忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 東京は寒い日が続いております。しかも,知財の判決のアップもありません。普段,そんなにネタに困ることはないのですが,いやあ珍しくネタ不足です。
 ま,こういうときは更新しなくてもいいのですが,よく見ると,今週は火曜だけか~というのもあり,最近読んだ本,結構似た分野とも言えますので,これらをまとめて小ネタ集で行きましょう。

2 まずは,オススメのものからです。
 「パンダをいくらで書いますか?」(野口真人著)日経BP社

 いやあ,これは面白かった~しかもためになりました。

 私は企業法務関係をやっていることもあり,訴訟のときに,訴額を初め企業に纏わるいろんなものの計算というのを結構やります。そのときに,基本ざっくりざっくりなわけですね。
 例えば,特許侵害等では,いちいち収益還元法などは使いませんね~。ただ,特許のライセンスって,賃貸借に例えられるように,本来収益還元法で計算するのが筋だと思います。

 特に,私が為になったのは,価格の決め方の大きなやり方の3つのうち,コストアプローチが,何故イマイチなのかということです(マーケットアプローチはいいでしょう。)。
 結局,売り手の論理の押し付けなのですよね。ということで,基本インカムアプローチ(収益還元法)がいいわけですね。

 で,このインカムアプローチって普通の弁護士も知らず知らずに使っています。
 本書でも指摘しておりますが,交通事故などで死んだ人の価格を算出するときに使っていますよね。金利(割引率)を単利としているのがホフマンで,複利としているのがライプニッツですわな。ま,要するに,10年後の100万円と直近の100万円は同じ価値じゃないっつーことです。

 で,本書は,そういう初歩的なことから,最終的には,ある会社の値段を決める所まで持って行ってくれます。凡そ,こうやるんだなあ,パラメータとかデータはこういうことなんだなあということが見通しよくわかりますね。初学者向けとしては理想の構造です。読み物として面白いし,これはオススメですね。

3 次に,普通の評価のものです。
 「損得計算入門」(藤田精一)日経BP社

 悪くはないのですが,ちょっと読み進めるのに,気合が必要なので,普通ということで。

 その昔,ソニーに勤めていたころ,入社5年目研修か何かで,会計系の研修がありました。
 簡単なBS,PLの読み方や,団子屋が売価200円,原価90円の団子を落としたとき,200円の損か,それとも90円の損か,みたいな話があったのです。この損得計算は,その研修のときの団子屋の話を思い出させてくれるものでした。

 ですので,そうだったそうだったと思い起こしながら読んでおりました。ほんで,私は簿記2級なので,確かに簿記の考え方とは違う所がありますね。しかし,この損得の話は知ってて本当得になる話だと思います。
 ただ,上記のオススメのやつが1つの所に的を絞ってやっており,これだけで完結できる内容であるのに,この本は本来の入門書なので,これだけではえええ~この話の解決は結局せんのかえ,続きはもっと高度のやつを読んでね,みたいな所で終わっております。
 そこはちょっと頂けませんね。あと,問題と解答形式の所もありますが,これもそういうのが嫌いな人にはウザい所だと思います。

 ま,そういう所が気合の必要な所なので,悪くはないけど,普通,ということにしました。

4 最後にイマイチなものです。
 「夜の経済学」(荻上チキ,飯田泰之著)扶桑社

 悪い予感が的中,まさに言わんこっちゃないってやつです。

 題材はいいのですよ。夜の経済学ですから,フーゾク関係のネタなんて,私は非常に大好きですし,面白そうじゃないですか。恐らく,ここでも紹介した「ヤバい経済学」にインスパイアされたのだと思えるので,ああいう感じで,フーゾクを斬るなら本当期待できますよね。
 
 でもねえ,これ本家のヤバい経済学に比べたら,一歩どころか十歩くらい退歩していますね。
「はじめに」から悪い予感はしたのです。「さて,こうも大上段に構えてしまうと,「世の中の真実を統計的に浮かび上がらせる救いの書」として本書を上梓したでござるーみたいな感じで気味が悪い。いやいや,僕らはもっと「意識低い系」なのだ。」と書いています。

 何でもそうなんですけど,例えば,説教臭いやつが,いやこれね,別に説教じゃないんだけど,君のためを思ってね~とか言って,まさに説教しますよね。あれって何なんでしょうね~??。
 例えば,この本では特定の国会議員の批判なんぞしてますよね~,偉・そ・う・に。
 あれ~意識低い系じゃなかったの~経済学って政治学だったのかねえ。

 いや,別に,人それぞれ思想信条ありますからね,それはそれでいいんですよ。でもさ~,看板に偽りあり!っちゅうのはやめて欲しいですよね。
 それに斬り口自体のdullな感じ,これもダメですね。いやあこれを読むと,いかにヤバい経済学が素晴らしい出来かというのを再認識させられます。

 これはダメ!定価で買うと大損ですね。兎も角も,ヤバい経済学を読んでいない人は,まずそれからでも遅くないですよ。

5 ということで,最近読んだ本のレビューでした。ま,何かジャンルに偏りがありますが,私自身が偏った人間なのでしょうがないですね。

 あと,法律書については,読んでないわけはないのですが,ここで紹介するほど,つまりは仕事抜きにしても紹介したいほどのものは最近ないですね~。

 まあ,またネタに詰まったら紹介するかもしれませんけど。
PR
773  772  771  770  769  768  767  766  765  764  763 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 8
9 12 13
16 19 22
23 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
inagawaraw
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]