岐点で証拠と論理から判断する~こんなイメージです。

 ところが,いざ自分がそうなってしまうとどうやらそういうことではない!ということに気づきました。
 どういうことかというと,特に民事が酷いのですが,要するに,戯曲と戯曲の対決なのですね。論理と証拠を戦わせるのではないのです。

 要するに,原告は自分の有利な原告ストーリーをでっち上げ,他方,被告も自分に有利な被告ストーリーをでっち上げる,こういうことなのですね。
 なので,基本,論理は介在しませんし,証拠もそのストーリーに沿ったものしか取り上げません。

 傍から見ると不思議というか,インチキ臭いというか,何じゃそれ?って感じでしょ。でもそうなのです。

 これね,何でこうなっているかというと,多分裁判所に原因があると思うのです。論理と証拠だと人間(裁判官)では判断できないのですね。ストーリーの巧拙じゃないと人間(裁判官)が判断するには無理なのです。

 例えば,お金の受け渡しはあった,だけど,原告はそれは貸したものだから,返せと言い,他方被告は,それはもらったものだから返す必要は無いと言う,よくあるパターンで考えます。
 原告は折々で返せと言い続けたけど,被告には無視された酷いやつだ~なんて言います。他方,被告の方では,そりゃ言われたけど,もともとくれた金だから何言ってんだで無視しただけだ~こうなります。

 こう読んでて,そんなの借用書があれば一発じゃんと思われるかもしれませんけど,それがあったら裁判になんてなりませんよ!
 
 何かこう見てくると論理や証拠で判断できないのは,裁判官もそうですけど,人間一般に原因がある,これでしょうね。

 だけど,じゃあ論理と証拠で判断させるようにするために,起きてからずーっとビデオを回し続ける,監視カメラを物凄い密度で設置する~こんな手を取らないといけなくなります。 
 ということまで考えると,戯曲の対決でお茶を濁している現状もそれなりのメリットがあるのかもしれません。

4 では解答です。
 
 以前にも示した特許査定率です。
 一番高いB日本は74.6%,その次がAアメリカ71.9%,そして一番低いのがC中国で56.4%なのです。

 つまり,答えはC中国でした。正解者いましたか?
 
 この資料は,中国ではなく日本の行政庁の資料ですので,信頼性もあります(特許行政年次報告書2019)。
 
 恐らく,日本の特許が世界一の出願数を誇っていたときのイメージを持っているとこの問題は正解できないでしょう。
 首記の本の著者が言ってたように,優秀な人ほど間違える,というわけです。

 だけど,知識のアップデート不足が原因でもないと思うのです(これも首記の本に載ってました。)。
 だって,中国の出願数が世界一~これを知っている人は多いと思うのです。とすると,イメージとしては,ザルの審査,だ・か・ら,猫も杓子も出願し,レベルの低い特許が蔓延している~他方,出願数が絞られても,我が国の審査は質が高く,滅多なことじゃ特許査定をもらえない~こんなイメージの人はまだまだ多いのではないでしょうか。

 でも,もうねえ,中国を下に見て,我が国を上に見るのはやめた方がいいと思いますよ。今は逆!です。

 これは,もう5年前の記事ですけど,私はこのころから日本の特許庁の審査に??をしてたわけです。

 任期付審査官も調査の外注も(IPCCとかね),それ自体ウダウダ言う気はありませんが,それで本当に効果が上がっているのか,きちんと検証し,フィードバックをかけとかないと,全くのクソ特許を生み出しているだけになると思いますけどねえ。あ,こりゃこりゃ。

 おっといつものとおり,悪口になってきました~♡いい感じになってきましたので,この辺で。

 
PR
1762  1761  1760  1759  1758  1757  1756  1755  1754  1753  1752 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 7
9
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]